« 2007年1月21日 - 2007年1月27日 | トップページ | 2007年2月4日 - 2007年2月10日 »

最もオライリー本っぽくない「アンビエント・ファインダビリティ」には、たくさん考えさせられた

 おそらく、このblogの読者の皆さんは経験したことがないだろうが、わたしは、google 検索結果に大泣きしたことがある。ただのツールに過ぎないと思っていたgoogle に、そのときは心底感謝したものだ。

 事の起こりは、ある電話から始まった。わたしの大切な人が倒れたという。駆けつけると、その人は目を見開いてただ横たわっているだけで、こちらの呼びかけに応えられないようだ。脳梗塞を疑ったが、医師によると、ギラン・バレー症候群だという。

 医師はそれなりに勉強してきたようで、症状・療法・後遺症、そして治る可能性と死ぬ可能性を、それぞれ数値を挙げて説明してくれた。

 医師のもとを辞したとき、わたしの目の前は混乱と恐怖だけあった。説明されたことは理解できたし(理解できるような言葉を選んでくれた)、理解したことはちゃんとメモってある(病名のつづり、療法、薬)。それでも何をすればいいのか、そもそもなんでこんな病気になったのか、皆目見当もつかなかった(医師は"運"と言い切った)。

 そんな中で、わたしはgoogleに「ギラン・バレー症候群」を叩き込んだ ──

 ── そこで得られたものは「安心」だった。安心「だけ」と言ってもいい。

 受けた説明は妥当かつ正確なものであることがハッキリした。進行状況と投薬のタイミングの裏づけが取れた。生存率と後遺症について、隠すことなくきちんと説明してくれたことも分かった。

 そして、闘病記や生還した人のホームページ(当時はブログなんて無かった)、専門に研究している人のアドレスが手に入った(もちろん手紙を書いて、研究レポートを譲ってもらったよ)。わたしの大切な人は、結局のところ、戻ってこれた。そこまでの介護日記はこのblogの話題ではないので割愛するが、重要なのは「安心」をgoogle経由で得たこと。

アンビエント・ファインダビリティ どうしてこんな私事をつらつらと書いているかというと、「アンビエント・ファインダビリティ」を読んだからだ。このオライリー本らしからぬ不思議な本を読んでいると、「求めている人にとって、見つけられなかった情報は、ないも同然」というシンプルな結論が見えてくる。わたしと同じ混乱や恐怖にぶつかった人は、googleを知っているだろうか? と、思わず問いかけたくなる(誰に?)。

 ファインダビリティ ── 情報のみつけやすさ。オライリー本であるにもかかわらず、webに限定しない。むしろwebで生まれた技術をリアルに出そうとする。あるいはwebの"こちら側"の想念を"あちら側"で適用しようとしている。

 本書の随所に見られるキーワードは、いわば「旬」のもの。このblogをRSSリーダやdel.icio.usでチェックしているような人にとっては、どこかで聞いた概念や技術の羅列ばかりで退屈かもしれない。例えば、こんなキーワード…

  • ロングテール(もちろんamazonの例)
  • SEA,SEO,SEM(Search Engine Advertising/Optimization/Marketing)
  • タクソノミー → オントロジー → フォークソノミー
  • タギング(read_later/あとで読む、やね)
  • プッシュ/プル(google検索結果の右側と左側が象徴的)
  • アバウトネス(aboutness)
  • googleのファーストフード化:マクドナルドではなく、マクグーグル(McGoogle)

 これだけ見るなら、「さいきんのweb」で括られる。「はてな」のhotentry向けの話題ばかりでしょ。これらはwebの世界からの切り口であって、リアルでは別の側面を持つ。

 むしろ、そこからの切り込みが面白い。「Webだから」「リアルだから」と分け隔てせず、平等に(というよりも、混ぜて)論じている。RFID とウィリアム・ギブスンとオーウェルが同じ視線で語られているのが面白い(←この視線は"そういう社会"を薄々恐れていたわたしの心配に完全に火をつけている)。

 例えばwebのパンくずリストの概念からは、リアルでは「RFID」+「子ども」OR「認知症」を思いつくかもしれないけれど、そこからさらに、"Big Brother is watching you"を強制的に思い起こされるとヒヤリとする。可能性と危険性は、既にマナ板の上に乗っかってるってぇ寸法だ(技術は別だけど)。

 あるいは、「データのメタデータは、メタデータがそこにあるのではなく、データそのものがメタ化する」なんて指摘はgoogleが今まさにやろうとしていること(Library Project)を簡潔に言い表しており、ぎょっとさせられる。googleのやることは、既にお見通しってぇことだ。

 本書ではそうした概念や技術と、その背景の思想・歴史を、行ったり来たりしながら深堀りしている。非常に散文的(詩的?)な展開に面食らうかもしれないが、著者と一緒になって、自らの知見と照らし合わせながら考えるのは、非常に面白い経験になるだろう。

 ピンとこない人には、こんな思考実験はいかが?

