« モノの見方が確実に変わる「フォークの歯はなぜ四本になったか」 | トップページ | 満員電車がなくなる日 »

「アラビアの夜の種族」はスゴ本 【徹夜保証】

 面白い物語を読みたい?
 ならこれを読めッ!!

 完全にヤられた。憑かれたように読む、読む、読む。巻措く能わぬ面白さではなく、手に張り付いて離れないモノスゴさ。小説で徹夜するなんて、久しぶりだ。徹夜小説シリーズ([スゴ本][はてな])で太鼓判押されてたけど、ここまでスゴいとは… 抜群の構成力、絶妙な語り口、そして二重底、三重底の物語。

 これは、陰謀と冒険と魔術と戦争と恋と情交と迷宮と血潮と邪教と食通と書痴と閉鎖空間とスタンド使いの話で、千夜一夜とハムナプトラとウィザードリィとネバーエンティングストーリーを足して2乗したぐらいの面白さ。そして、最後の、ホントに最後のページを読み終わって――――――驚け!

 ただし、ネットで調べてはいけない。うんこがバラしているぞ。面白い物語を読みたいのなら、予備知識を一切絶って読むべし(まちがいないから)。それから、文庫版の3分冊で取り組むなら、3巻全部を確保しておくこと。でないと深夜に「もっと続きをーッ」と誰かさんのように悶え苦しむことになる。

 そして、読むなら深夜!明日の予定がない夜に読むべし。まちがっても会社がある日に読んではいけない。翌朝になって、初めて「君が望む永遠」の第一章を終わらせたような気分になるはず。

 優れた物語は語りから語り辺へ伝えられる。不死の、自己の永続化。恒久に譚(かた)られて、そして生きる物語として永らえる。そう、まるで、歴史のメタファーのように――身も心もトリコになる物語を、どうぞ



アラビアの夜の種族1アラビアの夜の種族2アラビアの夜の種族3

|

« モノの見方が確実に変わる「フォークの歯はなぜ四本になったか」 | トップページ | 満員電車がなくなる日 »

コメント

はじまめして。
なべともうします。

こちらのブログはRSSリーダーに登録して読んでいます。

今回取り上げられた、「アラビアの夜の種族」は表紙を見てずっと気になっていた本でした。このブログを読んで、「読もう」と決意しました。
図書館で調べると、利用可でしたので今朝申し込みました。

ところでDainさんは、お勤めの方ですよね?
なんで、こんなに本が読めるのでしょうか。
だいたい、一日どのぐらい読書時間がとれるものなのでしょう。

私は今、失業中で時間は山ほどあるのですが、本を読み始めると昼夜にかかわらず直ぐに眠ってしまい困っています。

『本ばかり読んでるとバカになる』に書かれている、≪「買っただけ」で満足しているオナニアスト≫という言葉がグサッときました。
私は毎週のようにブックオフで本を買っています。
そして≪読んだことによって何か変わっていなければ、何の意味もない。≫といわれる部類の人間であることを思い知りました。

それでも、本を買い、読む意味はあるのか(暇つつぶし以外に)と考えています。

投稿: なべ | 2008.03.05 09:14

>> なべさん

読書時間は痛勤時間です。もみくちゃにされながら現実逃避の場として本を使っています。だからこそ、濃く読んでいられるのかもしれませんね。時間が空いたときの読書は、わたしも眠くなりますよ(というよりニコニコ動画を見てしまいます)

なべさんのお知りになりたいことは、このあたりに書いてあります
http://ntd.spoo.co.jp/?q=node/15

>> 夢織時代さん

喜び勇んでお楽しみください
ずばりツボに入ることでしょう…

投稿: Dain | 2008.03.07 01:06

Dainさん、コメントありがとうございました。
もう一つというか、一番大事な「底」が抜けてましたね。
見事に著者にしてやられました。
あえていうなら「ファンタジーノベル大賞」のレイヤーかな。

投稿: ほんのしおり | 2008.03.07 02:00

>> ほんのしおりさん

読み終わったあとも驚かせてくれますよねー

投稿: Dain | 2008.03.08 08:14

はじめまして!自称活字中毒のkomokoですw
『アラビアの夜の種族』読みはじめました。
アラビアときてピンときて読みはじめました。
うあああ。面白いです(^ω^)
ありがとうございます!
もーシアワセですw

投稿: komoko | 2008.03.11 22:57

>> komokoさん

おっ
読み始めたのですね、おめでとうございます。
これからは何日か、面白すぎて眠れない夜になりますぞ。

投稿: Dain | 2008.03.12 23:09

あ、読まれたのですね、はれて徹夜本に認定されてよかったです(笑)
『本格小説』の方も是非。こちらも、素晴らしい徹夜本ですので、文庫を上下巻そろえて挑まれることをお勧めします。

それから、遅ればせながらDainさんお勧めの『自分の小さな「箱」から脱出する方法』を読みました。忙しい毎日で下を向いていた日々のなかで青空に気づいて伸びをしたくなるような一冊でした。
これを読んで以来、特に何かアクションを変えたわけではない(心の持ちようを変えただけ)なのに、同僚との関係におけるストレスが激減しました。
良い本を教えてくださってどうもありがとうございます。

投稿: 直 | 2008.04.02 22:02

>> 直さん

ありがとうございます!鉄板の徹夜本でした。「本格小説」は読みます!…が、「明日の予定がない夜」にしておかないと(笑)

