« 2007年3月25日 - 2007年3月31日 | トップページ | 2007年4月8日 - 2007年4月14日 »

「読書の腕前」の上げ方

読書の腕前 同感<->反感の振幅が激しい読書論。言ってることには激しく同意だが、やってることはかつてわたしの通過したところ。

 たとえば、「本は積んで破って読め」や「読書の腕前」の上げ方、あるいは「ベストセラーは十年後に読め」は大賛成。読書は量だというわたしの信条とも一致する[参照]。その一方で、人のオススメを顧みない唯我独尊な選書や、なんでも「円」で計りたがるせどらーちっくな態度は、たまらなく厭だ。

 ―― とはいえ、さすが本職の書評家、良い本をたくさん読んでいる。book of book として「これから読む本」を拾ってモトは取る。さらに、書評をメシの種にすることの大変さが窺い知れて、好きでやってる自分の幸せを噛みしめる。


 著者は岡崎武志氏、朝日の読書欄「ベストセラー快読」の執筆子といえばピンとくるだろうか? 巷のベストセラーを名うての本読みに評させる試みで、「なぜベストセラーなのか」の分析が辛口。

 「ベストセラー」には、売れているだけの本という揶揄が込められいる。そりゃそうだ、ふだん本なんか読まない人が買うから「ベストセラー」になるんだし。著者はそんな人は「本を買う」んじゃなくって、本という形の「話題」を買ってるんだって。ナルホド。これ以外にも、納得したりヒザ叩いて同意しまくること幾度。

  • 「ツン読」も立派な読書。現物が部屋にあることで、少しづつ読まれているもの。読書の腕前を上げるために「ツン読」は不可避
  • 本は万人に開かれた同一のテキストであるにもかかわらず、いざ読む段になると、きわめて個人的な体験となる
  • 読み手を本の世界の波長に合わせるチューニングで、上手い下手は一種の技術だ
  • 本読みには、本の本、いわゆる読書論や書評集が沢山あつまってくる。本それ自体よりも面白く、本が本を呼ぶ状態となる。これは読書の永久運動だ
  • 「詩」は別腹 (←激しく同意!)

 しかし、他人のオススメを「大きなお世話」だと背を向けるのはいただけない。そこまで同感を積み重ねてきた分、とても残念だ。「だって自分が見つけた本で手一杯だもん」と耳をふさぎ、目を閉じる。さらに、図書館の存在をきれいに無視しているのは酷いな。引用元の本を通じて間接的にしか言及しないのは、悪意すら感じる。

 これは、わたしがかつて固執していた読書スタイル。その変遷は[ここ]を見ていただくと分る。この著者の場合、なまじ沢山読んできただけあって、その殻を破るのは不可能かもしれない。

 今のわたしは、ネットを通じて「自分が好きな本」を発信し、「その本を好む誰かがオススメする本」を受信し、反響をフィードバックする。そうすることでストライクゾーンを広げ深めていく。自分の好みを知ったうえで、さらに「これなんてどう?」とオススメする誰かを大切にする。要するに、本を探すのではなく、人を探すんだ。また、広範囲の本を次から次へと食いまくり、一方で味読し、本は常にフローの状態を保つために、図書館と積ン読クを併用する。書店だけで本の全てと思考停止していた昔が懐かしい。

 ネットに限らず、この方法を知らないと、選ぶジャンルは、だんだんと限定的&先鋭的になってくる。もちろん、知の分野は広くて深いので、気分の赴くままつまみ食いしてるだけで一生なんてすぐ終わってしまう。しかし、ホントに面白い本は「名前だけ知ってて」読まないまま通り過ぎてゆく。

 おそらく、著者はSFを読まないだろう。博識な方なので、あるいはスタージョンの法則の前半を持ち出してくるかもしれない――スタージョンが後半に言った箇所を知らないまま。

