« 2007年8月12日 - 2007年8月18日 | トップページ | 2007年8月26日 - 2007年9月1日 »

最近のイチオシ「付喪堂骨董店」

付喪堂骨董店 わたしの2倍読んでいるくせに、めったに誉めない嫁さんが「面白いよ」と寄越したのがこれ。おかげで幸せな1時間を過ごせた。げに悦ばしきは読書家の嫁なり。

 ラノベといえば超自然か学園モノが相場なのに、これは骨董店が舞台。ユニークかもーと読み進める。どうやらこの店は、いわくつきの偽物を扱っているらしい。『偽物』なのがポイントで、幸運を呼ぶ石だの、呪いのお守りのFAKEが表の看板。

 ニセモノがあるから、ホンモノもある。

 たとえば、書いたことを完璧に記憶できるノート(本物)や、宵越しの現金を消してしまう財布(本物)が出てくる。「アンティーク」と言うんだそうな。ただし、そんな不思議アイテムがメインではなく、それに翻弄される人が見どころ。演出のための叙述系な仕掛けも利いている(シロウトの手品みたくて良い)。amazonレビューはこんなカンジ

この世界には『アンティーク』と呼ばれる物がある。年代物の骨董品や古美術品のことではない。幸運を呼ぶ石、未来の姿が映る鏡など、不思議な力が宿った器物を指す。世の中は広いもので、そんな怪しい物を扱う店があったりする。付喪堂骨董店FAKE。だが、名前の通り扱っているのはそれの偽物ばかり。無愛想な少女が不気味な品ばかり勧めるので閑古鳥が鳴いている胡散臭い店なのだ。でも、ごくまれに本物が舞い込んでくるから面白い。では、そんな変わった品を手にしてしまった人たちのことを、これからお話しよう。

 そして、分かりやすいツンデレ(表紙の娘)に注目。

 ツンというよりクール無愛想な子やね。ずっと主役(男)キャラ視点ばかりなのが、第4章では娘のモノローグがじゃきじゃき書いてある。彼女の気持ちがモロに見え、戸惑い→意識する様に萌えろ悶えろ。

 SF(すこしふしぎ)+ツンデレ+ラブコメ、ちょい黒ストーリーと、深夜アニメお約束まんまだけど、こればっかりはラノベ読みの「おたのしみ」にしておきたいねぇ――ここまで書いた時点で、嫁さんが2巻目を持っていることに気づく。ネットで調べると「色気づいた咲ちゃんに大注目」とのこと。な、なんだってー!!ΩΩΩ

付喪堂骨董店2 速攻で読む。いやぁ、持つべきものはシュミを分かち合う嫁さんだねぇ。「色気づいた咲ちゃん」とは、第4章の「化粧」だね。前巻同様、彼女の一人称と彼氏の一人称を交互に使い分け、お互いのすれ違いをもどかしげに描く。

 もちろん、どこの新手のスタンド使いですか?とツッコみたくなるような「アンティーク」使いたちとの交錯も面白い。叙述の技巧に走らない分、地のストーリーテラーが冴えてる。ちょい黒なオチもあり、軽く読ませるだけで終わらせない。

 でもって、前言撤回!はにかむ咲ちゃんはアニメで見たい!ラノベの「ラ」はラブコメの「ラ」。これこそラノベらしいラノベ。ツンデレはいいね。ツンデレは心を潤してくれる。オタの生み出した文化の極みだよ。そう感じないか?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ローマ人の物語VIII「危機と克服」の読みどころ

 「ローマ人の物語の読みどころ」シリーズ。

 ここでは、ネロ死後の三人の皇帝(ガルバ、オトー、ヴィテリウス)を紹介している(A.C.69~)。失政からの混乱→内戦→危機的状況から、どうやって脱出したかが読みどころなんだけど、どこでも聞こえてくる塩野節が面白い。

ポイント1 : 「○○であればよかったであろうに」「××するべきではなかった」

 たらればの危険性どこ吹く風、これは「物語」なのだから、後付け考察なんでもあり。どのページを開いてもある断定口調なんだけど、皇帝オトーが内乱を終結させるために自死したことにまでケチをつけるのには恐れ入る。

