« 2006年12月24日 - 2006年12月30日 | トップページ | 2007年1月7日 - 2007年1月13日 »

PMP試験対策 2.3.5 「計画」でやっていること(リスク)

 ここでは、「計画」でやっていることを説明する。

――――――――――――――――――――――――――――――――

■「計画」でやっていること(リスク)Keikaku

 「リスク」とは一般に、好ましくないことを指すが、PMBOKでは好機もリスクと定義している。プロジェクトの目標にプラスやマイナスの影響を与える不確実な事象・状態のことを、リスクと呼んでいる。

 リスクは二種類ある。「既知のリスク」と「未知のリスク」で、それぞれ、

  • 既知のリスク:識別・分析済みのリスクで、対応計画を立てることができる
  • 未知のリスク:予測不可。マネジメント・コンティンジェンシー予備を割当てて対処する

とある。重要なのは、「事前に分かっているリスク」は、「何らかの準備をする」か「何も準備せず、監視する」のどちらかになるだけで、その違いは優先度による、ということ。「優先度が高いにもかかわらず、分かっているのに何もしなかった」ことは、決してしない、ということ。また、「このリスク登録簿にないリスクが発生したら、このお金を使う」という予算が、別に割当てられていること(←マネジメント・コンティンジェンシー予備)も重要。

 リスクマネジメントは、一定のフローでまわされる。まず、リスクの識別でブレーンストーミングやSWOT、デルファイ法により、リスクが識別され、定性的リスク分析において、発生確率や影響度を出して、優先すべきリスクとそうでないリスクが分けられる。その後、コストや時間がかかるが、定量的リスク分析において、期待金額やデシジョンツリー分析により、リスクが定量化される。つまり、この対策をした場合のプラスマイナスの金額レベルまで分析される。定量化された優先リスクは、リスク対応計画において、リスクへの対応策が割当てられる。残ったリスクやリスク対応策により発生するリスク(二次リスク)は、低優先度リスクとともに、定例会議の議題に載せられ、監視対象となる。

 あったりまえのことながら、リスクは計画プロセスで全て明らかになるものではない。実行段階でリスクが発見されることもあれば、リスクが現実に発生してしまうこともある。PMI はプロジェクト初期段階でリスクマネジメントを始めることが重要だと説くが、プロジェクト全体で一貫してリスクに取り組む必要があるとも言っている。それぞれ次のように対処させている。

  • 未知のリスクが発見された:リスク分析からのサイクルを回し、影響度・リスク対策とともに報告する
  • 未知のリスクが現実に発生した:迂回策を取り、問題を回避する[p.355:PMBOK]

11.1 リスクマネジメント計画

 リスクマネジメントをどのように取り組み、処理するべきかを決める。プロジェクトを計画する初期の段階で完了すべき。リスクを構造化した体系であるリスク区分、リスクマネジメント方法論、リスク発生確率と影響度の定義などが決められる。

11.2 リスク識別

 どのリスクがプロジェクトに影響するかを見極め、リスクの特徴を文書化する。できるだけ数多くのプロジェクト関係者―― できれば全員―― がリスク識別に参加することが望ましい。1回こっきりで終わらず、プロジェクトライフサイクルを通じて繰り返し行われる。ブレーンストーミン、デルファイ法、SWOT分析、図解の技法(特性要因図、フローチャート、インフルエンスダイアグラム)を押さえておく。

11.3 定性的リスク分析

 発生確率や影響度から見て、リスクの優先順位付けを行う。つまり、何らかの対策を打っておく必要があるリスクと、放っておいて監視だけするリスクとに分け、さらに準備するべきリスクの重要度を決める。さらに、コスト・スケジュール・スコープ・品質といったプロジェクト制約条件に対するリスク許容度も査定する

11.4 定量的リスク分析

 定性的リスク分析で高優先順位のリスクに対し、数値による等級付けを行う。要は、発生確率と影響度をカネに換算する。定性→定量の順に行うが、一度にする場合もある。ユーティリティ理論、期待金額価値分析(EMV:Expected Monetary Value)、デシジョンツリー分析[p.258:PMBOK]、モンテカルロ法によるシミュレーションを押さえておく。