 前半  「SFの90%はクズである──ただし、あらゆるものの90%はクズである…」
 後半  「…だけど僕はそのクズを愛しているんだ」

 あるいは、この著者は、ダグラス・ホフスタッターのGEBや、ドーキンスといった『理系モノ』は、手を出さないだろう。科学は、現代の宗教だとかいって… せっかくわたしと同じ志を持っているのに、「違う世界を読む愉しみ」を知らないなんて、ああもったいない。同じ理由で、著者にラノベや劇薬モノの毒書案内をしたいね。

 さらに、この人、マンガは一切読まないだろな。「本を読むのが忙しすぎて、マンガなんか読んでられない」なんて断言しそう。「『忙しくて本を読んでられない』というのは、言い訳に過ぎない」と非難した自らの言は置いといて。

 共感するいっぽうで、反感もキツい。良い本を読んでいるなー、と感心した分だけ、「それを読むならコレを読め」などと強引に読ませたくなる―― そんな思いを抱かせるのは、著者の徳なのだろうか。教わるところもある一方で、昔の自分を見ているようでもどかしい… あ、でもプロの人なら仕方がないか。


 自分メモ。「読書の腕前」を上げる本の本と、蔵出しの本
  • 「ポケットの本 机の本」(丸谷才一編,新潮社)
  • 「紙つぶて」(谷沢永一,文芸春秋) ←再再読
  • 「山のパンセ」(串田孫一,集英社)

| | コメント (8) | トラックバック (3)

ラブシーンの言葉

ラブシーンの言葉 ため息が出る性愛譚集。小説、詩歌、エッセイ、雑誌の連載からエロチックな描写をこれでもかとばかり集めている。男女の愛の営みをおおらかなまなざしで(ナマあたたかい目で?)評しており、この寸評が面白い… てか笑うと同時に思わずふりかえる。

 なんと全部で208編の底本から採っている(読みながら数えた。煩悩+100!)。79歳のおばあちゃんから、17の牧歌少女まで、生々しい体位もシチュもキャラクターも、燃えも萌えも恥じらいも狂騒も、なんでもござれのエクストラヴァガンツァっ!著者の荒川洋治氏には、「エロス☆ウォッチャー」の称号を謹呈。

 著者自身の経験に裏打ちされた(?)コメントがオモロい。例えば、開脚した「花」をポラロイドで撮影するさまを謳った詩を、こう評する。

花が「女性」である場合、こういう写真を撮らせてくれる若い女性はいない。が、若くないと、撮る人がいなくなるものである。

 なお、この手の写真は、しろうとが写すと、かんじんのパートがぼけてしまう。ピントを合わせるのがむずかしい。特にうつらなくもよい、アゴとか、アンヨとかが、えらくリアルにうつっていて、がっかりしたりする。

 「撮ったんかい!」と、お約束でツッコミ入れる。

 あるいは、読んでておおおっとヒザ打つことしばしば。例えば、まじわったあとの女性の「日常性の回復」の段取りとして、花村萬月の「ゲルマニウムの夜」を挙げている。

やがて、女が目覚め、身悶えするように離れ、はずし、僕の健在ぶりに媚びの詰まった眼差しをむけ、驚いたことに躯を斜めにして僕の腰を抱き、口唇を用いて僕の触角を清め、暗がりに躯をねじこむようにして意図的に隠蔽してなにやら自らの局部の後始末をし、手早く下着を身につけ、乱れたブラウスの裾をタイトスカートのなかにあせった手つきで挿しいれ、秘密めいた眼差しをむけてきた(「ゲルマニウムの夜」花村萬月)

 ポイントは後始末するオンナの、目にもとまらぬはやわざ。描写の文字数と句読点が…などと語りだすと無粋だが、本書はそんな解説をせず、さらりと交わす―― しかしわたしは次へイかせず、「おお、そういや萬月では『触角』っていうんだよなー」とか「横笛で吹いた拭いたんだな(←妄想)」とか、モヤモヤと思い出し、再読したくなる仕掛けにハマる。

