« 処女膜ばかり気にしててサーセン「太平洋の防波堤/愛人 ラマン/悲しみよ こんにちは」 | トップページ | エロゲで泣いて、人生充実するのか、おまえ »

なぜ最近の老人はキレやすいのか?

キレやすくなっているのは老人であり、若者ではない。

もう一度いう、大人として成熟できず、我慢のなんたるかを知らず、ついカッとなって暴走するのは、20代ではなく、60代以上の年齢層において激増している。このエントリでは、事象の裏づけと、なぜ最近の高齢者がキレやすくなっているかについて考察する。なお、「高齢者」「老人」とは、60歳以上の日本人男女を指している。

最初に断っておくが、安易な結論「高齢化社会になったから」ではない。確かに高齢者は増えているが、老人の犯罪者はそれをはるかに上回るスピードで蔓延っている。もっとも、老人が老人に襲い掛かる老老犯罪が増えている文脈で「高齢化社会」を語るならまだ分かる。しかし、そもそもキレやすい老人が増えている事実を糊塗して「高齢化社会になったから」と、したり顔で全部説明した気になっているマスコミ、コメンテーター逝ってよし!

目次は次のとおり、長いデ。

  1. 激増する高齢犯罪者
  2. 老人が増えているからではなく、キレる老人が増えているのだ
  3. 平成老人事件簿
  4. 刑務所は老人天国
  5. あなたの隣の「暴走老人」
  6. かつて老人は子どもだった
■1 激増する高齢犯罪者

平成15年犯罪白書(※1)を元に、年代別犯罪者比率の変化を見てみよう。図1「犯罪者の年齢別構成比の推移」を見て欲しい。一般刑法検挙人員の各年代が全体に占める割合の変化を、1975年を100としてグラフにしたものだ。

他の年代の検挙人員の割合がほとんど変わらない一方で、5.5倍に達しているのは高齢者―― 60歳以上の老人である。特異的な要因がない限り、犯罪者の年代別構成比は、人口の年代別構成比におおむね従う。それでも年を追うごとに微増・微減の変化はあるのだが、60代以上の犯罪者だけが突出しているのは、一体どういうことか?

■2 老人が増えているからではなく、キレる老人が増えているのだ

もちろん反論はできる。日本社会における高齢者人口が増えているため、犯罪者の中での高齢者の割合が相対的に増加しているという理由は説得力がある。矯正協会付属中央研究所のレポート「公式統計からみた年齢と犯罪の関係について」(※2)はまさにこのテーマについて統計的な裏づけを元に分析している。

このレポートの結論は明白だ。老人犯罪は、高齢者が増えているから増えているように見えているだけ、という。いわゆる暴走する老人は話題性を高めているだけであって、実態ではない、という考えだ。

それでは、なぜ昨今老人犯罪が話題性を高めてきたであるが、それは、全犯罪者の中で、老人犯罪者の占める比率が、相対的に増加してきているからと解釈できよう。老人人口が増加するにつれ、老人犯罪者の数が増えていることは当然ともいえようが、犯罪者を扱う立場からすれば、犯罪者集団の中で相対的に老人の数が増えれば、その扱いを考えざるを得ず、それは自然の理といえよう
下の図2「60代以上の犯罪者の構成比と、65歳以上の人口構成比の変化」を見てほしい。1975年を100として、老人人口がどの割合で増加しているかを重ねてみた。統計情報元の関係上、65歳以上を「老人」としている(※3)。

これによると、たしかに高齢者人口は増えている。ただし、1975年から2002年で、2.6倍だ。高齢犯罪者比は5.5倍に増加しているというのにだ。高齢者は増えているが、高齢犯罪者はそれを上回るスピードで激増している。つまり、老人が増えているのではなく、キレる老人が増えている。もはやキレるのは若者の専売特許ではなくなっているのだ。

■3 平成老人事件簿

中央公論の「団塊を待ち受ける、奪い合う老後」(※4)によると、老人が老人を狙う時代に突入している。高齢ゆえに体力がないから、強盗をやるにしても人を殺すにしても、自分よりももっと高齢の人間のターゲットにする(若者を襲ったら返り討ちにあいかねないからね)。

  • 2005.3月、札幌豊平署は、73歳の妻の首を絞めて殺害したとして、83歳の無職男性を逮捕したが、「食事のおかずの品数について文句を言ったことから口論となり、かっとなって殺してしまった」と言う
  • 2006.1月、JR下関駅舎から爆発音とともに真っ赤な火炎が噴き上がり、一時、本州と九州を結ぶ交通網は完全に麻痺した。鎮火後に逮捕されたのは74歳男性、「ムシャクシャして、うっぷん晴らしのためにやった」とあっさり放火を認めた
  • 2005.5月、妻の頭を置物で殴り、ズボンのベルトで首を絞めて殺した容疑で74歳の男が逮捕されている。調べに対し男は「妻が高額の健康食品を買ったので口論となり、かっとしてやった」と話す
  • 2001.6月、福島県で起きた保険金殺人。被害者は77歳の女性で、主犯格は73女、他に77歳女、73歳女、62歳女、52歳男、63歳男が逮捕されている。この事件の特徴は、被害者も加害者も、そろいも揃って中高年であること。熟年パワーが炸裂した事件をいえる
いわゆる終の住み処、介護施設でも同様とのこと。老人が老人を殺す、老老殺人の舞台となっている。89歳のおばあちゃんが同じ入居者の70代の認知症の女性に首を絞められて殺されたり、70歳の男が73歳のほかの男性のささいな生活騒音に腹を立てて、ナイフで刺し殺したり。

あるいは、老人ホームは高齢男女の出会いの場でもある。老いの恋愛に花が咲くこともあるが、ひとたび問題がこじれると惨劇の場と化すこともある。2004.5月、愛知県安城市にある養護老人ホームで、入所者の68歳男が67歳女に絞殺された。度を越した恋愛行動を制限され、おもいあまった挙句、首を絞めたという。

ついカッとなって殺す、痴情のもつれから首を絞める、ムシャクシャして火をつける。年齢を重ねることと円熟とは全く関係ないことについて、わざわざ指摘するまでもない。しかし、「若気の至り」やら「若さゆえの過ち」と、完全に同等な結末を引き起こしているのであれば、それは「若さ」や「老い」とは関係のない、別の理由が存在することになるのではないか。

■4 刑務所は老人天国

では、ついカッとなった先にあるもの―― 刑務所はどうなっているだろうか。新潮45の2002.7月号の元刑務官のレポート(※5)によると、娑婆よりももっと深刻な問題が横たわっていることがわかった。

もっとも象徴的なのは、広島県にある尾道刑務所だそうな。2002.5.3フジテレビのスーパーモーニングで放映された、平均年齢73歳の入所生活である。

作業時間は1日6時間、一般受刑者の8時間との差2時間は、レクリエーションの時間に費やされる。体育館でカラオケ、卓球に興じている姿が映し出されていた。舎房は全員個室、トイレ、廊下、工場内通路には手すりが取り付けられていた。4年前に改築したという真新しい生活空間はバリアフリーで清潔そのもの。インタビューに応じた受刑者は「わしは、近畿の刑務所はみんな回ってきた。40年余りは刑務所暮らしになってしもうた。しかしここはまるで天国じゃ」
そこらの老人ホームの入居者より、よっぽど快適に生を楽しんでいるように見受けられる、衝撃的な映像だったという。同様な報道は、NHKクローズアップ現代でもあった。2004.5.31放送(No.1921)で、刑務所と更生保護の現場ルポを通して、高齢化が進む中さらに深刻化が予想される「老人犯罪」の現実と対策を探っている。

元刑務官のレポートによると、70%を越える老人囚は出所後の行き場がない。帰住地を更生保護施設と希望していても、実際には入れるかどうかわからない。これらのものに、公的年金について訊いてみると、もらえると答えたのは30%弱だったという。生活に行き詰まれば、また尾道に帰りたいと、犯罪に手を染める老人もいる(そのためのノウハウもある)。

福祉行政の失敗は、受刑囚の高齢化に拍車をかける。彼らには文字通り「帰る場所」がないのだから。わざわざ広島近郊へ出かけていって「ついカッとなって」しまう再犯、再再犯がいるのには、ちゃんと理由があることに目を背けている限り、刑務所の老人福祉施設化は止まらない。