11.5 リスク対応計画

 プロジェクトの目標に対する好機を活用・共有・強化し、脅威を回避・転嫁・軽減するための選択肢を立案し、処置を決定する。好機・脅威の両方に共通する戦略として、受容があるが、実現したら対処する(受動的受容)と、コンティンジェンシー予備を設定しておく(能動的受容)の2種類ある。各リスク対策の責任者(リスク・オーナー)を任命し、リスクの兆候→具体的行動が取れるようにする。その結果、対応策を講じた後も残る「残存リスク」と、対応策をしたがために発生する「二次リスク」が、低優先リスクとともに監視対象に組み込まれる。

――――――――――――――――――――――――――――――――
PMP試験対策【まとめ】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ローマ人の物語VI「パクス・ロマーナ」の読みどころ

 暗殺されたカエサルの「次」のオクタヴィアヌスの話。巨人と比較されるのは仕方ないにせよ、塩婆の視点にかなりバイアスがかかってるように見えるのはわたしの目がゆがんでるからだろう。

■皇帝の陰謀説

 塩野氏からすると、オクタヴィアヌスは「共和政」の解体を『巧妙』に『周到』に『根気』強く推し進めた人物として評されている。彼の打つ施策の一つ一つが、まるではかりごとのような書き方で読まされていると、何か陰謀めいた話にしたいのかしらんと思えてくる。

 例えば、カエサルとオクタヴィアヌスの政治感覚を誉めるくだりがある。

 それでカエサルは、四つの有力な部族に、全ガリア部族間でも指導的な地位を与えた。(中略) カエサルを一度は追いつめたヴェルチンジェトリックスの属すオーヴェルニュでさえも受けたこの待遇ぐらい、カエサルの合理性と政治感覚の冴えを示すものはない。

 カエサル萌えの塩婆だから、これぐらいは普通だ。次に、オクタヴィアヌスの場合。

 そして、何よりもオクタヴィアヌスの政治感覚に目を見張らされるのは、アウグストゥスという尊称の選択である。これも、贈られる側の彼が、周到に考えて選んだ名称であったと確信する。

 なんだか含みのあるいい方だが、後段でその理由を明らかにしている。

 古代のローマではアウグストゥス(Augustus)とは単に、神聖で崇敬されてしかるべきものや場所を意味する言葉でしかなく、武力や権力を想像させる意味はまったくなかった。(中略) しかし、元老院が満場一致で贈ると決めた「アウグストゥス」という尊称だが、実は、元老院議員たちが思っていたほどは権力とは無縁でなかったのだ。

 要は、裏では権力を集中させようと画策しているが、表ではそんなそぶりを見せず(むしろ権力を放棄して)権威だけを得ようとした、と述べている。で、オクタヴィアヌスの言葉「わたしは、権威では他の人々の上にあったが、権力では同僚であった者を越えることはなかった」にケチをつける。この間6ページ。もってまわった言い回しにウンザリさせられる。「パクス・ロマーナ」の巻はずっとこの調子なので、ここでイヤになる読者もいるかと。

■死んだカエサルの歳を数える

 そこで読みどころはこれ→「塩婆がカエサルを誉めてアウグストゥスにケチをつける書き方」に着目ー。歴史上の巨人カエサルと比較するのは気の毒だが、それこそ塩婆は嬉々として書いている。だから、どのページを開いても出てくる仮定文・前提つき条件文にいちいちツッコミを入れながら読んでみよう。

  • 「もしカエサルだったなら~」(頻出)
  • 「カエサルの場合、…だったろう。だが現実は…」(頻出)
  • 「カエサルならば何をどうやろうとも民衆は納得したろうが、アウグストゥスは慎重に進めざるをえなかったのである」
  • 「だがもしカエサルが暗殺されず、パルティア問題の解決が紀元前四四年に実現していたとしたらどうであったろう。極寒の地での流刑生活は十年で終わっていたのである。十年後なら、一万のほとんどは連れ帰れたかもしれない」

