« 2007年6月24日 - 2007年6月30日 | トップページ | 2007年7月8日 - 2007年7月14日 »

「夜の来訪者」はスゴ本

夜の来訪者 今年のNo.1スゴ本! …というか、戯曲。緊迫した展開と最後に用意されたどんでん返し。サクッと読めてゾクッとした150頁たらずの小編だが、自信をもってオススメできる。

舞台は裕福な家庭、娘の婚約を祝う一家団らんの夜。そこに、警部と名乗る男が訪れて、ある貧しい若い女性が自殺したことを告げる。そして、その自殺に全員が深くかかわっていくのを暴いていくが…

 場所は、団らんの居間のみ。派手なアクションも大仰なセリフ回しも一切無し。新訳がまた上手いんだ。削ぎ落とされた言葉の向こうに、胸がつぶれるほどの感情が取れる。山場では、気持ちがダイレクトに伝わってくる、まるで、舞台の上の表情を見ているかのような気にさせられる。

 しかも、前半の前触れがいい。会話の端々に危うさがナイフの腹のように光っている。和気あいあいとした中に、読み手はなにか落ち着かなさを感じる。ひょっとして伏線なのかなぁ…と思うこと二度三度 ←ハイ、伏線入りまくりでしたな。鮮やかに、しかもキッチリと回収される。そのムダのなさに寒気が出る。

 過去が暴かれていく過程は、一種のミステリ的な面白さが詰まっている。「警部」の追い込みは淡々と容赦なく、ハラハラドキドキしっぱなし。各人と「自殺した女」との関わりあいは? それを「警部」はどう追及するのか?

 しかし、もっとスゴいのはその後。「警部」が退場した後、彼が投じた一石が各人を揺さぶっていく様が実にスゴい。最初の幸せな家族とは、まるで別人のように見える。人間性むきだしのセリフに心底怖くなった。吊革につかまってる、わたしの腕は粟だった。

 そして、ラスト手前のところで、人の本性そのもの(しかも暗いほう)を覗き込む。怖くて立ってられない―― ただし、ラストは見抜いてた。長年の読書経験で身についた、「先読み」のクセを恨む

 本書はNHK週刊ブックレビュー(6/24[参照])で逢坂剛さんが気合を入れてオススメしてたので読んだんだが―― やっぱり、面白い本を書く人は面白い本を知っているね(彼のNo.1オススメの[遙かなる星]もスゴかった)。

 最後に、これ読んだわたしにとって、ぜったいに忘れることができなくなった一文を、引用しておこう。

「わたしは警察の者です。きょうの午後、若い女性が消毒剤を飲んで、数時間もだえ苦しんだあげく、今晩、救急病院で死んだのです」

 まあ読め、堪能できるゾ。

| | コメント (8) | トラックバック (6)

萌えの低年齢化よる曖昧な不安

赤ずきん 萌える「対象」が低年齢化していることは言うまでもないが、萌える「主体」も同様に低年齢化している。つまり、小学生や園児が「萌え」とか言い出すような時代に突入している。パパはちょっと心配だ。

 …というのも、図書館でぽっぷ画の「赤ずきん」と「ふしぎの国のアリス」を見たから。どう見ても「もえたん」です、ありがとうございました…orz(←久びさにリアルでこのポーズをした)。

 絵本・児童書コーナーにあるにもかかわらず、強烈なオーラを放っている。あ、いや違和感を感じるわたしの心が汚れているのです。赤ずきんは純粋無垢なんです―― と自分に言い聞かせるのだが、うまく納得させることができない。

 そして、かつてないほどの羞恥心を押し殺し、「みんなの勇気を分けてくれ」と呟きながら貸し出しを済ませる。はぁはぁ。[若おかみは小学生!]並に恥ずかしかったぜ。

 で、まるでエロ本のように隠れて読む――うう、これは子ども向けじゃねぇ!ルビはあれど、漢字まじりの文は、就学前~小学低学年ではないはず。大きいお友達のための絵本といえよう。特に赤ずきんが食べられるシーン…!○○されたり××されているんじゃぁないかとドキドキしながら読むのは、わたしが歪んでる証左。アリスのひらひらスカートはかなりミニであるにもかかわらず、絶・対・領・域は恒常的に確保されていることを全てのページで確認しているのは、酔っているせいじゃない。これは萌える絵本だ!

