« アフォーダンスを拡張する「数学でつまずくのはなぜか」 | トップページ | ライター必携「調べる技術・書く技術」 »

「とらドラ!」はスゴ本

 読むと幸せになれるラノベ。

 目つきは凶悪だが心優しい竜児と、見かけは美少女なのに凶暴な大河が織りなす熱血最強ラブコメディ。どこかにいそうなキャラクターの、ぶっちゃけありえない展開に手に汗にぎる!にやにやする!泣いて笑って顔赤らめて、あの頃の「どきどき」を思い出す。

 学園モノが好きなのは、なかった過去を懐かしむため(?)

 登場人物にメモリアルを仮託して、予想通りの恋愛模様にニヤニヤする、スピンアウトする展開にドキドキする。うれしはずかしラブコメディ。エエトシこいたオッサンなのに、自分を抱きしめてゴロゴロ転がりたくなる悶えたくなる。このトシになると、「高校生活」はファンタジーと一緒なんだぁ。

 スゴいのは、巻を追うごとに濃度と体温と回転数がヒートアップするところ。そして、二人の関係はだんだん変わっていくところがいい。気がつかない(気づきたくない)自分の気持ちと向き合うことのまぶしさを、彼・彼女と同じように感じる。

 青春が「すがすがしい」なんてウソ。あつくるしく、重苦しく、痛痒い自分自身。ここに描かれてる「高校生」とはまるっきり違った過去なのに、もてあまし気味だったあの頃のじぶん感覚がハッキリと思い出されてくるから、ふしぎー

 そして7巻、絶叫したね、大河と一緒になって。脳内釘宮で。

 前著「わたしたちの田村くん」がダラダラ続けない2巻完結だったので、「とらドラ!」も終わるべきところで終わるかと。これがクライマックス前のカタストロフィなんだと予感している――というわけで、8巻は会社休んで立ち読みする!(←買えよ!)

 っつーか、レジもって行くヒマがもったいない勢いで、瞬間的に読みきって、読みたての一冊を抱えてレジに向かうだろうなー

とらドラ1とらドラ2とらドラ3とらドラ4
とらドラ5とらドラ6とらドラ7とらドラスピンオフ

|

« アフォーダンスを拡張する「数学でつまずくのはなぜか」 | トップページ | ライター必携「調べる技術・書く技術」 »

コメント

>最近の絶叫本
漫画版は絶叫さんが描いているだけに。

投稿: | 2008.06.24 23:40

三十路(独身)にも触れてあげてください
ネタキャラなのかキーキャラなのかわからねーYo!

投稿: nasu | 2008.06.25 00:47

Dain 様

はじめまして。いつも楽しくブログを拝見しています。

>レジもって行くヒマがもったいない勢いで、瞬間的に読みきって、読みたての一冊を抱えてレジに向かうだろうなー
まったくです!

投稿: nt800 | 2008.06.25 07:45

>> 名無しさん@2008.06.24 23:40

  > 漫画版は絶叫さんが描いているだけに

おお!確かに(言われて気づきました)。
それでも、7巻の「あのラスト」は絶叫モンでしょう。


>> nasuさん

  > 三十路(独身)にも触れてあげてください

著者とオーバーラップして涙でよく見えません…

王道を貫くのなら、ラストは三十路(独身)の結婚式に
なるでしょう(そして、竜虎最終決戦日となるはず)。


>> nt800さん

コメントありがとうございます。
「表紙」と冒頭イラストだけでガツンとのけぞる予定。


投稿: Dain | 2008.06.25 22:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18285/41637595

この記事へのトラックバック一覧です: 「とらドラ!」はスゴ本:

» 「とらドラ!」にみる男の奇妙な性心理 [隠れ蓑〜penseur〜]
 「とらドラ!」はスゴ本 『スゴいのは、巻を追うごとに濃度と体温と回転数がヒートアップするところ。そして、二人の関係はだんだん変わっ... [続きを読む]

受信: 2008.06.28 02:37

» 書くぜぇ〜超書くぜぇ〜 「とらドラ」はじめました [モトログ]
ども。スゴ本でも紹介されててhttp://dain.cocolog-nifty.com/myblog/2008/06/post_4f43.html面白いらしいと耳にしてた「とらドラ」がテレビつけたらやってたんで見てみた。第4話でした。 お、おもしろいじゃないのwww ってことで早速ようつべのお世話になりました。 お? ... [続きを読む]

受信: 2008.10.31 22:55

« アフォーダンスを拡張する「数学でつまずくのはなぜか」 | トップページ | ライター必携「調べる技術・書く技術」 »