■いい歳して結婚もせず独りもんは、『独身税』を払え

 それでは読みどころは塩野「萌え」史観だけかというと、そうではない。15巻で紹介される、「ユリウス婚姻法」が面白かった。少子化対策の法律で、「それなりの年齢になったら、結婚して子どもをつくれ」という意図の元、独身者は税制面での不利が生じていたそうな。

 特に女性は、『独身税』といってもいいぐらいの不利があったらしい。子を産み育てることは国家への奉仕であったため、その義務を果たさないのであれば、私有財産の保護を受ける資格なしと、ということ。上野千鶴子氏あたりにコレを吹っかけて「塩野vs上野バトルトーク」なんて企画は面白そうだが、出版界の面々はそんな度胸というか恐ろしいアイディアは浮かばないだろうなぁ…

 また、ローマ人の死生観についての言及も興味深かった。多神教なトコは親近感を抱いていたが、ローマ人は、「人間」と言うところを「死すべき者」と言い換えていると知って、より親しみがわいた。墓所は街道ぞいに建てるところに、その気質が表れている。墓碑の文章も興味深いものが多く、ローマ人の死生観がにじみ出ている。

  • 「おお、そこを通り過ぎて行くあなた、ここで一休みしていかないか。なに、休みたくない? と言ったって、いずれはあなたもここに入る身ですよ」
  • 「幸運の女神は、すべての人にすべてを約束する。と言って、約束が守られたためしはない。だから、一日一日を生きることだ、一時間一時間を生きることだ、何ごとも永遠でない生者の世界では」
  • 「これよ読む人に告ぐ。健康で人を愛して生きよ、あなたがここに入るまでのすべての日々を」

 最後に。「パクス・ロマーナ」の14~16巻で述べられる、彼女のアウグストゥス観は以下に要約されている。2000年前の人に大きなお世話だよ、と思った方は読むとゲンナリするかも。

 アウグストゥスという人は、政治心理学では極めつきの達人と思うが、なぜか個人の心の動きには無神経な人だった。古代の美的基準では、カエサルに比べれば圧倒的に美男だったが、女にモテたかどうかということになると、さしてモテなかったのではないかと思ったりする。女の感性とて馬鹿にしたものではなく、女とは権力にも美貌にもそう簡単には騙されないものなのだ。

 こんな塩野氏の萌えっぷりにアてられたい人は、ぜひ読むべし。

ローマ人の物語14ローマ人の物語15ローマ人の物語16

――――――――――――――――――――――――――――――――――
「ローマ人の物語」の読みどころ【まとめ】に戻る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

決してひとりでは読まないでください「わたしの人形は良い人形」

Watashino_1 こ れ は 怖 い 。夜読むとオシッコにいけなくなると注意され、「まさかぁ、三十路のオッサンに言うことかよ」などとブツブツ言いながら読んだ ―― で、結論:夜読むと、一人でオシッコにいけなくなるので、注意。

 人並み以上にホラー耐性はあるつもり。角川よりもハヤカワ、ハヤカワよりも創元の方が、「より怖い」と言えるぐらいは読んできた。小説だけでなく、マンガ、映画、グロから霊まで悪食な分、いろいろ楽しめる体質となっている。

 そんなわたしが、ここまで怖い思いをさせられるとは… !