自軍の敗北を知ったオトーは、内乱を終結させるため、自らの胸を剣で刺した。見事な一突きで、物音に気づいた人が部屋に駆け入ったときには、すでに息絶えていたという

 塩野はこれを「潔い」というよりも「あきらめが早すぎる」と腐す。死ぬべきでなかったと。ええと、現実から目を背け、権力にしがみつく高官を「あきらめが悪い」と、どこかで非難したはずなんだけど… どうしてこんな天邪鬼なのかと察するに、歴史家タキトゥスがこの行為を口を極めて賞賛したからじゃぁないかと。そして、調子よくローマッ子の肩を持つ。

愛国者タキトゥスの慨嘆はわかる。しかし私には、ローマ人同士の市街戦を、競技場で闘われる剣闘士試合であるかのように観戦した庶民の反応のほうが、事態を正確に把握していたと思えてならない。(略)民衆は察知していたのだ。意識はしなかったにせよ、どちらが勝とうが変わるのは皇帝の首だけであることを、彼らは知っていたのである

 ホントのところは分からないが、別人の手による通史を読むとき、このあたりは目にチカラを入れて読むだろうなぁ… そんな気にさせただけでも、塩野氏には感謝しないと。

ポイント2 : 自爆論理を探せ

 別の巻で主張していた根拠が、180度転回して展開しているところ有り。そりゃ、これだけ長いことつづけてきたから、忘れることもあろうに… それでも、自分で主張した理屈に自分がハマるという滑稽さに、どうしても笑ってしまう。語るに落ちる自爆論理。

 例えば、自説への反論、自分の論拠を自分で骨抜き、尻すぼみ論理展開、キャラクター設定変更等など。巻をまたいで露呈していたのが、珍しくも同じ章の中で見つかっている。

 この頃の大きな出来事、ユダヤ戦役とガリア帝国事件の重要性を天秤にかけるのだが、前半で述べた自説の論拠を、後述で骨抜きにしちゃっている。自分で自分の首を絞めてどうするのかね。文庫本22巻p.56より。

だが、おそらくこの時期から三十年後に書かれたと思われるタキトゥスの「同時代史」では、前者を叙述するのに要したページ数は八十、後者の叙述は十ページを逆転する。つまり、ローマ時代の歴史化タキトゥスの注目度ならば、ガリア帝国事件のほうが断じて高かったことになる。それは、ユダヤ戦役の行方が帝国の安全保障に与える影響は間接的であったのに反し、ガリア帝国の行方如何は直接的な影響を与えざるをえなかったからであろう。

 ふむふむ、ページ数の多寡が注目度のバロメーターとなるわけね。

会談で何が話し合われたかについては、まったくわかっていない。キヴィリスが話しはじめたところで、タキトゥスの「同時代史」は終わっているからだ。タキトゥスがそこで筆を折ったからではなく、それ以後のページが中世を経る間に消失してしまったからである。

 ちょっwwww、じゃぁページ数はアテにならんということじゃねーか!(この箇所はもだえた。読者をなめとるというよりも、本当に好きに書いているんだなーと感心した)。

 査読した人はテニヲハと誤字脱字だけだったんだろうなー、あるいは畏れ多くもセンセの論理展開にケチなんてつけられなかったんだろうなー。以降、大甘に読むようにする。彼女に一貫性やロジカルな記述を求めるのは、わたしが間違っていたということで。

ポイント3 : 主張の根拠をあぶりだせ

 自説の主張はいいんだけど、どうしても根拠を見失う(読み取れない)。威勢良く「だ」「である」「べき」で始まったあと、「なぜなら~」文の最後で「…と思う」を入れるのは勘弁してくれ。参照一覧で膨大な史料が挙がっているので、それなりの根拠はあるのだ(と、思いたい)。

 この巻で期待していたのは、ローマ人とユダヤ人について。ユダヤ人に対し、ローマはどのように接したかよりも、なぜそんな行動を採ったかの方が知りたかった。特に、ここへ至るまで、塩野氏が書くローマ人は親ユダヤ的だったし、ユダヤ人も(必要に迫られてかもしれないが)反ローマ的な態度は慎んでいた。これが、なぜユダヤ戦役につながったのか?

