« 2007年11月25日 - 2007年12月1日 | トップページ | 2007年12月9日 - 2007年12月15日 »

萌えで読みとく名作文学案内

萌えで読みとく名作文学案内 「萌え」から眺めた文学は、予想を超えた収穫だった。

 ようするに、エロリ・ポルノ・恋愛小説なんだが、「萌え」という切り口から見ると、新鮮かつ懐かしい気分になる。オタク、ストーカー、2ch、ギャルゲ、電車男などのアキバ語を駆使しつつ、川端、三島、太宰、谷崎といったブンゴー達を調理する。

 「文豪の作品だからといって、必ずしも難解なわけではない。『萌え』ながら読めるよ」というメッセージは腑に落ちるし、萌えポイントの解説は正確無比。だけでなく、作品をちゃんと「読め」るようアシストしてくれる。これまでさんざん誤読されてきた「伊豆の踊子」が、あけすけといってもいいぐらい解説されているので噴いた。

 さらに、「萌え」というあやふやなテーマを、作品のバラエティから再定義しようとする。つまりこうだ。一口に「萌え」といっても、様々な種類がある。ロリ萌えやショタ萌えといったスタンダードから、ヤンデレ萌え、猟奇萌えといった辺境までさらおうとしている。古今東西24作品の「萌え」シチュ・属性を紹介することで、「萌えとは何か」という根源的な質問にも迫っている。

 キワモノを追うだけでなく、ちゃんとした(?)考察もある。その見せかたが上手だね。たとえば、谷崎潤一郎「瘋癲老人日記」の紹介はこう始まる――

「萌え」は若者だけにわきおこる感情ではありません。感情というより、どちらかといえば、体質に近いもので、萌え体質の人は生まれてから死ぬまでになにかに萌えているのです。そのいい例が谷崎大先生の「瘋癲老人日記」です。今、アキバあたりで「萌え~」などといっている人たちが五十年後、どんな人生を送り、どんな死に方をするのか、そのひとつの例を示しているといえるでしょう。

 残念なことに、紙数の都合でもれている逸品もある。曰く、「これが入るなら、これも引用してくれい」というやつ。谷崎「痴人の愛」が育てゲーならば、大御所「源氏」の若紫の垣間見(要するに覗き)の場面も入れてほしかった。究極の玩具としての少女なら、ドスト「悪霊」のスタヴローギンの告白のXXXシーンが欲しい。それでも、主なょぅι゛ょ小説は言及されているので、良い入門書になる(ょぅι゛ょ小説の完全なリストは[ここ])。

 ソソられるリストの一部をご紹介。最初の2つは未読なので楽しみー

  1. 少女病(田山花袋) : 明治の電車男
  2. 児を盗む話(志賀直哉) : 妄想を現実に
  3. 幼児狩り(河野多惠子) : ショタ萌えの三十路女[レビュー]
  4. 伊豆の踊子(川端康成) : ロリ萌え出会い一人旅
  5. ロリータ(ウラジミール・ナボコフ) : ロリコンバイブル
  6. 眼球譚(ジョルジュ・バタイユ) : 卵プレイ必読[レビュー]
  7. 骨餓身峠死人葛(野坂昭如) : 劇薬小説でもある[レビュー]

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ローマ人の物語X「すべての道はローマに通ず」の読みどころ

 開いたクチがふさがらない、塩婆だから仕方ない?

