« 2007年10月7日 - 2007年10月13日 | トップページ | 2007年10月21日 - 2007年10月27日 »

ローマ人の物語IX「賢帝の世紀」の読みどころ

 古代と現代は、こんなに離れているのに、遺跡や美術品は、そのままで美しいと感じることができる。同様に、「物語」を介することでもっと身近に感じることができる。納得できる不思議さやね。

 「賢帝の世紀」では、トライアヌス、ハドリアヌス、アントニヌス・ピウスの三皇帝に焦点を当てている。塩野氏一流の、絶妙な隠喩が愉しい。

■1 ローマの「空洞化政策」

 たとえば、「空洞化対策」。パクス・ロマーナをこの言葉で表現しようとする諧謔というか、感覚は面白い。

 本国は中小企業で、属州は大企業社会という感じだったらしい。資産家(元老院階級)は収益率の高い属州に流れ、その反面で本国(ローマ)がどんどん空洞化し、格差が広がっていったそうな。

 で、トライアヌス帝が実施した施策は、ずばりアリメンタ(Alimenta)法、育英資金による人口の回復だそうな。今風に言うならば「子育て援助」かね。成年に達するまで、以下の育英資金がもらえ、かつ返却は求められていなかったそうな。軍団兵の月給が75セステルティウスであることを考えると、それなりの額だろう。

  嫡出男子──16セステルティウス/月
  嫡出女史──12セステルティウス/月
  庶出男子──12セステルティウス/月
  庶出女史──10セステルティウス/月

 フェミニストが援助額の男女差を指摘する前に、塩野氏は素早く先回りする。

現代の女権論者ならば男女の援助額の差を非難するかもしれないが、1900年前の昔、女子をふくめたことだけでも前進であり、そのうえ、援助額で差をつけられようと、庶出の子まで加えられていたにいたっては画期的でさえある。

で、返す刀でキリスト教をサクっと。

神に誓った正式な結婚によって生まれた子しか認められなかったキリスト教の時代は、このローマ時代の後に来るのであり、そのキリスト者の国家でも庶子の遺産相続も可能になったのは、つい最近のことでしかない。

■2 論旨破綻してても「カエサル至上主義」

 ダキア戦記の捕虜は、徹底的に殺されたそうな。コロッセウムで剣闘士と対決させたり、捕虜同士で殺し合いをさせたり、野獣v.s.人間の闘いに供されたりしたらしい。しかも見世物として百二十三日間つづいたそうな。これぞ「パンとサーカス」に適用すべきネタなのに、見事にこの語をスルーしている。

 カエサルの敗者同化政策とは完全に反対なんだけれど、塩野氏はこう述べる。

カエサルによる敗者同化政策と、トライアヌスの敗者「非」同化政策は、手法ということならば完全に反対のやり方になる。だが、成果となればこの二つは同じく成功したのである。ダキアは、一個軍隊しか常駐させなかったにもかかわらず、ローマの中央政府を心配させることの少ない属州になる。

で、なぜ上手くいったかは一切説明なし。もし失敗したならば「カエサル流でなかったから」と一刀の元に断ずるだろう… 最初から引き合いに出さなきゃいいのに、わざわざ持ってくるから話が通らない。これだけでユニークな論文がゴロゴロありそうだね。

■3 コネ上等!

 コネ擁護論が愉しい。帝政時代のプリニウスでも共和時代のキケロでも、書簡を読むとコネのことばかり書いてあるそうな。

 じゃぁコネは害悪なのかというと、「システムとしてそれほど悪いものであろうか」と反論してくる。ローマ人は、中国の科挙のような制度を作らなかった。その代わり、人材登用にコネを重視したのは、現実主義的傾向のあらわれの一つなんだってー。

 つまり、コネとは、責任をもってある人物を推薦することで。優れた人が推薦する人物ならば、良い人材に違いないというリクツでくる。詭弁論 修辞法を目の当たりにする感じ。ものは言いようだね。

■4 なり代わりメソッドは女の超能力なのか

 嫁さんと議論になるとき、思い知らされるのは、その想像力。わたしが言ったことではなく、わたしの抱いていた感情を鋭く追及する。曰く、「揚げ足を取ってやろうと思っていたはず」とか「怒っていたからこそ、そんな言い方をした」とか。

