« 2007年6月17日 - 2007年6月23日 | トップページ | 2007年7月1日 - 2007年7月7日 »

「最近の若者は本を読まない」本当の理由

 最近の若者は、本を読まない。ネットやケータイに毒されており、まともな文章を読む能力に劣るのが、イマドキの若者だそうな。そのため、文を書く能力も、相手の話を理解する能力も、ひいてはコミュニケーションそのものが著しく劣っている。このままでは日本が亡ぶ ―― って、ホント?

 しかもこの説、かなり昔からもてはやされている。「最近の若者は…」といいだすオヤヂ連中が「最近の若者」だったころも、この言説はマスゴミ紙面の埋め草となっていた。

 昔から語り継がれるこの命題について、調べてみた。

 結論からいうと真逆で、最近の若者ほど本を読んでる。これは二重の意味でYESといえる。つまり、昔に比べて今の方が本は読まれている。さらに、オヤジ連中よりもむしろ、若者世代の方が本を読んでいる。

 その根拠は、読書世論調査。毎日新聞社が1947年から行っている調査で、全国の16歳以上の男女を対象とした「読書世論調査」と、小・中・高校生を対象とした「学校読書調査」がある。俺様フィルターで世相を斬るよりは客観的&実績があるよ。

■書籍読書率の推移

 まず書籍読書率の推移を見てみよう。雑誌やマンガを除き、書籍を「読む」と答えた人の割合を「書籍読書率」と定義している。1970年ごろからずっと増加している。

 むしろ、それより以前の爺婆世代の方が目も当てられない。本なんてロクに読んできていないことが分かる。戦後まもない頃は、本そのものが無かったから…とか、娯楽も少なかったし… という言い訳結構結構。

 しかしながら、その頃と比較にならないほど娯楽が溢れている現代で、読書率がこんなに高いのはなぜ? 本なんか捨てて、ケータイやゲームにもっと流れる「べき」なのに、数字はそうは言っていない。

 つまり、昔と比べて今のほうが、本は読まれている。

■世代別の書籍読書率(2005年)

 次に、世代別に書籍読書率を見てみよう。書籍を「読む」と答えた人、「読まない」と答えた人を積棒にしてみた(無回答があるので計100になってない)。いちいち指摘するまでもなく、本をいちばん読んでいるのは、20代の若者(61%)だ。以降、トシとればとるほど本を読んでいない。

 アンケートだから…とか、統計はウソを言う…といったケチは好きなだけ付けとくれ。もっと良い尺度があれば喜んでそれを使おう。

 ただし、自分の身の回りの些事をあげつらって「若年層の活字離れ」を憂えるオヤジには、「人は見たいものしか見ない」というGolden Ruleを投げつけておく。もちろん出典は知っておろう、憂国を気取るぐらいならな。

■本屋の狙い目 = いちばん本を読む世代

 「本を読まなくなった」とホザくオヤジは、最近、本屋に行ってないのか? あふれんばかりの本の洪水は、需要を求めて老若男女関係ない。それでも、入口正面やレジ側の一等地に平積みされてる本は、いったい誰に向けてアピールしている?

 よく見てみな、帯の惹句やタイトル、装丁がターゲティングしているのは、若者だ!本屋も出版社もバカじゃねぇ、売れる相手に売ってるんだ。そしてそれは、本なんて読まなくなったオヤヂじゃねぇ。

■ではなぜ、「最近の若者は本を読まない」なのか?

 ここまでの話で、「最近の若者は本を読まない」は真っ赤なウソだといことが分かった。だが、それでも嘆息まじりにそんな発言がくり返されるのは、なぜだろうか? 「最近の若者」という枕詞は、時代を超えてそういう魅力を持つのだろうか[参照]?

 ここはひとつ、推理小説の犯人探しで使われる古典的な方法、「誰がいちばんトクするか」で考えてみよう。つまり、「若者の活字離れ」を煽ることでメリットが生じる人は誰だろう?

 もちろん、煽られた若者に読んでもらわないと困る、出版業界だ。あるいは耳に従いやすい「モンダイ」を製造することで不安を煽るのが仕事であるマスゴミ連中だ。

 なんのことはない、本をいちばん読んでくれている世代の危機感を煽っては売りつけるというマッチポンプにすぎない。新聞コラムが先鞭をつけるのは最たる例。若年層の読書離れというウソイメージを振りまいては、下段の新刊の広告に媚を売る構造。

 もうひとりいる。自称読書家だ。「最近の若者は本を読まない」と言い出すオヤヂに、試みに訊いてみるがいい、「では、あなたは相当、本を読んでいるんですね」って。すると小鼻をピクつかせながら嬉しそうに語り出すはずだ。なんのことはない、自分語りがしたいワケ。若者税だと思って暫く聞いてあげましょう。

 そんなオヤヂに限って司馬遼太郎だけで歴史を語りだす。そりゃ、ハリーポッターだけ読んでファンタジー語るのと同じぐらい乱暴だぜ。

■まとめ

 「最近の若者は本を読まない」はウソ。知らずに言う奴は、自分に都合のいい事実しか見てないだけ。知ってて言ってる奴には理由があって、1) 出版・マスゴミ業界の方便、2) 自分語りしたいオヤヂの2者が隠れている。

 これだけ娯楽が溢れている中で、どんな形であれ、本を読んでいるのはスゴい。世界でいちばん本を読む国なんじゃぁないかと。「電車で居眠りする日本人」と揶揄されるが、電車の中で本読んでる人がこんなに多い国も、珍しい。

