« 2007年2月18日 - 2007年2月24日 | トップページ | 2007年3月4日 - 2007年3月10日 »

劇薬小説「血と骨」

 スゴいというより、凄まじい小説を読んだ。

 米光さん、オススメありがとうございます、1000ページをイッキ読み、「わたしが知らないスゴ本は、米光さんが読んでいた」というやつですな(米光さんのレビューは[ここ])。blogやってなかったら、一生知らなかった(知らずにすんだ、ともいう)劇薬小説にめぐりあえてホント、良かった。

 ただし、読む人はご注意を。エンターテイメント性は一級かもしれないけれど、暴力と性描写が激しすぎる。没入すると我を忘れてしまう恐れあり。経験の浅い若い人が読むとアてられてしまうかも。例えばセックスの描写はこんなカンジ――

 英姫は急に意識が醒めていく のを感じた。金俊平の荒々しい力がまるで嵐のように英 姫の体を通過しようとしている。英姫は早く終わってほ しいと思った。

 「どうした?」

 と金俊平が英姫の顔を見た。英姫は顔をそむけて返事 をしなかった。英姫の愛液が乾き、あきらかに金俊平の ものを拒絶していた。金俊平はゆっくりと英姫の体から 離れ、つぎに英姫の陰部に唇を這わせた。

 「やめてください」

 と苦痛にも似た声で体をよじる英姫を無視して金俊平 は英姫の全身に舌を這わせるのだった。何度も舌を這わ せているうちに、英姫の全身が金俊平の唾液にまみれ、 どろどろに溶けていくようだった。汚辱と恥辱にまみれ た英姫はしだいに不思議な感覚に痺れていくのである。 いわば汚辱と恥辱と嫌悪の感情が剥ぎ取られ、生身の体 だけを晒しているような恍惚とした状態に陥るのだった。 それは一種の睡魔の状態に似ていた。感覚が麻痺するた びに深い眠りの底へと誘われていくあの抵抗し難い快感 に体をゆだねようとしていた。

 そして再び金俊平のものが英姫の体の芯部に深く侵入 してきたとき、英姫は一気に昇りつめて「あー」と自分 でも信じられない呻き声をあげ、愛液が満潮のように溢 れ出た。激しい快感が全身を電流のように駆けめぐる。 英姫はわれを忘れてめくるめく世界へ逆しまに落ちてい ったかと思うとつぎの瞬間、奥底からせり上がってくる 感情の塊りが英姫の脳天を突き抜けて行った。

 何がどうなっているのかわからなかった。腰がくだけ、 体の痙攣が止まらなかった。放心状態の英姫は、しかし 急に羞恥心を覚えて衣類で裸身をおおい、金俊平に背を 向けた。そして英姫は素早く衣服を着て座り直した。

 ええまぁ、フランス書院も真ッ青なんだけど、こんなんが続く。ねちっこいセックスをヤったことがある人なら、きっとその経験を思い出す。電車で読んでて愚息が元気になりすぎて困った。

 暴力も凄まじい。修羅場の準備で鎖を体に巻きつけて、手にはロープをぐるぐる巻きにする。ドスで突っ込む極道の刃を掌でつかんで受け止める。耳を噛みちぎって食べる。浮気した情婦は逆さ吊りにして刺身包丁で臀部を削いで食べる。焼け火箸を手にして「二度とあれができないように、おまえのあそこを焼いて閉じてやる」――要するに、セックスとバイオレンスの間に、戦中戦後の大阪下町を舞台とした朝鮮の民の物語が挟まっている。

 主人公そのものの存在が化け物としかいいようがない。2メートルの巨漢、眼光鋭く、厚い唇と発達した顎の筋肉を太い首が支えている。五分刈りの頭から額にかけて、鋭い爪あとのような傷が喰い込み、潰れた右耳と顎のあたりの肉がケロイド状に盛り上がっている。扁平は鼻腔が欲情した馬のように大きく膨らんでいる。

