« 2007年7月29日 - 2007年8月4日 | トップページ | 2007年8月12日 - 2007年8月18日 »

「ローマ人の物語」を歴史の専門家はどう評価しているのか?

 「ローマ人の物語」を10倍楽しく読む方法シリーズっ(実は続いている)。

 「ローマ人」ツッコミどころ多すぎー、塩野節がイイ感じを醸しだしているんだけど、調子っぱずれなトコは耳に障る。「面白ければ、それでいい」というスタンスでヘンなところは嘲笑(わら)って読み流してる。

 しかし、物語のくせに「これこそ事実だ」的な断言口調や、根拠レスで歴史家をけちょんけちょんに貶すのはいかがなものかと―― 心配するのは余計なお世話?

【問】 歴史の専門家は、「ローマ人の物語」をどのように評価しているのか? あるいは黙殺しているのか? それとも目の敵にしているのかね?

 ここでいう専門家とは、学術的な権威の裏付けを持つ人で、一般に教授とか呼ばれている人々。図書館のレファレンスサービスで調べてもらったのだが、クリティカルな回答を得られたので紹介する。カンタンに言うと、

【答】 黙って言わせときゃいい気になって!「聞き捨てならない」というのがホンネらしい

 日本の歴史系雑誌のうち、最高の権威を持つといわれているのが「史学雑誌」。東大の史学会が出しているそうな。その第115編第5号(2006年5月号)のp.318にこうある(太字はわたし)。

最後に、昨年第十四巻「キリストの勝利」が出て完結に近づいた塩野七生「ローマ人の物語」(新潮社)について一言しておきたい。多くの研究者のこの本に対する態度は、「あれは小説だからエンターテインメントとして読まれるぶんには結構」というものだろうが、書店や図書館ではこの本は歴史の棚に並べられ、学生や市民講座の受講者から聞いたところでも、歴史書として読まれているようである。評者は既刊の全巻を通読してみたが、誤りや根拠のない断定が目に付き、ときには「聞き捨てならない」発言もある。この本のもつ影響力の大きさを考えれば、「あれは小説だから」で済ませてしまうのではなく、一度きちんと検証し批判すべきは批判する必要があるのではないだろうか。それと同時に私たちも、日ごろの研究活動に基づいたローマ史像を、積極的に社会に発信していくべきであろう。

 スマンが、笑った、すげぇ笑わせてもらった。「聞き捨てならない」ですって!偉いセンセも同じ事いってるモンだねぇ。ナマ暖かく見逃してやろうとしてたら、ベスト・ロングセラーに祭り上げられちゃって悔しい。さらに、嘘まじりの過激な筆致が気に入らない。歴史書でもないくせにー、オレが専門家なのにー、といった歯軋りが聞こえてくるねッ

 わたしが読むとき、あたかも小説や物語を読むように読んでる。事実関係なんてどうでもいい(塩野氏の「…と思う」が全てを物語っている)。史書と首っ引きで間違い探しするのが本意じゃないからね。それにもかかわらず、論旨が跳んでたり、裏付けのない「である」口調に辟易してたぐらいだから、プロフェッショナルから見ると「聞き捨てならない」のは当然かと。

 バトルを、激しく、希望。それこそ「上野千鶴子vs石原慎太郎」やコブラ対マングース的なモノになるかと。

 ちなみにこの専門家、日本大学文理学部史学科の坂口明教授だそうな。ローマ帝国の社会経済史に造詣が深いそうな。この記事では2005年の史学会を振り返る形で、ローマ史の論文のオーバービューをしている。これっぽっちもドラマティックに紹介していないにもかかわらず、面白そうな論文がいくつか。これ↓

ローマ期イタリアにおけるワイン産地ブランドの誕生(鷲田睦朗):カエサルがワインを競争に活用したことが、ワインを「ブランド化」するきっかけとなったと指摘している。さらに、ブランドワインと現地消費型のワインとの並存から、イタリアの消費構造をあぶりだしている。

 このお題だけでワクワクしてくる。ブランディングの根っこにワイン産地の差異化があり、さらにその種はカエサルが蒔いたとなれば、面白くないはずがない。もちろん「論文」なので味もそっけもないだろうが、この旨味を上手くすくい取れば、新書一冊ぐらいになりそう。

