« そうだ、宇宙、行こう「宇宙旅行はエレベーターで」 | トップページ | 恋愛なんかやめておけ »

風の谷の観鈴ちん「天顕祭」

天顕祭 ナウシカの世界観と神尾観鈴の運命が重なる。

 2007年度文化庁メディア芸術祭で、奨励賞を受賞した作品。ピンときたのは、これが同人誌だってこと。もちろん画力・構成・物語は素晴らしく、IKKIあたりで連載してそうなクオリティ。

 どうやら大きな戦争があったらしい。その傷跡が伝説のように言い伝えられている片田舎が舞台。神道のケガレと放射能汚染が日常レベルで染み渡っており、「天顕祭」はそれを祓う役目を持つお祭り。

 この夏祭りをタイムリミットとして、宿命に取り憑かれた娘と、彼女を護ろうとする男が描かれている。モチーフとなっている古事記のヤマタノオロチ伝説が上手く溶け込んでおり、ロマンファンタジーとしても、伝奇SFとしても読める。「大きな物語」を背負った「ささやかな日常」を精密に演出する様がいいね(特にラストにじんときた)。

 また、観鈴ちんのように「選ばれた生贄(にえ)」の運命を甘受することなく、立ち向かうところが痛快だし見所でもある。シナリオ的には霧島佳乃ルートに近いが、娘の背中にあるものは白い羽ではなく、蛇のウロコであるところがポイント。この蛇の描写がスゴいねー。現実世界に干渉してくる大蛇は薄墨のように描かれているんだけど、彼女しか見えないんだ。その大蛇が夜の中から"浮かび上がって"、リアルに"絡みつく"感じがイヤらしくっていい。

 さらに、ナウシカに出てくる、「腐海を浄化する植物群」を「放射能を吸収する竹」に読み替えているところが面白い。青々としてまっすぐ伸びる様子から、清浄な植物とされているからね。地鎮祭や門松でおなじみだし。ホントの効果のあるなしに関係なく、思わず信じたくなる設定なり。

 運命に抗う男と娘が見た「天顕祭」の秘密、それは確かにおぞましいものなのだが、充分ありうる未来だろうね。「ザ・ワールド・イズ・マイン」の巨大獣ヒグマドンは荒唐無稽かもしれないが、奴の破壊跡た後を拝もうとする純朴な気持ちが分かるのと一緒。
人智を超えた「何か」に畏怖するとき、とりあえずカミとして扱いたがるのは、日本人のどこかに刷り込まれた発想なのかも。

|

« そうだ、宇宙、行こう「宇宙旅行はエレベーターで」 | トップページ | 恋愛なんかやめておけ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18285/42015227

この記事へのトラックバック一覧です: 風の谷の観鈴ちん「天顕祭」:

» 天顕祭 (New COMICS) [書評リンク]
書評リンク - 天顕祭 (New COMICS) [続きを読む]

受信: 2008.08.01 22:31

« そうだ、宇宙、行こう「宇宙旅行はエレベーターで」 | トップページ | 恋愛なんかやめておけ »