 塩野氏によると、「嫌悪」で片付く。文庫本22巻p.96より。

ユダヤ人との直接の接触が六十年に及ぶという時期になって、さすがにローマ人も反ユダヤ感情をもちはじめたのではないかと思う。ユダヤ人を嫌うようになると、ユダヤ人の行うことすべてが嫌悪の対象に変わってくる。

 ちょっwwwww、おまっwwww あれだけひっぱってコレかよ!納得できん!しかも「思う」って言うなー というわたしの叫びをよそに、こうまとめている。文庫本22巻p.124より。

つまり、ローマ人にとっての哲学としてもよい「普遍」と、ユダヤ人の宗教の説く「特殊」が共存し共栄できると考えたユダヤ人は存在したのだ。現代ではまるで、ユダヤ人が一丸となって支配者ローマに反抗したかのように思われており、それに対して疑問をいだく人からして少ない。しかし、このような、人間社会の一面しか見ない、カエサル流に言えば「見たいと思う現実しか見ない」傾向は、ユダヤ人自身にとっても良い結果をもたらさないと思う。異なる宗教、異なる生活様式、異なる人種であっても、ともに生きていかねばならないのが人間社会の現実である。

 詭弁の一手法「一部を持って全部とする」が効果的に使われている。「見たいものしか見ない」のはオマエじゃぁぁぁ、と咆える前に自省してみる。ひょっとして、わたしだけちゃんと読んでいないのかな、ってね。うんそうだ、きっとそうだ(棒読み)。

ポイント4 : 一貫性を追いかけると、楽しいゾ

 ここに至るまで、ローマ人は非常に現実的・合理的な考え方を持っていると紹介されてきた。本当にそうなのかはともかく、少なくとも塩野氏はあちこちでそう言ってきた。それがこうだ、文庫本22巻p.60より。

ローマ人は、共和政・帝政を問わず、自分たちの喫した敗北や自分たちの犯した失敗から目をそらさない民族であった。記憶の抹殺とは、思うだに忌まわしい皇帝とその治世であったからそれに関するすべては忘れ去りたい、という意思の表示である。そう定めておきながら、現実的に不可能という理由で、忘れ去りたい皇帝の横顔や業績が彫られている通貨は使い続ける。ローマ人らしくないやり方だと、私には思える。

 「失敗から目をそらさない民族」… つい前巻「ローマ人の物語22」でガリア帝国の反乱を「なかったことにする」と幾度も書いていたのをフと思い出す。真逆なんだけど、弁解の言もないし、主張を変える裏づけもない。おそらく、時間をおいているため忘れてしまったんだろうかと。

 「現実的に不可能だから──ローマ人らしくない」… ローマ人は現実的な民族だと繰り返し主張しているので、この一文がことさら目に付く。これも論拠レス。あるいは、わたしの記憶違い?うん、きっとわたしの読み違いだ(棒読み)。

ポイント5 : 迷推理につきあう

 読んでてスリリングだったのが、文庫本23巻の「ローマ官僚組織不要論」。入口は非常に面白かった。なんせ、古代ローマを空から眺めて、無い建物を探し始めているのだから。真偽はともかく、官公庁街が無かったそうだ。文庫本23巻p.102より。

つまり、官庁街がなかったということは、独立した官僚組織が存在しなかったということであり、それを追及していけば、なぜ独立した官僚組織をもたないでいて大帝国の運営が可能であったのか、に行きつかざるをえない。これへの答えならば、学者たちの研究、それもとくに考古学上の研究の成果が、答えに迫るのを助けてくれる。

 めずらしく殊勝な塩野氏。考古学者を立てるなんて、非常に珍しい。以降、中央と地方の機能分散が徹底していたとか、地方自治の気概が横溢していたとかあるが、以下は本当かどうか、別の研究文献で深掘りしたい(真偽も含め)、と思う一文(文庫本23巻p.104)。