 「思ってない」「怒ってない」と、本人が目の前で否定しているにもかかわらずだ。おまえはオレか!とツッコミたくなる。このなり代わりメソッドは、嫁さんの「個性」なのか? と心配していたが、塩野氏のおかげで払拭された。

 皇帝の不倫についての議論で、塩野氏はこう断言する。

私は、この二人の間にセックスは介在していなかったと確信する、介在していなかったからこそ、ハドリアヌスの胸のうちには、プロティナが生きつづけていたのだと思う。

塩野グッジョブ!言い切った。ローマ時代の史家たちは、皇帝の不倫が肉体関係を持ったものか否かを追求して、結局失敗しているという。それに対し、

それは、セックスが介在していたか否かだけを問題にしているからである。プロティナは、教養が高く誇りも高い女だった。このような女にとっては、愛情とは常にイコール性愛ではない。

不倫が露見した場合の女の遠島と男の死刑を恐れたのではない。性(セックス)が介在することによって、普通の男女の関係になってしまうのを惜しんだのだ。(25巻p.33)

おおーすげー、二千年の刻を超え、本人よりも本人のことを「確信」するさまは、潔いというよりも、単なる妄想のしすぎ。「あの娘がチラチラ見るのは、ボクを気にしてるからさッ」という発言に、「きんもーっ☆」と返されるのと一緒。幸運なことに、二千年前の話だから確認のしようがないわけなんだけどね。

■5 コピペ元の方が明らかに優れている場合(その1)

 そうした妄想に呆れながら、それでもつきあっているのは、彼女の読書量がハンパじゃないから。巻末文献もそうだし、所々に示される引用元は莫大な量になる。わたしが自分で読む代わりにゴクゴク消化して、オモシロどころを教えてくれる。ありがたやありがたや。

 たいていは、長々と引用した後、「…というが、本当だろうか?」とツッコみ、自説(?)を開陳し、「~と思う」で締める。根拠は探すだけムダ、なぜなら、「ローマ人の物語」なんだからねー

 これが、名だたる史家のキケロやタキトゥスを引き合いにするなら、v.s.権威主義として構図も決まるんだが、現代の同業者の場合だと、塩野氏のほうが見るまに色あせてくる。噛ませ犬に食い殺される様子は、別の意味でハラハラする。

 それは、皇帝ハドリアヌスの陰謀論。反対派を裁判無しで粛清したことについて、事故か故意か、迷うところがある。このあたりの機微が、ユルスナル「ハドリアヌス帝の回想」から引用している。読めば分かるが、こいつぁ面白い。25巻のp.55からの数ページは、引用元が引用先を「喰って」しまっている。

 本書よりずっと面白い「ハドリアヌス帝の回想」は、ぜひ読んでみようと思いつつ、塩野氏の反応を見ると、むべなるかな、殊勝にもこう言う。

まことに美しい場面である。ペンで勝負する者同士としては脱帽するしかない。「ハドリアヌスの回想」の中でも、最も美しい場面ではないかと思う。(25巻p.63)

と、いったんシャッポを脱ぐ。しかし、

しかし、ほんとうに話は、このように進んだのであろうか。

…ビール噴いたね。そこまでするかーって。以後、「――だろうか。」「――に過ぎない。」「――と思う」の三段論法(?)でヘコました気分に浸る。さらに追い打ちのつもりなのか、「私ならこう書く」と宣言、同じシーンをなぞるのだが、筆力が「だんち」に違うのがよく見える。うーん、編集段階で誰も指摘しなかったのか、できなかったのか… ケンソンのつもりではなく、逃げ道として「歴史のプロではない」と自認する塩野氏だが、文筆家としちゃプロだろうに… 気の毒なり。

■6 コピペ元の方が明らかに優れている場合(その2)

