« 2007年6月10日 - 2007年6月16日 | トップページ | 2007年6月24日 - 2007年6月30日 »

夢の在処

夢の劇場 明晰夢をめぐる好奇心がたどりついたのは、「夢の劇場」…スゴ本なり。ただし、いつものわたしの趣味とは毛色が違うので注意。

 まずボリューム、400頁超の物量で広範な視点から「明晰夢」を解いている。知覚の機能に対する諸理論、シャーマンの実践、東洋の瞑想法、現代科学の「仮説」(これがクセモノ)―― 用意周到に、「明晰夢」を説明しようとしている。一歩まちがえるとトンデモなんだが、断定できなかったのは、自分の経験で裏書されていたから。

 しかし、「なぜ夢を見るのか」という単純な問いへの明快な解は得られなかった。それでも、安易にフロイトへ逃げ込むのではなく、生理学的性質からの説明がイイ。REM期において、ニューロンがでたらめに発火したのを、視覚野でムリヤリ意味付けをするそうな(しかも、後付けで!)。賦活合成理論と呼んでいる。

 さらに、明晰夢を見るためのテクニックが山ほど紹介されている。カンタンにできるやつから何年も修行(!)が必要なものまで。簡単なやつは前出のエントリ[好きな夢を見るための10の方法]にまとめてある。本書をまとめると、以下のようになる。どれもスグに使えるテクニックというわけではないので、注意が必要。

■夢を忘れないために
 p.48 夢だと思い出す場所を意識づける
 p.83 夢日記をつける
 p.86 睡眠前の行動(呼吸法、緊張のときかた、入眠儀式)
 p.89 本質に対する誓い(対象への集中のしかた)
 p.91 回想のテクニック(想起せよ、ただし囚われるな)
 p.93 狐の託宣(「寝て考える」テクニック)
 p.95 目覚めるときの注意(すぐに目を開けるな!)
 p.122 夢への焦点のあて方

■明晰夢を見るために
 p.27 視覚化(ふつうのイメージングのテクニック)
 p.154 松果腺の扉(要修行:わたしにはムリですな)
 p.191 シャーマンの視覚化(ふつうでないイメージング・テクニック)
 p.201/208 ガイドつき白昼夢(実験室で見る夢)
 p.223 MILD(忘れ物しないよう手にマジックでかくやつ)
 p.224 手(もっとも馴染み深いものに注意を振り向ける、夢の中でも)
 p.225 自己催眠(脳オナニー)
 p.228 催眠術
 p.280 アティシャの技法

 最後の「アティシャの技法」がスゴい。ヒトコトでいうならば、「一期は夢よ」なんだが、「ただ狂へ」と続かない。なぜなら、本気でこの世を夢だと信じさせる方法だから。ついていけませんな

■明晰夢の確認方法
 p.299 変化する自己(真っ暗にしてローソク一本で鏡に向かう)
 p.350 魔物が召喚できるか?(現実性の検査)

■オススメの明晰夢
 p.228 夢の部屋(夢の出発点を決める)
 p.229 障害や病気を持つ人向けのテクニック
 p.259 一一ニ(アージュニャー・チャクラを使う)
 p.276 偽りの目覚め(入れ子の夢から脱出する方法)
 p.280 夢の体の投影(幽体離脱!?)

 明晰夢を体験すると、そのあまりの生々しさに、目覚めたこの現実は、実は夢じゃないかしらん、と思えてくる。冗談ではない。わたし自身、「夢から覚めた、夢」を見たことがあるから。じゃぁ現実とは、醒めない夢なのかもしれない―― 大丈夫、「荘子の蝶」も「プラトンとテアイテトスの夢問答」もちゃんと出てくるぞ。

■目覚めない明晰夢
 p.245 光の修行(花京院がスタンドを夢の中へ持ち込んだ方法)
 p.269 世界の間隙への落下(落下先は「現実」でないところが怖い)

 多面的、悪く言うと雑多な観点の紹介からはじまり、夢とは何かの問いかけが、現実とは何かの問いかけに発展し、ついに意識そのものへ探求の目が向けられる。一種スリリングな感覚を味わえるかもしれない。ただし、著者のいう「悟り」とはすなわちMATRIXでしょー、とか、ゲシュタルト性質だと説明すればいいのに、というツッコミはない方向で。

 ユニークだなぁ、と感じたのは、本書そのものの仕掛け。知識として識るよりも、この本を読みとおすことが一種の経験として扱われるような仕掛けとなっている(随所に出てくる絵画がこれまた気味悪いんだ、そう、「夢」に出そうなぐらい)。さらに、著者が警告しているように、「読者の世界観に修正を要求しかねないものが数多く」ある。しかも、明晰夢を見ようと試みた人なら、笑って過ごせないほど身に覚えがあるはずだ。