――――――――――――――――――――――――――――――――――
「ローマ人の物語」の読みどころ【まとめ】に戻る


| | コメント (12) | トラックバック (4)

全上司必読「もし部下がうつになったら」

もし部下がうつになったら 全上司必読の一冊。そう「なる」前に読んでおくのと読んでいないのとでは、えらく違ってくる。予防の1オンスは治療の1ポンドに勝る。

 7人に1人は「うつ」になるという時代だそうな。うん、プロジェクトの火消しに没頭するあまり、自分に燃え移っていることに気付かず、火だるまになったことがある。罵倒と怒号が飛び交う火事場で残業100超を3ヶ月続けると、確かにおかしくなったよ。

 うつになる人が増えているということは、うつになる同僚が増えているともいえる。さらに、うつになる部下が増えていることでもある

 しかし、うつになった社員にどう対応するべきかは、企業レベルでは浸透しておらず、部下から診断書を見せられて困惑する「上司」が大多数だろう。しかも、そうした「上司」は、出世競争のいわばサバイバーなので、うつになった部下の気持ちが理解しにくい。

 本書はそうした「上司」たちに向けて書かれている。業務量は変わらないまま、ギリギリの人数で仕事をしている現状で、おいそれと人は増やせない、仕事も減らせない。しかも部下が「うつ」になった。どうする? の具体的な対処がこれ。

 例えば「うつ」になった部下との接し方について。どこかで聞いたことがあるかもしれないが、本書では具体的にどう応えればいいか説明してくれている。

  • 「がんばれ」は禁句なのは知った上で応対する具体例
  • 受容→傾聴→共感の3ステップで聞き役に徹する
  • 「さっきから相槌ばっかり打っているだけじゃありませんか? 私は辞めたほうがいいのでしょうか?」とYES/NOで迫られた場合→受容+オウム返し
  • PMや代替の利かないメンバーがうつになった場合→到達点の明確化+医師を含むサポート体制の構築
 本書は、たったいま、部下が「うつ」と診断された瞬間から使える

 上司が前半を読むと、職場の人にはどう伝えればよいか、休職させるか、させないか、その判断はどうすればよいかが分かる。さらに、休職させた部下をスムーズに復帰させるために、上司(と人事担当)はどのようにすればよいかが豊富な事例で紹介されている。もちろん、「失敗」した例もあるぞ。

 後半は、そうなる前に上司としてしておくべきことがある。いわば、予防やね。[部下を殺すような欠陥上司]の轍を踏まないために、読んでおきたい。

 「不適応」のサインを知る方法、職場のストレスを探知し緩和するためには、部下をつぶす上司の例、仕事は減らさずにストレスを減らす解決策(!)がある。最期の奴は、要するに「仕事の負荷は変えずに、裁量権と達成感を持たせよ」という方策なんだけど、直属の上司ではかなり難しい、人事担当の仕事だろうね。

 わたしは、いわゆる「管理職」ではないけれど、プレイングマネジャーとしてメンバーを任されるのが常だ。次のチームビルディングの際は、ストレスマネジメントも組み込むべ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

残酷な因果のテーゼ「真景累ヶ淵」

真景累ヶ淵 冬はホラーと決めてるが、夏はやっぱり怪談でしょ。それも「ジャパニーズ・ホラー」として映画になる「真景累ヶ淵」を読む。手軽に涼を得られると期待したが、涼どころか、弱冷房車でもゾクゾクしたぜ。

■「真景累ヶ淵」(三遊亭円朝)

 で、結論―― こ、怖ぇ、に、人間がッ―― 死んでも死にきれない怨念が化けて出る話なんだけど、怨霊そのものよりも、そいつに祟られる人間の方が怖い。とり憑かれ、取殺される人は、そうされても文句言えないような悪行を積んでいる。とても分かりやすい因果応報。

 ぶっちゃけ、因業は、

血    色    銭

の三原色で塗りつぶされている。「あいつを殺して金をいただこう」「あいつの女房が欲しい」「あの娘が妬ましい」きっかけで、簡単に両手を血に染める。その良心のカケラも無さ、あさましさ、畜生っぷりにおののく。

 もちろん殊勝なキャラもいる。貞節を守ろうとして体をザク切りされる生娘とか、亭主の仇討ちのため、全てを犠牲にする妻の話といった泣けるネタもある。過去の罪滅ぼしのため死に物狂いで善行をなす母の話なんて、ジンとくるかも(そして彼女の最期に仰天するかも)。