 ローマ軍団の本質を、具体例を挙げて衝いているのは「ユダヤ戦記」だな。ちょこちょこ抜粋してくれているおかげで、いかに優れているかがよく分かる。失礼ながら孫引き。

ローマの兵士は、戦時になってはじめて武器を取るのではない。平和である間は人生を享楽し、必要になるや武器を手に戦場に出向くのではない。まるで武器を手に生まれてきたかのように訓練を怠らず、実践で試す機会を待ってさえもいないとでもいうふうに、訓練と演習にはげむ日々を送っている。

(中略)まったく、ローマの兵士にとっての軍事訓練は、流血なしの実践であり、実践は流血を伴う訓練である、と言っても誤りではないだろう。(26巻p.37)

「ユダヤ戦記」からの引用+塩野氏の解説の方がすいすい読めて、分かりやすい。おまけに、これまでここからコピペしていることが明瞭なので、底意地の悪い愉しさを味わえる。

■7 「粗暴なローマ人と、虐げられたユダヤ人」という神話

 「アニオタ=ロリコン」だとか「若者=ジコチュー」といった、マスコミによる刷りこみは意識して回避しているが、歴史にもそういうトラップがあったとは。真偽はともかく、気づかせてくれて感謝感謝。

 「わたしの円を踏むな」文句をいったアルキメデスを殴り殺したローマ人、イエス・キリストをヤリで突き殺したローマ人、ローマ人は粗暴で武に訴えるといった「イメージ」が焼きついていたね。いっぽう、迫害者、殉教者、文字どおり、ディアスポラ(離散)の憂き目に遭った気の毒なユダヤ人といった「イメージ」が刷り込まれていたようだ。

 読みどころは、26巻も後半にさしかかった「ローマ人とユダヤ人」論だろう。両者が反目しあうようになった理由について、言葉を選びながら、「イメージ」を切り崩そうとする。

 そこには、小狡く立ち回るユダヤ人と、政策を誤ったローマ為政者という構図が浮かび上がるんだが、この期におよんで「カエサルなら…」が飛び出てくる。まだカエサルかよ!と叫ぶ。こうなったらもう、誰にも止められないね。

 むしろ、古代史のプロフェッショナルに突っ込んでもらいたいのが、次の「カエサル流ユダヤ対策」だろう。

これがユダヤ民族ならば、その特殊性を全面的に受け容れて、つまりは彼らの悲願を認めて、パレスティーナに政教一致のユダヤ教国家の建設を許すことの不都合製はどこにあったろう。幸いにも、選民思想のユダヤ人には、自分たちの生き方を他民族にも広める意欲が少なかった。数が増えすぎては、神に選ばれたる民というありがたみが薄まるからである。

(中略)また、ユダヤ人の経済上の権利をギリシア人と同じ線に引き上げたカエサルの政策も、思い起こす価値は充分にある。宗教に従属する生き方のおかげで孤立しがちなユダヤ社会と帝国を結びつける「血管」は、ユダヤ人にとっては経済活動であるからだった。カエサルがユダヤ民族の孤立を防ぐ必要を感じたのは、人道上の理由からではない。孤立は、過激化の温床であったからにすぎない。(26巻p.94)

すごい、すごいよ。カエサルよりもカエサルのことをよく分かっている。「カエサルか!」と。そして、研究家たちを次のまっぷたつに斬り落とす。
  1. いかにユダヤがローマによって弾圧されつづけてきたかの実証に努める人
  2. いかにローマがユダヤに対して忍耐強く寛容政策をとり続けたかの実証に努める人
でもって、キリスト教文化圏内から脱出した立場で相対化している。塩野氏に手をとられてローマを見て回っているが、このメタな観点は嬉しい。どちらかに染まった目で見なくて済むからね。「私だけが分かってるのよ」という態度は、プロフェッショナルたちからすると非常に鼻につくだろう。それでもスパスパ「分かりやすい構図」で斬ってくれるおかげで飽きずについていくことができる。

 次はインフラの話か。たのしみ~

ローマ人の物語24ローマ人の物語25ローマ人の物語26

――――――――――――――――――――――――――――――――――
「ローマ人の物語」の読みどころ【まとめ】に戻る

| | コメント (4) | トラックバック (1)

人と人をつなぐ技法「チームビルディング」

チームビルディング 「チームはできるものではなく、つくるもの」。この視点はありがたい。チームをまとめる立場なら、この視点+技法は必須。プロジェクトチームから町内会まで使える。