 グロなし、血なし、残虐なし、絵がリアルというわけでもなし。それでも心臓が冷たくなる恐怖にワシ掴みにされる。暖房の効いた部屋でぬくぬくと読んでいるにもかかわらず、自分の吐く息が真っ白になっていくような感覚。

 ジワジワ、ジワジワと首をしめられ、さあッってときにはズバーンと「出る」。この感覚は、「墓地を見おろす家」(小池真理子)や、「たたり」(シャーリイ・ジャクソン)に近い。ホラーは女性の作品のほうが怖いという法則に気づく。

 救いようの無い展開、巧妙な伏線(全て読者に恐怖を与えることを目的としている)、ページをめくりたくなくなる瞬間。半泣きになりながら、嫁さんが同じ部屋にいてよかったと激しく密かに感謝する。

 いちばん怖かったのが「汐の声」。最大級の怖い賛辞を贈ろう、「決して一人では読まないでください」とね。

 「わたしの人形は良い人形」は、yuripop さんの「ゆりとトラウマンガ」[参照]から教えていただいたのだが、良い趣味です、素晴らしいです→ゆりさん。それから、弟の言うことは本当なので注意して→「ジャック・ケッチャムには気をつけろ」

 で、あとはスズキトモユさんのいいつけを守って、山岸涼子作品を渉猟するつもり。
冬こそ、ホラー。しかも、血の凍るやつを。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

ゲームで子育て(どうぶつの森)

 さいきん、「ゲーム脳」のデンパ(電波/伝播)が弱まっているので悲しい。

 トンデモ学会のセンセイたちは、もっと強硬に自論を展開して、世間を騒がせるべきなのに、なんだか萎縮しているようだ。「水からの伝言」や「脳内革命→破産」ネタに負けないよう、頑張ってもらいたい。

 そんなセンセイたちへの燃料として、わたしの子どもなんて、格好の事例になるだろう。親が子どもにゲームを与えているのだから。だいたいパパからして「炎のコマ」をやろうとして捻挫したことあるし (^^

 テレビとゲームは通過儀礼。逃げようたってそうはいかない。むしろ、ゲームとの付き合いをコントロールできるようにしておく必要がある。この単純な事実に目を背けようとする親にとって、「ゲーム脳」は格好の免罪符となっている。そんな親たちにとって、子どもの脳に良いゲームをご紹介。今までは、「ポケモン」や「まちがい探し」をオススメしてきたが、今回はコレ↓

おいでよどうぶつの森 スゴい… 何がスゴいかと言うと、子どもがスンナリ入れたこと。タッチペンによる直感的なインタフェースと、完全マニュアルレスなところ。何が目的なのかすら知らずに、いきなり遊べているのがスゴい。

 いや、ちゃんと「目的」らしきものは、あるにはある。住宅ローンを返済するとか、トモダチをつくって文通するとか、化石の標本を完成させるとか、バラエティ豊かな「目的」が沢山ある。ありすぎるぐらいある。

 自由度の高いゲームなら「ルナティックドーン」や「太閤立志伝」あたりが有名だろうが、それでも「そのシナリオをクリアする」という縛りがある。本作品はそうした縛りはなく、好きな「目的」に向かってコツコツとプレイし、仲間のどうぶつたちとのコミュニケーションを楽しむ。さらに、新しい発見を求めて森を散策する―― その世界にいることそのものを楽しむゲーム

 子どもにやらせてイチバン驚いたのが、タッチペン。操作方法を一切教えていなかったにもかかわらず、タッチペンでドアを開けてしまった。「どうして分かったの?」と訊いたら、「ドアはノックして開けるでしょ、だから、(ペンで)トントンってしたの」だそうな。「ドアの前+Aボタン」思考に凝り固まったパパにはできない発想なり。

 アクションやパズルゲームのような、制限時間や勝ち負けがないところも気に入っているようだ。世界をまるごともらって、やりたいことをやりたいようにプレイできる。「その世界で何をするのか?」を試行錯誤で探っていく過程こそが、このゲームの醍醐味なんだろうなぁ…

 "Hasta la vista,baby"と呟いてゾンビの頭をショットガンで吹っ飛ばしたり、あるいは「わたしもお姉ちゃんみたいに、して」と言わせたりするゲームが大好きなわたしにはモノ足りないけれど、のんびりと世界を味わうロハス(?)ゲームとして傑作だと思う。

 ポイントは「ゲームが悪いのではなく、プレイをコントロールしないことがマズい」こと。どんな本を子どもに読ませるか、どんなテレビ番組を見せるのかを、親や教師がコントロールしたりするように、ゲームもそうありたいものですな。そして、コントロールするだけでなく、一緒に楽しめるような関係(親=子のみならず、親=ゲームも)にしていきたいものですな。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