計画的か否かは別として、増え続ける高齢受刑者が、過剰収容を全国レベルで押し上げていることは事実。1970年には60歳以上の高齢受刑者は1%だったにもかからわず、2000年には9%に達している(※6)。なんと9倍!だ。もちろん高齢者は増えているぞ、3.4倍程度だが(※7)www高齢者は増えているが、高齢受刑者はそれを上回るスピードで増えている。老人栄えて国滅ぶ例として年金制度が取り上げられるが、刑務所は常にその一歩先を行っている。

■5 あなたの隣の「暴走老人」

いわゆる犯罪にまでいたらなくとも、暴走する老人はいたるところで見受けられる。「暴走老人」「キレる老人」の実態は想像以上にひどい。週刊誌のアンケート(※8)によると、暴走老人の出没スポットは、(1)スーパー、(2)乗り物、(3)病院だという。そこでの目撃談によると…

  • 70過ぎの白髪のお爺さんがスーパーで商品のみかんを剥いて食べ始めた。店員が注意すると「試食しないと味がわからない」とわめいて、店員がひるんだら、「甘くないから買わない」と捨て台詞を吐いて立ち去った
  • 老人無料パスを見せてバスを降りようとした70歳くらいのお爺さん。運転手が「お客さん、それ女の人の名前だよ」と言われた瞬間、ダッシュで逃げた
  • 大阪の市バス内の出来事。70代後半の男性が運転手に「車内放送がよく聞こえなかったので、さっきの停留所で降りられなかった。引き返せ」と怒鳴りだした
  • 救急士の証言。「老人は気軽に救急車を呼んであたりまえという人が多い。とても急病人とは思えず、車内でもわがまま放題。トイレに行きたいから救急車を止めてくれといわれたときが一番驚いた」
「暴走老人!」にて藤原智美は、なかなか面白い分析をしている。要するに彼・彼女たちは「待てない」のだそうだ。歳を取るほど時間が早く過ぎていくという焦燥感が、予期せぬ「待たされる時間」に遭遇したとき、発火点となって感情爆発を引き起こすという。寛恕の心とか、「がまん」って言葉を知らないんだろうね。

あるいは、昔と異なり、「周囲から尊敬されなくなった」ことが理由としてあげられている。時間の流れがゆるやかだったときは、その経験が若者にとっても有益だったが、いまでは、老人が持っている知識・経験を下の世代がまったく必要としていないことが一因となっている―― そんな指摘もある。

また、「暴走老人!」では、「社会の情報化へスムーズに適用できていないこと」が原因だという。

逆に若い世代はメールやネットでオブラートに包んだコミュニケーションばかり取っていて、人間の感情がぶつかり合ったときに収める技術を、社会が失いつつある。
うーん… 「キレる若者たち」にも使える理由なので甚だしく「?」をつけたくなるが。本書自体がワイドショー的で印象だけをつづったエッセイだからなぁ… 「暴走老人!」の一番の読みどころをお伝えしよう。それは、あとがきにある。
テーマは「暴走する老人たち」ですが、私は老人批判をしたかったわけではありません
なんという逃げ口上。しかも「あとがき」に書くあざとさ。著者がチキンになるのは、「老人」たちの仲間へあと一歩の我が身かわいさか。

いずれにせよ、人生も終盤にさしかかると、枯れるとか悟るところがあるのかと思っていたが、完全なる幻想。せめては老醜をさらすことのないよう―― と自覚のある人ならいいが、そうでない人が暴走を繰り返しているのが現状だろう。

■6 かつて老人は子どもだった

ここで簡単に済ませることもできる。「社会の情勢の変化」だの「IT化」や「社会の閉鎖性」「心の闇」「核家族化」と、テキトーなキーワードを並べ立てて、訳知り顔で説明することは、可能だ。っつーか、それが王道だ。若者批判の常套句だ。

センセーショナルにあおりたて、口をそばめて指摘し、批判し、「だからなっとらん」と騒げば一仕事したかのような顔をする。そして提言としては「ちゃんと挨拶しましょう」「思いやりの心を持ちましょう」とかオマエは小学校の学級会かッ!と石ではなく岩をぶつけたくなるような『センセイ』がいらっしゃる(誰とは言わんが、な)。

もう一度、図2をみて欲しい。1986年前後が突出していることに注目。

なぜだろうか?

暴れる老人をいくら見ていても、分かるはずがない。彼・彼女らは「ルール」や「マナー」、あるいは「社会常識」というものを持っていないのだから。だから、それらを身に着けていないのであれば、その理由を探るために過去を見てみよう。

そもそも、そうしたルールをいつ身に着けるのだろうか?もちろん子どもの頃だ。ふつう、ものごころついたときから、社会に出るまでのあいだに「しつけ」られるものだ。年齢で言うならば、10-20歳にかけてだろう。言い換えると、この年齢でルールや常識が身についていないと、後の一生で社会的制裁という形で教育されることになる。

さて、1986年ごろに「暴れる老人」だった60-70代が、社会常識を身につけるべき10-20代だった頃は、何があっただろうか?

そう、戦争だ。1926-1946年ごろは、世界不況から太平洋戦争、終戦の混乱期だ。この時代にまともな「しつけ」を親に求めることは、香山リカから「最近の子はよくしつけられている」というコメントを引き出すことと同じぐらいの期待値だ。この世代が「現役」だった時代に、各年代の犯罪率を押し上げ、いわゆる高齢者世代に突入して一花咲かせたと見るのが自然だろう(1975年から若年犯罪率が一貫して減少していることにも注目)。20年ぐらい昔の「荒れる老人たち」の理由は、これで説明できる。

次に、1997年から現在にいたる老人犯罪の激増化を見てみよう。彼らの少年時代を遡ると――終戦から高度経済成長の入口(1955)あたりに「しつけ」られた人びとが暴れているのだ。あの当時は暮らしていくのに精一杯でそれどころではなかったという「仮説」が立てられる。

この仮説を検証するならば、老人犯罪者にインタビューしてみるといい、「わたしたちが若い頃は、なんにも楽しみがなかった、一所懸命働いた、結局見返りはこれっぽっち、やってらんねぇ」という恨み節が聞こえてくるに。そして、「親からはろくに面倒を見てもらってなかった」というカメラ映えする言質が取れるだろう(ホントの因果は逆なんだけどね)。

同じ根拠により、このうなぎ上りグラフはそろそろ沈静化するのではないかと予想している。「団塊の世代」の振る舞いだ。この連中、華々しく闘争して社会に迷惑をかけたワリには、就職と同時に転向する"ちゃっかり"したところがある。これは、社会的制裁を受ける/受けないギリギリのところを計算できるぐらいの常識を「しつけ」られていたのではないかと考えられる。

もちろん、団塊の世代は1947-1955年生まれと上述の「いまどきの暴れる老人」世代と被るところもあるが、日和組が残らず老人化する2015年ごろからはこのグラフはフラットに安定化する(もしくは減少する)はずだ。彼らも馬鹿ではないのだから。

そして、「しつけがなっていない」世代が死んでゆく2030年ごろからは、老人犯罪は過去話となるだろう。高齢化社会真っ盛りであるにもかかわらず、ね。「老人犯罪?ああ、『そんな時代もあったね』と、いつか笑って話せるさ。

何度でも言う。キレやすくなっているのは老人であり、若者じゃない。この事実に目を背けている限り、対策も後手に回り、問題は先送りされる。文字通り、「死ぬ」まで。

+――――――――――――――――――――――――――――――――――――――+
注釈

(※1)平成15年犯罪白書p.7「1-1-1-5図一般刑法犯検挙人員構成比の推移」を元に作成
(※2)中央研究所紀要4号(1994)p.81-92「公式統計からみた年齢と犯罪の関係について」
(※3)日本の統計(総務省統計局)日本の統計2007第2章人口・世帯[URL]を元に作成
(※4)中央公論2006.5月号p.70-77
(※5)新潮45 2002.7月号p.82-90
(※6)同p.85
(※7)上記※3より
(※8)週刊文春2007.10.11p.42-44