 ええと、発育やら性交渉やら、氾濫するネット情報やらで、最近の小学生はマセてるらしい。現代のパパの一人として、(良いワルイは別として)そういうのはアリかと覚悟してる。しかし、小学生のうちから「萌えー」とか口ばしるようになったら、パパは恥ずかしさのあまり穴を掘り出すに違いない。

ふしぎの国のアリス ――などと悶悶としていたら、嫁の大喝「アンタのせいでしょおおぉぉッ!」怒られる。うん、ハルヒ観せようとしたわたしが悪かった。海よりも深く反省しつつも、「オタクの子はオタク」なのかもしれないと思ったり。

 読む本がなくなって親の本棚をコッソリ漁ったのが小学生の頃だから、そろそろわたしのコレクションも然るべき処置をしなくては――


| | コメント (2) | トラックバック (1)

じゃぁ最近のオヤヂは、若いとき本読んでたのか?

 前回のエントリ[「最近の若者は本を読まない」本当の理由]では、沢山の意見を頂いた。賛否いずれも、感謝感謝。賛成は嬉しいが、反論はありがたい。わたしの論拠の不備があらわになったから。愉快なのは米光さんの[「最近の若者は本を読まない」本当の理由の本当の理由]。いかにも最近のオヤヂが言いそうでしょ?

■各時代の若者の読書率

 いただいた反論のうち、かなりの説得力をもつのがあった。コレだ。

オヤヂどもは、今こそ本読んでないかもしれないけれど、若かりし頃は、イマドキの若者よりも、もっと読んでいたんじゃぁないの?若年世代を定点観測した比較結果でないと意味がないんじゃないか?

 ああ確かに。だからこの週末に調べてみた、「最近の若者は本を読まない」と嘆くオヤヂ連中が、若かった頃はどうだったかを。

 「若者」は20~30代、「オヤヂ」はそれにプラス30しておこうか。それから調査上、「本」とはマンガや雑誌以外の書籍を指す。「バナナはおやつに」的な質問には、YESと答えておこう。ラノベは本に含まれるし、携帯小説も然り。書籍読書率とは、「あなたは書籍を読みますか?」に「はい」と答えた割合で、ネタ元は、毎日新聞社の読書世論調査。

 結論から言うと、最近のオヤヂは、若いころ確かに本を読んでた…最近の若者と同じぐらいにね。だから、「最近の若者はオレの若い頃と同じぐらい本を読んでる」というべき。全体の書籍読書率を押し上げるかのように、どの年代の「若者」も読書率は高い。要するに、若い頃はたくさん本を読んでいる。

 言い換えると、「20~30代が読書のピーク」。若い頃から読書に縁がないと、トシとると、もっと縁遠くなるという罠。「読書は若いうちにしとけ」って、いかにもオヤヂ(各々の時代のオヤヂ)が言いそうだけど、どの時代の「若者」もそれを実践している。

 出版業界が若者をターゲットにする理由を裏付けるかのような結果だったね。角川文庫のキャンペーン[これ]は、その意味において激しく理に適っている(利に叶っている?)。

■「ラノベは本に入りません」という人びと

 それでも食い下がる人がいる。「ラノベのような本は、読書に入らない」といった、読書を高尚な何かのように考えた反論もある。んー、これについては、小飼弾さんが[最近の若者たちはどうやって本を読んでいるか]でいいこと言っている。

ライトノベルを読んでみるとわかるのだが、これらの作品は、過去の膨大な「名作」が下敷きになっていて、それらを知らないと楽しめないようになっている

 激しく同意。しかもちーともライトじゃねぇよ、と吼えたくなるような作品があるぞ。例えば「涼宮ハルヒの絶望」や、「神尾観鈴を思い出す2冊」なんて、ライトじゃなくヘビーノベルだよ…