 読書離れは、中高年ほど進行している。オヤヂこそ、本を読め。

---------------------------------------------
数値込みのGoogle Spreadsheetsは、以下の通り。

 書籍読書率
 年代別の書籍読書率2005年

ネタ元は、読書世論調査(2005年)および読書世論調査30年(1977)。Amazonでアフォほど高い値段がついているので、現物は図書館でどうぞ。

| | コメント (61) | トラックバック (14)

困った現場に効く「プロジェクトマネジメント現場マニュアル」

プロジェクトマネジメント現場マニュアル プロマネ本は沢山あるが、こいつは具体的。プロジェクトのその場その場で発生する問題とその解決策がよく分かる。「こんなときどうする?」形式なので、自分なりの対策を考えて→次のページで"答え合わせ"をするといった読み方もできる。カユいところに手が届く仕掛け。

 例えば…

  1. 問題がいつまでたってもなくならない。進捗報告はペンディングの山。どうやって片付ける?
  2. テストが甘い。行き当たりばったりで、テスト自体のモレヌケによりつぶすべきバグが後になって湧く。なんとかするには、何をどうすればいい?
  3. アバウトな品質要求「使いやすい画面にしろ」といわれたとき、何をどうすれば「使いやすい画面」になっているといえるのか?
  4. 進捗管理が甘い。「90パーセントです」が1ヶ月続く。あるいは、進捗会議の場が、「なぜ遅れているのか」の言い訳の場になっている。どうする?
 答え
  1. 問題を管理する。責任者、期限、優先度を決め、進捗を監視する。共有重要だが進捗会議を問題議論の場にしない(別に場をもうける)
  2. テストをプロデュース。テスト環境の手配が最優先。参加者と役割分担を決めろ。テスト管理は(a)不具合対処のための管理(b)仕様変更管理(c)テスト進捗管理(d)成果物への変更要求に対する構成管理、とあるが、(a)ばかりに目を向けがち。他の手を抜くとテストがボトルネックになる
  3. 「使いやすい画面とは、操作ミスしない画面のこと? それならミスの回数をカウントしましょう」と、測定できるもので定義する→制約条件・前提条件になる。品質目標、測定方法、品質保証活動、是正処理は4本柱。
  4. 「○○をやったら進捗△パーセント」と、進捗率を定義する。遅延の場合は問題管理として原因を分析する(別の場所で潰す)

 けっして、「ちゃんと見積りましょう」とか「しっかり管理しましょう」といった教科書的なことは書いていない。「ちゃんと」「しっかり」できねぇから苦労してんじゃぁねぇか!というPMの叫びに答えるかのように、「何を」「どうする」か淡々と書いてある。

 あたりまえだよー、というツッコミ上等。本書は「分かっちゃいるけど、やれていない」人よりも、むしろ、いきなりPMになってモレがあると不安だという方にうってつけ。本書があたりまえ過ぎる(自分はできている)というなら、[アート・オブ・プロジェクトマネジメント]あたりをどうぞ。

 「PMBOKは分からん!」「現場でPMBOKは使えん」という人にこそ、オススメ。PMBOKは抽象度が高いから、いったん自分のプロジェクトにまで「下げて」読む必要がある。一方、本書は「システム開発のプロジェクト」に特化してはいるけれど、手取り足取りというレベルではないので、つまみ食いから実践に取り入れるといい。付録のテンプレは[ここ]からダウンロードできる。お試しあれ。

 おまけ:PMBOKを案内役として、今回紹介した本も含め、珠玉のプロマネ本が集まってきたな… 自分のblogをクロールしてみる。

  • プロジェクトを成功させる魔法の言葉が詰まっている[目標を突破する実践プロジェクトマネジメント]は、建設業界のノウハウを一般化したもの。「見積り命」というスタンスは、激・し・く・同・意
  • 「ソフトウェア・システムの問題 = 人の問題」という本質をこれでもかと刷り込んでくれる[デッドライン]、名著なり。管理者の怒りの根っこにある「恐怖」を知ったとき、上司に対して限りなく優しくなれる
  • バイブルにしたい[アート・オブ・プロジェクトマネジメント]。いつも持ち歩くのではなく、繰り返し読んで血肉化するべ

 それから、[PMBOK4]、まとめシリーズを無沙汰してたが、再開するか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「わたしが知らないスゴ本は、きっとあなたが読んでいる」について

 たまには自分のことを。

 先日、インタビューを受けた。おかげで、自分のコトちゃんと見えていないことが、よく分った(ありがとうございます >Spoo!川崎さま)。

 インタビューのレポートは[ネット探偵団annex]にある。わたしが、どんな風に選書しているのか晒している。また、上のリンク先にない「自己紹介」を以下にまとめた。紙媒体ならTV Bros(6月23日号)をどうぞ。

三十路の社畜。妻子あり、ローンなし(まだ)。かつて「本は身銭を切って買って読む派」だったが、一生かかっても読みきることができないと悟り、図書館シンパに。魔法の本により、禁煙に成功中(6年目)。心の師は開高健

 「どのように本を探していますか?」と「どうやって本を読んでいますか?」はこのblogでとてもよく聞かれる質問ナリ、以下をどうぞ。

  本の探し方→[本を探すのではなく、人を探す]
  本の読み方→[本ばかり読んでるとバカになる]

| | コメント (2) | トラックバック (1)

« 2007年6月17日 - 2007年6月23日 | トップページ | 2007年7月1日 - 2007年7月7日 »