+――――――――――――――――――――――――――――――――――――――+
参考文献

エントリには載せられなかった文献もいくつか。糞本もあるが、糞のサンプルとして役に立つ。

■ 「老人栄えて国亡ぶ」(野末陳平、講談社、1997)

題名が老人批判、書き出しが老人批判と威勢がいいが、ラストで大ドンデン返しが。本書を老人批判のバイブルだと喜んでいる奴は202ページを読め。時間のない人は以下の2節でオッケー。

「まえがき」はこうだ。

このごろ高齢者ほど、平和ボケ・繁栄ボケの典型はいない。老人扱いはイヤだと口で言いながら、国の老人過保護政策にどっぷり浸りすぎ、わがままで、身勝手で、頑固で、わからずやで、要求過剰で、傍若無人で、無反省・無自覚で、謙虚さが不足で、どうにも扱いにくい存在だ。彼ら高齢者が国家財政を圧迫している不愉快な現実に、なぜ誰も起こらないのだろうか。
で、200ページぐらい使って世代会計から見た世代間格差を延々と論じて、ラストはこうだ。
若い人たちは生まれたときからいい思いしすぎてますよ。過保護に育てられ、うまいもの食って楽しい生活して、苦労らしい苦労もしないで人生の前半を送ります。この調子で人生の後半も遅れたら、話がうますぎませんか。

前半がよすぎたから、後半は少し苦労してもらって、平均すればそれで辻褄が合うんじゃないか。それでこそ親たち世代とそこそこに帳尻が合い平仄のとれる人生ってもんだ。ぼくたち高齢者仲間は苦労が先に来た世代、次の人たちは苦労があとにくる世代、これで不公平なし、可もなく不可もなし、みんな平等で文句なし、天下泰平めでたしめでたし、というオチですね。
このテの本は書店でレジまで持っていってもらったらオッケーなので、みんな騙されたんだろうね… 批判する奴すらいないのは、最後まで読まれていない証左。

■ 「死に花」(太田蘭三、角川書店、2003)

「老い先わずかだ。死に花を咲かせよう」と一念発起し、人生最後の大バクチに出ることを決意する。面白いのは、その「とんでもないこと」が老人をどんどん若がえらせてゆく。人生にゃ、目標が必要だね。エロ話が頻繁に登場してて、面白い。高齢者の性行為は(いろんな意味で)興味津々なんだが、楽しみどころは別様だ。人生の経験者の智恵と、老人パワーが文字通り炸裂する。

人生に必要なのは、エロと目標だね。

■ 「いい老人、悪い老人」(鈴木康央、毎日新聞社、2004)

何でも二分断して○×をつけたがり、「だから○○は…」のグチをひとくさり。「だから最近の若者は…」をそのまま老人にあてはめただけ。若者というだけで全否定が許されるが、相手は老人なので部分否定に走るのがチキン。著者は団塊の世代で、「わたしが老人になったら大事にしないと反乱するぞ」とオドしているところが文字通りコケオドシになっていて笑える。「馬鹿というやつが馬鹿」を地で行っている。

■ 「銀齢の果て」(筒井康隆、新潮社、2006)

老人人口を調節し若者の負担を軽減する大義名分のもと、日本政府は「シルバー・バトルロワイヤル」を実行する。要するに70歳以上の老人に殺し合いをさせようというもの。対象地区に選ばれたところは、のどかな町内から過酷な戦場と化す――ってアレのパロディやね。

結局は「自分たち若い者には優しくしてくれ。そのためにはあんたたち老人が死んでくれ」ってことなんだ。なあ。おれたちゃもっと強い世代だった筈だろ。もっと若いやつに嫌われて、恐れられてりゃあ、こんなことにはならなかったんだとおれは思うがね
がブラック過ぎてて笑いが引きつる。

■ 「暴走老人!」(藤原 智美、文藝春秋、2007)

エントリ内にも書いたが、一番の読みどころは「あとがき」。「ちかごろの若い奴は…」のノリで印象批判をダラダラ書いた後、ラストでこう逃げる。

テーマは「暴走する老人たち」ですが、私は老人批判をしたかったわけではありません
なんというチキン。しかも「あとがき」に書くあざとさ。そういや、冒頭で「老人犯罪検挙数」のグラフがあるが、その説明が「ホラ、右肩上がりでしょ?暴走老人は増えているんです」に噴いた。まさに老人人口が増えているからじゃん、というツッコミすら思いつかず、なんでも「社会のせい」にする思考停止っぷりは、ぜったい狙ってアオってるぞ。

中央公論2008.4「老人が今なぜキレる?」でも語っているが、対談相手は養老孟司。「老いたってエエじゃないか」と開き直る老人代表に振るシッポの角度が微笑ましい。

「老人栄えて国亡ぶ」といい、「暴走老人」といい、このテの「老人批判」もどきは、二重の意味で罪深い。威勢よく批判すると思いきやラストでひっくり返すのは、羊頭狗肉どころか羊頭腐肉。そして、重要な問題をクソ論理で語っているため、問題そのものの重要性を減殺してしまっていることは、恐ろしく罪深い。

つまり、うんこ主張なんてすぐに粉砕されるため、その前提の「暴れる老人」まで疑わしく見えてくる罠。これをジコヒハンと称して免罪符にでもするつもりか。すぐに馬脚の現れる論理を主張して、その批判を甘んじて受けることで、もともとの論理の前提を疑わせるテクニックは、(狙ってやっているのなら)かなり高度な技だぞ。意図しないならただの○○だがな。

+――――――――――――――――――――――――――――――――――――――+
追記

このエントリを書く上で、意図的に省いた視点を追記する。「ちゃんとしつけられなかった子どもが、いまの暴走老人」というシンプルな話にするだけでもこれだけのボリューム。以下の視点を加えれば、さらに多角的な分析ができるだろう。しかし、リーマンが休日深夜にがんばるレベルを越えているのでカンベンな。

■ 「犯罪者の定年延長説」という視点

平均寿命が延びたため、社会的活動期間が延長され、したがって犯罪者としての活動期間も長くなっているのではないか、という説がある。この、「犯罪者の定年延長説」は西村春夫の論文にある(※1985 高齢者が犯罪にあう時、犯罪に出る時」The Japanese Council on Crime and Delinquency,33,2-11)。

「キレる老人」を犯罪発生率だけで断言するのには無理がある、というこのエントリのカウンターとして主張できる。つまり、プロの冷静な犯行が検挙された場合もカウントされるからだ。

10-40代までの犯罪者の比率は、男の方が女よりも高いが、50代、特に60代になると顕著に女性が高くなる。この傾向が犯罪者の定年延長説に説得力を与えている。

■ 「時代に取り残される老人」という視点

暴れる老人のキモチを弁解するとき、「時代のスピードについていけない」という看板を掲げる人がいる。前出の「暴走老人!」なんてまさしくこれに該当する。お爺さん、お婆さんの経験や知恵が蔑ろにされ、居場所を失っているというやつ。

一見もっともらしいが、本当だろうか?

「時代の変革スピード」を出生率や経済成長などの「見える数字」で表現する。そして、その「スピード」とやらの変遷と上のグラフの相関関係から読み解く。自分の数十年の記憶だけで物語っている連中より100倍ましかも。

おそらく、その「スピード」とやらは加速している、という結論に導ける。しかし、その調査の過程で、「それぞれの時代ごとに、変化についていけない高齢者」が沢山いた、という事実にぶちあたるだろう。そして、各時代で「お年寄りの知恵や経験が蔑ろにされている」と憤る老人たちの発言を追いかけることになる。

その最古の例は、[ 最も古い「最近の若者は…」のソース ]にある。

つまり、どの時代でも「変革スピードについていけない老人」はいた。そして、「自分の経験を肯定してもらいたがっている老人」も同じぐらいいた。Identity Crisis の防衛策としての「暴走老人」だ。この枠組みなら一定量の暴れる老人の説明はつく。ただし、どんな時代でも Identity Crisis に最も瀕しているのは老人ではなく、若者であることをお忘れなく(それこそ、オマエの若い頃を思い出してみろ、というやつだね)。

暴走する老人を「時代のせい」にするのは両刃の剣だろ。「そんな時代にしたのは、まさにお前らだろ」と切り返されてしまうから、被害者のフリをしようにも無理ある。「世の中が悪くなっている」とグチるのなら、「そういうオマエは何をしてきた?」とね。

■ 「刑事司法システムでの老人犯罪者の扱われ方」という視点

資料※2 で面白いヒントをもらった。日本の刑事司法システムでの老人犯罪者の扱われ方だ。検挙者数の人口比が少ないにもかかわらず、検挙→受刑までいたる老人の比率は、他の年代と比べると少なかったという。

これは何を意味するのか?

