« 2007年1月28日 - 2007年2月3日 | トップページ | 2007年2月11日 - 2007年2月17日 »

PMP試験の準備(わたしの場合)

 どこまでやれば大丈夫か、なんて分かるはずもない。それでも続けるうちに「山を超えた」実感が見えてくる。ここでは、わたしが行った準備をまとめてみる。こんなことしなくても、「自分のPM経験+35時間研修だけで合格」という人もいることも頭において、参考にして欲しい。

 PMPホルダーになるためには、以下の2つの準備が必要。

  1. 手続き的なもの
  2. 受験勉強

 1. は、PMIのサイト[ここ]からメンバー登録~受験申請といった諸々の諸手続きのこと。全部英語のドキュメント、かつ提出資料も英語なので苦手な人はツライかも。わたしの場合、研修機関のサポートでなんとかなった。資料が膨大なので独力だったらあきらめていたかも。お世話になったのは、グローバルナレッジ[参考]

 2. はPMP試験に合格するための準備。途中で挫折した経緯もあって、時間だけはたっぷりかけたことになる。もっと効率的に合格ラインにいける人は沢山いるだろうが、以降、受験勉強としてやったことをまとめてみよう。

 受験勉強でやったことは、大きく分けると以下の3つ。

  ・自分が学んだことをこのblogへアウトプットする
  ・PMBOK2000 と PMBOK3版をヤる
  ・試験対策本をヤる

 順に説明する。

■自分が学んだことをこのblogへアウトプットする

 最も効果が高かったのは、このblogへアウトプットやね。「○○までに合格する」と宣言しちゃうことで引っ込みがつかなくなるし、どうやってアウトプットにしようと考えながら学習することは、理解するにも覚えるにも非常に役に立つ。

 誰かに教えることを念頭において学ぶことは、とても有用。わたしは会社で同志を募ったけれど、周囲にいない場合はネットを通じた仲間を探してもよいかと。

PMBOKガイド3版日本語■PMBOKの攻略1:全体を把握する

 次のPMBOK攻略。まず全体像を押さえることが先決。そのためにはPMBOKをアタマから読んではいけない。p.337付録F 「プロジェクトマネジメント知識エリアの要約」を読むことで全体像が把握できる。何のためにその知識エリアが用意されているか、を理解してから、本体に取り掛かる

■PMBOKの攻略2:読む順番

 さらに、読む順番がある。仕事プロセスの順番に読む方が、理解しやすい。最初の「プロジェクトマネジメントフレームワーク」と「単一プロジェクトのプロジェクトマネジメント標準」は普通に読むとして、9つのプロジェクトマネジメント知識エリアは、初読時に順に通読すると混乱するかもしれない

 なぜなら、9つの知識エリアは知識体系のカテゴリごとにまとまりを持っているため、必ずしもプロセスの順番にはならないから。一般に、あるプロセスのアウトプットは別のプロセスのインプットになる。これらは知識エリアを跨って入り乱れているため、知識エリア内に閉じて読むと、何がどうつながっているか把握するのに苦労する。

 例えば、プロジェクトタイムマネジメント。それぞれの知識エリアへのインプットのための作業も書いてあるし、各知識エリアのアウトプットを集約して、スケジュールを作成することもある。その結果、どのアウトプットがどこのプロセスにつながり、それがまたどう加工されて戻ってくるか分からなくなる。

 ではどのような順番で読めばいいのかというと、

  • p.70 表3-45 「プロセス群と知識エリアによるプロジェクトマネジメント・プロセスの分類」の立上げ→計画→実行→監視コントロール→終結のプロセス群に読む。表のタテ列を上から下の順に本編を読み込む
  • あるいは、p.44 図3-6 (立上げ)、p.47 図3-7(計画)、p.55 図3-8(実行)、p.60 図3-9(監視コントロール)、p.66 図3-10(終結)の順番に読む。各図の矢印に注意しながらプロセス単位に本編を読む

 つまり、仕事順に読むことで、各プロセスのアウトプット→次のプロセスのインプットがハッキリ見えてくる。章単位のつまみ読みは、読み進むにつれてジグソーパズルがハマっていくように見えてくるはず。