「箱」から出られたのですね、わたしもうれしいです。「心ひとつで人生は変えられる」とはいいますが、ここまで鮮やかに体感させてくれるのは本書しかないと思っています。

投稿: Dain | 2008.04.04 01:13

 「アラビアの夜の種族」読みました。
 図書館にあるのを見たとき、Dainさんが熱烈推薦していたのを思い出しまして、昨日借りました。
 この本で、丸一日消費しました。
 午後四時に読み始めて、終わったのが午前四時、それから寝て起きたのが、午後四時。
 すごい。最後まで手が止まりませんでした。
 自分的には、「ホビットの冒険」などトールキンの作品を彷彿とさせました。ノリの軽いトールキン?
 すばらしい読書経験をありがとうございます。

投稿: かりうむ | 2008.04.22 19:01

>> かりうむさん

  > 午後四時に読み始めて、
  > 終わったのが午前四時、
  > それから寝て起きたのが、午後四時。

すごい …
文字通り、身もココロもトリコになっていたんですね。

図書館で借りられたのであれば、その「背と扉の角度」に注目してください。きっと斜めに傾いでいることでしょう。本を開くと背表紙はひしゃげ、本を閉じると戻ろうとします。ずーっと開きっぱなしになっていると、戻れないぐらの傾きで「くせ」がついてしまいます。つまり、一気に読まれた本であればあるほど、その背はひしゃげているのです。図書館で徹夜本を探すとき、この方法を使っています。

投稿: Dain | 2008.04.23 00:10

 さすがDainさん、良い本を探すのにもコツがあるんですね。
 でもそれは、一通り目を肥やしてからにしましょう。
今のところは、このサイトに載っているDainさんのオススメ本を片っ端から読んでいくことにします。

投稿: かりうむ | 2008.04.25 14:09

今先ほど読み終わって、最後の最後のページを見て、
没頭していた自分が読んでいる最中「何を間違って認識していたのか」がよーくわかりました。
読む前は解っていたのに、読み始めたら「その事実」を忘れていました。
そして今になって、上記のコメントがものすごい大失敗だということがわかりました。
今更ではありますが、このレビューを汚さないために、上記の私のコメントを削除願えますでしょうか。

ともあれ、ご紹介下さりありがとうございました。
心から堪能致しました。

投稿: 夢織時代 | 2008.12.01 01:17

>>夢織時代さん

そんなにお気になさらずともいいのに…と思ったのですが、
了解しました、消しておきますね。

投稿: Dain | 2008.12.01 06:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18285/40377183

この記事へのトラックバック一覧です: 「アラビアの夜の種族」はスゴ本 【徹夜保証】:

» 古川 日出男 『アラビアの夜の種族』 [bookmarks=本の栞]
古川 日出男 / 『アラビアの夜の種族』I,II,III / 2006(2001) / 角川文庫 / C ナポレオンの侵攻を食い止める手段として密かに用意された災厄の書。 現代に甦る千夜一夜物語。 虚実入り交じった不思議な物語。 うーん。素直に喜べない読書体験でした。 フルコースのフランス料理が、一度目の前に並べられた後にぐちゃぐちゃにかきまぜられて、さらにシェフ秘伝のスパイスが振りかけられたもの。それを食べるような読書体験でした。... [続きを読む]

受信: 2008.03.06 02:21

» 古川 日出男 『アラビアの夜の種族』 [bookmarks=本の栞]
古川 日出男 / 『アラビアの夜の種族』I,II,III / 2006(2001) / 角川文庫 / C ナポレオンの侵攻を食い止める手段として密かに用意された災厄の書。 現代に甦る千夜一夜物語。 虚実入り交じった不思議な物語。 うーん。素直に喜べない読書体験でした。 フルコースのフランス料理が、一度目の前に並べられた後にぐちゃぐちゃにかきまぜられて、さらにシェフ秘伝のスパイスが振りかけられたもの。それを食べるような読書体験でした。... [続きを読む]

受信: 2008.03.07 01:58

» 読了(アラビアの夜の種族〈3〉)2008年57冊目 [10 goto 10]
アラビアの夜の種族〈3〉 (角川文庫) うおおおおおお! そうきたか! 正直3巻も半分までは「普通に面白い小説だな」と思ってたんですが、こういう大団円だとは!これは面白い!最後の数十ページで、伏線(こちらが伏線だと認識していなかったものまで)がギュウゥッ...... [続きを読む]

受信: 2008.03.19 23:44

» 物語の奥に引きずりこまれる感覚:アラビアの夜の種族 [本読みの記録]
アラビアの夜の種族〈1〉 (角川文庫)作者: 古川 日出男出版社/メーカー: 角川書店発売日: 2006/07メディア: 文庫 アラビアの夜の種族〈2〉 (角川文庫)作者: 古川 日出男出版社/メーカー: 角川書店発売日: 2006/07メディア: 文庫 アラビアの夜の種族〈3〉 (角川文庫)作者: 古川 日出男出版社/メーカー: 角川書店発売日: 2006/07メディア: 文庫 「わたしが知らないスゴ本は、きっとあなたが読んでいる」で絶賛されていた本書。 http://dain.co... [続きを読む]

受信: 2008.03.23 22:06

« モノの見方が確実に変わる「フォークの歯はなぜ四本になったか」 | トップページ | 満員電車がなくなる日 »