« 読み巧者を探せ「半歩遅れの読書術」 | トップページ | スゴい書斎とはこれだ「この人の書斎が見たい!」 »

濃縮還元ファンタジー「タラ・ダンカン」

それなんて快楽天? ――思わず口走りそうだが、中身はジュヴナイル・ファンタジー。

タラ・ダンカン上タラ・ダンカン下
   「ハリポタ読むならコレを読め」シリーズ。嫁さんに言わせると、読者層といい、設定や展開といい、ずばり「女の子向けハリポタ」だそうな。ただし、ハリポタなら1巻丸ごと消費するぐらいのプロットを、1章に圧縮・展開しており、非常にスピーディーな運びとなっている(「言い換えると、ハリポタがダラダラしてるんだけどね」だそうな)。

 ああ確かに。次から次へと目まぐるしく転がっていくストーリーは、ジェットコースター・ファンタジーという言葉がぴったり。そして、伏線を寝かしもせず使い切ろうとする性急さは、一種潔さまで感じる。

 ふつうの女の子が、実は伝説の魔法使いの血筋だったり、親が××されてたり、寄宿舎の共同生活があったり、いじめっ子が出てきたり、「どっかで見た構図」「何かで読んだ展開」盛りだくさん。それでも思わず妄想してしまうのは、やはり「表紙」のパワーですな(w

 主人公「タラ・ダンカン」は、フランスの12歳の女の子。快楽天の「あの」カワイコちゃんだと思ってくれてヨロシ。「カワイコちゃん言うなぁ」って怒ったりするところがまたヨロシ。キレイ好きで、各章で必ずシャワーを使ったり着替えたりするところがヨロシ。「悪魔が胸の中から出てきて、破裂する」なんてくだりは、激しく妄想してヨロシ。

 村田蓮爾氏って微妙な露出の女の子に目が行っちゃうけれど、身に着けているアクセサリーや衣服の質感がクラシカルで好きー。ちょっとレトロな、そう、蒸気コンピュータが似合いそうな少女。そして、まさにその世界感覚そのままに、タラ・ダンカンの「別世界」が広がっている。

 嫁さんは「ハリポタの亜流」と評するが、ひねりの効いた魔法戦なんて、むしろ「ザンス」を思い出す。魔法だから何でもありなんだけれど、一定の「魔法がはたらくルール」を考え出し、さらにそれを出し抜く。よく考えたなー、と感心するものもあれば、伏線が出た瞬間に回収方法まで予測しきったり、なんとも楽しい1時間でしたな。

 Wikipedia を見るとハリウッドで映画化になるそうだ… が、やっぱりこれはアニメっしょ!京アニで25:30からの深夜枠を求むッ、もちろんキャラデザは村田蓮爾氏でッ、タラ・ダンカンは釘宮さまでッ

|

« 読み巧者を探せ「半歩遅れの読書術」 | トップページ | スゴい書斎とはこれだ「この人の書斎が見たい!」 »

コメント

1巻買いました!一気に読んで脳内でアニメ放送始まりました(笑)

「カワイコちゃんですって!そんなふうに私を呼ぶのは禁止よ!」

村田先生キャラデザ × 釘宮ボイス は最強コンボです(爆沈)


P.S

「キャノン先生トばしすぎ」はお読みになられましたでしょうか?

投稿: ラッキーマン。 | 2008.04.19 09:06

>>ラッキーマンさん

  >村田先生キャラデザ × 釘宮ボイス は最強コンボ

脳内で1stシーズンが始まっています。
「キャノン先生」はもちろん読みましたよ、ええ!
ただ、あまりにスゴすぎてレビューできません><
「運動会のムービーを家族団欒」の後方数十センチの交歓が一番ツボに入っています──んが、やっぱり「毛」がないと燃えません(萌えますがッ)

投稿: Dain | 2008.04.19 23:01

>あまりにスゴすぎてレビューできません><

おすすめした甲斐がありました(笑)

>やっぱり「毛」がないと燃えません(萌えますがッ)

ではそのあたりを考慮してオススメを探すよう心がけておきます。

それにしても「タラ・ダンカン」を児童書コーナーに置くとは書店も出版社も
何を考えているのでしょうか?ライトノベルコーナーに置いたら売上は全く
違ったものになるでしょうに・・・

投稿: ラッキーマン。 | 2008.04.20 00:13

>> ラッキーマン。さん

「毛」は重要ッ!
あるのとないの差こそが、OK/NGの差です(何の?とは問わないでくださいまし)
最近ハートに響くのは、「いつも君を感じてる」ですかねー

  > 「タラ・ダンカン」をラノベコーナー

確かに!売り上げ桁数が変わりますね ← 「快楽天」を扱う人と、児童書やラノベを扱う人との断崖を感じます。

投稿: Dain | 2008.04.20 08:30

(=゚ω゚)ノ o(_ _)oペコッはじめして

みなさん、夜中なのに元気ですねっ
12歳のモアノーloveですっ!

投稿: フェルゼ | 2009.01.03 08:35

>>フェルゼさん

モアノーって野獣に変身するひっこみ思案のオンナの子でしたっけ?
タラとほっぺをくっつけあいっこしている?
映画orアニメで萌える予定ですがな。

投稿: Dain | 2009.01.05 21:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18285/40889772

この記事へのトラックバック一覧です: 濃縮還元ファンタジー「タラ・ダンカン」:

» 書評:タラ・ダンカン [初めてのおもちゃ箱]
 ハリポタがかすむね! タラ・ダンカン 若き魔術師たち(上)(2004/07/02)ソフィー・オドゥワン・マミコニアン商品詳細を見るタラ・ダンカン 若き... [続きを読む]

受信: 2008.05.02 17:19

« 読み巧者を探せ「半歩遅れの読書術」 | トップページ | スゴい書斎とはこれだ「この人の書斎が見たい!」 »