 わたしの趣味じゃないけれど、圧倒された一冊。次に見る明晰夢では「世界の中にいながら世界の一部ではない」ところまでたどり着くかもしれない。けれど、目覚めたら「ここ」に戻ってこれるか、いささか心配… いやいや、漢(おとこ)はDO MY BESTでしょ。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

最近の親はマニュアルで「あそび」を教える

 最近の親とは、わたしのこと。だってしょーがないじゃねぇか、「遊び方」は知っているが、「教え方」なんて知らんぞな。

 いや、うちの子がね、自転車に乗りたい(補助輪なし)、なんて言い出したのよ。じゃあッ、とサンデー・パパよろしく後ろから押してやるまではいいものの、いつまでたっても乗れるようになりやがらねぇぇぇっ。

 google先生に教えを請うのだが、「自転車の乗りかた」は沢山ある一方、「『自転車の乗りかた』の教え方」は見当たらない。

 それなら手本を見せてやる、とパパが操って見せるが参考にならねぇらしい。他のガキはいねぇかと見渡しても、乗れてる奴は猛スピードで行ってしまう。そんなモン、誰かのマネして、転んで覚えるもんだ。わたし自身がそうだったし。放っておくか…

 しかし、「そもそも、自分がアタリマエにできて、身体化されているものを、どうやって教えたらいいか?」という命題は面白い。しばし教えることに熱中する。

  ・ハンドルと重心でバランスを取る
  ・カーブを曲がるときの身体の傾け方
  ・傾斜がどの時点で"倒れる!"と判断するのか

 「オレのマネをしろ」といっても何をマネさせればいいのか? 「もっとちゃんとやれ!」と励ましても「ちゃんと」って具体的に何だ? あまつさえ、「どうしてコレができないんだ!」と叱っても、できないものはできない――

跳び箱ができる!自転車に乗れる! アタリマエと思っていることほど、教えるのは難しい。うまく言語化できない。子どもに分かるぐらい噛み砕いて説明できない。困っていると嫁さんがいい本を見つけてきた。その名もずばり「跳び箱ができる!自転車に乗れる!」。

 走ったり歩いたり、物をつかむ動作は、自然に覚えるが、こうした動作を組み合わせる「運動」は、経験を積まないとできない。やらないと、いつまで経っても上手くならない。なわとび、のぼりぼう、うんてい、へいきんだい… こうした「あそび運動」をやれる機会がどんどん失われている。せめてもの罪滅ぼしに、マニュアル首っぴきでとーちゃんが付き合うぞ(情けないが)。

 運動を教えるコツがあるそうな(≠運動をするコツ)。動きと伝え方のコツと勘所さえちゃんと押さえれば、どんな子でも必ず運動ができるようになるという。本書では4つ紹介されている。

  1. 一つの動きを五つの言い方で
  2. よい動きと悪い動きを
  3. マネて学ぶ
  4. 動きをオーバーに
■一つの動きを五つの言い方で

 動きを正確に伝えるためには、イメージしやすい具体的な言葉に置き換える。一つの言い方に固執せず、いろいろな「言い替え」をすることで、子どもが一番ピッタリとくる動き方を伝える。

 例えば、でんぐり返しのときに、「背中を丸める」という動作は、(1)アゴを引いてごらん、(2)自分のおヘソを見てみよう、(3)頭をひざにつけるつもりで、(4)ボールのように丸まろう、(5)いちばん小さくなってごらん ――といった風に。

■よい動きと悪い動きを

 正しい動きは伝えられても、まちがった動作は思い浮かばないもの。ましてや、自分でアタリマエにできることだと、さらにいっそう間違えることは難しい。だから、自分で運動のリハーサルをしてみて「こんな動きをしそうだ」と予想した失敗例を伝えてみるといい。よい例、悪い例の両方を見せる。

■マネて学ぶ

 本書の写真を見ているだけで上手くなった気分になれる。しかし写真どおりにマネできない場合がある。そのときは親がお手本になって動いてみせる。子どもは前後左右、上下から動きを見ることで、マネできる。「呼吸」をマネさせることも忘れずに。

 マネさせるポイントとして、左右対称の動作のときは向かい合って、非対称の場合は縦横に並んで見せる。

■動きをオーバーに

 自分では大きく見せたつもりでも、他からは見えにくいもの。動きをオーバーに見せるコツは、指先に力を入れること。そうすると手足がしっかりと伸びて、自然と動きが大きくなるそうな。

――他にも、3つほめて1つしかる、指摘せずに微笑む、場所や道具を替えるといった、イジケさせないための「教え方」を手取り足取り教えてもらえる。イマドキの親のための教え方マニュアルだな。マニュアル世代上等上等。こんなん、誰も教えてくれなかったよ。

