« 2007年5月13日 - 2007年5月19日 | トップページ | 2007年5月27日 - 2007年6月2日 »

子どもに絵本以外を与えてみる:「ナショナル ジオグラフィック ベスト100」

ナショナルジオグラフィックベスト100 毎週図書館ハシゴしているので、つきあわされる子どもも大量に本(というか絵本)を読んでいる。「大量に借りて一度は読む→気に入ったのを何度も借りなおす」のループで、最近じゃ、たどたどしくも自分で読めるようになったのが嬉しい。

 しかし、親のほうが飽きてきた。いつも「こどものほん」コーナーで物色するだけで変わりばえしない。めぼしいものはあらかた読みきっており、「リサとガスパール」の新刊が出ると奪い合いになる(わたしも楽しみだから、ね)。

 おそらく放っておくと、児童書→物語系→小説… と手が出るのは目に見えている(なんたって、わたしが歩んだ途だ)。物語のチカラは偉大だ。死やセックス、差別や戦争を絶望させることなく伝えるすぐれた方法だと思う。

 しかし、物語に淫してばかりいると、わたしになる。ここはひとつ、写真のチカラを援用してみよう。いつまでもわたしのインスタンスじゃぁつまらないからね。いままでの反応は、こんなカンジ…

  [JAPAN UNDERGROUND を絵本がわりにする]
  [子どもに死を教える4冊目]
  [子どもに絵本以外を与えてみる:「地球家族」]

 なかなか好評(?)だったので、今回は「ナショナル ジオグラフィック」を与えてみる。とはいっても、いつもの月刊ではなく、そのベスト版である「ナショナルジオグラフィック傑作写真ベスト100」を親子で見る。

 テレビや、子ども向けの本ではぜったいに目にすることのない被写体に、親子で声をあげる(ホントに「うわぁ」とか「すげぇ」とか親子でハモる)。少女のミイラ、跳ぶ蛇、鯨の血で真っ赤の入り江、飢えてガリガリのソマリアの女性、ホオジロザメの顎、ページをめくる度に、「これ何?」「なにやってるの?」「なんでこんなことするの?」と質問の嵐。

 とうちゃんは驚嘆したり打ちのめされたりでいっぱいいっぱなので、なかなか上手に物語れない。貧しい国と豊かな国があることを、鮮明に切り取った写真がある。バカンスに来たフランスの太ったオバサンと、彼女を抱えるタヒチの痩せた若者の写真、どちらも笑顔なんだけど ―― ええい、言葉を使うと褪せてしまう。単にわたしの物語力が足りないだけなんだが、子どもは一枚の写真のチカラに魅入っている。何であれ、撮った人のメッセージは、わたしが翻訳しなくとも伝わっているようだ。

 貧困や差別といったコトバは抽象化しすぎで、伝えるのが難しい。このコトバを使うとき、ふるい落とされる属性や特徴があまりにも多い。むしろ、抽象化の過程で落とされたイメージこそ「貧困」「差別」の本質だったり原因だったりしている。わたしは、このコトバを使うことで、無意識のうちに思考ルートを「考えなくてもいい方向」(=ステレオタイプ)に持ちこもうとしている。

 「差別はいけません」とか「貧困はなくすべきです」なんて模範解答を丸暗記しないように、さまざまな具象にあたってほしい。写真は一つの物語であり、小説だっておんなじだ。子どもを育てるようになって、ようやく気がついたよ、本を読むということは現実のシミュレートであり、世界を具体化する作業なんだな。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

悪用厳禁「洗脳力」は自己限定で

洗脳力 あらゆる成功本にトドメを刺すスゴ本。3章まで読めば、ほとんどの自己啓発本は無用。さらに4章では、より高次の「夢」を実現する方法まで紹介されている。6章は悪用厳禁、他者を支配下におくやり方がある。要するに、自分(や他人)を洗脳する方法が書いてある。