 あなたが、ガンを告知されたら、真っ先にすることは何だろうか?

   親しい人に打ち明けて、支えになってもらう?

   加入している保険会社の電話番号をまわす?

   ひっそりと泣いてみる?

   どこかに入信する?

 いや、このblogの読者のリテラシーなら、最初にすることは決まっている→医師の説明に出てきた療法、進行状況、症状のキーワードを、片っ端からgoogleに突っ込むだろう。あるいは、いっしょに『日記』『ブログ』も入れるかもしれない。そして、同じ運命に巻き込まれた(巻き込まれている)センパイたちを探そうとするに違いない。

 しかし、そんなことを知らない人は、どうするのだろう?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

PMP試験対策 2.3.7 「計画」でやっていること(調達)

 ここでは、「計画」でやっていることを説明する。

――――――――――――――――――――――――――――――――

■「計画」でやっていること(調達)Keikaku

 調達マネジメントにおける第一の目的は、「プロジェクトで必要な製品やサービスを、外部から調達するのか、内部でなんとかするのか検討する」こと。そのため、スコープの境界の間に位置し、プロジェクトの外側/内側を厳密に吟味する必要がある。スコープ定義の後でないと調達プロセスが始められないのも、この理由による。

 第ニの目的は、「調達というプロジェクト」を回すこと。「計画→調達準備→情報収集→検討・契約→契約管理→検収受領」の一連のプロセスは、プロジェクトフェーズの一つのPDCAと、軌を一つにする。

 調達プロセスのPDCA
   │
   ├【Plan】買うか作るか決め、マネジメント計画を立て、調達文書を作る
   │ ├─調達計画 (購入・取得計画)
   │ └─調達準備 (契約計画)
   │
   ├【Do】入札、契約を行う
   │ ├─情報収集 (納入者回答依頼)
   │ └─検討・契約 (納入者選定)
   │
   ├【Check】契約の進捗状況や品質管理を行う
   │ └─進捗管理 (契約管理)
   │
   └【Action】契約したサービス・製品を受領し、契約を終結する
      └─検収受領 (契約終結)

12.1 購入・取得計画

 外部から購入するか、内部でまかなうかを決め、調達マネジメント計画書と契約作業範囲記述書(契約SOW:contract statement of work)を作成する。

12.2 契約計画

 調達文書と評価基準を作成する。調達文書は、納入候補者から提案や入札を得るために使い、入札招請書、提案依頼書、見積依頼書、入札公告、交渉招請書、第一次コントラクター提案依頼書ともいう。

 調達マネジメント計画書とは、調達プロセスのマネジメント方法を記述したもので、以下のものが記述されている。[p.279:PMBOK]jも見ておく。

  • 採用する契約タイプ(定額契約/実費償還契約/T&M契約)
  • 母体組織に調達・契約・購買部門がある場合、その部門との役割分担
  • 複数の納入者が必要な場合のマネジメントをどうするか
  • 契約WBSの作成と維持のマネジメントをどうするか
  • 納入者の調達基準と評価基準

 契約作業範囲記述書とは、契約に基づき、何をしてもらうのかを詳細に記述したもの。購入する品目やサービスについて、明確・完全・完結に記述し、運用支援が必要な場合はそれも書いておく。何が必要なのかも分かっていないのに、調達するな、ということ。随意契約というふざけた契約をする連中は、同額の契約金を給与から引いても良いと思う。

 重要なのは、調達プロセスを回すためには、何を作るのか決まっていて(スコープ記述書)、詳細化されており(WBS、WBS辞書)、リスク、コスト、スケジュールが見積もられていなければならない。購入・取得計画プロセスのインプットは、スコープ・コスト・タイム・リスクのアウトプットであるのは、そのせい。

 契約タイプ
   │
   ├【定額契約・一括請負契約】明確な成果物を固定価格で契約
   │ ├─完全定額契約(FFP)
   │ └─定額インセンティブフィー契約(FPIP)
   │
   ├【実費償還契約】実コスト+納入者利益で契約
   │ ├─コストプラスインセンティブフィー契約(CPIF)
   │ ├─コストプラス固定フィー契約(CPFF)
   │ └─コストプラスフィー契約(CPF)
   │
   └【タイムアンドマテリアル(T&M)契約】人時・人月契約