 豚の内臓を腐らせたものを健康食だといって食べる。犬百頭の間接を煮込んだ汁を呑む。真っ赤な炭火を素手でつかんで突きつける。読み書きはできないが、恐ろしいほどの記憶力。朝鮮語の殺し文句に「きさまを料理して喰ってやる」というのがあるが、まさにモンスター。肉塊でできた機関車のような存在。猛スピードで暴走し、ぶつかる人間を粉砕する。

 カネとセックスをトコトンまで書き尽くしているにも関わらず、テーマは「家族」。血と骨という言葉は、コリアンにとって特別な意味がある。朝鮮の巫女の歌の中に、「血は母より受け継ぎ、骨は父より受け継ぐ」という一節がある。朝鮮の父親は息子に対し、「おまえはわしの骨(クワン)だ」という。それは、血もまた骨によって創られることを前提にしているからだ。土葬された死者の血肉は腐り果てようとも骨だけは残るという意味がこめられている。血は水よりも濃いというが、骨は血より濃いのだ。

 切迫感をもって読ませる小説として馳星周の「不夜城」を思い出すが、セックスもバイオレンスもこっちが上(ただし、「不夜城」の方がスタイリッシュ&エンターテイメントといえる)。あるいはえげつなさを味わうならば、新堂冬樹の「溝鼠」がタメ張れそう。いずれにせよ劇薬小説であることは確か。

 慣れない人は読まないほうが吉。

血と骨(上)血と骨(下)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

郵政民営化のシステム開発は、デスマーチになっているのではないか?

 プロジェクトの火消し屋を長年やっていると、キナ臭い匂いを感じ取れるようになる。郵政解散までやって耳目を集めた「郵政民営化プロジェクト」、中の人はとってもデスマーチだと勝手に忖度して、合掌、礼拝、南無~。

 先週、日本郵政公社は、かなり重要な決定を下した。

 つまりこうだ―― 「2007.10.1の民営化スタートまでに、システム開発が間に合わないと判断された場合、閣議決定を経て民営化を半年延期する」―― 郵政民営化法には、こんな特例条項がある。社会的に巨大なインパクトを持つプロジェクトだから、GO/NOGOは法律+閣議決定を要する。

 しかしだ、1末時点での開発状況を分析した結果、「一部のシステム開発に遅れがあるものの計画の日程には十分間に合うと判断し、この条項を適用しないことを決めた」という。郵政公社の生田総裁によると、「開発はおおむね順調で、民営化の工程が押されるものではない」(※1)。要するに後がなくなったわけ。

 「おおむね順調」ッ!すばらしいことだと思うし、どんなPM(たち)がマネジメントしているか、非常に興味がある(数年したら本になるだろう)…

 …でもね、こんなシステム開発の求人広告を見ると、とても不安になるンですよ。ひょっとして、この時期になって人が足りないから、募集しているのかなって。以降、郵政公社の中途採用募集要項より(※2)。

募集職種:システム企画・開発・運用に関する業務 (生保システム、決算関係、責任準備金の算定等に関するシステム開発等)

採用時期:平成19年3月以降

 いやいや、そいつはアンタの考えすぎだよ、これは定常的な募集要項だよ、という方には、このプロジェクトにどれぐらいの人が突っ込まれてきたかを、説明しよう(※3、数字はおよそ)。

 2006.2 200人
   .
   . +100人
   .
 2006.6 300人
   .
   . +30人
   .
 現在  不明

 ちなみに、外注ベンダーはこの中に含まれていないことに注意。開発規模は5万9000人月、処理量は5000万トランザクション/日だそうな(すまん、このデカさを人月以外で表現できん)。

 いやいや、それはアンタの考えすぎだよ、最近の開発手法だと、プロジェクト途中で人を追加しても、うまく吸収できるようになっているんだよ。大事なのは要求仕様、これがしっかりしていれば、アサインするPMのウデの見せ所だよ―― という方には、勘定系システム「NEWTON」の話をしよう。