つまり、老人犯罪においては、微罪処分、起訴猶予処分が、他の年齢層に比べて多いことを示している。お目こぼしというやつやね。老い先短い身の上、お年寄りを大切に、という儒教的?(ヒューマニズム的?)心情がこうした数値になっているのかもしれない。

その一方で、老人受刑者の中の再入率は、極めて高いという。歳を取ると悔い改めなくなるのだろうか。これは、穏便に済まそうとしたら図に乗っている老人の姿を如実に現している。

|

« 処女膜ばかり気にしててサーセン「太平洋の防波堤/愛人 ラマン/悲しみよ こんにちは」 | トップページ | エロゲで泣いて、人生充実するのか、おまえ »

コメント

こちらのブログを拝見していましたが、
やはりいくら読書をしても、それだけでは
データの分析ができるようになるわけではないんですね。

投稿: | 2008.04.23 23:57

ちょくちょく楽しく読ませていただいていますが、団塊世代から老人犯罪が減っていく、というのには少し疑問が。
計算できるならば、まさしく「老人だから」を建前に暴走するのではないかと。
学生だったときに「学生だから」を建前に暴走したように。

投稿: 河童 | 2008.04.24 00:56

 はじめまして。
 少年犯罪が増えているというセンセーショナルな報道がありますが、実際には高齢者の犯罪増がもっとも深刻なことであると思います。少年や若者ばかりを問題にする論調は紀元前よりあると言いますが、現実はデータをもとに見ればわかることで、なぜこのことがきちんととりあげられないのか不思議に思っております。
 そういう意味では、こちらできちんと分析をなさっていて、ちょっとすっとしました。

投稿: えふ | 2008.04.24 08:08

大半は「反社会学講座」や「戦前の少年犯罪」に書かれていた内容を別の資料で論証している感じでしょうか。http://mazzan.at.infoseek.co.jp/lesson2.html
に「戦後最もキレやすかった少年が決定致しました。グランプリは昭和35年の17歳、つまり昭和18年生まれで西暦2001年現在58歳の方々です」とありますが、今回のエントリも同じく、「三丁目の夕日」の時代に若者だった「ヤング島耕作」あたりがもっともキレやすかった危ない世代という感じでしょうか。
ただ、刑務所は老人天国とかというのは(エントリにも書かれているのでおわかりだと思いますが)キレる云々とは別の問題で、これを一緒くたにすべきではないと思います。
http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/0000757954.shtml

投稿: ミーム吉田 | 2008.04.24 11:22

サービス業に従事しております。
お客様の中で本当に酷い態度を取られ、トラブルを引きおこすのは、失礼ながらほとんど50代以降の方です。彼らは基本的にこちらの話を聞かず、一方的に物事を進めようとした挙句に、思い通りにいかない場合、サービスの提供者を大変強い調子で非難します。時折それは、非難、という言葉では許容できないほど理不尽で苛烈です。その姿にはキレる、という言葉がすんなりあてはまります。
個人的な実感として、データに現れてきているのはまだまだごく一部ではないかと思っております。今後、もっと目に見える形で問題化していくのではないかと危惧せざるを得ません。犯罪には事前の防犯が大変重要です。しかしながら誰が年長者である彼らを諌められるのか。難しい問題です。若者に礼儀、作法を訴える声を頻繁に聞きますが、今、本当にそれらの再確認が必要なのは年輩者側と思います。
乱筆で失礼いたしました。

投稿: 思うところあって | 2008.04.24 18:17

日本人は歴史を考えるときに宗教を無視して考えるらしいです。
ピラミッドを調べるときに、基本的には太陽神ラーなどの宗教を考慮に入れて発掘しなければ、困難です。

日本は戦時中、天皇を現人神とした神道が宗教でした。
それが、戦争に負けて、「神も仏もない。」といった
状況になりました。

もし、宗教が社会悪なら、それを思い知らされ、
宗教を捨てた今の老人たちはとても平和的であるはずです。

投稿: | 2008.04.24 19:01

>> 名無しさん@2008.04.23 23:57

同感です、読書量よりも、「何を疑問に思えるか?」のほうが重要です。

>> 河童さん

はい、ちゃんとした裏づけがとれないまま、印象論で団塊世代を予想しています。だから、「計算できるならば、まさしく「老人だから」を建前に暴走するのではないか」というご指摘はもっともです、ぞっとしますが。

>> えふさん

  > 現実はデータをもとに見ればわかることで、なぜこのことが
  > きちんととりあげられないのか不思議に思っております

陰謀論に託すと面白い本が書けるかもしれませんね。先にも述べましたが、「何を疑問に思えるか?」によって、同じデータでも違う見方になるのではないかと。このグラフを作った理由は、「暴走老人!」で老人犯罪者数が増えていることを示すグラフを見たからです。高齢者が増えているのだから絶対数が伸びるのは当然で、「数」ではなく、「伸び率」から解けないかと問いを立てた結果です。

>> ミーム吉田さん

ご指摘のとおりです、ありがとうございます。「反社会学講座」も参考にすれば、より説得力のある主張になりましたね。「凶悪な少年がトシとって暴走老人になっているだけ」という構図が正解でしょう。

そして、刑務所云々の話は、キレる老人とは関係ないですね。「老人犯罪率の伸び」を説明するための援護射撃のつもりで書きましたが、うまくハマっていないのがわかります(精進が必要ですね)。

>> 思うところあってさん

はい、個人的な経験なら激しく同感です。ただ、「個人的な経験」を一般化して、「だから○○はダメだ」という言説がまかり通るのは年長者だというジャイアンの法則が…

>> 名無しさん@2008.04.24 19:01

!!なるほど、「宗教」という視点ですか、それは考えていませんでした、ご指摘ありがとうございます―― が、かなり難題ですね。宗教と「暴れる老人」の関係は、広くて深くてセンシティブな分析を要しそうですから。

投稿: Dain | 2008.04.24 23:53

まあ、単純に老人が敬われない社会になったからじゃないでしょうかね。

老人の方にも、年長者は敬われなければいけないという幻想があって、若年層との意識の齟齬によるストレスでキレやすくなっているのではないかと。

それに、かつてはご隠居さんといって60歳や70歳を過ぎれば家の中に引き篭もり気味だった世代が、50代と変わらない活力で社会の中に留まり続けていることも、無関係ではないでしょう。

ダニエル・ゴールマンは『心の知能指数』の中で、キレるとは脳の扁桃核によって理性(前頭葉)がハイジャックされ、自分を押さえきれなくなることだと言っています。前頭葉は、筋道を立ててものを考えたり感情をコントロールしたり、「理性」を司ります。ここはほぼ一生をかけて発達していきますが、感情をコントロールする力は、お互いの相互理解から生まれてきます。今の社会は、相互理解からは程遠い状態にあるでしょう。

つまり、世代の断絶、核家族化、自分は若年層から敬まれるべきなのにバカにされているという疑心暗鬼など、エントリで語られていることよりも、もっとグローバルな要素が複雑に絡み合ってキレる老人が増えているのだと思われます。

投稿: carl nielsen | 2008.04.25 16:12

昔私が子供だった頃、当時の世の中の親父たちは
横柄で周りに配慮が出来ずカッっとなりやすく
態度だけはでかく迷惑な行動を起こしやすかった記憶があり
大抵は奥さんがなだめたりフォローしていました
今丁度暴走している老人の年齢なわけです、つまり元々の性質ともいえます、
あと男は物事を解決する方法として暴力をつかう傾向があるわけですが、
年を取って多少丸くなっても変わりません
暴走爺さんより上の年齢の方にもまだ若い(といっても30代ですが)
人のほうが話が分かるって言われた事がありますw