 結局、本書の出番よりも早く、自転車に乗れるようになった。まあいい。「のぼりぼう」ができねぇとぬかしているので、コイツで教えてやろう。何よりも嬉しいのは、とーちゃんに「教える」自信がついたこと。でもって、広場で放し飼いにするんじゃなくって、マニュアルに載っている運動は全部やらせてみようという気になっていること。

 子どもにとっちゃ迷惑かもしれないが。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

好きな夢を見るための10の方法

 明晰夢(Lucid Dream)の話。明晰夢とは、鮮明な夢を自覚的に見ること。慣れてくると、夢の内容をコントロールできるようになる。つまり、見たい夢を見ることができる。

 無意識の発露ともいえる夢を「自覚的」に見る、なんてヘンな話かもしれないが、暗示によって意識して夢を見ることは可能だ(経験済み)。しかし、今のわたしは部分的に成功しているだけで、自在に明晰夢を見るところまで達していない。

みたい夢をみる方法 ここでは、「みたい夢をみる方法」と「明晰夢――夢見の技法」から得られた、明晰夢のために有用な情報を紹介する。ちなみに両書とも、スピリチュアルな臭いぷんぷんなので、読むと胸焼けする。あるいは、とっくに淘汰されたはずのフロイト心理学派がこんなトコで生き延びているのを知って辟易するかも。

■1 明晰夢に気づくとき

 まずゴールから。明晰夢とは、夢の中で「自分は夢を見ている! 」と気づくこと。ものすごくありがちな、「これは夢かもしれないから、ほっぺをつねってみよう」というのは有効。つねっても痛くないし、その瞬間、自分が夢を見ていることに気づく

 自分の身体が空を飛んでいるとき、覚醒時の今なら「それは夢だ」と断言できる。しかし、まさにその空飛ぶ夢を見ている自分は、自分で気づくことができない。空を飛ぶのがアタリマエだと思っているから。だから、「もしこれが夢なら、向きを変えられる」あるいは「次の瞬間、水に潜る」と自分に言い聞かせることで、夢を自覚させる

■2 いつ夢を見るのか

 一般にレム睡眠時と言われているが、だいたい90分サイクルだそうな。睡眠時間を90分の倍数にすると快眠できるというのも同じ理屈らしい。とはいえ、人により差異はあるから、寝た時刻、起きた時刻を記録するところから始めよう。

 ある程度記録がたまってくると、「快眠できた夜」と「寝覚めの悪かった日」が見えてくる。そして、その日の睡眠時間がどれだけだったか分かってくる。そのサイクルが、自分の睡眠サイクルだといえる。夜、ふと目覚めてしまうのであればもっと嬉しい。サイクルがよりハッキリ分かるから。

 それぞれのサイクルの終わり目に、自分は夢を見ているのだと自覚すること。ちなみにわたしの場合、5:00~5:30ぐらいがいちばん夢を見る時間帯。明晰夢を見るなら、最後のレム睡眠時間帯を狙う

■3 自己暗示は使える夢見の技法

 自己暗示有効。起きてるときから自分自身に言い聞かせる。夢そのものは間違いなく見てるはず(ただ忘れてしまっている)なので、「夢を見ていることを忘れないぞ」と言い聞かせる。この暗示、入眠の際だけでなく、目覚めたときにも有効。たとえ思い出せなくても、「この夢を忘れないぞ」と言い聞かせることで、リマインドならぬ夢のリライトは可能(→■10へ)。

■4 枕もとには、メモとペン

 どこでも紹介されているのが、「夢日記をつけよ」。めんどくさいが、これにはちゃんと理由がある。夢を記録しようとすることで、夢を思い出そうとするからだ。目覚めたときの五感や身体感覚の雑多な情報量が圧倒的なため、夢は急速に体験から記憶へと押しやられてしまう。

 つまり、夢を「記憶化」させないために、起こったことをありのままに書きとめる。記憶化してしまうと、そこに意味を求めたり、解釈を生じさせることになる。そんなことしてもカウンセラーが喜ぶだけで、見てる本人には意味がない。

■5 道具を使う夢見工房

 実は、好きな夢を見る道具は既にある。ドラえもんのどうぐ!? 驚くなかれ、amazonで売ってるぞ。便利になったものだ。その道具とは、タカラ「夢見工房」、原理は単純で、パソコンがあれば基本的な仕掛けを自作できるぞ。

