« 2007年5月6日 - 2007年5月12日 | トップページ | 2007年5月20日 - 2007年5月26日 »

近ごろの若者は当事者意識がなく、意志薄弱で逃げてばかりいて、いつまでも「お客さま」でいる件について

 「最近の若者はダメだ」は昔から言われているが、特に今の若者はひどい。まず、当事者意識が完全に欠如している。さらに、独り立ちをしようとせず、常に何かに依存し、消費し、批判するだけの「お客さま」でいつづけようとしている。これはゆゆしき事態であり、日本社会のありかたにかかわる重大な問題である。

 最近の若者は、定職に就きたがらない。あるいは、会社に入っても一定のポジションで身を立てようとしない。なぜなら、社会的なかかわりを、全て暫定的・一時的なものと見なしているからだ。

 彼らに言わせると、本当の自分は別のところにあり、現実の自分は仮の姿に過ぎないんだそうだ。本当の自分は棚上げしておいて、いつまでも立場を替え、考えを変え、自分自身をも変身させる余地を残しておく。一貫した主義主張をもたないか、もたないふりをする。特定の党派、集団に全てを賭けることを避けようとする。

 その結果、今の若者は、全ての価値観から離れた「自分という価値観」に従って生きようとする。これは、ヒッピー・スタイルに代表されるジーンズや長髪などの外見や、四無主義・「しらけ」といった態度に如実に表れている。若者は、いつまでたっても「まじめ」に取り組むことができず、目前の事象に刹那的で遊び的なかかわり方でしか関与することができない。

 消費文化がそれを後押しする。何も生産していない一方で、受け取り、消費することに専念してよい社会的な猶予そのものが、情報化・消費社会の特性と期せずして一致したわけであるが、まさにこの動向によってモラトリアム心理は大規模に商業化され、若者は社会の大切な「お客さま」となったのである。

 ―――――― という評論を読んだ。「モラトリアム人間の時代」(小此木啓吾)というやつ。途中で気づいた方もいるだろうが、本書は今から30年前、つまり1977年に書かれたものだ。欠けてる言葉は「ひきこもり」と「NEET」ぐらいで、あと「ネット」を足せば今でも立派に通用する。

 もともと、「昔も今と似たようなことを言っているんだろうなー」というつもりで読んだのだが、ここまで同じとは予想していなかった。30年前は「ジーンズ+長髪」で、今なら「だらしな系+茶髪」だろうが、「眉をひそめる」程度は似たようなもの。

 仮に、「ひきこもり」や「NEET」が問題であるとしよう。そして、現代の若者の無気力・無関心が原因なのであれば、それを「是」として実践してきたのは、まさしく若者を叩いているオヤジ連中だ。そんな連中には、いささか使い古されたが次の言葉を贈る。

   ( ´∀`) オマエモナー

 オヤジ向けの雑誌などに「大人の…」という惹句ががある。わざわざ大人だと断っているということは、本当の大人ではないという証左だ。あるいは「大人の…」が魅力的に見えるぐらい成熟していないということ。まさに、「大人になること」を猶予してもらい、結局オトナになることなく年だけ取った人向けの宣伝文句。

モラトリアム人間の時代 これからは、オトナになれなかった年寄がじゃんじゃん出張ってくるだろう。かつて彼らが何と呼ばれていたかを知るために有用な一冊 …ただし論としてはgdgdなので要注意。記述の重複、無根拠の主張、非論理的展開、無意味な提案内容と、およそ論文としては大学入試小論文を下回るが、当時の知的レベルをうかがい知ることができて、二度おいしい。

 おまけ。なかなか面白い一節があったので、引用する。

アイデンティティ拡散症候群とは、青年期に決着をつけ、オトナ社会に自己を位置付け、限定することによって確立されるべきアイデンティティ=自己限定=社会的自己定義が、何らかの理由によりできないために生じる青年期後期に特有な自己拡散情報のことである。

  1. 「自分は…である」という社会的自己(アイデンティティ)の選択を回避・延期する
  2. 過剰な自意識にふけり、全能で完全な無限の自分を夢見る
  3. すべてが一時的・暫定的なものとしてしか体験できない
  4. 生活全体の緩慢化や無気力化をきたす
  5. 人と人との親密なかかわりを避ける
  6. いかなる組織にも帰属することを恐れる
  7. 既存社会に飲み込まれることへの不安が強い

どう見てもニートです。本当にありがとうございました。

| | コメント (18) | トラックバック (6)

ふつうの人にオススメできないジャック・ケッチャム「襲撃者の夜」

襲撃者の夜 ふだんは気づきにくいが、カッターナイフを押し当てて(力を込めて)一気に引けば分かる、鋭い痛みを感じたところからが「自分」だ。あるいは、吐くまで呑んで酸っぱい息をしているのが「自分」、さらに臭いと感じているのが「自分」だ。

