« 「アラビアの夜の種族」はスゴ本 【徹夜保証】 | トップページ | このミステリーがスゴい!ベスト・オブ・ベスト20 »

満員電車がなくなる日

満員電車がなくなる日 毎日毎日ボクらは電車の中でもみくちゃにされて嫌になっちゃうよ。

 会社にたどりつくまでにエネルギーの半分がた浪費しているのは、実にバカバカしい。義務教育で「がまんをすること」の大切さを教え込まれたが、こんなところで役に立とうとは(嫌だあぁぁ)…

 とはいうものの、いやしくもニッポンの社畜として、満員電車は避けて通れぬ。朝だけではない。終電ラッシュの方がタチ悪い。酔っ払って車内でお好み焼き(又はもんじゃ焼き)を作り出す人がいるからね(でも不思議だ、どんなに混んでいても、そこだけキッチリ空間ができるから)。

 「座る技術」という本があるが、あれは初心者向け。日比谷線の「次の3列」「次の次の3列」をめぐる攻防や、東海道新幹線の「指定席車ドア→普通車座席」の反則技、次を待つフリをして発車間際に尻から入る超技がない―― っつーか、座るどころか、そもそも乗れないんだケド。あるいはホームからこぼれ落ちそうなんだケド。

 そんな「満員電車」に真っ向勝負を挑んだのが、本書。そもそも満員電車とは何か? 満員電車をなくすことはできないか? と不可能に挑戦している。敵である「満員電車」の定義が面白い。愚直なまでに経済原則をあてはめている。

満員電車とは、電車に乗りたい人が、快適に運べる適正人数を大幅に上回っていることから起こる事象で、需要が供給を圧倒している状態を指す

満員電車となっている路線は、供給に対し需要が極端に多い。だから、満員電車をなくすには、供給を増やして需要を減らし、両者の均衡を保てるようにすればいい

 さらに、「満員電車の歴史は運賃抑制の歴史」という目の覚めるような仮説を立てている。要するに、電車は、その公共性の高さから、需給と価格バランスを無視した運賃に抑制されてきた。そのため、充分な供給を実現するために必要な資源を確保できず、満員電車は続いてきたという。

 では、具体的にどうすればよいか? ここからがすごい。現在の軌道回路方式から、GPS・センサーマップマッチングによる信号システムへの変革や、車道のリバーシブルレーンにヒントを得た3線運行、タクシーのような深夜割増電車や24時間運転など、これでもかというぐらい怒涛のアイディアが開陳されている。

 いちばん驚いたのが、総2階立て車両方式。1階と2階を階段で結ばず、各階独立した客室にする。扉も上下につけて床面積を2倍にするアイディア。もちろん、東海道線・横須賀線のグリーン車は2階建て車両なんだが、2階建てとはいえ2倍の収容能力を持つわけではない。両端部は1階で階段部分がデッドスペースなので床面積は1.4倍程度。おまけに扉が片側2しかないため、乗降時間長くかかるデメリットをもつそうな。

 で、総2階建て電車、どうやって乗り降りするのかという素朴な疑問に、ブレークスルーのネタがッ→「駅のホームを2階建てにする」。イメージ図を見て噴いたね。ターミナル駅は2層構造のホーム、小駅なら2階用のタラップを設置する絵は、そういや銀河鉄道999のどっかで見たことある気が(惑星メーテル?)。

 今ある技術でイノベーションを起こすものばかり。資金調達まで現実的だ。満員電車で困っている人数=首都圏で250万人で、片道あたり200円、往復を考えて年600回負担を考えると…

    250万 × 200円 × 600回 = 年間3000億円

 対象路線が平均30km×30路線≒1000km。車両も含めて1kmあたり100億円の投資を要すると考えると、総額10兆円。資金調達できる年3000億円のうち、運営費増、先行投資分の金利負担、減価償却として1000億円かかるとすると、2000億円を投資に回せる。

    10兆円 ÷ 2000億円 = 50年

 50年で満員電車をなくすことができると見込んでいる。50年!そんなにかかるのか、と思いきや、著者曰く、最長見積もりだという。

 満員電車で立ちんぼのわたしにとって、着席と立ち席の値段差論が面白い。

 ふつう、商品やサービスの価格は、価値の高いものに高い値がつく。高い価値のものが欲しい人は、納得して対価を支払う。その一方で、節約したい人は安い方を選ぶ。着席は立ち席より、あきらかに価値が高い商品で、高い値付けがされていても納得できる。立ち席の値段が着席より低くなれば、体力に余力があり節約したい人なら立ち席を選ぶだろう。