投稿: 通りすがり | 2008.04.26 11:35

老人の沸点の低さを感じるのは、接客業に従事しているひとなら誰しも思っているはず。
キレやすい老人の構造を解く作業としては非常に分かりやすかったですが、
この先にどうしていけば良いのか、
具体的には「明日何をすればいいのか」という面について書かれていたら嬉しかったです。
いつか止むのを待っているうちに、こっちが「キレる」ってことになりそうな場合もあるので。

投稿: AA | 2008.04.26 21:30

老人は自分の中の常識でしか物事を認識しないからねー。
世の中のシステムはダイナミックかつドラスティックに
変化しているんで、いつまでもアンタのローカルルールが
通用すると思うなよと。

今、十代・二十代のコたちはものすごく素直ですぜ。

まあ、そんな社会不適合の老人どもの子供たちがモンスター・ペアレントになってるんだろうなぁと。

投稿: 仮構と反転 | 2008.04.26 21:46

人は老年になるほど子供のようになる、というのを読んだことがあります。それはおそらく前頭葉の働きが鈍り抑えが効かなくなるためだと考えていますが、その結果平均寿命の増加により老人犯罪が増加したのではないでしょうか。

投稿: JJ | 2008.04.27 02:40

上記に載っている犯罪白書は、これは検挙率のことですよね。
良く誤解されがちですが、検挙率は、“検挙に持ち込んだ割合”を示す率であり、イコール“警察の頑張り度”みたいなものです。
決して犯罪率の増加を正確に示すものではありません。

具体例を挙げると、違法駐車の取り締まりに警察が力を入れれば違法駐車の検挙率は増加します。
でも、警察が別の事件の方に力を入れ始めれば、今度は、違法駐車の検挙率は激変します。
むろん、違法駐車を行う人の数が増減していなくてもです。

老人の犯罪の検挙率が増加したのは、老人の人口増加に伴い、キレる老人の率が“少し上昇”したことを切っ掛けに、マスコミが一部のキレる老人について報道を始めた為です。
こういう報道が起きる度に、警察も関心を示し、その種の犯罪を積極的に検挙するようになります。
だから、検挙率が上がるんですよ。
知ってますか?
むかし、少年犯罪が急増しているなんてマスコミが騒いでた時期がありましたよね。
マスコミは、検挙率が急増したことを、その根拠にしていました。
でも、“犯罪認知数”は実際には増えてなかったんですよ。


投稿: 基本的な勘違い | 2008.04.27 06:12

検挙率については、警察のお手盛りでいくらでも上下しますね、たとえば道路交通法については日本国民のほとんどが抵触しているわけです。
制限速度50km/hの道で、車の流れが70km/hになっている場所などでは、流れに乗っている車はすべて法律違反となるわけです。

パチンコ屋だって、玉を特殊景品(笑)に交換してその後、現金に交換するわけですが、どう考えてもこれは賭博であり違法行為です。

でも警察は自分の都合に合わせて検挙したりお目こぼししたりします、つまりそういうことですね。

投稿: hae | 2008.04.28 22:01

我が家の向かいのお宮様の広場では朝9時から夕方4時過ぎまで年寄りがゲートボールをしています。ある日、体調が悪くて寝ているときに余りにもうるさかったのでもう少し静かにしてくれないかとかなり腰を低くお願いしに行ったのですが、帰り際に「あいつはキチガイだから」と大声で言われたのが忘れられません。

他にも併設されている市の子供の遊び場を駐車場代わりにしたり、広場に遊びに来た子供を追い返したり、正月の初詣客を締め出してゲートボールをしたり、砂場の横に勝手にトイレを作ったり、鉄棒でタオルや雑巾を干したり、近所で服を干している近くでドラム缶で火をたいたり、野良猫にえさをやりっぱなしにしたりとやりたい放題です。

しかし、これらの行為に文句を言いたくても怖くて躊躇してしまいます。逆切れされて家に火でもつけられたらたまったものではないですし。

このゲートボールをしている集団を見ていると、しつけがわるい老人は個別の事例ではなく、もっと密度の高い状態で存在していると感じます。

投稿: Net | 2008.04.28 22:50

意見を公開すると、良い指摘をいただきます。沢山の知見を指摘いただいて、感謝しています。

>> carl nielsenさん

ありがとうございます、確かにご指摘の理由はあると考えられます。心情的なものではなく、うまく数字にできれば、強力な説得力を持つと思います。

  > かつてはご隠居さんといって60歳や70歳を過ぎれば家の中に引き篭もり
  > 気味だった世代が、50代と変わらない活力で社会の中に留まり続けている
  > ことも、無関係ではないでしょう。

不勉強なため、よく理解できなかったのが以下の件。

  > エントリで語られていることよりも、もっとグローバルな要素が複雑に
  > 絡み合ってキレる老人が増えているのだと思われます

「グローバル」 = 「地球規模の~」とか「包括的な~」といった観念しか思いつけず、上述のダニエル・ゴールマンの紹介とも結びつけることができませんでした。フクザツに絡み合っていることは激同なのですが、だったら解いてみましょうね、という趣旨なのです。

>> 通りすがりさん

終戦直後の「暴れる少年」がン十年たって「暴れる中年」になり、いま「暴れる老人」になっているという構図ですね。「年を取ると丸くなる」一般論がいつ生まれたのかに着目すると、うまくつながりそうです。ありがとうございます。

>> AAさん

  > 具体的には「明日何をすればいいのか」という面について書かれていたら

残念ながら、ムリだと思います。「暴れる世代」を押さえ込むための法律史・警察史をさらってみると、よりムリさ加減が分かるかも  ← これは面白そうです、ちょっと調べてみますね。

>> 仮構と反転さん

  > 今、十代・二十代のコたちはものすごく素直ですぜ

はい、わたしも同感です。わたしが十代だった頃と比べると、いまどきの若者は驚くほど「おとなしい」と思います(例外はテレビでよく見ますが)。

>> JJ さん

  > おそらく前頭葉の働きが鈍り抑えが効かなくなるためだと考えていますが、
  > その結果平均寿命の増加により老人犯罪が増加したのではないでしょうか。

ものすごく説得力のある意見、ありがとうございます。現役の老人も含め、かなりの説得力を持ちそうですね。キレやすい老人の「率」は変わっていないことを確認すればよいので、立証するのも簡単そうです。このエントリでは、犯罪者となる割合の「伸び」に着目してしますが、「世代単位に犯罪者となる割合」に着目すれば、確認できますね。

>> 基本的な勘違いさん

わたしが見落としていたご意見をいただき、ありがとうございます。

ご指摘の点も考慮に入れるべきですね。風評が検挙率を支配するなんて、思いもよりませんでした。従って、次に考えるべきことは、風評が老人検挙率に与えた影響でしょう。グラフの「伸び」は、1984年から急上昇しているので、この年に「暴れる老人」の報道があったかどうかを調査すれば、その証左になりそうですね。

  > 老人の犯罪の検挙率が増加したのは、老人の人口増加に伴い、
  > キレる老人の率が“少し上昇”したことを切っ掛けに、マスコミが一部の
  > キレる老人について報道を始めた為です

おかげで、「1984年」というターゲットまで得ることができました。ホントかどうかは別として、ありがとうございます。

さらに、

  > むかし、少年犯罪が急増しているなんてマスコミが騒いでた時期がありましたよね。
  > マスコミは、検挙率が急増したことを、その根拠にしていました。
  > でも、“犯罪認知数”は実際には増えてなかったんですよ

というご指摘があるということは、「犯罪認知数」の要素があるということですね。わたしの調査では限界があり、犯罪認知数は全体的な数字しか得られませんでした。ご指摘によると、少なくとも「『少年犯罪の』認知数」がありそうなので、年代ごとの犯罪認知数もあるかもしれないですね。