 これはものすごく重要で、「○○って作業はいつやる?」という問題や「いま○○をしている、次にするのは?」はこれをやっておくことで完全に答えられる。

■PMBOKの攻略3:2000年版と第3版

 PMBOKの出会いは2000年版だった(PMBOKは4年おきに改版される)。だから3版に切り替わったとき、最初に取り掛かったのは、p.301付録A-3版の変更を押さえたこと。変わったところを意地悪く質問してくるようなことはないだろうが、自分が混乱しないためにも、2000年版から入った人は読んでおきたい。

 PMBOKそのものはくりかえし読むに尽きる。PMIイズムという、PMとしての考えるべきパターンは、PMBOKの細部に宿る。重要単語だけをマーカー引いて覚えてばかりいると、足元をすくわれる。また、自分のプロジェクト経験だけで答えようとすると、必ず間違える(キッパリ)。だから、自分の気持ちはさておき、PMI なら何と答えさせたいか? を知っておかなければならない。そのための繰り返し読み(わたしは5回読んだ)。

 用語も変わっているので、巻末の用語集は必読。略語もおさえておきたい。意地悪なことに、本文ではほとんど出てこないくせに、巻末の用語集に詳細に説明してある用語がある(当然のように試験で使われる)。

PMBOKガイド3版■PMBOKの攻略4:原著と翻訳

 翻訳は2000版と比べると格段に良くなっている。英語「だけ」できる人がよってたかって訳出したのではなく、PMをよく理解している人が上手くまとめようとしている跡が見られる。

 それでも、日本語でうまく理解できない説明を英語で読み直したらスルリと入ったことが何度もあるので、併読するのが吉(英語版は1回だけ通読)

 オリジナルならCD-ROMで入手するのがいい。なぜなら、「検索」ができるから。各プロセスに繰り返し出てくる概念・用語・ツールを、串刺しで理解するために、キーワード検索で横断的に読むことはものすごく有効。例えば"project management system"がどこで出てくるか? に注目しながら前後の説明を読むと、そのプロセスの理解がより一層深まるという仕掛け。ちなみに、PMI会員になると無償で入手できる。

PMP Exam Prep■試験対策本の攻略

 まず、鉄板モノをご紹介、ただし英語。通称『リタ本』(リタ:Ritaという人が書いたから)。参考書+問題集で、これが必要充分なライン。『プロジェクトマネジメントを理解する』ことを主眼としている。「PMPはPMBOKに書かれている知識を問う試験ではない」ポリシーにつらぬかれており、PMIイズムはこの一冊で身につく。さらに、覚えるべきところは「覚えろ」とキチンと書いてある(これがまた覚えやすい方法を教えてくれるからウレシイ)。練習問題も易しからず難しからず、計算問題もカンペキ。Amazonレビューの★の数はダテじゃない。

 良い事づくめなんだけど、英語なのとチト高価なのがハードルを高くしている。さらにデカい!(PMBOK並のデカさ)ので、通勤のお供にしているとかなり腕力を鍛えられるだろう。

 Rita本を3回熟読したらそれだけで合格ラインを保証する。

PMP試験実践問題 他に問題集をヤった。「PMP試験実践問題」、通称カブトムシ本(表紙がカブトムシだから)。わたしは、効率よく問題集をやるために、「一度を解いて、間違ったところは解説ごと覚えてしまう」ことを心がけているが、こいつはマズかった。なんせ解答や解説がところどころ誤っているから。

 たしかに評判どおり良問ぞろいなんだけど、解答や解説(の一部)にレビューしてないのがあり。自分のプロジェクト経験で答えるのは危険ということを、著者自身が身をもって示してくれる。それも地雷のように埋まっているため、結局解答を信用せずに原典(PMBOK)を舐めるように読まなければならなかった(←後から考えると、これは非常によいやり方だったかも)。問題「量」に不安を覚えるなら、ひととおりでよいから、やっておくべき。

PMP試験実践問題 実は、この参考書の始祖である「PMP教科書」もヤっている。ブ厚い本は、それだけで「これだけヤればOK」という気にさせてくれる。網羅性よりも暗記+深堀りを目指している。「直前チェックシート」なんてカンペのようだし、至れり尽くせりやね…

