« 人なら読むべき「夜と霧」 | トップページ | 「石の花」はスゴ本 »

「妖女サイベルの呼び声」はスゴ本

妖女サイベルの呼び声 極上のファンタジー。キャラとイベントで物語を転がす濫製ファンタジーの対極にある。

 「ファンタジー」なんて、しょせん剣と魔法、光と闇の活劇でしょ? ――なんて、ファンタジーを見くびってた。誤ってた。謝る。

 予めお約束のコードがあって、そいつをどんなパラメーターでなぞるかでヴァリエーションを増やす。そんな固定化した観念がまるっきり見当違いだったことを思い知らされる。この物語はファンタジーでしか書けないし、テーマはファンタジーを、(少なくともわたしが勝手にファンタジーだと思いこんでた範囲を) 完全に超えている。

 かといって、テーマが深遠だとかフクザツだとかいうわけではない。魔法使いサイベルが、人の心と愛を知り、そしてそれゆえに苦悩し、破滅へ向かおうとする話。お約束の台本どおりに進まない心理劇を眺めている気分になる。

 かつて読んだファンタジーの記憶を刺激する一方で、オリジン(源)の匂いをかぎつけて嬉しくなる。黄金財宝を守るドラゴン、いかなる謎(リドル)の答を持っているイノシシ、黄金色の眼と絹のたてがみを持つライオンといった、どこかで見たイメージが交錯する。妖女サイベルは、いわゆる召喚士や幻術師が持つ能力を用いて、魅力的なケモノたちを操る。

 心理描写を幾重にも張り巡らすのに、肝心のサイベルの心情は外からしか分からないように書いてあるのが心憎い。登場人物の性格についてもほとんど説明がない。表情や動作のちょっとした描写や、唇や眉の微妙な動き、息遣いの変化が心理の動きをあらわし、読み進むにつれて各人の性格が生き生きとイメージされてくる。

 あまりにスゴいのでコミック化した「コーリング」(岡野玲子)を読む。これもスゴい。原作の持つ重濃的な幻想感覚をうまく絵にしている。美しいけれど氷の心を持つサイベルの表情に注目。最初は無表情だったのが、怒り、涙、愛を知り、微笑むようになる様が見事。そして、愛を知ったがために憎悪を秘めるようになった「眼」なんて、本当に恐ろしい。ほぼ原作どおりだが、セリフの片隅にちりばめたアレンジが愉しい。特に、ラストの妖獣たちのあやかしの場面がいい。アクションの少なさを補うかのようなスペクタクルに度肝抜かれた。

 読了後、ハヤカワFT(ファンタジー)文庫の第一作だったことを知って戦慄する。たしかに「大当たり」の傑作だ。そして、世界幻想文学大賞が創設された1975年、最初に受賞したのが本作だったことを知って納得する(世界幻想文学大賞リスト)。

 ちなみに、見つけてきたのは嫁さん。曰く、「呼ばれた」のだそうな。

Calling_

|

« 人なら読むべき「夜と霧」 | トップページ | 「石の花」はスゴ本 »

コメント

どこかで聞いたことのある名前だな……と思ったら「影のオンブリア」を書いた人だったんですね。
こっちは2003年の大賞受賞作ですが。
「影のオンブリア」はどうにも面白いと思えず、途中で放り投げてしまっているのですが、この「妖女サイベルの呼び声」とあわせて読んでみようかなと奮起してみます。

投稿: もっちょ | 2008.05.09 12:09

>> もっちょさん

いわゆる「消費される」ファンタジーとは一線どころか次元を画しているので、お気をつけて…

投稿: Dain | 2008.05.10 01:20

マキリップは「イルスの竪琴」も傑作です

投稿: | 2008.05.15 02:01

>> 名無しさん@2008.05.15 02:01

オススメありがとうございます、チェックしてみますね

投稿: Dain | 2008.05.18 04:45

はじめまして。
自分もこの本には衝撃を受けた記憶があります。
巻末の解説にだったか、
『サイベルの容姿に対する描写に美人だという直接的な言葉はないのだが、仕草等の描写で美しさを上手く読者に連想させている』
という評価を見て、夢中で読み直した覚えが。
「イルスの竪琴」も、挿絵が本のイメージに合っていて好きでした。

投稿: melkor | 2008.05.25 00:49

>> melkorさん

本書のコミック版「コーリング」を読むと、その連想が巧みに表されています(オススメ)。イルスの3巻シリーズはチェックしてみますね。

投稿: Dain | 2008.05.25 16:18

はじめまして。
はじめてコメント致します。

ファンタジー、おくさまがとてもお詳しいようですね!

わたしのおすすめはアーシュラ・K・ル・グウィンです。
ゲド戦記で有名です。
でもこの方が最近書かれた西のはての年代記3冊が本当にオススメです。
未読でしたらぜひお読みいただきたいな〜、と思います。
Dainさんが積読になりそうでしたら、奥様にぜひ……。
もうお読みになってらっしゃるかしら……。

投稿: メガネまま | 2009.05.22 15:58

>>メガネままさん

オススメありがとうございます、グウィンですか…
「ギフト」は知りませんでした(嫁さんも未読です)。まずは手にとってみますね。

投稿: Dain | 2009.05.24 00:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18285/41139099

この記事へのトラックバック一覧です: 「妖女サイベルの呼び声」はスゴ本:

« 人なら読むべき「夜と霧」 | トップページ | 「石の花」はスゴ本 »