  FFP:Firm Fixed Price
  FPIF:Fixed Price Incentive Fee
  CPIF:Cost Plus Incentive Fee
  CPFF:Cost Plus Fixed Fee
  CPF:Cost Plus Fee

 ポイントは、定額契約と実費償還契約のリスク。定額契約は納入者のリスクが高く、実費償還は購入者のリスクが高いこと。なぜなら、定額契約は、何をするのか明確だけど、納入者がどうやって提供するのかに関係なく、価格が決まっているから。1,000万円が契約金なら、1,500万かかったとしても、足が出た500万円は支払われない。一方、実費償還契約は、経費と利益の両方を支払う必要があるため、納入者がコストを度外視する可能性がある。前出の場合だと、1,500万円プラス納入者の利益を支払う必要がある。

 もう一つの曲者がT&M契約で、何を作るのか(スコープ)、いくらで作るのか(コスト)が明確になっていなくても契約できてしまう。社長号令で大目標は決まっているけれど、何をどうやらといった状況で、とりあえずコンサルタントと契約するか、というときにはこれが便利。悪名高き「随意契約」もこれだな。

 IT業界では、契約は定額契約であるにもかかわらず、SOW、つまり何をするのかを決めていない場合もある。PMI からするとふざけているとしか言いようがないが、現実ナリ。何つくるか顧客も分かっていないのに、定額で一括で契約してくる営業は、たくあん石を括りつけて日本海に沈めたほうがお互いのためだと思う今日この頃。

――――――――――――――――――――――――――――――――
PMP試験対策【まとめ】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

頭の悪い人

頭の悪い人々 もちろんいる。議論がヒートアップすると、耳ふさいでぎゃぁぎゃぁ言うオッサンとか。自分の仕事だけで完結し、周囲を完全無視するオッサン(ずっと放置)。相手の言葉尻"だけ"捕えて反論してくるオッサン、いるだけでチーム全体の生産性を著しく低下させているオッサンとか(丁重に送別)。

 「○○って、アタマワルイよなー」などと酒のつまみにするのは愉しい。しかし同時に、わたしも同じ誹りを免れないようなことをやらかしていないか、と顧みるきっかけになる。既に反面教師としての価値は償却しつくしたので、さっさと目の前から消え去ってくれ、と念じても詮なし。

 「あたまわるい」の定義は人それぞれ。誰が見てもこいつはバカ、といえる場合でも、その当人こそ「周りはみんなバカ」だと思っていることがあるから。素晴らしき哉「相対化」。「そういうアンタはどうなんだ!?」は最強ツールやね。2,000年前にも「罪を犯したことのない者が、まず、この女に石を投げなさい」と啖呵を切った人もいたし。

 こうした事情を承知の上で書いているのが本書。なかなかチャンレンジャーやなぁ、と読み始めて腑に落ちる→「頭の悪い人」の定義。アタマの良し悪しは、IQやガッコの成績、地位と全く違うところで測られる。つまり、

  • アタマの良し悪しは、その当人の人生の目標と照らし合わせて考えなければならない、相対的なもの
  • 頭のいい人とは、自分の人生目標に向かって最短距離で進んでいる人
  • 頭の悪い人とは、人生目標に対して遠回りをしている人、あるいは、親をはじめとする他人のお仕着せの目標を、自分の目標と取り違えている人

だそうな。頭が悪いというのは、バカというよりも「たわけ」に近い意味だね。この定義によると、世の中の「頭の悪い人」は以下の6タイプに分類されるそうな。

  1. 気づかない人:人の話を聞かない、仕事が遅い、説明がくどい・ヘタ
  2. 自分がない人:周囲に流される、テレビを鵜呑みする、いつも後悔する
  3. 頭が固い人:自分が間違っている可能性を考えない、何かヒトコト言い返さないと気がすまない
  4. 未熟な人:「最近の若いヤツは!」と怒っている、空気が読めない
  5. 人のいい人:断りきれない、リーダーになりたくない
  6. バカになれない人:トラの威を借る、ブランドで判断する、知ったかぶりッ子

 ああ、思い当たるよ、全部それは、わたしのことだぁ ―― というわけで、自分の「頭の悪さ」を思い知らされる一冊でもありますな。 …あ、でも心配ご無用。「頭の悪い人」の症状と処方箋がワンセットになっているので、心当たりのある人は章末の処方箋を読んで安心(?)できるような仕掛けになっている。1,365円/30分で読めるので、コストパフォーマンスを考慮のうえでどうぞ。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