 でもって、さらに「実は…」なんだけど、コレで挫折している。最初に手をつけたのがコレだからだったのか、相性が合わなかったからなのか分からないけれど、1回通読+問題に取り組んだだけで、オシマイ。あまり身についたという実感がわかなかった。これは一通りヤった人が最後の仕上げに取り組むべき本なのかも。

 他に「PMP試験合格虎の巻」が良さげとの話で、本屋でチェックしたことがある。ヤってないので断言はできないが、わたしとの相性はよさそう。

試験対策講座2実践編試験対策講座1基礎編  上記以外にも、研修機関ではテキストや問題集がたっぷり支給され、全部こなしたわけなんだが、そこでのアドバイスは、「やっぱり市販のモノも手を出したほうがいい。出題傾向の偏りを是正するためにも」。絞ってくり返してやり込むなら、PMBOK+Rita が鉄板で、アレコレ手を出すなら、手広く(PMBOK+虎の巻+カブトムシ本)やったほうがいいかも。

 わたしの場合、ありがたいことに会社の支援があった。しかし、そういったサポートが得られない場合や、交通事情により教育機関の研修が受けられないことがある。そんな人のために、自宅で35時間研修を受講できる(→のモノモノしい2つあわせて35時間)。額が額なだけに、相当覚悟完了してふみきる必要があるかと。

――――――――――――――――――――――――――――――――
PMP試験対策【まとめ】


| | コメント (4) | トラックバック (0)

マルサの男「徴税権力」はスゴ本

 パーララパーラララーラ、パラララーラララーラー♪

徴税権力 金丸信5億円ヤミ献金事件の舞台裏から始まる。これはスゴい。一発でワシづかみ、鳥肌たちまくり。あのテーマソングが頭の中をガンガン鳴り響く。映画「マルサの女」そのものというよりも、事実のほうがずっと面白い。久々にツカミから一気読みできるスゴ本に出会った。

 検察さえも手が出せなかったこの事件の決定的証拠を押さえたのは、国税庁調査査察部(マルサ)だった。よっぽど切れる頭脳集団かと思いきや、やってることはものすごく泥臭い。むしろ犯罪じみた離れ業もやってのける。日債銀の営業部次長の机から内部資料を抜き取り、無記名の割引債が金丸のものであることを証明し、根回しをすすめる。

 金丸の脱税を証拠立てるための内部資料の収集、摘発にゴーサインを出させるための国税庁幹部や検察庁への根回し、着手までのぎりぎりの駆け引きといった丁丁発止は、読んでるこっちの息が詰まってくる。

 国税庁すげええぇぇぇッ、ひゃっほうっと喝采を送りながら第2章「介入する政治家」を読む。「マルサの女」のこのシーンを覚えてる? 強制調査着手日の夕方、査察部管理課長の電話が鳴る。政治家からの圧力電話だ。小林桂樹演ずる課長が丁寧に応対する──「悪質な事案でございまして、マスコミも動いており、先生のお名前に傷がつくことになっては大変申し訳ないことになりますので」──「はい、私もこの電話がありましたことは失念させていただきます」

 着手までいたっている事案に圧力をかけてくるのは非現実的なんだけど、実際にそうした介入は『ある』ってさ。

 さらに、政治的圧力に負ける話が続く…。財務省に人事権をがっちりと握られてしまっているため、時の人事や与党勢力によって腰が引けたりする。ダメじゃねーか、国税庁!ただし、そうした「介入」を逐一記録した内部文書「整理簿」で一矢報いている。当人は否定しても記録は残っているわけだ。小泉前首相が、かつて横須賀の不動産業者や中堅ゼネコンの申告漏れで国税庁に働きかけたことを示すメモも出てくる。

 国税庁といえども官庁のひとつ。「国税庁は世直し機関ではない。訴訟で勝てる範囲内で課税するのが基本方針で、無理はしない」あたりが限界か。検察や警察との『微妙な』関係は、ものすごく苦労しているのが垣間見える分、おもわず応援したくなる。