 さらに、やっぱり見たいものは見たいモノで、クリトリスのクリアな実物写真がp.59に載っているという講談社ブルーバックス「男が知りたい女のからだ」もマナ板に乗ってくる。女医・河野さんの説明にイチイチ返答する荒川氏がカワイイ。

さて、「いちばん女性が喜ぶにはどうすればいいのか、それを知りたい男性は多いでしょう」。はい。「でも女性の反応もさまざま、非常に個人差がありますから、こうしたらいい、ああしたらいいと適切なアドバイスは困難です。ゆっくりパートナーの反応を見ながら研究してみてください」。

こういうことになると、どの本も「個人差がありますから」と、包皮につつむものらしい。

 もちろん笑いもある。艶笑というか、エロにはおかしみがつきものだもの。村上春樹の「ちりんちりん」の話はのたうちまわって笑わせてもらった。若いカポーがハイキング、なんせ北海道なので熊よけの鈴をちりんちりんとさせて山の中へ。ところが彼が、急にあれをしたいと言い出したのでさあたいへん。あれがしたいわ、熊が怖いわで、交代でちりんちりんとさせる件が激しく面白い。紹介が上手いので、つい手を出したくなってくる。

 あと、プルーストもでてくるけれど、ブンガクブンガクしてないよ。鬼六やウノコウはきっちりとおさえてマス。ただし、妙に爽やかな部分を解説しているので、ついホントはもっとドロドロンなのに… と言いたくなる。

 いわゆる暗黙知も得られるのも、イイ。女のパンティをスムーズに脱がせる方法は、「お尻のほうから、剥くように」とか、あるいはフェラチオでイかせる際のTips「射精のあいだ、亀頭を刺激することも絶対にやめるべき」「たしかに射精のおり、食いつかれると、痛い。適当に離れて、事態を見守ってほしいもの」など、オトコでもオンナでも役に立つかも? まぁ、知ってる人にはドってことないんだけど、ね。

 こまかい描写・(時には)スルドイ寸評を次々と見ていくうちに、自分の場合そんなトコまで覚えちゃいねぇことに気づく。意外なことに、このトシになっても無我夢中で見てない。視聴覚よりもむしろ、味覚・嗅覚・触覚のほうが鮮明だったりする── まだまだなのかね。

 それとも、性愛とはそういうものなのか。

女性を裸にしたあと、性行為に移るまでは一瞬のできごとと思えるし、実際にそうなのだが、女性器に対する男性の観察時間はこのように長い。「ねえ…早く…」といわれるまで、かなり時間をかけて、男は局部の観察にいそしむ。どうしてこのような「描写」が必要なのか、それは女性にとって少しわかりづらいかもしれない。好きな女性の体にありついたとき、男はヴァギナに停泊する。ヴァギナとその周辺を何度も何度もさわったり、なめたり、ひろげたり、つまんだりして観察する。それは喜びと興奮のあまり、接触の瞬間から、女性器の記憶がうすれはじめるからだ。

だがそれは制御できない興奮のさなかのことなので、ほんのしばらくで忘れてしまうものである。しばらくすると色も形状も発毛のぐあいも、そのときの彼女の顔も、デテールの一切は記憶からぬけてしまう。あんなに時間をかけて見たつもりなのに、思い出せない。夢みたいに消える。

 一期は夢よ、狂うべし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

幻の名著「キミにもできるスーパーエリートの受験術」を読む

 幻の受験本「キミにもできるスーパーエリートの受験術」を読んだ。amazonでは常に品切れ、ときどきYahooオークションで出品されるものの、目のタマが飛び出るような価格がついている(確認した限りでは6万円 !! もちろんそんな金なんて出せるはずもない。わたしが入手した方法は末尾で明かす)。

 結論から言うと、たしかにスゴい本だ。これを知っているのと知らないのとでは、大きく違うかも。大学受験をターゲットとしており、日本で受けるあらゆる「試験」に効くだろう。タイトルがアレだけれども、「エリート」向けではないなぁ… むしろフツーの学生さんがうっかり手にすると「賢者の書」あるいは「魔道の書」になりかねない。1994年に出ているが、長い間幻の名著とされていたのも頷ける。