「打ちのめされるようなすごい本」に打ちのめされる

PMP試験実践問題 打ちのめされるようなスゴ本。米原万里が遺した書評集。濃くて厚い時間を過ごすことができた。びっしりと付せんが貼られた「あとで読む本」は、読んだらここでも紹介しよう。

 何がスゴいかというと、彼女の読みっぷり。平均7冊/日のペースを20年も続けている無類の本好き、読書好き。書評委員という立場もあり、出版社からの献本もあるだろうが、「面白い本」を見つけてくる嗅覚がスゴい。ハズレの無さは驚異的といってもいいほど。

 そうして見つけてきた「すごい本」たちの紹介っぷりも、またスゴい。時には辛辣に批評し、あるいは手放しで誉めちぎる。そのヒートアップダウンが面白い。熱くなってしつこく「読め読め」とぐいぐい迫られているような気分になる。

 そんでもって、うまいんだ、殺し文句が。例えばこう、

 高野和明著「13階段」を寝しなに読み始めたのがまずかった。一行目から謎解きとスリルの罠に絡め取られて、とにかく途中でおっぽり出せない。最終行まで緊張の糸は弛まず、最後は立て続けにどんでん返しを喰らう

 スコリャーチン著の「きみの出番だ」── ご忠告申し上げるが、一度読み出したら読み終えるまで寝食などどうでもよくなる。本国で「詩人の悲劇を俗悪な推理小説にした」と非難されただけあって、謎がさらに謎を呼ぶ展開に巻き込まれたら最後、地震になったって震度五ぐらいまでなら読み続けることだろう

 斎藤美奈子著「趣味は読書。」── 友人に電話をかけまくり、可笑しいところを読んで聞かせようとするのだが、発声器官が笑い魔に乗っ取られていてちゃんと読めない。「いいわよ、自分で読むから」と切られてしまう

 本の紹介だけではない。時事ネタと書評をシンクロさせており、あわせて自論も展開するやり方は、谷沢永一「紙つぶて」をホーフツとさせられる。毒舌よりも、辛辣な表現のすき間に、著者への「思いやり」が見えている分、「すごい本」の方が、スゴ本だとしみじみ思う。

 このblogで書評じみたエントリを続けているが、これだけのレベルの本を読み、かつ、紹介しつづけるのは、並大抵のことじゃない。よくまあこのペースでインプット→アウトプットできているなぁ、と打ちのめされる。

 もちろん、「打ちのめされるようなすごい本」も紹介されている。小説家がシャッポを脱いで、「もうこれが出たなら、私が書くことなんて、ありません」と断筆宣言するほどの大傑作ということ。該当の章にある、打ちのめされるようなすごい小説とは、トマス・H・クックの「夜の記憶」だと知って、なあんだ、と思った(いや、いい小説だと思うんだけどね、たぶん)。

 しかしだ、これはこれでスゴいんだけど、こいつを凄いというならば、これなんてもっと… と紹介される小説が、さらにスゴい(らしい)── その小説はp.89に紹介されているので、ご自分の目で確かめて欲しい(そのうちここでもレビューするね)。

 読めば読むほど、こう、思わず「おれも読みてええええぇぇっ」と本屋に駆け込みたくなるような、本読み魂に火をつけられる思いをする。猟奇モノは×、ほぼ文系、ITは×の著者とは趣味を異にするにもかかわらず、好きな本を読んでのたうちまわっている様子には、ずばり"嫉妬"(いい本読んでるね)をリアル感じる、亡くなった方なのに

 同時に、グっと胸に詰まるのが、ガン関連の本の書評。「私が10人いれば、すべての療法を試してみるのに」「万が一、私に体力気力が戻ったなら」といった語句のすきまに、あせりのようなものが読み取れているうちに、ブツっと途切れる。2006.5.18の週刊文春掲載で終わる。人生は、時間を積み重ねて、カウントアップしていくものだけれど、ガンは、分かったときから、カウントダウンが始まるものであることが、よく分かる。そう、打ちのめされるほどに。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

「PMP試験実践問題」はアラ探ししながら読むのが正しい

PMP試験実践問題 現在のところ、PMBOK3版に対応する問題集は、コレしかない。したがってPMP合格を目指す方は必然的にこれを一度は考慮するワケなのだが、かくいうわたしもその一人だった。

 わたしは、全問キチンと解いて→解説を熟読して→PMBOKガイドでおさらいをしたので、レビューする資格があるだろう。本書をほとんど解かずに/読まずに/確認せずに「A+」を付ける人が多すぎる。