 しかし、読みどころは人間性のえげつなさ、猥雑の生臭さ、そして、因果の救いのなさだろう。じゃじゃーんと化けてでる幽霊は、そうした人間性を剥き出し、増幅するためのアンプのように見える。

 いや、「出てくる幽霊は怖くないよ」と言いたいわけじゃない。怖いデ、登場シーンは。実際、「豊志賀の死」なんて強烈だし。ただ、生霊だったり怨念だったり化身だったりする幽霊を怖いと思うココロが恐ろしいのよ。この怖さは、

    「私、きれい?」

    『×××××』

    「これでも、きれい?」

と同類だ。『×××××』で何と答えても心にも無いことで、それを彼女が知っている!というところがミソ。ちなみに、追いかけられたら何て言えばいいかというと、「ポマード!ポマード!ポマード!」(古っ)

 全ての因業の糸が一点に収束するラストは凄まじい。全部の伏線が回収されるとき、その業の深さに人が死ぬ。それこそスプラッタ顔負けの血みどろパーティーとなる。一振りの鎌が次々と喉笛を掻き切るシーンは圧巻なり。げに恐ろしきは人なり、とくとご覧あれ

 本書は落語の口述筆記なので、息継ぎが随所に生きている。しゃべるときのリズムというか、はずみが上手に書かれており、噺を聴くように読める。こんなカンジ…

このお久は愛嬌のある娘で、年は十八でございますが、ちょっと笑うと口の脇へえくぼといって穴があきます。何もずぬけて美女(いいおんな)ではないが、ちょっと男惚れのする愛らしい娘。新吉の顔を見てはにこにこ笑うから、新吉も嬉しいからニヤリと笑う。その互いに笑うのを師匠が見ると外面(うわべ)では顕わさないが、何か訳があると思って心では妬きます。この心で妬くのは一番毒で、むやむや修羅を燃やして胸に焚火の絶える間がございませんから、逆上(のぼ)せて頭痛がするとか、血の道が起こるとかいう事のみでございます。

 いわば読む落語。だからもちろん、落語ならではの諧謔もある。死体が入ったつづらを、そうとは知らず盗み出し、金目のものを手探りで探す掛け合いなんて、とっても落語的。

 げに恐ろしきは、血なり。

累■「累」(田邉剛)

 で、よしゃぁいいのに、マンガに手を出す。前出の「真景累ヶ淵」で一番怖いといわれている「豊志賀の死」を物語っている。これも怖い、というか、これこそ怖い。

 イヤ~なのは、途中からお話が始まっているところ。ある屋敷に夜な夜な「出る」のだが、どうして「出る」のか一切説明されてない。原作を知った後から読むと「それはオマエの○○だろ!相手してやれよ!」とツッコミたくなる。知るとさらに怖くなる仕掛けがニクい。

 さらに、黒使いが鮮やかで、「闇」の描き方が上手い。暗がりにぼんやり見える顔だとか、行灯に眩しく照らされた女体と闇のコントラストが良い。みずもしたゝるいいオンナ、豊志賀は、素晴らしく美しく描かれている(彼女の運命を知っているわたしにとって、第二巻は怖すぎる)。

 げに恐ろしきは、女の嫉妬なり。

■「NAKED 変體累ヶ淵 ネイキッド」(米餅昭彦)

 さらに、大昔、週刊モーニングで読んだマンガを思い出す。なめぞう氏を覚えてる方はいらっしゃるだろうか? エロエロで、ドロドロ、「変態」ではなく「変體(変体)」であるところがポイント、読んだ当初はえらく衝撃を受けたことを覚えている。

 上の二作とは打って変わって現代、5000万円の借金の肩代わりをするバイク乗りが主人公なんだけど、原作の香りがするのは、「主人公がやたらモテること」「年上の女と深い仲になる→彼女が死ぬ→取り憑かれる」ところかね。救いが一切ない暗~~~いマンガなので、読む方は注意して。ブックオフめぐりでお探しあれ。全3巻(のはず)。

 げに恐ろしきは、借金かも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年7月29日 - 2007年8月4日 | トップページ | 2007年8月12日 - 2007年8月18日 »