« 「要するに」を読む前に確認すること | トップページ | 「存在の耐えられない軽さ」はスゴ本 »

これから読む極上ミステリ

 はてな「極上ミステリを教えてください」は楽しかった(回答いただいた方には大感謝)。

 その傾向から察するに、新本格や叙述ミステリを好む方が多いようで。何をもって「極上」とするか、人それぞれで興味深い。「面白い本を探すには、まず読み手から」メソッドに従えば、興味を惹く「本」ではなく「読者」が得られたと思う。「わたしが知ってるスゴ本をオススメしている人」であれば、追いかける価値充分だろう。

 回答から厳選した、まちがいなく面白いと断言できる作品は以下のとおり。文字通り、わたしが知らないスゴ本ですな。読みなれた方なら、「未読だけど地雷」なのが臭うでしょ? 同様にこれらは、未読だけどスゴ本+徹夜小説だねッ

  チーム・バチスタの栄光(海堂尊)
  奪取(真保裕一)
  ガダラの豚(中島らも)
  容疑者Xの献身(東野圭吾)
  蒼穹の昴(浅田次郎)
  永遠の仔(天童荒太)
  五輪の薔薇(チャールズ・パーサー)

 これらは、「明日の予定がなく、かつ、誰にもジャマされない夜」のために、楽しみにとっておこう(一番タイヘンなのは、そんな夜を捻出することなんだけど)。おそらく、いや、まちがいなく、ミステリ・ベスト・オブ・ベストの順位は変わるはずだ。

|

« 「要するに」を読む前に確認すること | トップページ | 「存在の耐えられない軽さ」はスゴ本 »

コメント

はてなの方締め切りだったので、こっちに失礼します。このブログの検索に引っかかんなかった中で、個人的に面白かったのは有名どこでアレですがやっぱ「ハンニバル」ですかね。
これにビビッときたなら、「羊」も「赤龍」も楽しめるかと。
読み順は「赤龍」→「羊」→「ハンニ」だけど、半煮が一番完成度高いかなー 未読であればお試しください

投稿: えぶ | 2008.05.31 22:17

>> えぶさん

オススメありがとうございます。「レッド・ドラゴン」→「羊たちの沈黙」と楽しみました。この時点で「ハンニバル」のラストが分かってしまったので、完結編は未読です(ちなみに、既読の嫁さんに確認したところ正解でした)。

トマス・ハリスなら、大昔に読んだ「ブラック・サンデー」が斬新でした。

投稿: Dain | 2008.05.31 23:13

『容疑者Xの献身』はラスト泣けますね。映画より泣いたw。映画も観たけど原作にはない登山シーンがあってげんなり(監督スタッフの「どう?ハラハラするでしょ」みたいなドヤ顔がちらついて)。
あのトリックはビックリだす。

投稿: ブリ | 2013.03.12 20:07

>>ブリさん

『容疑者X』未だでした。コメントありがとうございます。そしてこのリスト作ったのはずいぶん前なのに、読んだのは『ガダラ』のみ……
嫁さん曰く、『容疑者X』はシリーズものなので本腰入れて全読せよと。年末年始かな……

投稿: Dain | 2013.03.12 23:20

遅ればせながら、蒼穹の昴はもう読まれましたか?
人生観が変わるスゴ本です。
蒼穹の昴、中原の虹、珍妃の井戸、、、
もう止まりません、、、

投稿: みかん | 2013.06.16 22:23

>>みかんさん

『蒼穹の昴』、積読山に潜っています!発掘してまいります、オススメありがとうございます。

投稿: Dain | 2013.06.17 06:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18285/40552419

この記事へのトラックバック一覧です: これから読む極上ミステリ:

» [スゴ本]チーム・バチスタの栄光 [きっと、天職は見つかる!]
エンターテイメントに接するときは、 期待値を上げないのが私の流儀。 期待値を上げてしまうと、 普通のを見ても。つまらなくなってしまい、 面白いのを見ても普通に感じてしまうので。 期待値を上げなければ、 つまらなくても、それほどがっかりしないし、 面白ければ法外... [続きを読む]

受信: 2008.03.27 11:45

« 「要するに」を読む前に確認すること | トップページ | 「存在の耐えられない軽さ」はスゴ本 »