  1. 眠るまえに見たい夢を連想させる写真を装置にセットして鑑賞
  2. 装置に収録されたテーマ別BGM(冒険、恋愛)を選択
  3. 好みの香料を装置にセットし、ファンで香りを漂わせる
  4. 入眠時と起床時に灯す照明の光量を調節
  5. どんな夢を見たいか、ボイスレコーダーに吹き込む
  6. 2~5の機能をタイマーでレム睡眠時に作動させる
 ちなみにその種は「夢見の技法」に紹介されている。「○○、わたしは夢を見ている」と録音した自分の声を、レム睡眠中に流すというわけ(○○には自分の名前が入る)。

■6 入眠時のテクニック1 : イメージング

 イメージングはわたしもよく使う。自己意識に浮かんでくるものの視覚化を繰り返す。ただし、ひたすら観察に徹することとし、イメージしたものの「解釈」や「意図」をもちこまない。イメージングしたものが意識そのものと一体化するようになればOK。

 その日に起こったことを思い返したりすると、それに感情がとらわれてしまうので、身体的なイメージングをよく使う。足→腰→腹→胸→頭の順番に左右それぞれ思い浮かべる。部位の形や触覚を、自己と切り離してひたすらイメージング。ひたすらやると、ココロがそれだけに集中できる。

 慣れてくると、「セルフ春眠暁を覚えず」状態となり、腕なら腕をイメージングしてはいるものの、身体的には眠っている状況が作り出せる。イメージング対象を水瀬さんや雪城さんにすることも可能だが、我が意識は煩悩に焼き尽くされるに違いない。

■7 入眠時のテクニック2 : 数を数える

 これまた古典的な方法だが、「夢見の技法」に紹介されている。意図的な気づきを維持する単純な方法として、数を数える。それも

 一つ、私は夢を見ている
 二つ、私は夢を見ている
 三つ …

 と「私は夢を見ている」を末尾につけること。すると、「四十八、私は夢を見ている」と言った後、まさに夢を見ている自分を発見するというわけ。疑わしいが、眠れない夜にでもやってみるとしよう。

■8 夢を見ているときに

 覚醒時にどんなに心がけていても、いったん夢に入ったら忘れてしまうもの。ただし、何度も訓練(?)することで以下を習慣づけることは可能(らしい)。

 つねに自問自答する。「私は夢を見ているのか?」を投げかける。怖い思いをしたり、せっぱつまった状況に追い込まれたとき、あえてその対象をよく見ることで、「これは夢だ」と気づくことができる。恐ろしい影と闘って、殺してみたら自分だったという夢は見たことがあるが、最後まで「夢」と気づかなかったのがくやしい。

■9 明晰夢を見ているときに

 明晰夢に気づくことがそのまま目覚める原因となる。目覚めを防止し、新しい明晰夢の場面を作り出す方法が紹介されている。それは、明晰夢の中で後ろ向きに倒れるか、あるいはコマのように回転すること(もちろん、夢の中で)。それにより、身体的に目覚めることなく明晰夢を見つづけることができるという。

 たしかに。夢のなかで「これは夢だ!」と気づいて、その異常さにパニックになってもがきながら目覚めたことがある。もったいない。夢を見ている自分を受け入れることができたなら、あとはやりたい放題だったのに…

■10 二度寝のススメ

 「みたい夢をみる方法」によると、いったん目覚めた後、また寝入ることで明晰夢を見ことができるという。そのため、早朝に性行為をするのが有効だと説いているが、相手も眠いってばよッ。

 今となっては、二度寝できる身分じゃないが、「夏休み」というのがある時代はよく使っていた。あの頃は「明晰夢」という言葉を知らず、「夢の続きを見る方法」とか「続き物の夢を見る」と呼んでいた。

 つまり、目覚めてボ~っとなっているとき、夢の残滓が漂っているときに、「この続きが見たい」と念じて眠るわけ→ほぼ確実に続きを見ることができた。だいたい夢ってのは、かわいいオンナといちゃいちゃしてて、さぁこれからッってーときに目が覚めると相場が決まっている。それがもったいなくて自分で編み出した方法なんだが、書籍で紹介されるとあらためて嬉しい。

 同様に、寝る前に「○○の続きが見たい」と念じ続けていると、あたかも「スター・ウォーズ・サーガ」のようにエピソードごとに見ることができる。映画を観るような気分で毎晩見つづけた日々もあったぞ(内容は強烈すぎて書けん)。

■まとめ

 「見たい夢を見る」ことは、セルフ・マインドコントロールの一種。だから自己暗示が上手い人は、明晰夢を見やすい。よくあるおまじない「好きな人の写真を枕元に飾ると、その人の夢を見る」は、あながちハズレではないかと。原理は紹介したから、暗示を強化するツールは各自でどうぞ。

 夢見る乙女の底力、夢を操れ!ラリホォ~ッ!

| | コメント (0) | トラックバック (2)

« 2007年6月10日 - 2007年6月16日 | トップページ | 2007年6月24日 - 2007年6月30日 »