あなたのマンションが廃墟になる日

あなたのマンションが廃墟になる日 巷を騒がせている耐震偽装設計は決してヒトゴトではないのだが、『犯人』は特定されており、司法での決着を待つ状況に至っている。

 わたしはあまのじゃくなので、むしろ4年後に直面する問題をいま知っておきたい。なぜなら、問題が深刻化するころは、『犯人』はとうに去っており、引き継いだ当事者は被害者ヅラをすること必至だからだ。永住するつもりで購入したマンションが、ローン完済時に住めなくなる可能性に警鐘を鳴らす「あなたのマンションが廃墟になる日」は、非常に参考になった。

 総務省の調査では住宅のサイクル年数は30年(木造は26年)だそうな。国土交通省が2002年に公表した事例では「老朽化」で再建されたマンションの平均築後年数は37年となっている。これに比べて、欧米の住宅サイクル年数は、

 イギリス141年
 アメリカ103年
 フランス86年
 ドイツ79年

 なぜ日本の鉄筋コンクリートマンションは30年少々で壊されてしまうのか? この素朴な疑問から出発し、著者は、老朽マンションの建て替えの厳しい現場、震災復興の過重な負担に粉砕されたコミュニティを取材する。

 取材と深堀りの中で、30年周期でスクラップ&ビルドを繰り返さなければならない「日本的メカニズム」を探し当てる。

 それは、田中角栄の日本列島改造論から始まった土地神話に依存しており、「地価は常に上がり続ける」「景気は常に右肩上がりである」という一時代前の発想を根拠としている。つまり、容量率を上げて建て替え、新しく増えた住戸を販売して再建費を捻出するという手法で、住民の世代交代の時期、政府の景気対策と一致した周期を取っている

 また、著者は、住宅サイクルの短さを文化の違い、すなわち「石の文化」と「木と紙の文化」になぞらえる説明にも、欧州の建築史をあげて反論している。さらに、高温多湿な気候風土の違いからのマンション短命説に対しても、コンクリートの寿命に影響があるのは寒暖差であり、北欧の方が負担が大きい、と反論しており、いちいち説得力がある。

 むしろ、思想の視点に立つなら、「住」をストックとみている欧米と、商品としてしか見れない日本の違いだという。マンションは、そもそも30年で寿命が果てる建物ではない。壊さねば儲からない業界の論理に左右され、まだ居住可能な老朽棟が、経済優先、利権優先のリクツにより、30年でトドメを刺してきたのだという。そのメカニズムが明らかにされず、30年寿命という言葉だけが独り歩きして、老朽化に悩ませるマンションが強引に建て替えられれば、悲劇の連鎖を生む。

 たとえば、近年、3万人を超える自殺者が経済的に追い込まれた最大の要因「住宅ローン」…

  生きているうちに返さなければならない
   │
   └→返せなくなったら、生きられない
       │
       └→返せなくなった
           │
           └→死ねばよい

 確かに、バブル最盛期にローンを組んでしまったセンパイは、「死ねばローンがチャラになる」契約の話をするとき目が光る。ローン完済しても、建物が老朽化しておりとても住めないと考えている。

 では、どうすればよいのか? 本書は問題提起だけにとどまっているのかというと、違う。

  • リファイン建築に代表される老朽建築の蘇生法
  • リースホールドという地価に依存しない土地利用法
  • 土地ではなく、家が資産価値を生んでいる無暖房住宅や外断熱

といった、アカルイミライへのトリガーになりそうな「点」も紹介している。実践者はあまりにも少ない&遠いが、具体名を挙げているので、自分からアクセスできる。本気で考えている人には非常に参考になるだろう。