 好むと好まざるとにかかわらず、社畜でいるかぎり、三十路も後半になると、一匹オオカミでいさせてくれない。「面倒みてやれ」という暗黙のメッセージとともに、何人か付けられる。たいていは、数回の毎朝ミーティングでチームらしくなってくる。

 これが10人、20人のプロジェクトチームになると話が違ってくる。さらに、「思惑」「肩書」パラメータが追加されると厄介だ。以前のわたしは、アイスブレイクをいくつかと、赤ちょうちんぐらいしか知らなかった。仕事を通じてチームは形成されるものだと思っていた。

 ところが、本書では、チームをつくる方法があるという。短期間で活性化したチームとして機能させるためのメソッドが紹介されている。[アジャイルレトロスペクティブズ]がチームの「ふりかえり」とすると、これは、チームの一体感の「予習」のようなもの。仕事に揉まれる前にチームをonにできるのは嬉しい。

  1. 「人組み」と「場づくり」の方法(グルーピングやレイアウト、タイムチャート)
  2. アイスブレイク(時間・人数・道具ごとでケーススタディ付き)
  3. チームエクササイズ(合宿や研修でビジョンを共有する)
  4. 硬直した空気を「かきまわす」
  5. 問題児への対処法
  6. チーム文化を継承する
 特に、アイスブレイクとチームエクササイズは別冊付録に特盛りで紹介されている。文字通りよりどりみどりだが、こうしたファシリテーションものは、あちこち漁るよりも、得意技を徹底して身に付けたほうがよいかと。

 チェックインや他己紹介、トラストフォール(目をつぶって倒れる一人を皆で受け止める)は経験済みだが、わたしがモノにしてみたいものをいくつか紹介してみよう。全てホワイトボード必須なり(めざせ白板マスター!)。

増えるもの/減るもの

チームの中で「これから増えるもの(more)」と「これから減るもの(less)」を列挙して、Tチャートにまとめる(例 : 競争が増える、顧客が減る)。チャートを見ながら将来のチームの姿を話し合い、問題や課題に対しどう対処していくか、そのとき何を大切にするかを議論して、ビジョンにまとめる。数が多い場合は、重要度によるランク付けや内部/外部といったグルーピングをして議論する。


SWOT

分析のためのSWOTというよりも、チームや環境認識の共有のツールとして使う。強み(strength)、弱み(weakness)、機会(opportunity)脅威(threat)のマトリクスを描き、一項目ずつ順番に意見を出し合う。「機会を使って、強みを強化/弱みを克服できないか?」「強み使って、脅威に打ち勝つには?」と問いかけながら、チームのビジョンをまとめていく。強み→資源/長所、弱み→課題/短所、機会→追い風、脅威→向かい風と言い換えると吉。他のフレームワークとして、「will/can/must」の3つの重なる円や、3C(company/customer/competitor)が有効。


タイムマシン法

未来から現在に戻ってくるつもりで。まず、N年後の自分たちの姿を想像して、そのときどうなっていたいか、どういう状態が望ましいかを出し合う。次に、それを実現するためにはN/2年後にどうなっていればよいかを、さらにN/4年後にはどうなっているべきかを出し合う。これをつなげて、明日からすぐ動けるアクションプランにまで落とし込む。ビジョンをつくりながら、そこへ至るロードマップまででき、しかもビジョン実現への責任感が強まる優れた方法。必ず将来を先に決めてから、現在に戻るところがミソ。おそらく、最初は気楽に語り合っていたのが、年限が近づくにつれ現実味を帯びてきて、チームの中に葛藤や抵抗が生まれるはず。そうなっても、できるだけ元のビジョンを修正せずに、決意を高める方向へ促す。

 説得のための分析技法が、チームのビジョンを共有するツールになることに気づいたのは収獲。課題を抱え込んだりせずに、チームで揉めばいいわけね。

 ただ、チームをつくる際、「まずゴールの共有」と考えているわたしにとって、いいヒントがあった。逆説的だが、「やってから考えろ」という。つまり、目的やゴールはさておき、まず作業にとりかかり、しばらく進めていくうちに、目的に意識を向けるように促す。