  自分を洗脳 → (自分の)成功に向かって自分を注ぎ込み、実現させる
  他人を洗脳 → (高次の)夢に向かって他人を巻き込み、思い通りにする

 だから、自分だけの成功の実現のために、他人を利用することができてしまうため、前者は詳しく、後者はぼかして書いている。

 amazon評に「ノウハウが分かりにくい」とあるが、6章のことだろう。むべなるかな、「わざと」そうしていることに気づけよと。手取り足取り説明すると、誰でも悪用できる強力な催眠術のようなものだから。コトの重大性を理解できないような輩には、最初からお断り、というやつ。著者のblog[ドクター苫米地ブログ]でセミナー参加を募っているが、悪用を回避するため、応募者を選考している。

 わたしが実行できるのは3章までなので、このエントリでもそのレベルにとどめる。また、本書のやり方を引用するのではなく、読みながら思い出した「わたしの遊び」を紹介する。本書の紹介はamazonへどうぞ。

 これは自分の頭を使った遊びで、わたしは子どもの頃(10代半ば~)から楽しんでた。一言でいうと、「偽の記憶で脳をオーバーライドして、好きなときに体感する」こと。

■ 遊び1 : 好きな女の子のことを考える

 「妄想力」を鍛える。女の子と二人きりになったとき、「『選択肢』が出ればいいのに」などと不埒なこと考えている奴にオススメ。

 脳内彼女と会話したりセックスしたり、といった生半可なレベルではない。全精力をもって、脳内で彼女を「再現」する。ありありと、リアルな「彼女」を頭ン中で作り上げる(彼女は二次元不可)。

 たとえば、彼女の髪の手触りを、一本一本のレベルで触感する。それも、コンディショナーと整髪料とボディソープとデオドラントと体臭(生理中ならその臭いも)を感じ取れ。気合だ!気合だ!気合だ!音、彼女の声の調子、部屋の中で会話しているなら、その響き具合も、衣擦れはもちろん、心音や血管を流れるゴーという音まで創造(想像)する。呼気も体熱も気配もエーテルも全部おれのもの。

 つぎに、脳内彼女を全力でもって愛する。どうやって誘ってどうやってオトすかを完璧にシミュレートする(そこへ至る会話全部を再生する)。時間がかかる場合は早送りする(このとき、決してはしょらないこと)。どうやって触れ、触るのかを徹底的に考える。そのとき自分は何てしゃべるのか(彼女は何と応えるのか)も作り出す。

 ひととおりヤったら、それを「記憶」する。脳内でつくりだしたものでも、いったん「記憶」すれば、いつでも再現可能。そのイメージを呼び出すことで、どうしたらそのイメージに近づけるか、無意識に選択できるようになる。彼女にかかわるイベント時には、そのイメージに近くなるような「選択」を自動的にするようになる

 ヘンタイじみているけれど、これは立派な変態行為。だから全ては脳内に収め、全力で気取られないようにしてた。「それ」に一日中淫することは可能だが、それこそ冒涜になるので、必死になってガマンしてた(脳内なのにw)。慣れてくると、脳内彼女をオカズにして出来る(手も触れることなく)。オナニストの大会があるなら、あのころのわたしは、きっと金オナニストになっていたはず。

 臭う話はおいといて、ここからが重要。脳内イメージを、現実の何かにリンクさせる。例えば、勉強なら問題集○ページの最後に脳内彼女を「貼り付ける」。あるいは一緒に勉強するイメージを想起する。すると、その「問題集」そのものが強力な引力を持つようになる。○ページ目に達すると快感に近い感覚を覚える。おかしなことに、マスターベーションやセックスなら下半身からの快楽であるが、このイメージングによる快感は完全に「頭ん中」で発生している。特に困難なことに対処する「ごほうび」として、脳内イメージはよく使った。

■ 遊び2 : 自分を上から見る

 「妄想力」がある程度鍛えられたら、今度は、自分を上から見る。最初は、斜め後ろから立った位置で、自分の後頭部をありありと見る。このとき、周りの状況(自分がいる部屋、場所、人、物)もしっかりと「見る」。