 結論は、これしかないので、仕方がない。それでも出題者のアラ探しは、自分の勉強になる。以下、説明する。

■ PMP試験問題の傾向と対策

 4時間で200問、四者択一といったところはご存知として、「○○でないものは?」「最後に取るべき手段は?」といった誤っているものを選ぶもの、正しい組み合わせを選ぶもの、最も適切な(ふさわしい)ものを選ぶもの、と様々なバリエーションがある。

 それでも、設問のバリエーションごとに「よく扱われる話題」が確かに存在する。例えばこうだ。

  • 正解を択一:計算問題
  • 「最も適切なもの」を選ばせる:PMI イズム(特にフレームワークとプロフェッショナル責任)
  • 「○○であるもの」または「○○でないもの」を選ばせる:インプット、アウトプット、ツールと技法、プロセス名
  • 組み合わせを選ばせる:箇条書きになっているもの(プロジェクト憲章に含まれるものはどれか)

 でもって、文中に埋もれているが、複数の項目が並んでいるものが狙われやすい(例:コンフリクトの原因は、資源、優先順位、個人のスタイル、これに何かを加えると四択になる)。その結果、「もし出題するならこのあたり」の目星をつけることができる。

■ 「PMP試験実践問題」の特徴

 本書もこれを踏襲し、各プロセス単位にバランスよく問題を収集している。どんな形式の問題が出るのか、どこがポイントなのかを押さえながら出題しているので、一部の人がこれを「バイブル」と称するのも分かる。

 さらに、知識体系の目次順ではなく、プロセスの順番に学習を進めるための対応表(p.9)があるのが良い。仕事のPDCAサイクルに添った形で、「立上げ」→「計画」→「実行」→「監視とコントロール」→「終結」の順番で、勉強も進めるべきだという主張は、全くその通りだと思う。

 しかし、実際に自分で解き→答え合わせをし→解説を熟読し→該当箇所をPMBOKやネットでおさらいするプロセスをしていくうちに、気づく。

■ これはひどい

 まちがい、それも致命的な誤りが、ぼつぼつとあるぞ。例えば、

 本書p.55問題1「スコープ変更管理プロセスのインプットにふくまれないものはどれか?」

  A.実績報告書
  B.プロジェクトスコープ記述書
  C.プロジェクトスコープマネジメント計画書
  D.ワークブレークダウンストラクチャー

 とあるが、正解はBだそうな。PMBOKのp.120を見よ、「全て含まれる」が正しい。

 本書p.209問題8「Web構築プロジェクトの進捗が遅れており、本番稼働日は間に合いそうも無い。協議の結果、本番稼働日を遅らせることとし、メンバーを特に急がせることはしなかった。どのリスク対応策をとったのか?」

  A.回避
  B.転嫁
  C.軽減
  D.受容

 とあるが、D.(何もせず、計画を変更してないので、受容)と言っている←これはウソ、「本番稼働日」を遅らせているじゃないか。PMBOKのp.261にしっかり書いてある。

 リスク回避とは、プロジェクトの目標にリスクの影響が及ばないように、スケジュールの延長やスコープの縮小など、達成が危ぶまれる目標を緩和するために、プロジェクトマネジメント計画の変更を行うことである

 要するに、カットオーバーを間に合わせるために、機能の段階的リリ-スをするとか、逆にフルパッケージとして出荷させるために出荷時期を後倒しにしたりすることを、回避というわけ。出題者はチカラいっぱい間違っている。自分のノリで答えると失敗する好例。

 理解の誤りだけでない。つまらないケアレスミスも散見される。

 p.211問13 の正解に「共用」があるが「共有」が正しいしぞ!
 p.221問題4は、PMBOKのp.88-89読めよ!基本中のキホンだろっ
 p.232問1の解説「正解な気がする」ってふざけてるッ(しかも正解ではないッ)

 はぁはぁ

 はぁはぁ

 はぁはぁ

 ―― というわけで、「PMP試験実践問題集」は、出題者の誤認識や勉強不足をアラ探ししながら読み込むのが、正しい使い方。わたしがよくやる「問題集を解く→誤答したものを丸ごと覚える」やり方は、とても危険なので、注意。しかし、この問題集のおかげで、無味乾燥になりがちなPMBOKガイドを舐めるように読むようになったことは、素直に喜ぶべきだろう。

――――――――――――――――――――――――――――――――
PMP試験対策【まとめ】

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2007年1月21日 - 2007年1月27日 | トップページ | 2007年2月4日 - 2007年2月10日 »