 ―― ただし、「ドラゴン桜」まで。そのものじゃねーか、と何度ツッコんだことか。てっきり、「ドラゴン桜」の種本は「『親力』で決まる ! 」だとばかり思っていた。ところが、「スーパーエリート」こそがベースで、「ドラゴン」はこいつの水割り(マンガだからマンガ割りか)に過ぎない。

 急いで追記しなきゃならないのは、「ドラゴン」がダメというわけではない。妙な髪型やヘンなパースは置いといて、「受験」をテーマに、そのノウハウを分かりやすく紹介した功績は大きい。さらに、受験生に限定せずその親まで巻き込んで大売れしたのは、マーケティングにおける勝利の方程式そのものだろう。しかし、18巻にもなって未だ終わらないボリュームを考えるとちょっとキツい(モーニング連載では2003年から始まって、ようやっとセンター試験終了)。

 本書はそのエッセンスだと思ってもらってよい。こいつを一気に呑んで(5回読めといっている)、100時間かけて生活習慣を変えろという。著者の受験に対する態度は、次で明確に表されている。

試験は、ゲームだ、クイズだ、ファミコンだ

 受験勉強というのは、実際は「しんけいすいじゃく」モドキの記憶ゲームでしかなく、合格したからといっても人間的価値とは何の関係もありません。入試問題は、べつに神様がつくっているわけではなく、いい加減に作られているのもたくさんあります。出題者がイを正解にしている解答欄に、イと書けるかどうかだけが問題なのです。(中略)長くても二時間半程度の試験では、覚えているものを要領よくアウトプットできるかどうかの能力がはかられるだけです。

 個人個人で学ぶべきものは、自分に合わせて選んでやればいいのであって、文部省などが決めた科目は教養としての知識と割り切りましょう。

 目次も引用する。これまでの「ドラゴン桜」を読んできた人なら、その見出しの中に何が書いてあるか類推できるだろう(←そして、そいつはアタリだ)。

 要するに、「受験は要領」をトコトンまで具体化している。後は実践するだけというお手軽さ… こういうのは、自分で試行錯誤して身につけるべきもので、人から教わるなんて── なんて言いたくなるわたしは、もう「古い」のかもしれない。本書は、特急券そのものだな

 第一部 これが、合格術

  第1章 合格する学習術
  第2章 合格する能力開発
  第3章 合格する成功心理学
  第4章 合格する生活法

 第二部 合格術実践編

  第5章 大学受験の合格術
  第6章 公務員・教員採用・就職試験の合格術
  第7章 資格試験の合格術

 第三部 合格術が学べる本


 高校生には福音となるかもしれないけれど、今や全入の時代。そんなに上を目指さなくても…とは思うのだが。どうしてもという方は、以下の方法で情報を得ることができる。

 オークションで何万円と払う必要はない。以下のやり方なら、計5,000円程度で入手できる。

 日本の図書館で、本書を所蔵しているのは、以下の2つ。

  • 上越教育大学 附属図書館
  • 国立国会図書館

 あなたが新潟県上越市に住んでいるなら、そこで借りるべし。そうでないなら、国会図書館を利用すべし(国会議事堂の隣だ、分りやすいぞ)。

 ん? 「永田町までどんだけかかると思ってるんだ! オレは都民じゃねぇ! 」だって? もちろん承知の上で、「複写サービス」[参照]をご存知ないだろうか。

 「複写サービス」とは、著作権法に基づき、著作権者の利益を害さない範囲でコピーを送ってもらえるサービスなり。この「害さない範囲」がポイントで、「半分まで」が原則となっている。