 国税庁の仕事は、他官庁と同様、周りとの協同関係によって成り立つ。地検、マスコミ、警察、財務省や与党の関係がなくなっては仕事にならない。だから、自分のキャリア云々のため、というよりも、今後のスムーズな運営のために、泣く泣く「この事案はこれで決着させる」という判断がなされる。

以降、

  国税庁 vs 大企業 (第6章)
  国税庁 vs マスコミ (第7章)
  国税庁 vs 創価学会 (第8章)

 とスゴいネタがぼろぼろ出てくる。どれもこれも瞠目するネタばかり。ふるふるしながら読めるが、わたしが最も叫びたくなったのは、「あとがき」。著者の朝日新聞記者時代の受け持ちの話が出てくる。以下の2つだ。

  • 国税庁
  • 会計検査院

 道路一つはさんだだけの、至近距離に位置する2つのビルは、性質を全く異にする。ひとつは、税金をとりたてる側、もう一つは、その税金の使途を監視する側。つまり、国税庁は税金の「入」を、会計検査院は税金の「出」を担う。問題は、その機能の違いではなく、温度の違い、空気の違い。

 苛烈を極める国税庁とは対照的に、「官と官の信頼がある」などとのたまう馴れ合いの会計検査院。片方は情け容赦のない徴税、もう片方の税金放蕩放置プレイは、納税意欲が削がれること著しい。

 そろそろ確定申告の季節ですね

| | コメント (0) | トラックバック (1)

「薔薇のマリア」でティルトウェイトを思い出す

薔薇のマリア 嫁さんが「あンた向けの結構面白い小説」と評したのと、「かさぶた。」さんの [ウィザードリィ小説を継ぐライトノベル『薔薇のマリア』] で紹介されているので、つい読んでしまう→な、なつかしい…

 表紙の絵柄にコゲどんぼを疑いつつ、「主人公はマリアローズっていうんだぁ、カワイイ子だなー」と"萌え"を期待しながら読み始め、のっけから大ダメージを食らう。絶対狙ってやってるって!

 主人公は非力、剣士ではあるが体格と体力と膂力は劣る。テクニックは普通。すばしっこさと飛び道具が得手とはいえ、およそ剣と魔法のラノベで最弱のポジションに位置する。

 そんなマリアがパーティの一員としてダンジョンに潜る。仲間やイベントを通じたビルドゥングスロマンといえば聞こえがいいが、わたしはWiz小説として堪能させていただいた。Wizardry だけではなく、ブラック・オニキスやシャイニング&ザ・ダクネスをどんどん思い出して、まるでゲームそのものをなぞっているかのような気分を味わった。

 ラスボスなんて放っておいて、ムラマサブレードを求めてグレーターデーモン狩をしたことや、落とし穴に落ちたときは、あわてず動かず、新しい方眼紙を用意して~なんて、イマドキのゲーマーは知らんやろね(今なら『世界樹の迷宮』かの。やりてぇぇぇ、けど売ってねぇぇぇ)。

 激しくうなづいたところはここ↓

 アンダーグラウンドにおけるカタリの常套手段は、方向感覚や距離感や直感にたよるやり方だ。要するに、そのへんを適当に歩き回っているうちに、何となく全体の構造やら広さやら現在位置やらがわかってきて、たぶんあれはあっち方面にあるだろうとか、それはこっちだろうとか、だいたい予想がつくようになるわけだ

 そうそう、練度が上がるほど、そのダンジョンを造った人のクセというか思考が分かってくる。初めての階なのに、なんとなく「こっちの方に行くとさらに潜れる」と分かってくる。後から見直すと、かなり最短に近いルートでたどっていることが分かる。その世界での自分のポジショニングを理解できるようになる。

 口で説明すると電波っぽいけれど、この小説はそいつをやろうとして、上手くいった例だろう。「かべのなかにいる!」や「イロイッカイズツ」にピンとキた方なら、ぜひ御賞味あれ。

 嫁さんによると、巻を追うごとに残酷で陰鬱になるから、それなりのカクゴが必要とのこと。わたしはひとまず『世界樹の迷宮』を探すこととしよう、もちろんパーティの名前は「クランZOO」で!

| | コメント (2) | トラックバック (1)

« 2007年1月28日 - 2007年2月3日 | トップページ | 2007年2月11日 - 2007年2月17日 »