« 東大生はどんな本を読んできたか | トップページ | この本がスゴい2007 »

他人の悪夢を強制的に見る「バッド・チューニング」

バッド・チューニング 旧聞に属するが「お兄ちゃんどいて!そいつ殺せない!」をご存知だろうか?

 ネットストーキングの典型と片づけることは簡単なんだが、わたしが恐ろしいと感じるのは、「最初はフツーだった」こと。ちょいヲタな女のコの凶気に気づいたときには手遅れ。異常行動もさることながら、「まさか」が現実化するプロセスは恐怖そのもの。

 「バッド・チューニング」を読んでいて、同じ恐怖を味わった。

 わたしが選ぶ「一人称の小説」には、たいてい罠があるので、用心して読み始める―― が、大丈夫みたい。トラップはなさそうだし、「私」はそれなりに信用のおける(ただし人としてサイテー)男のようだ…

 で、2日目の夜ぐらいに気づくわけだ。こいつはおかしい、と。血と糞尿とゲロとセックスが入り混じるのはいいとしても、その「話者」はちょっとヘンだ。

 いや、それ以前にも違和感はあるのだが、この糞野郎の性格なんだろうと合点して読み進む。フツーの電波野郎は許容範囲。ただ、「普通の電波」とはちょいとチューニングがズれていたかもしれないが…嘘で塗り固めた自尊心と、過去の「ある出来事」に蓋をする必死さがこっけいだ。

 それが、あきらかに狂っているのかも? と不安になる。オレサマ描写は過剰演出なのかゲス野郎の妄想なのか、それとも全くの現実なのか分からなくなる。そのときには戻れないぐらい没入している。

 読むのをやめることができない。

 狂ってるのは、どっちだ? ってね。

 いちばんスゴかったのが、肉塊婆との対決。安キャバレーのデブ年増に言い寄られるのだが、婆というよりジャバ・ザ・ハットというほうがピッタリの肉塊と死闘をくりひろげる。おぞましく爆笑しながら、下腹部をカタくするべし。ラストのデウス・エクス・マキナよりも、ここが読みどころだぜ(断言)。

 あと、スティーヴン・キングのネタが見え隠れしてて愉しい。ちょい悪趣味でかなり下品だが、キングフリークなら笑いのめすべし。

 たとえば、あちこち「シャイニング」ネタが散見されてるし、「キャリー」と「ランゴリアーズ」は作品名まで挙がっている。読中感覚は「ドロレス・クレイボーン」の告白体で、血まみれバットは"Redrum"のマレットだね。ラストなんて「ローズ・マダー」のバッド・エンド版だなぁ。だいたい冒頭の「頸から下の皮を剥かれた女の死体」なんて、ビジュアル的に「キャリー」そのもの。キング信者は吐き気をこらえつつ、残滓を探しながら読むべ。

|

« 東大生はどんな本を読んできたか | トップページ | この本がスゴい2007 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18285/17408122

この記事へのトラックバック一覧です: 他人の悪夢を強制的に見る「バッド・チューニング」:

« 東大生はどんな本を読んできたか | トップページ | この本がスゴい2007 »