簡単にまとめてしまえば、「中央」の仕事は安全保障と税制とインフラストラクチャーの充実であり、「地方」は、これら以外の「地方」でやれる仕事はすべてまかされていた、ということになる。(中略)しかし、帝政に移行した後は本国のイタリアだけでなく属州にも数多く存在した「地方自治体(ムニチピアMunicipia)」だったが、自治は認められても財源を伴わないのでは、自治の権利とて行使しようがない。地方分権が効力を発揮するには、財源の確保が不可欠である。地方税なるものは、存在しなかった時代でもあった。

 何の根拠もないが、非常に胡散臭く見える。というのも、官僚組織は不要だった理由として、上記の論拠を挙げているから。もちろん、地方自治体は確かに存在していただろうが、それは中央の官僚組織が不要だった理由にならないのだ(わたしの読みが間違っているかもしれないが、な)。塩野氏の展開する「証拠」だけでも臭うのだから、プロフェッショナルが突いたらさぞかし溢れるだろうなぁ…

 さらにスゴいのが、地方自治体の財源について。塩野氏はこう断ずる(文庫本23巻p.106)。

現代ならば地方自治体の仕事と考えられていることの多くが、個人の寄付ないし自発的提供に依存していたという事実を忘れるわけにいかない。自らの属す共同体のために私財を投ずるのは、恵まれた境遇にある者の責務であるとともに、名誉とも考えられていたのである。

 これ自体は史料があるのだろう、あるいは、史料を基にした論文から抜いているのだろう──んが、だからといって、地方自治体の財源が完全に確保された理由にもならないし、さらに、官僚組織が不要だった理由に遡及させることもできない。彼女のリクツが正しいならば、こう展開できるはずだ。
  1. 地方自治体のために私財を投ずるのは、名誉だとされていた
  2. そのため、地方自治体は、税金などなくても運営できていた
  3. その結果、中央の仕事以外は全て、地方自治体に任されていた
  4. それにより、中央には官僚組織が不要だった
 ぶっちゃけ、彼女の主張(の一部)は事実だろうが、その一事でもって万事そのとおりかというと、論理的におかしい。いくつも「?」をアタマに浮かべながら読み進む。ああ、ひょっとするとこんなにマジメに読むのは間違っていて、「物語」なんだから、ツッコミを入れずに流すのがお作法なのかもしれない。

ポイント6 : 弁解につきあう

 自分の筆致に恐れをなしたのか、「弁解」しはじめる塩野氏… くそ、カワイイぞ。文庫本23巻p.142より。

哲学は学んだが歴史を専門に学んだことのない私は、書く対象がルネサンス時代のイタリアであろうと古代のローマであろうとアマチュアにすぎない。ゆえに私の書くローマ史は、学者の書くローマ史ではなくて作家の書くローマ史である。とはいえ、ブレヒトやユルスナルの作品でもわかるように、作家だからと言って勝手気ままに書くわけではなく、対象に選んだからにはそれについての調査と研究が必要になる。

 いつになく殊勝な塩婆… 心境の変化なのか、誰かエライ人にキッツいこと言われたのか(書かれたのか)── ところが、この先ガラリと変わる。

ゆえに、調査研究の必要度ならば学者も作家も差はないのだが、それに取り組む姿勢となると、学者と作家とではちがうように思う。その違いを一言で片付ければ、学者には史料を信ずる傾向が強いが、作家は、史料があってもそれらを頭からは信じない、としてよいかと思う。

 ちょwwwwおまっwwwwww

 以降、歴史的史料として残っていることの二義性や恣意性をあげつらい、結局信じるのはわたしの判断よ、という彼女には、彼女が大好きなカエサルの「人は見たいものしか見ない」という言葉がピッタリなんじゃぁないかと

ローマ人の物語21ローマ人の物語22ローマ人の物語23

――――――――――――――――――――――――――――――――――
「ローマ人の物語」の読みどころ【まとめ】に戻る

| | コメント (3) | トラックバック (0)