 戦後、コンクリートで造られたマンションや団地のうち27万戸が、「スクラップ&ビルド」のサイクルとされてきた、「築後30年」圏内に、いままさに入った。2011年にはその数が100万戸に達するという。日本的メカニズムの限界が「団地のスラム化」といった現象としてマスゴミに取り上げられる日は、そう遠くない。

 いまから4年後だ

| | コメント (7) | トラックバック (2)

PMP試験対策 2.3.4 「計画」でやっていること(コスト)

 ここでは、「計画」でやっていることを説明する。

――――――――――――――――――――――――――――――――

■「計画」でやっていること(コスト)Keikaku

 ここに至るまでに、以下のことがなされている。ただし、常に完全に行われているとは限らない。計画プロセス群を回す中で段階的に詳細化されていればよい。

  • 「プロジェクトマネジメント計画書作成」プロセスにおいて、コストマネジメント計画書が作成されている。そこでは、コストの有効桁数や測定単位(円、ドル、千円単位等)、母体組織との手続き、管理限界値、アーンドバリュー適用規則が決められている
  • スコープ記述書やWBSが作成されている
  • 「アクティビティ資源見積り」プロセスにおいて、資源カレンダーが作成されている
  • リスク関連の計画プロセスが行われており、リスクはコスト見積りに反映できる程度まで分析されている
  • 「納入者選定」プロセスにおいて、契約がなされている

7.1 コスト見積り

 資源のコストを概算見積りする。リスクも含めて見積もりの変動要因を検討すること。通貨単位で表し、プロジェクトの進展に伴って得られる追加の詳細情報を反映し、改善される。プロジェクトのライフサイクルを通じて見積り精度が上がるとしているが、これは組織のプロセス資産を有効に活用せよ、というPMI からのメッセージとも読み取れる。コスト・コンティンジェンシーもここで見積る。

7.2 コストの予算化

 プロジェクトのパフォーマンス測定をする「コストベースライン」を設定するために、スケジュールアクティビティやワークパッケージの見積りコストを集約する。コスト・ベースラインを作るのが主目的だが、そこに乗せないマネジメント・コンティンジェンシー予備を検討し、設定する。

 コンティンジェンシーとは、「不測の事態」のこと。プロジェクトを進めるに当たって、不足の事態おっと不測の事態が発生することはアタリマエ、だから予め見積もり時点から割り振っておく、というのがPMI イズム。しかも、「一定の確率で起きることが予め分かっている"不測の事態"への予備費」と「まったく予想もつかない"不測の事態"への予備費」の両方を見積りに入れておけ、という。しかも費用だけでなく、バッファ期間も見積もっておけ、だそうな。これを、予備設定分析という。

「アクティビティ所用期間見積り」プロセスの予備設定分析


  • コンティンジェンシー予備を、スケジュール全体に組み入れることができる
  • アクティビティ所用期間に対する一定比率の期間としたり、固定期間としたりできる
  • 定量的スケジュールリスク分析で決められることもある
  • プロジェクトが進展し、より正確な情報が利用できるようになる、削減・削除される

「コスト見積り」プロセスの予備設定分析


  • 「コスト・コンティンジェンシー予備」と呼び、「既知の未知」に備える
  • PMの裁量で使用できる予備費で、コストベースラインの一部となる
  • マネジメント方法(1)スケジュールアクティビティの個々のコンティンジェンシー予備を集約して、所用期間ゼロの一つのスケジュールアクティビティとして割当て、ネットワークパス上に配置する
  • マネジメント方法(2)上記のスケジュールアクティビティを、クリティカルチェーン法のバッファーアクティビティにする。ネットワークパスの最後に配置する

「コストの予算化」プロセスの予備設定分析


  • 「マネジメント・コンティンジェンシー予備」と呼び、「未知の未知」に備える
  • PMはこの予備を使用する際、承認が必要
  • コストベースラインに含まれないが、プロジェクト予算に含まれる。したがって、アーンドバリュー計算の対象外

――――――――――――――――――――――――――――――――
PMP試験対策【まとめ】

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2006年12月24日 - 2006年12月30日 | トップページ | 2007年1月7日 - 2007年1月13日 »