« 2007年10月28日 - 2007年11月3日 | トップページ | 2007年11月11日 - 2007年11月17日 »

見てきたように描いてある「激闘 ローマ戦記」

激闘ローマ戦記 「ローマ人の物語」は、ムラがある『小説』だが、さすがはプロの想像力、戦術と戦闘は見てきたように書いてある。同様に、本書は見てきたように描いてある。さらに史跡・遺跡の写真も盛りだくさんで、あわせてよむと効果絶大。

 既に「ローマ人の物語ガイドブック」が出ているが、美術品と遺跡をめぐる観光ガイドに過ぎない。いっぽう本書は、戦史に特化したビジュアルブックとして使える。戦略・戦術・戦闘の全てにおいて、ローマ兵がどうやって戦ったのかが「見える化」されている。

 前列にずらり並んだ象部隊を、スキピオがどうあしらったのか、ヤマアラシのような長槍のマケドニア兵とどうやって闘ったのか、塩野氏の文の冴えもあるが、絵を見たほうが早い

 また、「ローマ人」には史跡の現場での印象も述べられているが、不思議なことに「サイズ」の描写がない。本書を見れば一発で分かる。戦いの舞台がいかに広大なものであるか、写真を見たほうが早い。これから「ローマ人」を読む方は、ぜひ傍らに置いておきたい。既読の方は「ああ、あれがこれなのかッ」と何度も頷くだろう。

 たとえば、ファランクス(マケドニア式の長槍密集方式)を、どうやって打ち破るかのプロセスが非常に興味深い。それこそハリネズミさながらの長槍が穂先をそろえて突っ込んできたら勝ち目がない。だから、ローマ兵は短槍を使って切り崩すわけなんだが… これは文で説明するよりは、Wikipediaのファランクスの画像[マケドニア式のファランクス]を見たほうがいい。まともにぶつかり合ったら文字通り串刺しになるのを、ローマ兵は投槍を使ってスキ間をつくり、さらに地面のうねりによる戦列の乱れを突く。お見事としかいいようのないプロセスは、本書の本書のp.51の図でハッキリと分かる。

 次に興味深いのは、ガリア戦記の時代。カエサルvsヴェルチンゲトリクスの最終決戦の舞台、アレシア攻囲戦(BC52)が紹介されている。現在のアレシアの写真がスゴい。フランスのアリーズ・サント・レーヌを上空から撮影した写真だ。平野部に出現した台地の船のようだ。これを完全包囲したカエサルはスゴいというより、アホかといいたいぐらいの、巨大な台地なり。このデカさは、文や略図で見ても分からん。写真だと一発で見える。

 いちばん驚いたのが、ユダヤvsローマの決戦地、マサダの要塞(AD73)。「難攻不落」と形容されているが、写真を見ればすぐ分かる、「これはムリ」だと。茫茫たる岩砂漠に、ニョキッと戦艦大和の艦橋が突き出ているような場所が聖地。これを攻略するためにローマ兵が作った土手がまたスゴい。ローマ兵はつるはしで戦う。当時の工兵技術の粋が「見える」。2000年前の激戦をヘリコプターで上空から見ているようだ。

 塩野氏よりも「したり顔」になれる一冊。

――――――――――――――――――――――――――――――――――
「ローマ人の物語」の読みどころ【まとめ】に戻る

| | コメント (2) | トラックバック (0)

DS文学全集レビュー「少女∽地獄 」

少女地獄 「いっぺん、死んでみる?」人を呪わば墓穴二つ。哀しく、おぞましい。

 閻魔あいの手引きで、二つ目の穴、つまり自分の墓穴を覗きこむのが「地獄少女」。ひるがえって「少女地獄」は、一つ目の穴に自らを投ずる少女たちのオムニバス。怖いというより、哀しい。

 三編の独立した物語だが、いちばん哀しいのは「火星の女」だな。名門女子高で見つかった黒焦少女の屍体が、発端であり終端であったという話。

  1. 新聞ゴシップの、毒々しさとセンセーショナル
  2. 少女の手紙の、ひたむきさとセンチメンタル

を織り交ぜながら真相が暴かれていく。

 つかみからして驚愕の事件なんだが、裏側にはもっとおぞましい真実が。そいつを読み手に知らせる仕掛けがいちいち上手い。手紙文ってこうやって使えるんだーという見本のようなもの。でもって、手紙だからいちばん知りたい肝心なトコは書いてない。推して知るべしってやつなんだが考えたくねぇぇぇ!

 この手法、「瓶詰地獄」より上かもしれない、といえば読みたくなる?

 他の二編は、むしろ不安をかき立てられる。

 最初の作品「何んでも無い」は、はじめの不協和音がだんだん大きくなる様子がイヤらしい。可憐な少女の虚言癖をめぐる話といえば聞こえはいいが、緊張感のある描写が映画的。特に、ウソがホントになるさまと、ウソが暴かれるシーンは、ヒッチコックお得意のクローズアップ・カメラで「読む」カンジ(「鳥」とか「北北西」のアレ。こないだの「バイオハザード」にもあった)。

 嘘をリアルの一部として取り込み、嘘を支えるために嘘をつく。虚構+現実の世界に生きた少女の果ては… わたしが明かさなくても知れよう。

 次の「殺人リレー」は、もどかしさのあまり掻きむしりたくなる「方法」で読まされる。つまり、殺人鬼(かもしれない)男にとり憑かれた娘の話を「手紙で」読まされるわけだ。なんせ手紙だから、どんなに切羽つまったことがあっても何もできない。しかも、その手紙を手にする娘の背後から読むような立場なので、輪をかけてもどかしくなる。「志村ーうしろー」とVTRに向かって言う感覚。

 三作品ともカタルシスはあれど、分かった後は苦い読後感。「火星の女」がちょっとだけ「ふたりは百合きゅあ」なのが救いか。読むと発狂する「ドグラ・マグラ」のウォーミングアップにちょうどいい。文庫版は上の通りおどろおどろしいが、DS文学全集で読んだ。

 最近、シレン専用機としてクリムゾンブラックを新調したんだが、今じゃ文学全集専用マッスィーンと化している。デジカメ越しに読むような、にじんだ文字にも慣れた。手にした感覚が文庫本と一緒というのが所有欲望を充足させる。DS文学全集そのもののレビューは、[ここ]

DS文学全集

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年10月28日 - 2007年11月3日 | トップページ | 2007年11月11日 - 2007年11月17日 »