未来形の読書術

未来形の読書術 「読むとは何か」、少なくとも「小説を読むとは何か」について、スッキリとした解答が得られた。小説を読む悦びについて、言葉にできずもどかしい思いをしてきたが、本書のおかげで胸はってコレだよ!と言える。

 例えば、物語性にばかり目を向けている人なら小説の「面白さ」ばかり強調するかもしれない(わたしもその一人だ)。ところが、そんな人に限って「面白い映画」や「面白い舞台」と同じような楽しみ方しか見出すことができない――小説には、もっとスゴい愉しみかたがあるのに。

 それは、「読む」ことそのものだという。メディアの性質上、小説は読むことを通じてしか受け取ることができない。そして、いったん読者の解釈にさらされることがポイント。起きたことが100%の言葉になっているはずもないから、読み手は文中の言葉と言葉の隙間を自分の解釈で埋めていく。「書かれなかったこと」の理由を推理することが小説を読む醍醐味なんだ。

 だから、同じひとつのテクストから、いかに面白い「読み」ができるか、どれだけ個性的に「読め」ているかは、他人の読みと比べる必要がある。優れた書き手は、「ほんとうに書きたいこと」を上手に隠すことで読者から小説を守ろうとするという。

読者の解釈によって言葉の隙間が埋め尽くされ、誰が読んでも同じ読み方しかできないことになる。それは、小説にとって死を意味する。そこで、小説の言葉が断片的で隙間だらけだであることを知り尽くした作者なら、言葉の断片性を上手に利用して読者を欺くことで、自分の書いた小説を時間による風化から守ろうとするだろう。

素人の小説家はそのあたりのことを間違えて、一番いいたいことを書いてしまうものだが、プロの小説家はそんなヘマはしない。なぜなら、一番いいたいことを書いてしまったら、一遍しか小説が書けないからだ。

つまり、小説を面白く読んだかどうかは、自己満足を除けば、実は自分で決められる問題ではないということだ。誰かに自分の読みを聞いてもらって、はじめてそれが面白いか面白くないかということが評価されるのである。自分の読みが個性的かどうかは、他人の読みと比べてみなければわからないものだろう。

 この良例として、著者は漱石「こころ」の新しい読み方を示している→「こころ」大人になれなかった先生

 この一冊で「こころ」がまるで違う小説になってしまった!恐ろしいミステリのようにしか見えなくなってしまった。経緯は[ここ]に書いた(ネタバレ少々あり)。この一冊を書くのに、石原氏は「こころ」を50回以上読み直したのだという。まさに執念の賜物。おかげで、漱石をまったく新しく、ドラスティックに読むことができる。

 最初は、飛び石を一歩一歩伝うように解釈を続け、気づいたら思いもよらないような場所で考えている。ハッと気づくと元の所にいる自分に気づく。読書と、そのときの自分の意識についてちょっとした冒険が味わえる。

 あたりまえのことなんだけど、そのあたりまえ具合に気づかせてくれる一冊。

第1章 本を読む前にわかること
  本は自分を映す鏡だ
  未来形の自分を求めて
  過去形の読書もある
  すべてのゴミはなくせる!
  言葉の外に世界はあるのだろうか
  自分はどこにいるのか

第2章 小説とはどういうものか
  『電車男』は文学か
  物語の四つの型
  何を期待して読むのか
  小説の言葉はどのように働くのか
  小説の読者の特別な位置
  なぜ、小説は人を癒すのか

第3章 読者はどういう仕事をするのか
  小説は穴ぼこだらけ
  作家は隠すことで読者から小説を守る
  文学テクストの内部にいる読者
  「内包された読者」の仕事
  自由に読めるのだろうか
  読者が自分を否定すること
  あなたのカードは何点か

第4章 「正しさ」は変わることがある
  評論を面白く読むコツ
  論理は一つではない
  いつから「地球にやさしく」なったのか
  一つから複数へ

「読者の仕事」を深めるための読書案内


| | コメント (2) | トラックバック (1)

« 2007年8月12日 - 2007年8月18日 | トップページ | 2007年8月26日 - 2007年9月1日 »