« 2007年1月7日 - 2007年1月13日 | トップページ | 2007年1月21日 - 2007年1月27日 »

赤ちゃん売ります「ベビービジネス」そこに市場がある限り

  • 健康なグアテマラの子 $25,000
  • 代理母との契約 $59,000
  • 一流の卵子 $50,000



  • あなたの赤ちゃん priceless


お金で買えない価値が有る―― はずじゃなかったのか。


ベビービジネス 「ベビービジネス」における著者の主張はこうだ ――「赤ちゃん市場はそこにある。まず第一に、その事実に目を向けろ。次に、市場であるにもかかわらず野放し状態となっていることを理解せよ。最後に、この市場は、市場として歪んだ状態であるからして、政府の規制が必要であることに気づけ」―― そいつを裏付けるための事実を徹底的に報告してくれる。
  • 遺伝的に劣位な胚を除外する生殖補助サービス
  • 「あなたに似た人」をカタログ販売する、国際養子縁組業者
  • キャリアを優先し、妊娠可能時期を逃した人が、大金で代理母を求める
  • 肌・目・髪の色や遺伝特質を予めセットアップされた、「デザイナーベビー
  • 不妊治療に失敗→養子縁組でゲット(不妊治療+養子縁組の相互補完)
  • 難病の我が子の治療に必要な髄液のため、生物学的に同じ「子」をつくる
  • フランシス・フクヤマが描いた人類の二つの亜種、gene rich と gene poor

 上に示した現状と未来は、嫌悪感をもよおすかもしれない。赤ちゃんを作る試みは道徳的なジレンマの最も激しい深いところにふれるため、政府を始めとして、マスゴミ連中も実情を看過するか、単なる学術研究の規制として扱ってきたからだ(韓国のクローン胚研究成果の改ざんは記憶に新しいが、学術研究にとどまる。いっぽう子宮を失った娘のために50代の母が代理出産した日本の例は、決して、研究ではない)。

 そうではなく、ビジネスとしてここまで育っていることを知って、嫌悪というよりも素直にビックリした。例えば、アメリカの市場規模は、以下の数字から推し量ることができるだろう(2001~2003年のリサーチデータ、本書より引用)。

  • 体外受精41,000人
  • 提供卵子から生まれた子ども6,000人
  • 代理母によって生まれた子ども600人
  • 海外養子縁組21,616人

 金に糸目をつけず、子を切実に求める需要がある限り、そして、それを供給できる医療技術やサービスがある限り、市場は成立する。テクノロジーの恩恵は医療のみならず、国際養子縁組にも波及する(ひとつの例として、RainbowKidsがある。あなたにピッタリの子どもをネットで簡単検索。養子一覧を見てるさっきからイロイロな意味で涙がとまらない)。

 確かに法で縛る国もある。しかし、市場にとってみれば、それは「規制の厳しいところとゆるいところがある」ことに過ぎない。子どもが欲しくても得られない人は、規制の無い国や州へ「旅行」をするだけだ。法外な料金のかかる旅行から帰ってくるとき、「親」になっているという寸法だ。

 人として、親として、子どもを経済的なモノと見なすことはできない。子どもはお金ではなく、愛の賜物であり、どんな市場の影響も及ばないところにある、文字通り priceless なものだ―― そういう主張は、ここ30年ほどの間に、生殖医療の発達によって支えられてきた赤ちゃん市場の現実に圧倒されるだろう。

 止められない流れとなっていることが、こわい。既成事実は、わたしの想像よりもずっと先にあった。亡くした子どもの代わりにつくられた、生物学的に同一の赤ちゃんをのことをレプリカントと呼ぶのはやめてくれ、と思った。

赤ちゃんの値段 日本の実情は、「赤ちゃんの値段」で知ったつもりでいるが、日本はまだまだ遅れてるなぁ、と安心するやら不安になるやら。「赤ちゃんの値段」によると、かつては韓国、今は中国が輸出大国だそうな。棄児といって、身元が完全に分からない子どもが人気で、大きくなっても実親を探そうとしないからだという。

 "Do Androids Dream of Electric Sheep?"や"Never Let Me Go"は、Science Non Fiction になろうとしているのか。あるいは、マイクル・クライトン御大や、ロビン・クック大先生のご登場といったところだが、事実は小説を大きく引き離して、もう見えないところまで行ってしまっている。

 だけど、どっちへ向かおうとしてるんだ?

| | コメント (0) | トラックバック (2)