それにしても、検挙していないのに年齢が分かるのは、ちと眉唾ですが、不勉強を補うべく、調べる価値はありそうです。

>> steam_heartさん

トラックバックいただいたご指摘のうち、かなり参考になるものは、以下のものでした。

まあ、この手の話題ロクな統計、見たこと無いからねえ
http://d.hatena.ne.jp/steam_heart/20080425/1209099393

揶揄口調がアレですが、言っていることはもっともです、ありがとうございます。再び「キレる老人」を俎上に乗せるときは、ここらの課題に取り組まないと。

  > 比較しているのは、対象の犯罪者内での「構成比」と人口「構成比」ではない。
  > 犯罪者内での「構成比の変化率」と人口「構成比の変化率」である。

その通りだと思います。「60代の100人当たり犯罪者数の推移」なんてビンゴなグラフがあればよかったのですが、ありませんでした。「人口に比例して犯罪が起こる」前提を越えるほどの犯罪者率を示せば根拠となる、と思っていましたが、甘かったですね。

  > 犯罪は、キレルだけが原因ではないので、「キレて起こる犯罪」については、
  > 何のデータも示されてない

おお、確かにー。裏を返せば、犯罪者率の増加 = キレる老人の増加とは限らない、と言えますし(冷静に犯罪を遂行する老人、ってのもヤですが)。「凶悪老人犯罪者数」といったワイドショー的なグラフがあればいいですね。

考慮されていない要因も、整理されていますね。どういう風に料理すればいいのかは、皆目検討がつきませんが…

  > 社会情勢、特に経済や年金などの老人が一般人と異なる影響を受ける
  > であろう要因は考慮の必要がある。法律とかもかなり変わってきている。
  > また、老人を含む家庭環境が、一般人の家庭環境と違うところもミソ。

まァ、これもワイドショー的に「老人の闇」のテロップに乗せて根拠レスで書き飛ばすことぐらいしか思いつきません。『わたしの』筆力のなさを感じますな。

さらに、

  ・ 犯罪の定義自体が時代背景で変わるよ
  ・ 犯罪って逮捕する側も影響するよ
  ・ 再犯も考えてね
  ・ 老人の方が経済的にいいのか悪いのか
  ・ 年齢で単純に分けられないかもなー

の指摘はごもっとも。で、トドメの

  > 犯罪者の構成比の増加は、人口の増加よりも、低所得者層が生き残っている率が
  > 高いから、でも説明出来てしまうのである。結構、説得力があると思うのだが、
  > 所詮検討すらしていないので、実際のところどうなのかは分からない。

は反論しようがありません。

わたしの分析を斬って捨てるだけでなく、「じゃぁどうすればいいのか?」についての分析、ありがとうございます。かなり突っ込んだ&多角的に展開していて、片手間にやるには手に余ることがよーく分かりました。

結局は、

  > 「各層の一般人と犯罪者の比率」を比較していく

なんですね。
精進します。

>> haeさん

了解です、検挙率に色濃く出るのは、警察のお手盛りの傾向なんですね。いわゆる世相の動向を知るにはどんな数字をもってこれば説得力があるか、というフリダシにもどってしまいますが。

「暴れる少年→中年→老人」の年代にターゲットを当てて、警察も対応してきた──そんなストーリーが描ければ、一層興味深くなるでしょうね。

>> Netさん

そっとしておいて人生の退場を待つのが得策かと。あるいは、行政などの組織を介してみるとか。

投稿: Dain | 2008.04.29 11:27

うちのジジィ、マジ死んでほしい。

投稿: | 2008.04.29 23:26

年配の方の犯罪率が増えている理由のひとつに医療の発達は挙げられないでしょうか
体も動かせない、動かすのが辛いような人は犯罪を犯すような体力もないと思います
医療の発達で年配の方にも健康な人間が増えたから老人にも犯罪を犯せるようなエネルギーを持った人が増えたのではないでしょうか

投稿: CCC | 2008.05.01 23:40

>> CCCさん

その指摘も説得力ありますね。まさにその観点は、「犯罪者の定年延長説」というキーワードで、西村春夫の論文(※)にあるようです。わたしのエントリでは、追記の

 ■ 「犯罪者の定年延長説」という視点

にまとめました。

(※1985 高齢者が犯罪にあう時、犯罪に出る時」The Japanese Council on Crime and Delinquency,33,2-11)


投稿: Dain | 2008.05.02 22:18

Dainさん

飛騨牛偽装事件の社長(65歳)の謝罪会見を見て、「今時の老人は」と憤り、ネットを観ていたら、このページにたどり着きました。

30歳代のホリエモンが企業不祥事を起こしたとき、老人達は痛烈に「今時の若者は拝金主義者だ」と批判しました。

ならば、ホリエモンの逮捕後起きた、食品偽装や偽装請負など数多くの企業不祥事は、すべて老人の経営者が犯しているので「今時の老人はホリエモン以上に拝金主義者だ」と、なぜ社会は非難しないのでしょう。(もちろんホリエモン個人は証券取引法違反で悪いのは当然です)

秋葉原のサバイバルナイフ殺人の件でも、その数日前に60歳代の老人が、ネコの餌付けで口論となり、大家さんをサバイバルナイフで殺しています。この時も「今時の老人は」とは絶対に非難しません。

「今時の若者」論は、日本社会における年長者の「情報偽装」とでも言うのでしょうか。人口減少社会の中、貴重な現役の労働力である若者を過剰に批判した結果、結局、年金や医療で老人自身が苦しむ結果になっているような気がします。

それにしても、飛騨牛の社長の態度は最低です。あんな人に限って「今時の若者は」と偉そうに言います。社長と同年代の人はなんとも思わないのでしょうか?

ともかくも、このような情報を提供した場があったことに、大変うれしく思います。これからも頑張ってください。

投稿: Rky | 2008.06.28 14:27

>> Rkyさん

んー、

現実は、老人の方がより悪質・残虐なのですが、
マスコミは若者の犯罪を一生懸命報道します。
それはアタリマエなのです。

なぜなら、

「犬が人を噛んでもニュースにならないが、人が犬を噛めばニュースになる」から。

もっと端的にいうなら、「その方が面白いから」でしょうね。
そして、「反撃されないから」も加えてもいいでしょうね。

「情報偽装」ですか、ずばりピンポイントですね。

そして、

絶対に流行らないでしょうね。
マスゴミ連中は、この言葉を抹殺するでしょうし。

投稿: Dain | 2008.06.28 23:01

CCCさんの 暴走老人の増加=医療の発達
という説は私も以前どこかのサイトで読んんだ事があります。
現代の高血圧の薬や、抗癌剤の発達で老人の生存率は飛躍的に上がった。今ほど医療や薬が発達していない時代に世間で目にする事ができた老人、いわゆる『矍鑠とした老人』というのは精神的にも肉体的にも頑健であったはず。
そして問題行動を起こす様な肉体的精神的に疲労した老人は、早々に淘汰されて行ったはず。 故に目にする事ができた老人を思って
昔の老人はしっかりしていた様に感じられたのではないかという説。 これはかなり納得するものがありました。

投稿: | 2011.08.07 08:17

>>名無しさん@2011.08.07 08:17

医療の発達説なら、暴走老人はこれからもずっと増え続けていくことでしょう。説得力はありますが、傍証の一つだと考えます。問題の本質は、暴走世代が老人になったということです。従って、あと10年かそこいらで鎮静化するはず。団塊前後が死に絶えるという意味ではなく、暴れる身体能力が失せるという意味で。

投稿: Dain | 2011.08.09 07:39

それは団塊が老人になっただけです

投稿: | 2012.06.12 22:20

>>名無しさん@2012.06.12 22:20

ちょっwww正解ッ!

投稿: Dain | 2012.06.13 06:41

俺の住む街は老害だらけだぞ。60代以降の馬鹿老人はわがままだし直ぐにキャンキャン吠えるし、政治経済に疎いし、汚ねーし、臭いし、あ゛〜〜、クソみたいに増殖しちまったババアやジジイをどうにかしてくれ!老害世にメリット無しだ!60代の年金を80%削ってくれ!