 つぎに、その「視点」を上に引き上げる。数メートル上から自分を「見下ろす」。後頭部が小さくなったはずだし、周囲もより「見える」ようになっている。このとき見回してはいけない、あくまで自分を中心にする

 さらに視点を上げる。自分が部屋にいるなら、部屋そのもの、建物そのものをありありと想像する(もはや自分は見えない)。「あのへんにいるな」とあたりをつけて「見る」。

 もっと上へ上へ。建物から街路から地区へと引き上げる。「鳥の目」になっているはず。区域から河川、平野部、山脈、そして海…と、集中力を切らさないようにどんどん上げる―― 「自分」に戻ったら、おしまい、という遊び。

 この「遊び」で面白いのは、行ってくるとリアルの自分の悩みが完全にどうでもよくなる。いや、現実逃避そのまんまかもしれないけれど、「戻って」きたときには、ちゃんと解決策を手にしている。メタな視点から自分を見ると、「なーんだ」と気づく(←これが解決策)。

 最近では Google Earth があるので、イメージしやすくなっている。「鳥の目」までがかなり難しく、ヤマはそこだろう。これをやると、意識が広がったような感覚になる。頭が大きくなったというか、知覚が伸びきったような状態になる。遠くにあるモノに「手が届く」ような、「匂いがわかる」ような感覚になる。自分が巨きく重くなったような気がする。あくまで「気のせい」でしかないのに、ふだんと違った視点・視線で遠いところや気づかない点までよく「見える」ようになる。

 ―― こうした「遊び」は、ひとつ間違えるとダメになってしまってたかもしれない(もうダメになっているという説もあり)。それでも道具を使わず数分でできるトリップ(?)は止められなかった。

 本書によると、これはわたしだけの「遊び」ではなく、洗脳テクニックのひとつとして紹介されている。オーバーライドする相手が自分か他人かの違いなだけ。そして、わたしのような卑俗な例ではなく、もっと高次元の「夢」を実現する方法がある。

 正直なところ、4章以降の高次な夢の実現が、わたしにできるかどうか分からない。かなり深いことを易しく書いているため、考えるのを止めてトンデモと断ずることはカンタンだ。だが、少なくとも3章までは実証済みなので、おそらくアタリなんだろう。6章は実地で試してみる。「大周天」、「Rの揺らぎ」、「フレーム中断」による空間コントロールは、わたし自身ヤられたことがあるので有効かと。

 最後に、読み返すわたしのためのメモ。本書の本質を一言で引用すると、「将来幸せになれる人は、現在も幸せである」──この言葉に実感を持てる限り、再読しなくてもいい。

| | コメント (8) | トラックバック (2)

自分の声を最適化する「言葉と声の磨き方」

言葉と声の磨き方 ふだんの自分の声が嫌いだ。録音した自分の声を聞くと、思ってたよりも、か細くて甲高い。興奮すると上ずった話し方になって、弱弱しい語尾になる。けれども、酒が入ってリラックスしているとき、驚くほど「通る声」になる。野太いが、こもっていない低音で会話ができる。しゃべってるうちに自信満々になる。

   なぜだろうか?

   どうすれば、あの「声」でしゃべれるのだろうか?

 景気づけに酒ひっかけて出社すればいいか、なんてアホなこと考えたこともあったが、「言葉と声の磨き方」でその秘密が分かった。アルコールが大切なのではなく、酒飲んだときのわたしの「状態」がキーだったんだ。上半身(特に両腕)をリラックスさせ、顔の前(鼻の頭)を意識して、のどを開けて腹から発声しているのが秘訣なんだって。つまり、飲み屋で話をするとき、期せずして丁度いい「状態」になってたワケ。

 では、その理想的な「声」を、どうしたら(酒なしで)身につけることができるか? 本書では、さまざまなシチュエーションに応じた「理想的な声」の出し方が紹介されている。