 しかし、現状は、着席と立ち席の値段差はなく、商品選択の余地はない。さらに、商品の生産・販売側の立場からしても、現在の値付けは矛盾している。着席サービスは立ち席に比べて、一人あたりの占有面積が広く、コストも余計にかかっている。だから高い値付けがされて当然なのだが、現状はそうなっていない。着席と立ち席は明らかに品質が異なり、かつ生産コストも異なるものに対して、同じ値付けというのはおかしくないか?──という論が延々と展開される。正直、「席」を商品とみなす発想は言われて気づいた。あるいは、満員電車を「ビジネスチャンス」と見なす発想はアタマガツンとやられた。基本じゃん!困っていること・あきらめていること・慣れてしまったことに「?」をぶつけるのがイノベーションだよね。

 で、著者は、「ICカードで座席を引き出す仕組み」を提案する。ホラ、山手線の折りたたみ座席を思い出して欲しい。時間帯で引き出せるようになっているが、あれを、ICカードをかざすと個人用の席を倒せるような仕掛けにするそうな。

 しかも、席料は一定額ではなく、混雑具合によりフレキシブルに変更されるようにすれば、高額を払ってまでは着席したくない人は途中から立つように誘導できると提案する。そのいっぽうで、高齢者・妊婦・体の不自由な方は必ず着席できるようにすることもきちんと考察している。

 利用客にとってみれば、ずっと渇望していた一冊かもしれない。しかし、鉄道関係者にとってみれば定刻発車を達成するためにギリギリの努力をしているのに、さらに満員電車解消という課題が追いかけてくる一冊。定刻・乗車率・運賃、どれかのトレードオフをする時代なんだろうね。

 ともあれ、満員電車でもみくちゃにされながら読むべし。

|

« 「アラビアの夜の種族」はスゴ本 【徹夜保証】 | トップページ | このミステリーがスゴい!ベスト・オブ・ベスト20 »

コメント

著者です。
この本のエッセンスを充分にご理解下さり、かつ丁寧にご紹介下さり、ありがとうございます。
私は、本の中だけでなく社会において実現したいと強く思っています。この本がヒットすれば、満員電車をなくそうという動きが始まります。アマゾンその他のレビューへ投稿願えませんか。
朝日・読売と立続けにお勧めの新書として紹介されました。12日(水)には、川崎図書館にて出版記念講演会を開催します。
詳しくは当社のHPをご覧下さい。

投稿: ライトレール | 2008.03.07 20:03

>> ライトレールさん

満員電車を「ビジネスチャンス」とする発想は目からウロコでした。満員電車を解消するよりも、定刻発車にこだわる発想を変えるときなのかもしれませんね。

投稿: Dain | 2008.03.08 08:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18285/40404162

この記事へのトラックバック一覧です: 満員電車がなくなる日:

» 満員電車がなくなる日 [akon0.98aのよっぱらいの戯言]
という本があるということをスゴ本さんで知りました。怠惰な私は満員電車をなくそうなんて考えたことはないが、満員電車はストレスであり、乗りたくない。 そこで、在宅勤務なり、時差通勤なるものをしていたことがある。 #料金に格差をつける議論をつきつめていくと、乗ら... [続きを読む]

受信: 2008.03.08 09:32

» 恋人と妹と女子高生とジョブズ・等等 [周玄堂]
・恋人は名無しさん 幸福話は好きです。く…悔しくなんかないもん!! ・たまには愛してるって言ってよ〜 不幸とは違う、悲しみ。 ・社会に... [続きを読む]

受信: 2008.03.08 15:46

» 銀河鉄道999についての調査結果 [かづの覚書日記]
銀河鉄道999についての調査結果 銀河鉄道999 なりきり銀河鉄道999 車掌東海林コーポレーション 交響詩「さよなら銀河鉄道999アンドロメダ終着駅」より 母の想い出〜過去の時間への旅・パルチザンの戦士達 【5夜連続】BSで銀河鉄道999やるよ 3車両目…実体のない生物なら実は無賃乗車し放題の999ってことは黒騎士の為だけに停車するってことか?絶対するなよ絶対にだ だめよって言われるとやっちゃう鉄郎wまたどうせ守らないんだろうなぁw 落ちるとかw鉄郎に「○○... [続きを読む]

受信: 2010.08.10 20:56

« 「アラビアの夜の種族」はスゴ本 【徹夜保証】 | トップページ | このミステリーがスゴい!ベスト・オブ・ベスト20 »