  1. 「複写サービス」を申し込むためには、国会図書館のアカウントが必要だ。難しくもないし、年会費がかかるわけでもない。まずは[ここ]にアクセスして、申込用紙を郵送すればOK
  2. 1週間ほどでカードが送られてくる。近所の図書館でもらえるしっかりとシーリングされたものでなく頼りないが、この「番号」が重要なんだ
  3. NDL-OPAC[参照]から目的の本を検索しよう。NDL-OPACとは「国立国会図書館 蔵書検索・申込システム」のことで、ものすごく堅牢&最速&膨大なシステムなり。検索の際、自分アカウント番号とパスワードを一緒に入れることを忘れずに(面白いことに、このシステムはログイン/ログアウトという概念が実装されてない)
  4. 目当ての本が見つかったら、複写申込をすればOK("半分"で2,500円程度)

 ん? 目当ての「半分」までしか得られないって? 困るなぁ、ルールを守らなきゃ… てか、ここまで読んだなら… 後はご自分でご判断をどうぞ。あと、アカウント作成に18歳以上という年齢制限がついてくるのでご注意。

 健闘を祈る。

| | コメント (17) | トラックバック (1)

「幼年期の終わり」で泣いた週末

幼年期の終わり 3回びっくりして、1回泣いた。SFで泣いちゃうなんてめずらしーなー、"アルジャーノン"以来だろうか…

 しかも、「アルジャーノンに花束を」にある哀愁だの同情といった誰かとシンクロした感情ではない。そういった感傷を超越して、自分ではどうしようもない、取り返しのつかないものを眺めている―― そんな気分を味わう週末。

 「ブラッド・ミュージック」すげぇ、と唸ってたら、誠天調書の中の人が、セカイ系SFの傑作「幼年期の終わり」→「ブラッド・ミュージック」の順に読めという[参照]。でもって、読んでわかった、多くの人がSFオールタイムベストに挙げる理由が。そして、本作の影響を受けた作品がたっぷりとあることも。

 amazonレビューはこんなカンジ…

二十世紀後半、地球大国間の愚劣きわまる宇宙開発競争のさなか、突如として未知の大宇宙船団が地球に降下してきた。彼らは他の太陽系からきた超人で、地球人とは比較にならぬほどの高度の知能と能力を備えた全能者であった。彼らは地球を全面的に管理し、ここに理想社会が出現した。しかしこの全能者の真意は……? SF史上不朽の名作

 スゴいSFなだけでなく、優れたミステリとしても楽しめる。読み進めながらも、「なんでそんな設定なの?」と立ち止まるときがある。―― 「全能者」の姿が、なぜ○○なのか? 、なぜ地球にやってきたのか? そして、"childhood's end"(幼年期の終わり)が意味するところは…? ―― 展開の先読みをしつつ、その乖離を愉しむというイジワルな読み方をしているが、これらの謎あかしの瞬間は、ホントにびっくりさせられた。

 SFだから何でもアリと思いきや、「そうキたかー!!」とか「な・る・ほ・ど・ッ」と呻く。「2001年宇宙の旅」あるいは「2010」のデビット・ボウマンの台詞"Something Wonderful"がシンクロする――

「どういう義務かと定義するのはなかなか困難だが、いわば難産の手助けをする助産婦、とでも考えていただこうか。なにか、新しくてすばらしいものをこの世に送り出す手助けをしているわけだ」

 上のくだりを読むとき、ボウマン船長の声でハッキリと聞こえた。同時に、

「世界はあいかわらず美しい。いつかお別れしなければならぬ世界だが、別に急ぐ必要もないのではないか?」

 でグッとこみ上げてくるものがあり、ラストの「実況放送」でポロポロと涙がこぼれてくる。わたしは、悲しいのだろうか? それとも、喜ばしいのだろうか? 登場人物の心情にシンクロするのではなく、彼が見ている世界そのものと一体化して嗚咽する―― なるほどセカイ系SFの大傑作ナリ

| | コメント (9) | トラックバック (0)

« 2007年3月25日 - 2007年3月31日 | トップページ | 2007年4月8日 - 2007年4月14日 »