 民営化の基本方針――要求仕様の骨格といってもいい――の一つとして、「民営化スタート後、ゆうちょ銀行は民間金融機関との送金・決裁ができるようにする」。ようするにゆうちょ銀の勘定系システム(預金為替勘定基幹系システム)を、民間金融機関の決裁ネットワークである「全国銀行データ通信システム(全銀システム)」に接続する必要がある(※4)。

 もちろんスクラッチするといったリスキーな手は打たない。ただし時間は限られている。そこで郵政がひねりだした奇策は、全銀システムに接続する中継システムとして、勘定系システム「NEWTON」だ。「NEWTON」は、りそなホールディングスが2005.9まで使っていた旧大和銀行の勘定系システムのことだ。

 現役で使っていたものだから、大丈夫だろうという思惑で食指を延ばしていたが、りそなホールディングスの資金量は全体でも40兆円、一方でゆうちょ銀は200兆を超す。パフォーマンスのスキームがまるで違う。さらに、「NEWTON」は現役を『引退』したシステムじゃぁないかと。そんなものを使っても大丈夫なの?

 ちなみに、「NEWTON」の採用は、2006.7の時点では「検討段階」であって、決定されたとの情報は、得られなかった。

 ――などという不安は、焼酎片手に30分ネットを漁っただけでもぼこぼこ出てくる。ヒトゴトだけどな。郵政解散までやって世間を騒がせ、選挙の焦点・政治カードとしてもさんざん使われてきたから、しっかり議論された要求仕様ができているに違いない。そして、じゃぶじゃぶ税金を投入してあるから、カネとスコープのトレードオフに悩まされることもあるまい。

 … だ と い い な 。

+ + +

 ネタ元は以下の通り。個人がネット+メディアを漁った程度なので、モレヌケはたんとあろうかと。むしろ、プロジェクトの成功を裏付けるようなソースがあれば喜んでー

  • ※1 2007.2.22読売新聞:個別記事へのリンク禁止だと抜かしているので、ソースは各自であさってちょ。題名は「郵政民営化、予定通り10月から…情報システム開発順調」
  • ※2 郵政公社:簡易生命保険の各種企画等業務に従事する職員の募集について[参照]
  • ※3 ITPro:郵政公社が民間企業からシステム要員を30人募集、民営・分社化プロジェクトの人材補強[参照]
  • ※4 ITPro:日本郵政が経営計画を提出、貯金システムの全銀接続を明記[参照]
  • ※5 フォーサイト January 2007 「郵政民営化の壮大なサボタージュが始まった」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「モテるコンサルティング戦略」は強力なケーススタディ

モテるコンサルティング戦略

 第1問目をアレンジ、正解はどれ?

 Q:アキバ系の君がモテたいと思った。最初に何をするべきか?

  1. 男は内面が大切。読書や習い事で人間性を深めたり礼儀作法を身につける
  2. まず外見から。メンズエステに通ったり、髪型・ファッションから脱アキバを図る
  3. 女は数打ちゃ当たる。ネット&リアルの出会い系に登録しまくり、実践で男を磨け

 答えはもちろん2.で、外見がむさくるしいと、何をどうしてもダメ。顔や体型が全て、と言っているのではない(そんなものは服やエステでいくらでも"加工"できる)。重要なのは、最低限クリアすべき条件を満たしていない場合、他のどんなに優れた資質を持っていても、見向きもされないということ。これを、どんな経営学の教科書にも載っている、ハーズバーグの動機付け(衛生理論)とからめて説明しているところが面白い。