 ダメ出しするより、思いやり読みを心がけよう。半端ネタが溜まってたんだなーとか、編集さん苦労しただろうに…と考えながら(それでも泣けてくる、これが大御所の仕事なのかって)。

 「大言壮語ぶちかまし―→ラストで尻すぼみ」パターン、この文章にさんざん付き合ってきた。典型なのは、「○○であるべきだったのに」―→「なぜなら…△△と思う」だね[詳細]

 今までは、この「べき→と思う」パターンは文章レベルだったのが、今回は1巻丸ごと使ってて、スゴいぜ。

 まず「はじめに」で巨大花火をぶちカマす。曰く、「ローマのインフラストラクチャーを論じた著作は、一作たりともない。専門家は細分化された研究対象に閉じこもって、根源的な疑問に答えようとしない。だから『あたし』が書いてやろうじゃないの!たとえいかに不充分な結果に終わろうとも」

 塩野節炸裂、カッコええー。今まで尻馬に乗せてもらってきた歴史家たちを撫で斬りにする容赦なさっ、生者も死者も全員無能!といわんばかりの大上段の振りかぶりっ

 で当然のごとく、これっぽっちも期待なんてせずに読む。今までさんざ「べき→と思う」パターンを味わわされてきたからね。そもそも「インフラを論じる」って、1冊にまとまるモンかねーと、呟きながら。

 ちなみに、「はじめに」の段階で塩野氏が採りあげていた「インフラ」の対象は、以下のとおり。

ローマ人の考えていたインフラには、街道、橋、港、神殿、公会堂、広場、劇場、円形闘技場、公共浴場、水道等のすべてが入ってくる。ただしこれはハードとしてもよいインフラで、ソフトなインフラになると、安全保障、治安、税制に加え、医療、教育、郵便、通貨、通貨のシステムまでも入ってくるのだ。これらすべてをとりあげないかぎり、ローマのインフラを論じたことにはならない。

 ローマという社会システムを、ハード/ソフトの両面で説明しようとする試みは、素晴らしい。んが、MECEは第一段階で終わっている。社会システムとしてなら、外交、防衛、危機管理、食料、エネルギー、市場経済、危機管理、福祉、規制、物流、金融の視座が必要だろう。もちろんダブリはあるかもしれないが、足りないよりマシというもの。立論の段階で、誰も査読したりレビューしたりしなかったんだろうねぇ…

 で、↑で省いた、超重要なインフラストラクチャー「法律」は、巻の半ばでこう書かれている。

忘れていたが、法律もまた、立派なインフラである。
文庫版27巻p.232

これ一行だぜ!? 「忘れちゃったの? こいつぅ」コツンと突っ込むところなのか、書き直しさせなかった編集部を口撃するべきなのか、60秒悩んだ。おそらく、編集部さんは「言えない」雰囲気なんだろうなぁ…、海の向こうからメールでやってくる「原稿」はドル箱そのものだから、テニヲハ・誤字脱字をチェックするぐらいしか関われないんだろーなー。国際電話会議だと、気軽に「ななっちーダメじゃん、『書けてない』んじゃないくって、ぜんぜん書いてないよ」なんて言えないんだろうなぁ…

 こんな調子だから、「ソフトなインフラ」であるはずのローマの度量衡のことや、あんなに萌えてたカエサルのユリウス暦については、華麗にスルー。「これは壮大なエッセイなのだ」とムリヤリ自分を納得させた。

 「おわりに」でも「すべてのインフラに言及していない」と言い訳しているし… って、次の文で「多くのことはこれまでの九巻で取り上げているからで」と開き直る。かわいくねー、とツッコムと「シロートの読者にかわいく思われたと思わない、そもそも…」と両断されるだろうね。

 これほどの大著を1年1冊のペースで出すのは、それだけで賞賛に値する。しかし、「私だけが分かってる」物言いと、頼りにした歴史家たちに後ろ足で砂かけまくるような扱い、そして誰もダメと言えない裸の女王様は―― 面白すぎる!カラダ張ったエンタメとはこういうものですな!たとえ本職たちの総攻撃を受けても、最終ラウンドまで立っていてほしい。歴史の専門家の一人は、「聞き捨てならない」と書いてるよ[参照]。だから、そのうち反撃本がでるかも。本格的に相対させれば、かなり面白いかと(ゼミ生で組織的に査読すれば一撃だろうが、ネチネチ闘ってほしい)。その場合、女王様が一方的にサンドバック状態になるから、新潮社の人、逃げてー!!