投稿: 本庄駅南 | 2013.11.18 10:20

科学的に言うと、老人が切れるのは、自己抑制をつかさどる前頭葉が老化で弱まっているからです。額の後ろにあるExecutive Functionという人間の意識・短期記憶、集中力をコントロールする脳は、実は自己抑制にもかかわっています。この部分が弱くなると、短期記憶が弱くなり、話を中断されると話の内容を忘れたり、マルチタスクができなくなります。

このExecutive Functionが弱くなるのは老人だけではありません。たとえば、落ち着かない子供のADHDなども同じメカニズムで前頭葉にあるExecutive Functionが弱いのです。ちあみに、老人になるとここが弱くなります。残念なことに、たとえば短期記憶(Working Memory)などは20歳をピークにほぼ線形に劣化します。(だいたい10年で20%くらいの劣化だったかな?)

ですから、老人の脳は若い時に比べると、短期記憶、集中力が落ち、ノイズ・妨害、中断によわくなります。ですから、年よりは話をさえぎられるのを嫌うため、どうしても振る舞いが自分よがりになるのです。

こういう最新の研究結果をもっと日本でも広めて、正しい知識と情報に基づいて社会を構築しないといけません。たとえば、老人が組織のトップにいつまでもいると、古い成功体験にいつまでも囚われる可能性があります。また、認知能力の落ちる老人の機嫌を損ねずに皆が幸せに暮らすためにはどうしたらいいのか、科学的な研究をもっと行う必要があるでしょう。

投稿: | 2015.04.20 09:18

このExecutive Functionは意思をつかさどり、意識の元になっているところです。人間の脳は並列に活動していますが、Executive Functionのスポットライトが当たっている部分だけが自分にとっての「意識」として認識されます。もちろん、スポットライトに当たっていないが、働いている脳活動もあるわけで、それらは無意識です。

ExecutiveFunctionは、意識を集中する際に、今と関係のない脳の活動を無視します。たとえば、勉強中はテレビの音を無視しようとします。ExecutiveFunctionが強い人は関係ない事を無視をする力が強いので勉強などがうまくできます。一方ADHDや老人はこの力が弱いので、妨害・ノイズに弱く、一つの事に集中できません。また、集中力が弱いのでマルチタスキングができなくなります。

短期記憶の力もこのExecutive Functionと関連します。ほかの関係ないノイズなどを無視できる人は、一度に多くのことを短期記憶できます。ちなみに、短期記憶に20秒以上滞在した情報が長期記憶に回されるので、新しく作る長期記憶も間接的にExecutive Functionはかかわっています。

老人は、Executive Functionが弱いので、ノイズを無視したり、他の関係のない脳内の活動や他人の意見を聞くと、今自分が考えていたことをすぐに忘れてしまいます。その結果、イライラして、怒りっぽくなります。また、Executive Functionは衝動を抑える役割もあります。衝動的に怒ったり、衝動的に考えたりします。

また、老人は短期記憶が弱いので、新しい問題にぶち当たっても、それを分析して、短期記憶に一時置いて考えることができません。その結果、きちんと分析することができません。その結果、問題に対して、いつもワンパターンの答えしか出せません。(ただし、文化的に日本人は老人も若者もワンパターンになりがちだけど)

投稿: アメリカ在住エンジニア | 2015.04.20 09:32

>>アメリカ在住エンジニアさん

ありがとうございます、Executive Function については知りませんでした。そういう"何か"を提示することで、老害の原因となるものを上手く説明できそうですね(そしてそれが必然であることも)。


投稿: Dain | 2015.04.21 06:39

>ただし、文化的に日本人は老人も若者もワンパターンになりがちだけど

同意しますね。自分も先程、大学生の子が政治について
ブログで語っていたので、少し意見をしたら、その子は
俺に対して感情的になり、ワンパターンな反論しかせず、
「そんな事は重々承知なので言わなくても分かります」と
一言余計な事を言ってきました。老人も頑固ですけど、
若い子も頑固な部分が強くなっているなと感じました。
もう少し俺の意見を聞いてから、自分の意見を言った方が
並風立たないのになと思いました。ネット社会になって、
他人の顔を見ないで意見交換するのが当たり前になり、
こう言うと相手は嫌な気分になるのが見えにくい事に
若いうちから気付くのが遅くなるのではと個人的に思います。
つまり俺が言いたいのは「老人も頑固でキレやすいが、それと
同時に10代の子もキレやすくなっている」という事ですね。

投稿: 名無しさん | 2015.06.24 03:09

キレる若い衆の祖父母なら当然。子供は育てたよにしか育たない。じぃさまばぁさまが当たり前のよにキレるのを見て育ってる

投稿: 通行人0 | 2015.07.21 15:33

老人が切れやすいのは、感情が老化しているからである。老化は身体だけでなく、感情やこころにも顕著に表れる。老化とは、身体、感情等が子供、幼児、乳児へと逆コースをたどることである。感情は、子供のように、「今泣いたカラスがもう笑う」のである。喜怒哀楽を深く持ち堪えられず、爆発させ易いのである。性能力についても、少しの刺激で、直ぐ射精してしまうが、感受性が浅いのも同様の老化現象である。
したがって、老人は、ストレスが少ない穏やかや環境の下で生活することが最も大切である。最近の世相は老人にとって生きづらい環境であるので、これを改善することが、喫緊の課題である。

投稿: 枯れすすき | 2015.08.11 11:47

今の70代は息子にもよくキレてたみたいだな。背骨曲がってたのに病院に連れて行かなかったらしい。そんなババアと同居してる今、ホント耐えられんな。

投稿: ぽむぽむ | 2015.08.17 19:10

キレる老人や老人犯罪が増加しているのは単に「認知症の始まり」で説明できると思います。認知症の症状には、今まで穏やかだった人が凶暴になりキレやすくなり異常行動に走るというものがあるので、明らかにおかしな老人はそうなんだろうなと。
ただそれとは別に、今の中高年(だいたい50代後半~70代前半辺り)に非常識で迷惑な人間が多いというのは感じています。単純にその辺りの世代の絶対数が多いからそう思うだけとかいう問題ではなく、明らかに若い世代とは考え方や価値観や頭の使い方が悪い意味で違っているのが根っこにあるように感じるからです。
それはやはり筆者の言うように戦後の動乱期の教育や躾がおそろかな時代に生まれたのが原因だと思います。やりたい放題が当たり前という価値観の中で、考える事の大切さを教えられたり学ばないままでもそれなりに生きてこれたでしょうからね。
何をやるにしても思考停止状態で、周囲の目や他人への影響を考える能力も無く、直感や勢いで無理矢理物事を進めてしまう残念な人が多い印象です。情報源もテレビか新聞か週刊誌ぐらいしか無いので、新たな考え方や価値観や常識を学ぶ事もできず、人格は死ぬまでアップデートされないままでしょうね。自分はこの世代が圧倒的多数派の土地にずっと住んでいますが、自分が小さい頃から周囲の人達の性質は変わっていないと感じるので、これは老化のせいではないと思うんですよね。

投稿: ポカリ | 2015.09.08 05:06

>>ポカリさん

こんな昔の記事にコメントありがとうございます。そして、端的にまとめていただき、感謝しております(ご指摘の通りだと思います)。キレる老人は、「老いたから」という理由と「キレる世代だから」という理由と二つあります。前者は老齢人口増につれて増加するでしょうし、後者は「その世代」がキレて事件を起こすほどの元気がなくなるほど減少するでしょう。その境目がここ近年になるのでは……と踏んでいます。

投稿: Dain | 2015.09.09 19:59

ここは約7年前の発信ですが その頃から老人の暴言や暴力があったんですね 今2015年も 引き続きござます 日本全国で妻を殺したり夫を殺したり 親を殺したり、殺された方は タイテイ人を怒らせる弁がたち 殺せるもんなら殺せとか 反対に寝てる間に殺してやるなど平気に発言したり 少しのことで逆上早く ものを投げたりと 基地外な言動行動をする。家庭内でなくスーパーなどで他人に当たることもシバシバみる光景。うちの母親も認知症で初めだが、いやみ 嫌がらせ エゴのわがまま 作り話 とうとう 娘に水を ひっかけたり物を投げたり ひっかいて来るようになった これは 近々精神病棟に引っ越してもらう日が 遠くない日に来るようだ しかし私は母親の暴言 裏工作 を子ともの頃からみて 10年前から よく面倒みて喧嘩して しかしトコトンうまいもの食べさせ 綺麗なもの着せてを散々したので何も後悔はない。母親は姑が認知になったらすぐに知り合いの医師から精神科に回されて
大人しい姑は精神病棟にて正月餅を喉煮詰まらせて亡くなった。
このままでは 母も同じ道に行くのかも 姑が呼んでるのかな? 私は母が他界しても悲しくは何もなく 自分に よく見送りました よくやったよとはげまして 涙がでるんでしょうね 老人が切れるのは何十年も同じくする飲んだりして脳が やられてんじゃないかと 推測しますよ アメリカの薬中と似てる暴言 暴力すぐ切れる が にてますよ だから私は ギリギリまで薬飲まずに 治す。しかし時間が足りないときは 薬をのんで ひとまず 落ち着かせる 自分は親のように薬を何十年も飲んで 頭やられて回りに迷惑かけたくない から 自然死するために 薬を何十年も飲み続けない