 やる前にゴールやプロセスを議論しても、観念的で散漫になりがち。だから、具体的な作業を経てから、ゴールを共有してみては、という提案は腹に落ちるものがあった。そういや、PMBOKでも「WBS作成はチームメンバーで共同化しろ」とも言っていたなぁ。「プロセス作成はマネジメントだけで」と凝り固まっていたのかもしれん。

 試してみる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「チベット旅行記」はスゴ本というより、スゴい人の冒険譚

チベット旅行記(上) 週末はこれを読んだ、めっぽう面白かった。

 著者は、河口慧海(えかい)。明治時代の坊さんで、鎖国中のチベットに単独で入国した最初の日本人だそうな。ロクな装備もないのに、氷がゴロゴロする河を泳ぎ、ヒマラヤ超えをする様子は、「旅行記」ではなく「冒険記」だな。

 ではこの坊さん、どうしてチベットまで行かなければならなかったのか?

 慧海が25歳のとき、漢訳の一切経を読んでいて、ある疑問に突きあたったという。漢訳の経典を日本語に翻訳したところで、はたして正しいものであるのか? サンスクリットの原典は一つなのに、漢訳の経文は幾つもある。同じ訳もあれば、異なる意味に訳されているものもある。酷いのになると、まったく逆の意義になっている。

    サンスクリット語の原典 → 漢訳 → 日本語訳

 翻訳をくりかえすうちに、本来の意義から隔たってしまっているのではないか? それなら原典にあたろうというわけ。インドは小乗だし支那はアテにならん、だから行くという。

 まるで三蔵法師!こいつバカスギー笑いながら読む読む。住職を投げ打ち、資金をつくり、チベット語を学び始める。周囲はキチガイ扱いするが、本人はいたって真剣。しかも、普通に行ったら泥棒や強盗に遭うだろうから、乞食をしていくという。

 この実行力がスゴい。最初は唖然とし、次に憤然としているうちに、だんだんと慧海そのひとに引き込まれる。これはスゴい人だ、と気づく頃には夢中になっている。ヒマラヤの雪山でただ一人、「午後は食事をしない」戒律を守る。阿呆か、遭難しかかってるんだって!吹雪のまま夜を迎え、仕方がないから雪中座禅を組む。死ぬよ!

チベット旅行記(下) と、前半がツッコミどころ満載のボウケンジャーで、後半はチベット入国後のハラハラドキドキ話になる。というのも、支那の僧に化けているため、いつバレやしないかとヒヤヒヤものだから。捕まれば死刑。

 さらに、学識もあり医術の腕もたつので、周囲がほうっておかない。ラサの大学に入学し、評判を聞きつけたダライ・ラマに会うことになる。身一つでここまでくるとは… どこかの立身出世物語を読むみたい(実話だけど)。

 チベット文化の紹介もスゴい、というかヒドい。今はもちろん改まっているだろうが、当時は――

  • 体を洗い清めないことが至上とされた。「一度も体を洗ったことがない」が自慢話になる。だから、垢で真黒な顔をしている
  • けれども、手のひらだけは白い。なぜか? チベットでは、麦こがし団子が主食だから
  • 団子を作るとき、それぞれ、手のひらで練って丸める
  • つまり、麦こがし団子には少なからず垢が練りこまれている、という寸法
 うわあ。「寿司を握る手が変色!」という笑い話が笑えない。人糞処理や鳥葬の習慣、近親婚など、人の描写は容赦なし。その一方で、景色や鳥獣に目を向けると、それはそれは美しいそうな。あまりの素晴らしさに、要所要所で歌を読んでいる(ヘボ歌だが)。

 しかし、そんな日々も終わりがくる。日本人であることがバレて…とここから急展開する。追っ手を逃れ、5つの関所を知恵と勇気で突破する脱出譚は、ハラハラドキドキ、手に汗握る。にもかかわらず、自分のことなのに恬淡と書いている。とぼけているというよりも、腹括っているんだろうねぇ… 器の大きさをしみじみ実感する一冊なり。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2007年10月7日 - 2007年10月13日 | トップページ | 2007年10月21日 - 2007年10月27日 »