ローマ人の物語27ローマ人の物語28

――――――――――――――――――――――――――――――――――
「ローマ人の物語」の読みどころ【まとめ】に戻る

| | コメント (4) | トラックバック (1)

自分の中の、知らないスイッチが入る「奇想遺産」

 キテレツな建物を眺めていると、自分が人であることを忘れる。じぶんの中の、何かのスイッチが入る。奇想遺産

 嫁さんが彼女だったころ、できたての東京国際フォーラムでデートしたことがある。ガラス編みの宇宙船のような外観とは裏腹に、中は巨大生物の体内のようだ。ウロウロするうち、自分が人間でなくなってしまったかのような錯覚に陥った。

 どんなに新奇な景観だろうとも、記憶をさぐって「似た」オブジェクトを探そうとする。しかし、そいつがトンでもなく拡大されたサイズで建造物としてあるならば、わたしは二度、のけぞらなければならない。一度目はその巨きさ、二度目は、そもそもそんなものを作ろうとした人に。

 じっくり書影を見てちょうだいな。「ル・ピュイ=アン=ブレ」といい、フランス中南部にあるそうな。町はずれに85メートルの岩が立ち上がり、そのてっぺんに教会が鎮座ましまする。もとはドルイド教の聖地で、聖なる岩として敬われていたそうな。やがてキリスト教が席巻し、ドルイド教を圧する形で、頂上に礼拝堂を建てようなどと考えついたんだって。[Le Puy-en-Velay]あたりを眺めると、立派に観光地化されていることが分かる。

 いちばんビビったのが、ジェンネの「泥のモスク」。[google image]でイメージがつかめる。土中から、のっと頭を出した巨神兵みたいだ。のっぺりとした泥の外観と、つなぎ目のない構造体、地面と一体化したそいつがあのサイズであるのか、想像するとびびる。

 既視感覚が写真に追いついて、おもわず声をあげたのもある。異国の地なのに、「この場所は覚えている」ってやつ。Wiiゼルダの森の聖域としか見えない「タ・プローム」は、初めてなのに懐かしくてしかたがない[wikipedia]。あるいは、カステル・コッホ(ウェールズ語で「赤い城」)の一室は、サイレント・ヒルの電話が鳴るシーンを激しく思い出して震えがとまらない。

 本書は朝日新聞の日曜特集をまとめたもの。だから、朝日っぽい薫りもそこここにある。たとえば「ベルリン・ユダヤ博物館」の説明。

ドイツはこの博物館を作ることによって、第2次世界大戦の精算に見事に成功したという意地悪な見方もある。モニュメントとは、過去の糾弾によって今の政府を守るための、賢い政権維持装置だというわけである。

逆に日本は過去を糾弾する装置を作らずに来た。糾弾どころか、賛美するかに見える「靖国」すらある。驚くほどに二つのモニュメントは対照的である。

靖国は見たから、「ユダヤ博物館」とぜひ比べてみたい(圧迫感を強制させる構造になってるらしい)。

 風景までも歪める「奇景・奇観」や都市の奇怪な象徴と化した「奇塔・奇門」、奇態、数奇、数奇、神奇、叛奇・新奇、奇矯な建造物ばかりだ。ほとんどが初見(実物を見たのは、太陽の塔と通天閣)。眺めているうちに、わたしの既成概念が破壊される音がする。製作者の確信犯的な意図に見事にハマる。

 煮詰まったとき、ふだん使わないスイッチを入れたいとき、どうぞ。

 このエントリ書くのに調べてたら、「世界中にある建築の画像を集めているだけのブログ」なるものを見つけた[参照]。煮詰まったとき、ここへ行こう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年11月25日 - 2007年12月1日 | トップページ | 2007年12月9日 - 2007年12月15日 »