志村、後ろ後ろ!「ロウフィールド館の惨劇」

Roufirudo
 「読後感サイアクの小説を教えてください」でオススメいただいた「ロウフィールド館の惨劇」を読む。

 このテの小説を紹介するとき気を使うのが、ネタバレ。肝心なトコを明かさないように、かつ、興味を持っていただくように書いているが、本書はその心配が一切いらない。

 なぜなら、冒頭で全てを明かしているから。

 最初の2ページで殺人の動機、殺害方法、犠牲者、共犯者を記している。思わず「刑事コロンボ」を思い出す。こんなにバラしちゃってもいいのかしらん、という心配をよそに、作者は自信満々だ。ちなみに、こう始まっている。

ユーニス・パーチマンがカヴァディル一家を殺したのは、読み書きが出来なかったためである

 では、分かってしまって面白くないのかというと、全く違う。むしろ、なぜ「読み書きができない」ことが一家惨殺になるのかを問いかけながら、ひきずり込まれるように読む。

 わたしの「問いかけ」が分かるのか、作者は節々で応えてくれる。上手いんだ、これが。「もし、○○だったなら、惨劇は起こらずにすんだであろう」なんて思わせぶりな書き方をしてくる。

 この思わせぶり、トマス・H・クックを思い出す方なんていらっしゃるかと。しかし、クックは、種明かしをファイナルストライクのお楽しみにとっておく作家なので、フラストレーションが違うね。

 さらに、一家を皆殺しにする家政婦、ユーニスがすごい。外見は冷たいオールドミス、中身は怪物。人倫を解さないのはモンスターたる所以なんだけど、その出来上がり方が違和感なく読めてしまう(←読後怖いと思ったのは、ここ)。

 このキャラ、「ミザリー」で"足なえ"を実行したアニーや、「黒い家」で○○をビニール袋で持ってきた幸子を思い出すね… 心の基本的な何かを最初から持ち合わせていないような…

 倒叙ものの傑作だな、と思いなつつ、ラストの惨劇に向かってまっしぐらに読み進んでいく―― が、ちょっと待て。「その後」があるぞ―― でもって、惨劇後の方が興味深い。彼女が警部にチョコレートケーキを振舞った直後の場面なんて、焼き付くように"見えた"。

 …というわけで、美味しく読ませていただきやした。「読後感サイアク」なのは、彼女のキャラと救いようの無いラストを指していたんでしょうな。

 劇薬小説ベスト5を読める方なら、無問題。楽しんで(?)読めるナリ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イマドキのアフィリエイト

アフィリエイトの神様が教える儲けの鉄則50 amazonが読めというので「アフィリエイトの神様が教える儲けの鉄則50」を読んでみる。おもしろい… いや、本の中身というよりも、著者の性格が ── 「内容なんてどうでもよく、とにかく儲ける」ことに徹せられており、ある意味いさぎよい。

 本書では、「アフィリエイトで儲ける」あらゆるノウハウが惜しげもなく紹介されている。コンテンツを自力で創るor集めることができるならば、あとは丸ごとマネするだけで、儲かるサイトを作ることができるだろう。

 アフィリで成功するために求められているものは、才能や技術ではなく、「誰にでもできることを、誰にもできないくらい継続する力」だという。ビジネス全般にも同じことがいえるのではないかと。

 以降、儲けやすい広告、ネタ集めの方法、アクセス増の基本技から必殺技が「鉄則」として書かれている。

 例えば、「テレビや新聞を用いて、ネットの「外」からテーマを探せ」とか、「本屋には需要のあるテーマが集まっている」といったアドバイスはありがち。だが、キーワードアドバイスツールや、キーワード出現頻度解析を用いたアクセス増のやり方は、全く知らなかった。やる/やらないは別として、知っておいて損はないだろう。

 専門用語を極力避けてはいるが、やっていることはビジネス戦略そのもの。AIDMA、SWOT、80:20の法則を「アフィリエイト」に適用して、非常に分かりやすく解説している。解説ではなくて、自身で実践してきた成果が報告されている。「3,000万稼いだ」と豪語するとおり、10万/day の Page View を叩き出している(p.159の画像)。

 読み手はこれをそのままマネすることもできるし、それでも効果はあるだろう。しかし、既に知れ渡っているノウハウではなく、著者の「考え方」そのものを習得することで、今度は自らの手で「儲けの鉄則」を編み出すことができる。あとは、あなた次第というわけ。「儲ける」Onlyに入っている魂というか、熱気というか、毒気に当たっておいで→[ここ]

| | コメント (6) | トラックバック (1)

« 2007年1月7日 - 2007年1月13日 | トップページ | 2007年1月21日 - 2007年1月27日 »