« ココロにガソリンを「ビジョナリー・ピープル」 | トップページ | ローマ人の物語XI「終わりの始まり」の読みどころ »

寄生獣+エロ+綾波 = 「寄性獣医・鈴音」 (アダルト注意)

寄性獣医・鈴音 笑いと勃起は両立しないはずだが、このマンガにゃ参った、プロットに笑っておっきおっき、両方の意味でビクンビクンできるぞw

 「淑女を淫魔にする寄生虫」という、スーパーご都合主義な設定は、世の女性からヒンシュクを大量買いするだろな。この寄生虫、食品やサプリを通じて体内に入り込み、ラヴィアに張り付いて、愛液をちゅーちゅーするそうな(当然、宿主はエロエロになる)。

 なんとウラヤマ…けしからんパパ許しませんよ、と家族が寝静まった頃を見計らって読書に耽る。釘宮病のときとは違って、全身を耳にしながらの読書だから、嫁の襲撃にもコンマ1秒で反応できる(緊張しながら読むと集中力が増すねッ)

 綾波シャギーの入った鈴音たんがスゴい。寄生虫を「除去」するために、○○に突っ込んで、ぬぷぬぷ~と指を使う。昇天するおにゃのこをよそに、平然とつまみ出すとこが見もの。もちろんいつも冷静沈着というわけではない。感染した男に襲われたり、淫乱お姉さんに返り討ちにあったりする。

 しかもこの鈴音たん、寄性獣ハンターであるにもかかわらず、蟲を体内に「飼って」おり、さらに"混ざって"いるようだ。危機の際、運動能力が飛躍的に向上するトコなんて、"ミギーと混じったシンイチ"ではないか。「寄生獣」「無限の住人」「東京赤ずきん」をホーフツとさせるが、もっとライトでエロい奴を楽しめる。その一方で、「あなたの性欲はコントロールされている」という冒頭のメッセージはヒトゴトじゃない。

 残念なことに続刊がなく、描き手は別シリーズを連載中。ありがちな伏線が回収されることとを願いつつ、気長に待ちますか。


|

« ココロにガソリンを「ビジョナリー・ピープル」 | トップページ | ローマ人の物語XI「終わりの始まり」の読みどころ »

コメント

発想が楽しいなぁ 疲れた脳みそをほぐすのによか本だと思います

投稿: ホットmama | 2008.01.28 16:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18285/17867227

この記事へのトラックバック一覧です: 寄生獣+エロ+綾波 = 「寄性獣医・鈴音」 (アダルト注意):

« ココロにガソリンを「ビジョナリー・ピープル」 | トップページ | ローマ人の物語XI「終わりの始まり」の読みどころ »