【ミドルヴォイス】 いちばん役に立ったのは、自分にとって最適な声のゾーンの出し方。「ミドルヴォイス」と名付けており、「言いたいことをハッキリ伝えたい!」ときに使う。「ンー」とハミングして、鼻の頭がムズムズしてきたらこのゾーン。共鳴する・声が響く位置が、顔の中心(目と目の間)になる。イメージは、混んだ飲み屋でオーダーを通したいときの「スミマセーン!」。

 このとき注意しなければならないのは、喉に力を込めないこと。声を出す瞬間に喉がひっかかり、痛くなるような感覚をおぼえる人がいる。回避するためには、紙飛行機を飛ばすイメージで声を「放り上げるように」出す。「オーイ」なら「ォオーイ」といったカンジ。

【チェストヴォイス】 いっぽう、説得力を増したい場合は、もっと低い「チェストヴォイス」を使えという。声を出すとき、胸のあたりを響かせることを意識する。口が胸にあるつもりで、胸に向かって声を出す(胸に手を当てると実感できる)。その際、少しあごを引くとより深みのある低音が出る。注意点は、腹筋を意識せずに使うと、暗く、モゴモゴとしたこもりがちな声になる。「響く声」と「こもる声」の違いは、腹式呼吸を生かして、「声を前に出す」ことを意識する。

【ヘッドヴォイス】 文字通り、頭のてっぺんから大きな放物線を描いてターゲットとなる相手まで届くようなイメージを持つ。ボールを持って遠投するようなつもりで声を出してみる。子ども番組のお兄さんが「はーい!みんなー!」と呼びかけるときのアレ。顔の筋肉も全て伸ばしきるように、目、鼻、口を大きく広げる。できるだけ大きな声を出そうとするよりも、むしろ狙った音を丁寧に出し続けることが重要

 それぞれの声を出すためのトレーニングが添付CDで紹介されているが、むしろ、CDのほうがメインだな。前出の「紙飛行機を投げるような声」とか「声を前に出す」って、文字で書いてもイメージわかないが、実際の「その声」を聞くと一発で理解できる。実際、練習+意識付けで、わたしの「声」はかなり最適化された。

 しゃべっている内容よりも、声そのものが印象を決めてしまうことがある。身だしなみや礼儀と同様、ヴォイストレーニングは大事。最終章では「女をクドくための魅力的な声の出し方」も紹介されている。自分の声に自信のない独男にオススメ。そういや、嫁さんが「彼女」のころ、クドいたのは常に酒の場だったなぁ(遠い目)。

 「魅力的な声」をマネするのではなく、自分の声を魅力的にする。意識してやれば、わりと簡単に出せる。あとは練習練習。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

猫好きの心をワシづかみ「作家の猫」

作家の猫 表紙は中島らもの「とらちゃん」。作家に愛された猫たちのアルバム。「あの」コワモテの文豪が、猫の前ではぐにゃぐにゃになってて、面白い。夏目漱石の「吾輩」からアーネスト・ヘミングウェイの「ボイシー」まで、猫という視点でとらえなおすと意外な発見がある。

 実は漱石は猫嫌い。「吾輩」のモデルとなった名無し猫は実在したようだが、出世作に貢献したからもっと大事にしてしかるべきなのにもかかわらず、「胡堂百話」(野村胡堂)ではこんなことを言っている。

「吾輩」の三代目が死んだ後、書斎を訪ねた野村胡堂が次の猫を飼うのか質問すると、「それなのです。私は、実は、好きじゃあないのです。世間では、よっぽど猫好きのように思っているが、犬のほうが、ずっと、好きです」