 とりあえず↑に正解したなら、読む必要はないだろう。不正解だったり、解説にナットクできない方は手にとってご覧あれ。

 「モテる」とは、以下の3つを全て満たすこと、もしくは満たすためのスキルを有していること。決して両手に華のウハウハ状態のことではないので、ご注意。

  • 女の子とふつうにコミュニケートできる
  • 好きな女の子と仲良くなれる
  • 好きな女の子ともっと仲良くなれる

 「ふつうに」って何ですか? とか、「仲良く」とはどういう状態のことですか? などと本気で訊いてくるなら、本書および以下を読んでも役に立たないので、ご承知あれ。

*

 モテる連中には共通した戦略があり、自覚しているか否かは別として、どんな場合でもその戦略に基づいた行動を取っている。「戦略」という言葉がアレなら、「考え方」「思考ルーチン」、あるいは「メソッド」と言い替えてもOK。要するに、モテる奴にはちゃんと理由がある、ということ。

 そうした「メソッド」はHowToモノとして流布しているが、どうしても「オレ流」感が否めない。カリスマホストやナンパ師の「メソッド」は経験談として読むには面白いが、一般性というか何と言うか、「ボクにもできる!」とは思えない。

 そんなオレ流モテ理論がまかりとおる中、本書はかなりの説得力がある。

 目次を見てほしい。ブルーオーシャン、キャズム、CRM、PPM、AIDMAモデル、Push/Pull、といったビジネス戦略の概念がずらずら並んでいる。一見、これがモテ論? 疑問に思うかもしれないが、要するに経営マネジメントの現場で使いたおされているツールを、「モテるための戦略」に特化して解説しているわけ。

 だからこそ、より一般化され検証されている「メソッド」だといえる。あるいは、カリスマしか使えない方法ではなく、誰にでも利用できる「ツール」ともいえる。「ビジネスと恋愛は似ている」といったのは誰だっけ?

 しかも無類のとっつきやすさ。各章ごとに「問題」が並ぶ。ギャルゲでおなじみの3択だ。気になる子がいるのだが、アプローチの見当がつかないとか、合コンのメンバーで差別化を図りたい状況で、どの選択肢ならモテるのか? そしてなぜそれが他よりもモテに近いのか? …考えながら読むと楽しい。

 もちろん「正解」ではない選択肢を選んだり、解説に納得がいかず「オレのポリシーと違う」と別のリクツをのたまうかもしれない。でもそれじゃループに陥る。主義とか反証をこねくりまわすのではなく、まず受け入れてみよう、「これがモテる考え方か」と。その上で、自分にできることを具体的に考え、実行することによって、得るものがあるはず。

 とりあえず、アキバ系を自認しているモテたい奴にオススメ。読んで実践して、成果が出るのに1ヶ月ぐらいかかるので、今から準備しておくべし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本のプログラマは、世界一優秀である

問:世界と比較して、日本のプログラマは優秀なの?

ソフトウエア企業の競争戦略 「ソフトウエア企業の競争戦略」によると、答えはYes。著者であるマイケル・A. クスマノはMITの教授。だから信用できるのではなく、長年行ってきたフィールドワークに裏打ちされた主張が、かなりの説得力をもっているから、わたしも答えはYesだと思う。

* * *

日本のプログラマは世界一優秀である根拠

 出典は1990年の論文[※注]なので、かなり古い。「ソフトウエア企業の競争戦略」ではp.281の「パフォーマンスに関する地域差」を参照あれ。

顧客へのシステム導入後12ヶ月で計測した1000行ごとの不具合報告で、日本は最も高いレベルにあった

     日本   0.020
     欧州   0.225
     米国   0.400
     インド   0.263

プログラマ一人が一ヶ月で書けるコードの行数も、日本に優位性あり

     日本   469
     欧州   N/A
     米国   276
     インド   234

 圧倒的じゃないか、わが国のプログラマは!(声:銀河万丈)

 ちなみに、何をもって「世界」というか? 著者のフィールドワークで以下の企業を対象としている。当時の日本、米国、欧州、インドの代表的なソフトウェア企業といっていい。

マイクロソフト、IBM、NEC、富士通、日立、オラクル、SAP、シーベル、i2テクノロジーズ、ビジネスオブジェクツ、タタ


* * *

じゃ、なぜ優秀なプログラマがいる日本のソフトウェアビジネスがパッとしないの?