投稿: 一人っ子認知の親二ヶ所をみる | 2015.09.15 00:20

ここは約7年前の発信ですが その頃から老人の暴言や暴力があったんですね 今2015年も 引き続きござます 日本全国で妻を殺したり夫を殺したり 親を殺したり、殺された方は タイテイ人を怒らせる弁がたち 殺せるもんなら殺せとか 反対に寝てる間に殺してやるなど平気に発言したり 少しのことで逆上早く ものを投げたりと 基地外な言動行動をする。家庭内でなくスーパーなどで他人に当たることもシバシバみる光景。うちの母親も認知症で初めだが、いやみ 嫌がらせ エゴのわがまま 作り話 とうとう 娘に水を ひっかけたり物を投げたり ひっかいて来るようになった これは 近々精神病棟に引っ越してもらう日が 遠くない日に来るようだ しかし私は母親の暴言 裏工作 を子ともの頃からみて 10年前から よく面倒みて喧嘩して しかしトコトンうまいもの食べさせ 綺麗なもの着せてを散々したので何も後悔はない。母親は姑が認知になったらすぐに知り合いの医師から精神科に回されて
大人しい姑は精神病棟にて正月餅を喉煮詰まらせて亡くなった。
このままでは 母も同じ道に行くのかも 姑が呼んでるのかな? 私は母が他界しても悲しくは何もなく 自分に よく見送りました よくやったよとはげまして 涙がでるんでしょうね 老人が切れるのは何十年も同じくする飲んだりして脳が やられてんじゃないかと 推測しますよ アメリカの薬中と似てる暴言 暴力すぐ切れる が にてますよ だから私は ギリギリまで薬飲まずに 治す。しかし時間が足りないときは 薬をのんで ひとまず 落ち着かせる 自分は親のように薬を何十年も飲んで 頭やられて回りに迷惑かけたくない から 自然死するために 薬を何十年も飲み続けない

投稿: 一人っ子認知の親二ヶ所をみる | 2015.09.15 00:35

コメント作成あと 誤字脱字を 見直す前に 投稿されてしまいました

眠さもあって 編集する前に なーぜか 投稿されました

ゆえに誤字だらけなので どうかお許しくださいませ。

投稿: 認知の親二ヶ所をみる 一人っ子 | 2015.09.15 00:47

まるでキレるニートだな。キレる実家住まいのフリーターとか、無職とかさ。根っこは一緒だろかなり近い部分でさ。

投稿: | 2015.12.08 20:48

自分の精神を向上する気がないなら、いなくなった方がまし。
これは老人だけに限った話ではないです。

投稿: | 2016.02.10 22:07

老人は肉体的・精神的に弱いだけの成人であり、それだけの権利をもっている。つまり社会的に老人は「一人前の立派な大人」。
子供のような特別扱いや、老いを言い訳にした実質的な減刑、また非道徳的行為の看過は、若い成人同様、絶対にしてはならない。
また、それは彼らに対しても、あまりにも失礼かつ無礼。
老人を大事にしましょうなんて言う奴は恥を知れ。

投稿: | 2016.07.27 09:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18285/40973264

この記事へのトラックバック一覧です: なぜ最近の老人はキレやすいのか?:

» 最近は老人犯罪が増えているらしい [Yukke Clips]
わたしが知らないスゴ本は、きっとあなたが読んでいる: なぜ最近の老人はキレやすいのか? 結構読み応えのあるエントリですが、大変参考になった。 現在の60-70代付近の団塊世代は人数も多いけど、危険な人物比率も高いようです。 老人介護の現場とかもう大変なんだろうな。と思った。 最近の若者は、なんて言うけど、最近は少年犯罪が減ってたりしますよね。... [続きを読む]

受信: 2008.04.24 11:49

» 老人はキレやすいの? [使いやすさを考えてみる。(アクティブシニア・シルバー層の現場から)]
わたしが知らないスゴ本は、きっとあなたが読んでいるさんより なぜ最近の老人はキレ [続きを読む]

受信: 2008.04.24 15:48

» [ニュース] 事の本質を見失ってはいけない [昨日の風はどんなのだっけ?]
日本人拘束:比女性の尻たたき 「蔑視だ」批判噴出 - 毎日jp(毎日新聞) 「女性の尻たたき」というのはその弁解の内容も含めて、おもしろおかしくネタとしてはやし立てる事も可能な事件とは思うけど、落合弁護士も指摘していますが、「尻」という単語を外して考えた方が良... [続きを読む]

受信: 2008.04.24 20:03

» このエントリはすごい:老人問題 [dobu nikki]
読ませますね。データもわかりやすい。文献紹介もすごいです。じっくりと最後の最後まで読んでいただきたいですね。なぜ最近の老人はキレやすいのか? (http://dain.cocolog-nifty.com/myblog/2008/04/post_1fd4.html)... [続きを読む]

受信: 2008.04.25 11:34

» [揶揄][統計学の誤用]まあ、この手の話題ロクな統計、見たこと無いからねえ [Gavagai+]
「なぜ最近の老人はキレやすいのか?」 最近、心の中では、こういうのを、「ワイドショー統計学」と読んでいる。 時節に沿っている、沿っていないは別だ。よく出てくる「専門家」の、適当な分析とともに見せられる胡散臭い統計となんら変わりない。 何故、「このエントリ」... [続きを読む]

受信: 2008.04.25 20:09

» [news]キレやすい高齢者は増えているのか? [駄犬日誌]
老人の増加速度を上回るペースで老人の犯罪が増えているという話をベースにその理由を考察している。 「老人の持っている知識が必要とされないのでキレる」というのはそうかもなあ。 なぜ最近の老人はキレやすいのか? キレやすくなっているのは老人であり、若者ではない。 ... [続きを読む]

受信: 2008.04.26 16:52

» なぜ最近の老人はキレやすいのか? [にやおのブログ]
わたしが知らないスゴ本は、きっとあなたが読んでいる/なぜ最近の老人はキレやすいのか? とても興味深く読ませていただいた。 このあいだ、爆問学問に木田元が出てて、未来に関して私はペシミスティックだ、私はどうせもうすぐ死ぬ、今の若い人たちにはお気の毒にと思う、というようなことを言っていて、太田光がもっと明るいこと言いましょうよーつってるのも一蹴していたことを思い出した。 歳を取ると生きることに対して利己的になれるのかもしれない。先が短いから開き直れるだけか。学者として世間に認められた人... [続きを読む]

受信: 2008.04.27 16:56

» 優良老人と暴走老人 [脳内新聞(ソース版)]
わたしが知らないスゴ本は、きっとあなたが読んでいる: なぜ最近の老人はキレやすいのか? キレやすさとアルコール飲酒の相関関係は結構あって、20年以上アルコール飲酒をしている高齢者の犯罪率は、酒を飲まない高齢者の犯罪率の12倍に及ぶ。 もっとも酒を飲むことで脳細胞... [続きを読む]

受信: 2008.04.27 23:28

» 真剣になるところが間違っている [【小人閑居シテ駄文記ス】]
【Konseki-Mode】 なんだかホント純粋に面白い読み物だったヨ♪ Es... [続きを読む]

受信: 2009.01.01 23:38

« 処女膜ばかり気にしててサーセン「太平洋の防波堤/愛人 ラマン/悲しみよ こんにちは」 | トップページ | エロゲで泣いて、人生充実するのか、おまえ »