 さらに、漱石の次男、夏目伸六の「猫の墓」には夫婦そろって猫好きでなかったと書かれている。「吾輩」に名前が無いのには、ちゃんと理由があったのね。

 南方熊楠の「チョボ六」の話は、(笑ってはいけないのだが)ハラ抱えてのたうった。熊楠と猫とのつきあいは欧米遊学時代からあったそうな。ロンドン時代の熊楠は、かなり生活に困窮していたらしい。着物を売って本代や酒代に換えてしまうため、いつも裸で暮らしていた。しかし、なぜか猫だけは飼っている。餌代が捻出できるわけもないのに…その理由は、平野威馬雄「くまぐす外伝」に書いてある。

猫に食べ物をやるのに、牛肉でもパンでもまず自分の口に入れて、充分に咀しゃくし、栄養の含まれている汁は自分が飲み下して、残りのかすだけを猫にやるという方法で、一人前の食物で、自分と猫と二人分を間に合わせるという新工夫のものであった。冬になると、この猫を抱いて寝るのだが、これさえあれば夜具はいらぬというわけで、センベイ布団一枚のほかは、ことごとく酒代にしてしまった。これでは猫をかわいがるのか利用するのかわからない。

 この話は水木しげる「猫楠」でも描かれているが、熊楠が知人に語った次の一文は外せない→「ネコは実にまずい。ネズミのほうがましだ

 梅崎春生の「カロ」は興味深い。ネコを虐待し死に至らしめる小説「カロ三代」は、愛猫家からガンガン叩かれたそうな。「おまえの小説は二度と読まない」といった非難がチリ紙に書かれた手紙もあった。便箋に書くのももったいないという意らしい。もちろん実際の梅崎は愛猫家で、夫人にこう漏らしていたそうだ──

小説の中で人を殺しても何もないのに、猫を殺すとこれだけの反響があるというのはおかしな話だね

 猫を殺すどころか、リアルな解剖シーンが強烈な「午後の曳航」を書いた三島由紀夫は、実は無類の猫好きであったそうな。猫を抱っこする三島由紀夫の顔は必見。

 作家で猫派なら、やはり猫を描こうとする。「猫とはなにか」について、谷崎潤一郎と開高健が、それぞれこう定義している。まず谷崎潤一郎の場合。

猫は頗る技巧的で表情に複雑味があり、甘えかかるにも舐めたり、頬ずりしたり、時にツンとすねてもみたりして、緩急自在に頗る魅力的です。しかも誰かそばに一人でもいると、素知らぬ顔をしてすましかえっている。そして愛してくれる対手と二人きりになった時、はじめて一切を忘れて媚びてくる──媚態の限りを尽くして甘えかかってくる、と云った風でなかなか面白い。

 それはどこの女ですか? と問いたくなるような書き口。猫の形容として女(逆も然り)が取沙汰されるが、ここまで断じられると妙にエロくて良い。いっぽう、開高健の場合。

猫は家畜の生活をする野獣である

 上記はどこかで読んだことがある。至言。

猫は精緻をきわめたエゴイストで、人の生活と感情の核心へしのびこんでのうのうと昼寝するが、ときたまうっすらとあける眼はぜったいに妥協していないことを語っている。

 じゃぁこの「ぜったいの妥協していない」猫ってナンだというと、本書によると「キン」だそうな。その面構えを見るとさもありなんというところ。今は剥製にされて開高健記念館にいる。

 こんなカンジで、猫と作家のツーショットが延々と紹介されている。よく読んだ作家が猫の前で相好を崩しているのを見ると、ちょっとフクザツな気分になる。要チェックなのは巻末の「猫の名作文学館」。古今東西の猫が登場する物語を渉猟する面白い試みで、佐野洋子の「100万回生きたねこ」やハインライン「夏への扉」は基本として、猫小説の傑作「ジェニィ」(ポール・ギャリコ)や猫漫画の傑作「綿の国星」(大島弓子)もきっちり紹介されている。ウィリアム・バロウズの猫日記「内なるネコ」なんて知らなかった!

 猫好きな方も、本好きな方も満足できる一冊。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年5月13日 - 2007年5月19日 | トップページ | 2007年5月27日 - 2007年6月2日 »