 答:それは品質重視の工場型モデルを(相も変わらず)採用しているからにほかならない。「良いものを作れば売れる」主義を信奉するあまり、ビジネスの本質から離れてしまっているから。

 例えば、欧州企業にとってソフトウェアは「科学」として扱われる。コンピュータサイエンスとしての「ソフトウェア・ビジネス」であるがゆえに、形式的手法やオブジェクト指向分析・設計手法が重視される。また、米国企業にとってソフトウェアは「ビジネス」そのものとして扱われる。会社をつくって「まぁまぁ良質」の製品を作り、業界標準を打ち立て、その過程で大儲けしようとたくらむ。

 しかし、日本企業にとってソフトウェアとは「工場出荷製品」そのもの。文字通り「ソフトウェア・ファクトリー」を目指している。標準化された設計開発工程に則り、仕様からほとんどブレない製品を粛々と出荷することを随一としている。「良いものを作れば必ず売れる」信者の松下イズムが蔓延しているため、ソフトウェア・ビジネスの最もメジャーな課題「何が欲しいのか分かっていない顧客に売る」ビジネス視点が抜けている。

 「ソフトウェア企業を創って世界のルールを変えてやろう、その過程で大儲けしてやろう」とニヤニヤしながらコード書いてる奴って、いないでしょ? コスト意識はあるけれど、ベネフィット意識というか、「儲け」を考えている奴ぁ、日本では一握り(←あっ、いまアナタの頭に浮かんだ禿の社長、その人は貴重な一人ですぞ)。

 その「コスト意識」もアヤシイ。コストを削減し生産性を上げることは、確かに重要。しかし、その生産性を測っているのはライン数であることに注目して。ライン単価の愚かしさを語る人が、同じ口で生産性をライン数で語りだすと、なんだかなぁ、と思えてくる。FPでも一緒。「短時間に品質のよいコードを大量に書くことが最優先」という発想そのものが、ソフトウェアファクトリーに根ざしている。本気でやるなら、生産性は銭金で測定しないと。つまり、コードを書くことが目的なのではなく、サービスを提供して儲けることを目的としない限り、いつまでたっても言われるがまま書きつづけることになる。

 プログラマの優秀さと、そのソフトウェアで儲かるかということは、あんまり関係がないことに目を背けている限り、馬車馬のように働いているワリにはちっともカネにならない人生を送ることになる、かも―― と書いておきながら、わたし自身、ちっとも離脱できないでいるのは、ソフトウェアの引力に魂を引かれているからかも。

 このエントリは、渡辺千賀サマの「日本発のソフトが少ないのは日本人が英語が苦手だから」を読んでいるうちに、日本のプログラマダメダメ論になりそうなので、ちょいと昔のエントリを掘り起こしてみた。ヒマな人は元ネタの読書感想文シリーズをごらんあれ。

  「ソフトウェア企業の競争戦略」読書感想文1
  「ソフトウェア企業の競争戦略」読書感想文2
  「ソフトウェア企業の競争戦略」読書感想文3
  「ソフトウェア企業の競争戦略」読書感想文4
  「ソフトウェア企業の競争戦略」読書感想文5
  「ソフトウェア企業の競争戦略」読書感想文6(最終回)

[※注] ソフトウェアファクトリーに関するパフォーマンスの調査報告の出典:Michael A. Cusumano and Chris Kemerer,"A Quantitative Analysis of U.S. and Japanese Practice and Performance in Software Development" Management Science 36, no.11 Novenber 1990

| | コメント (8) | トラックバック (2)

« 2007年2月18日 - 2007年2月24日 | トップページ | 2007年3月4日 - 2007年3月10日 »