« 生きてる人、いますか? 「CROSS†CHANNEL」(18禁) | トップページ | 無制限の想像力が爆発する「やし酒飲み」 »

宇宙へのハイパーリンク「宇宙エレベーター」

宇宙エレベーター 「宇宙エレベーター」は誘い水。その奥は深くて広いサイエンス・エッセイ(ちょい"ムー"が入ってる)。

 これまでと異なる視座を手に入れて、もう一度この世界を眺め回すおもしろさ。科学+想像力の限界までストレッチしてるので、免疫がない方には「世界を変える一冊」になるかも。ただし、かなり敷居を下げているので、好きな人にはモノ足りないだろう。

 著者は、トルコ人初の宇宙飛行士候補、アニリール・セルカン。ATA宇宙エレベーターの考案者としてNASAの宇宙開発に携わっている。宇宙飛行士を目指すヘヴィ・スモーカーなのがユニーク。人類未踏の「宇宙で喫煙」(Space Smoking)を実現させたら、いろんな意味で話題になるね(「プラネテス」の船長フィーを思い出せ)。

 宇宙エレベーターのアイディアでNASA案と一騎打ちするところがおもしろい。当初のNASA案は、地表から建造物を伸ばしていく方式で、外側(宇宙側)へ引っ張ってもらう力がどうしても必要になる(建造物が重力に負けてしまうから)。この力をどこから持ってくるかが課題だった。

 いっぽう、著者セルカン氏の案は、宇宙空間からスタートして、継ぎ足し継ぎ足しで伸ばしていくやり方だという。これは、静止軌道に重心がくるように上下(宇宙方向と地球方向)に向かってエレベーターを作っていく「楽園の泉」(A.C.クラーク)のアイディアを大胆に応用している。セルカン氏のblogより引用すると――

宇宙エレベータとは、地球から約3万6000km離れた静止軌道上まで伸びた「新輸送システム」です。ロケット等よりも安全で、低コストでの運搬が可能になると言われています。現在は建設や運用などの問題で実現していませんが、将来、宇宙エレベータで軌道上の宇宙ステーションと地球を結ぶことができれば、宇宙空間への観光や、生活も夢ではないかもしれません
(アニリール・セルカン「宇宙エレベーター」が、アニメになりましたより)
 現実に寄り添った夢を見せてくれる一方で、宇宙の外へ目を向けている。11次元宇宙理論や「シワだらけの宇宙」なんて、(書いてあることはやさしいものの)想像を絶する世界だし、シュメールやアステカの古代文明に宇宙船のことが記されていた!なんて件は思わず参考文献をチェックしたぞ(学研の「ムー・スーパー・ミステリー・ブックス」が版元だったぞ)。

 何よりも、大笑い&大満足だったのが、「タイムトラベラーの注意点」。未来科学か誇大妄想か、時間旅行の現実性に対する究極の問題が提示されている。

step1 : 地球はおよそ時速1600kmで回転している

仮に、タイムマシンで一時間前に戻るとするならば、出発したのと同じ場所にまた出てこようとしても、地球は回っているので出発地点より1600km離れたところに出てしまう

step2 : 地球は太陽の周りを時速1万6624kmで回っている

その結果、正確には出発地点より1万8224km離れたところに出てしまう

step3 : 太陽も時速8万6400kmで銀河を移動していたり、銀河もアンドロメダに向かって時速24万kmで移動していたり、さらに我々の宇宙がある場所自体が、乙女座グループの方に時速160万kmで移動したり、さらにさらに、乙女座グループも含めたグレートアトラクターと呼ばれる道の空間に、時速214万7200kmで移動している!

つまるところ、タイムマシンで同じ場所から同じ場所に1時間戻るだけで、スタート地点から490万1824kmも離れたところに出てしまうのだ!

 タイムトラベルを考えるならば、地球の中だけではなく、宇宙全体をソトから見て考えていく必要があるというわけだ。時間のラセンを飛び越えるだけじゃなくって、座標軸の指定も、タイムマシンにおねがいしなきゃね(デロリアンDMC-12は年月日しか入力できなかったようなwww)。

 この本を教えていただいたのは、Tさんのおかげ。ありがとうございます。素晴らしい本をオススメいただいて、感謝しています。この本を読むと、セルカンさんに会いたくなりますねッ

|

« 生きてる人、いますか? 「CROSS†CHANNEL」(18禁) | トップページ | 無制限の想像力が爆発する「やし酒飲み」 »

コメント

この本、面白いですよね。特に、夢や、自分の過去を語る所が良いです。

投稿: 金さん | 2008.07.18 16:13

>> 金さんさん

天才が普通の言葉でしゃべってくれると思いながら読みました。あちこち講演に引っ張り出されているので、会いにいくつもりです。

投稿: Dain | 2008.07.19 22:53

だから「機動戦艦ナデシコ」の「遺跡」は送り返し先の計算をしていたのか!
で、その計算ができれば瞬間移動も同じ原理だ、と!
今更ながらに納得しました。

投稿: そっか | 2008.07.20 14:03

>> そっかさん

瞬間移動こそが、時間移動という原理なのですね!
すげぇ…けれども、ものスゴく現実的です。
「ナデシコ」は記録された未来史?と想像すると、面白いですねっ

投稿: Dain | 2008.07.20 23:03

アニリール・セルカン経歴詐称疑惑まとめサイト
http://www29.atwiki.jp/serkan_anilir/

【アニリール・セルカン氏についてのまとめ(主な結論)】

・アニリール・セルカン氏は「宇宙物理学者」であり11次元宇宙の研究で受賞したことになっていますが、氏を著者とする物理学に関する論文は一編も発表されていません。

・東京大学、およびJAXAのホームページ等で公表されていたセルカン氏の業績リストに掲載されていた物理学の論文は、現実には存在しない架空のものです。

・東京大学で公表されていたセルカン氏の業績リストに掲載されていた知的財産権2件については、一件は他人の特許であり、もう一件は存在しない特許です。

・「ケンブリッジ大学物理学部 特別科学賞 受賞」については記録もありませんし、そもそもセルカン氏は物理学の研究業績が皆無なので、物理学の研究によって(まともな)賞を授与されることはあり得ません。

・同様に、「America Medal of Honor(アメリカ名誉賞)」、U.S.Technology Award受賞の記録もありません。

・「プリンストン大学数学部講師」に就任したという記録もありません。またセルカン氏は数学分野の研究業績が皆無なので、数学部講師に就任するというこはまずあり得ません。

・セルカン氏は「宇宙飛行士候補」と言うことになっていますが、NASAの宇宙飛行士候補のリストにも、宇宙飛行士のリストにも掲載されていません。

投稿: セルカン氏 経歴疑惑 | 2009.09.29 20:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18285/41890994

この記事へのトラックバック一覧です: 宇宙へのハイパーリンク「宇宙エレベーター」:

» 宇宙エレベーター [書評リンク]
書評リンク - 宇宙エレベーター [続きを読む]

受信: 2008.08.04 12:50

« 生きてる人、いますか? 「CROSS†CHANNEL」(18禁) | トップページ | 無制限の想像力が爆発する「やし酒飲み」 »