 強い刺激を与えることで、無自覚に過ごしている身体感覚を取り戻すことができる。ジャック・ケッチャムの小説を読むことは、これに近い。恐怖であれ嘔吐感であれ、強い思いにココロがゆさぶられることで、そのカタチを自覚することができる。大切に慈しんでいるものが、容赦なくもぎとられるとき、「痛い」と感じたところから、わたしのココロがはじまっている。

 だから、ふつうの人にはオススメできない。「ジャック・ケッチャムが好きだ」なんていうやつは頭がイカれてるを3年前に書いたが、その最新作「襲撃者の夜」を読んでも変わらない。これ愉しむような奴は頭がどうかしているね。

 狙ってやっているのかもしれないが、宣伝文句はものすごく控えめ。「一見さんお断り」のつもりなんだろう。あるいは、知らない人がうっかり読まないための配慮かも。

北米東海岸メイン州、海岸沿いのリゾート地。ある夜、残忍な殺人事件が起こり、女性二人が殺され、赤ん坊が消えた。地元の警察は事件の捜査を始めるが、警察が捜索で出払っている最中にふたたび異常な殺人事件が! そしてその殺人者の正体は想像を絶するものだった。鬼才ケッチャムが放つ戦慄のホラー!


 本書は「オフシーズン」の続編。前作が血みどろ小説の大傑作だったので期待しすぎた感もあった。未読の方は、「オフシーズン」から、どうぞ。

オフシーズン 「オフシーズン」は、残虐描写のオンパレード。グロ極太ストーリーでラストまで一直線。刺す、抉る、裂く、捻る、切る、折る。悲鳴と血潮、肉塊と内臓、あと脳みそ。殺される何の理由もない犠牲者と、その肉体を破壊する人のカタチをした「人じゃない」食人族。意味なんてない。一緒に悲鳴をあげながら、ひたすら読め。一度閉じたら怖くて開けなくなるだろうから、一気に読め。ネットで「襲撃者」の評判は「(オフシーズンと比べて)食い足りなさ」が散見されるが、なに正気ぶってんだよ、「オフシーズン」読んだときのこと忘れたのか? このテのは良心をどけて「中に入って」読むんだよ、とヒトコトいっておく。

 自分が慣れていく(狂っていく)感覚が分かる。ココロのリミッターが解除されるのは、かなりの快感。すげーおもしろいぞ(わらい)。ケッチャムの小説はすばらしいね、ああ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

見えない仕事がイノベーションを起こす「シャドーワーク」

シャドーワーク 「シャドーワーク」について、豊富な実践例+網羅的な考察をした一冊。ヒット商品やイノベーションの陰には「シャドーワーク」が必ず存在する。ルーティーンワークからの変革なんてありえないし、創造的な価値は管理者の目の届かないところから生まれる。これはわたしのような兵隊ではなく、人事部の将校クラスが肝に命じておくべき。

 「シャドーワーク」とは、通常業務から外れた、個人の自主的な意志と裁量で創造的に編み出した仕事のこと。仕事そのものへ結びつかないまでにしても、その準備活動も含まれる。いわゆる「やってみなはれ」「渦は自分で起こせ」というやつ。

 たとえば、日産の例。新型マーチのコンセプトづくりにあたり、設計開発ラインの「外」で「こっそり」人を集め、意見を出し合う。あるいは、リコーの場合。GR DIGITALの専用Blogを提供するにあたり、「業務外で」「手弁当で」組織横断的に立ち上げる。仕事として「決まっていない」ところがポイント。


  • 「バンダイというステージを利用して、会社を私物化せよ」とするバンダイ流プロフェッショナル人物像と、上司を感動させる論文を募集する取り組み
  • シマノの人材開発プログラムSLD(Shimano Leadership Development)と全米キャラバン
  • 3Mのブートレッギング(bootlegging):密造酒造りのことで、上司に内緒で勝手に社内ボランティアを募ったりして製品開発を行ってもよい
  • Googleの「20%ルール」と3Mの「15%ルール」――両者の違いは数字ではない。3Mは「15%は業務以外のことをしてもよい」だが、Googleは「20%は業務以外のことをする
  • KOSEの新製品「モイスチュアスキンリペア」の社内テストの確執と成功
  • スターバックス(米国)のハッピーホリデープロモーション

 個人レベルで言うならば、新しいLifehackを試して良さげならアナウンスする。こっそりwikiを立ち上げて暗黙知を共有化したり、バーチャルな勉強会を開く。社内決裁プロセスをHackしてショートカットする(←これは冗談)…が挙げられるだろう。

 シャドーワークを行うほうとしては、仕事と好きなことをつなぐ方便ともいえる。フォーマルな業務、予定調和のパラダイムから「外れた」ところに、価値創造の源泉があるという主張は説得力がある。