 閑話休題、読書を高尚な何かとカンチガイしている方に、「最近の若者は…」とのたまうオヤヂが若かりし頃、何が読まれていたかを紹介しよう。同じく読書世論調査で、「よいと思った本を一冊あげてください」という質問のうち、各時代の10位までのランキングは以下のとおり。

 まずは最近のやつ。

2006年調査

  1. 竜馬がゆく(司馬遼太郎)
  2. 坂の上の雲(司馬遼太郎)
  3. 東京タワー(リリー・フランキー)
  4. 十津川警部シリーズ(西村京太郎)
  5. 鬼平犯科帳シリーズ(池波正太郎)
  6. ハリー・ポッターシリーズ(J・K・ローリング)
  7. 人間革命(池田大作)
  8. 砂の器(松本清張)
  9. 剣客商売シリーズ(池波正太郎)
  10. 坊ちゃん(夏目漱石)

 大河ドラマや映画の影響がありありとわかるランキングやね。最近ならではといえば「東京タワー」と「ハリポタ」ぐらいかな。十津川警部と鬼平がランキングに入っているのは、あきらかにオヤヂたちの票。

 これが20年さかのぼると、面白くなる。

1982年調査

  1. 窓ぎわのトットちゃん(黒柳徹子)
  2. 徳川家康(山岡荘八)
  3. 悪魔の飽食(森村 誠一)
  4. 人間万事塞翁が丙午(青島幸男 )
  5. 吉里吉里人(井上ひさし)
  6. 飛鳥へ、そしてまだ見ぬ子へ(井村和清)
  7. 三国志(吉川英治)
  8. 青春の門(五木寛之)
  9. 人間革命(池田大作)
  10. 塩狩峠(三浦綾子)

 ちょwwwトットちゃんwww …うん読んだよ。フツーに読んだが、なぜトットちゃんが超弩級のベストセラーになったのか、20年経った今でも皆目分らん。あとギネスブックに載るぐらいの長編小説「徳川家康」は挫折したなぁ… 吉川英治の三国志は間違いなく面白いから、わたしがオススメするまでもなかろ。

 30年さかのぼると、もっと香ばしくなる。

1974年調査

  1. 日本沈没(小松左京)
  2. 恍惚の人(有吉佐和子)
  3. 勝海舟(子母沢)
  4. かもめのジョナサン(リチャード・バック)
  5. 人間革命(池田大作)
  6. 青春の門(五木寛之)
  7. 新・平家物語(吉川英治)
  8. 風と共に去りぬ(マーガレット・ミッチェル)
  9. 華麗なる一族(山崎豊子)
  10. ノストラダムスの大予言(五島勉)

 「日本沈没」は面白いよ。映画は知らんけど、小説は楽しめた。リチャード・バックは「かもめのジョナサン」よりも、「ONE」の方が良かった(「えいえんは、あるよ」のONEではない)。「ノストラダムスの大予言」って、当時かなりマジメに受け止めていたような希ガス。

 「人間革命」という例外もあるが、どの時代もその時代を写す本が読まれてきた。だから、本に高尚な何かを求めなくてもいいんじゃぁないかと。あるいは、今はライトノベルや携帯小説の時代なんだとも言える。

■まとめ

 「若者は本を読まない」というオヤヂが若かりし頃は、やっぱりこういう本を読んできたわけで、文句を言えた筋合いじゃない。

 だから、も少しマイルドに「堅くてデカくて難しい本は、若くて気力体力があるうちに挑戦しとけ、トシとったらますます読めなくなるから」と無難な物言いにするのが吉。50超えてもまだ生きてたら、そう言おう。

---------------------------------------------

数値込みのGoogle Spreadsheetsは、以下の通り。

 若者の書籍読書率

ネタ元は、読書世論調査(1987年、1989年、2007年)、および読書世論調査30年(1977)。

※1990~2000年の若者読書率のデータが入手できなかった。禁帯図書を一冊ずつ閉架から出してもらってたから、網羅しきれなかった…カンベンな。気になる方は図書館へGo!

| | コメント (18) | トラックバック (3)

« 2007年6月24日 - 2007年6月30日 | トップページ | 2007年7月8日 - 2007年7月14日 »