 もともと「シャドーワーク」はイヴァン・イリイチの造語で、「無報酬とされているが、経済基盤を維持するために不可欠の仕事」として定義されている。主婦の家事・育児などが該当する(シャドウ・ワーク、影法師の仕事)。会社で行うシャドーワークは、「好きだからヤる」「仕事の報酬は仕事」に近いため、意味合いが違うような気がするが、見えない価値創造の仕事に名前がついた意義は大きい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

子どもに戦争を教えるためのファンタジー「弟の戦争」

弟の戦争 世の中のこと、自分のこと、未来のこと… 子どもには、できるだけありのままに教えている。死とセックス、ゲームと勉強については、特に念入りに説明してきている。たいていのことは上手くいったが、見かねた嫁さんがフォローしてくれるときもあった。

 ところが問題がある。「戦争」をどうやって教えるかだ。

 それこそ、『いわゆる』世界史とは欧米の戦史でもあるので、中高で学べばよい、という見方もできる。あるいは、レマルクや大岡昇平でも読めば想像もつくだろう。

 だが、今の戦争の現場はずいぶんと違ってしまっている。その本質は「欲望」から発していることに今も昔も変わりない一方で、戦争を構成する要素―― 戦場、兵士、民間人の定義ががらりと変わってしまっている。「西部戦線異常なし」の「戦線」は、最早意味をなさない。

 さらに、戦争の現場とその原因との間に、あまりにも沢山の要素が複雑に絡み合っているため、想像力が追いつかなくなってしまっている。たとえば、湾岸戦争と石油利権を結びつけることはシタリ顔でできるかもしれない。しかし、テレビゲームのようなロケット砲の軌跡と、パパ・ブッシュのビジネスと、イラクの子ども兵の首を結びつけることは、かなり難しい。

 もっと具合の悪いことに、とーちゃん自身が自分に説明できていない。「美しい国へ」というスローガンのもと、「美国」=アメリカ合衆国の51番目の州の一員として自己洗脳すればどんなに楽なことやら。「価値観の相違」あるいは「相対性」の名のもと、あとはゲームやアニメのように論じることができる。むしろ「第08MS小隊」のほうが戦争らしいと半ば本気で思えてくる。

 じゃぁリアルなやつをズバリ、[DAYS JAPAN]で教えるというテもある。あるいは、googleエロフィルタを外して[その方法]、ナマの被弾・被爆・被災映像を紹介することもできる(空爆はゲーム、空襲は悲劇) …んが、間違いなくトラウマになるだろう。

 かくして、とーちゃんはファンタジーに逃げ込む。アニメやゲームで戦争を語るには、現実に近すぎる(いや、現実のほうがアニメ・ゲームに近づこうとしているというべきか)。それこそ考えずに済んでしまう。とーちゃんが読んできた「戦争文学」は歴史の中で位置付けられるほど現実から遠ざかってしまっている。テレビは大本営だし、ネットや報道誌は生々しすぎる。

 いったん現実から離れよう。ちょうどいいことに、先日、ロバート・ウェストールを知った([なぜ「ブラッカムの爆撃機」は児童書なのか?])。さらにいいことに、このエントリのコメントより、「弟の戦争」を知った(柊ちほさん、ありがとうございます)。本書のストーリーをなぞるだけなら、戦争の悲惨さや無意味さを語るものであり、危機を通じた家族愛を描いたものに過ぎない。

 しかし、本書の「ファンタジー」という仕掛けのおかげで、戦争という「悪」と正面から向き合うことができる。フィクションのチカラがはっきりと感じ取れる。「戦争」を子どもに伝えようとするとき、とーちゃんは必ずここで詰まる。

「どうしたら子どもたちに、希望を裏切ることなく真実を伝えられるだろう? 」

 前出「ブラッカムの爆撃機」のエントリのコメント欄で、power_of_mathさんが完璧な回答を書いている。

ダッハウのガス室に代表される現実を、赤裸々に見せることは倫理にもとるが、解決可能だと安易に教えるのはうそつきだし、だからといって“解決方法がない”という大人の絶望を子どもに押し付けることもまた狂気の沙汰である…という“悪をどう扱うかの問題”に対し、ル=グウィンはファンタジーを回答として挙げています

 善玉悪玉を仕立てて、「ストーリー」に流し込もうとしているのは、むしろマスゴミ。訴求性があり、視聴者も自分で考えずに済むからね。戦争をまともに見据えようとしたら、きっとわたしは発狂する。そう、「弟の戦争」に出てくる彼のように。さもなくば、マスゴミの「ストーリー」をしゃべりだすだろう(まだ舌が残っていれば、ね)。

 ファンタジーとは虚構なのではなく、発狂せずに戦争を語るための舞台装置なんだ。荒唐無稽と笑うのは、狂わずにいられる大人だけでいい。わたしの子どもには、そんな奴らになる前に、これを読んでほしい(まだ漢字読めないけど)。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

« 2007年5月6日 - 2007年5月12日 | トップページ | 2007年5月20日 - 2007年5月26日 »