« 「罵ってけ!へんたいたーれん(M@STER VERSION)」を100回脳内再生する | トップページ | 自分の中の、知らないスイッチが入る「奇想遺産」 »

ずっと米国のターン?「21世紀の国富論」

 要するにパソコンのパラダムシフトと、ITの次にくる基幹産業の話21世紀の国富論

 転換点は2015年ごろだそうな。そこで日本がどういう役割でいるかは、予想というよりも「エール」に近い。梅田望夫は胡散臭いが安易な悲観論も御免だね、という方に。

 グローバルスタンダード(死語)のお題目で、米国型経営や成果主義が日本に広がっているなか、著者は以下の切り口で問題点を挙げている。

 切り口1 : 内部留保の軽視
 切り口2 : ROEへの固執

 切り口1。資金調達の方法として、以下のルートがある。イノベーションを起こすための研究開発資金なら、1と2はあまりにもチャレンジングなので、普通3だろう。過去の蓄えでもって未来の食い扶持を創出するわけ。

   1. 金融機関から借金
   2. 株主調達
   3. 内部留保

 米国のベンチャーキャピタルは肥大化しているという。リスクを取って新しい技術を育てるのではなく、「買う」わけだ。そのため、調達ルートは銀行か株主で、内部留保は軽視される。

 切り口2。「企業は株主のもの」とばかりにROE(株主資本利益率)に固執し、企業としての目的が「数字」になってしまう。短期の「結果」を出すために、研究開発費を削り、新しいものがうみ出せなくなる。

 シリコンバレーは新しい基幹産業をうみ出す力を失っているという。ベンチャーキャピタルは大きくなりすぎており、2つの切り口から覗くと、合従連衡ゲームのようだ。

 わたしは既に「オールドタイプ」なんだろう。たとえば、マイクロソフトやgoogleの時価総額を聞かされる度に、ぱんぱんにふくらんだをイメージする。「ただの広告屋に賭けるにしては、身の丈あっていないよ」、と言うが早いが「googleの価値が分かっていない奴」というレッテルが貼られる。

 巨大企業を腐したいわけじゃない。IT屋の端くれであるにもかかわらず、「パソコン」に違和感を感じているから。

 もっと詳しく説明するね。

 もちろん、わたしにとってパソコンやネットは不可欠なものだし、現代社会にとってもそうだろう。電話や自動車のように、なくてはならないものだ。

 しかし、電話や自動車は「フリーズ」したりしない。かつて、Windows搭載のBMWやイージス艦があった(乗るかい?)。また、電話も自動車も、ほぼ直感的に習得することができた。なによりも「さいしょからある」ものとして付き合ってきた。

 パソコンは急速に普及したので、これから洗練される―― と聞かされても信じない。メモリの単位がK→M→Gになっても、起動時間は1/1000にすらならない。

 それでも、パソコンは便利だ。命を託すほどではないが、本を注文してもいいぐらい信用できるようになった。そこで、違和感がでてくる。

 その程度の「信頼」や「実績」の上に、過大な期待が乗っかっていないか? という違和感。いそいで付け加えると、「期待するな」「信用ならねぇ」と言っているのではない。大きすぎやしないか? と心配しているんだ。

 いやいや、PCとかネットといったディメンジョン自体、小せぇ小せぇと嘲笑(わら)ってくれ。あるいは、「メシの種にケチつけんじゃねぇこのバチあたりがッ」と罵るなら、もっと安心だ。

 ―― そういう違和感、わたしだけかと思っていたら、著者がズバリ「これからは、機械が人間に合わせる時代がくる」と斬っている。「計算機」としてつくられたコンピュータは、もっと人間に合わせて作り変えられる(定義しなおされる)と説く。

 それ―― パソコンの次のもの―― は、計算機能中心からコミュニケーション中心の発想へシフトする。早ければ、5、6年の間に情報端末としてのパソコンの優位性は失われ、2015年頃にはオフィスからパソコンが消えるかもしれない、という。

 じゃぁその、「パソコンの次のもの」の正体はというと、NetPC/NCだから涙が出てくる。いやいや、かつてオラクルやマイクロソフトがぶち上げてたのとかなり違うらしい。もっとユビキタスで、使っていることを感じさせない(パーベイシブ/pervasive)なやつで、PUC(Pervasive Ubiquitous Communications)と名付けている。ハードとソフトが一体化しており、今までのOSやデータベースとは、まるで違う発想の元に作られている。

 この道はいつかきた道、ああ、そうだね… 泣けてくる。おそらく、そのガジェットは、いま、目の前にあるモノだろう。「最初は、iPodやケータイと呼ばれていたもの」が、それ―― パソコンの次のものになるんじゃぁないかと。

 IT産業への違和感や、イノベーションの価値感覚と、かなりの部分で著者とシンクロできるのに、PUCの話題に移ると、マユツバになる。オールドタイプになったもんだ。ただ、「いつかきた道」だろうと、説得論理はじゅうぶんある。大前研一「新・資本論」の読後感とそっくりだ。賭けはしないが、見とどけたい未来が書いてある。

まだ誰も信じない未来のビジョンに投資する

コンピュータ全盛の今、「コンピュータの時代はもうすぐ終わる」といっても、普通は誰も信用しないでしょう。しかし、世の中は変わるという本質をつかみ、新しいビジネスモデルを提唱するのがベンチャー企業創業者です。

新しい技術が生まれ、世の中の枠組みが変化すれば、すべてが変化することを忘れてはいけません。西部開拓の時代からアメリカ各地で発達し、重要な交通機関となった幌馬車のことを知っている人が今、どれだけいるでしょうか。各地の幌馬車会社をつぎつぎと買収し、一握りの大企業がようやく独占的な支配を確立した頃、現れたのが鉄道です。そして巨大化した幌馬車会社は、あっけなく消えてしまったのです。歴史が教えてくれるこういう事実は、今から振り返ればごく当り前のことでしょう。しかし当時、長距離を移動する乗り物といえば幌馬車しか知らなかった大多数の人々にとっては、いつか幌馬車会社がなくなるなどということは想像すらできなかったのです。

 見えていないのは、わたしなのだろうか? こないだ読んだ「イノベーションの神話」で知った、ウィリアム・ギブスンの言葉を思い出そう。

  未来はここにある。まだ、普及していないだけだ
  The future is already here - it is just unevenly distributed.
  William Gibson

|

« 「罵ってけ!へんたいたーれん(M@STER VERSION)」を100回脳内再生する | トップページ | 自分の中の、知らないスイッチが入る「奇想遺産」 »

コメント

@niftyトップページ「旬の話題ブログ」コーナーにて、
本ページの記事を紹介させて頂きました。
紹介記事については、「旬の話題ブログ」バックナンバーで
半年間、ご覧いただけます。
「21世紀の国富論」のご紹介ありがとうございます。
今後も旬な話題の記事を楽しみにしておりますので、
引き続き@niftyをご愛顧の程、よろしくお願い致します。
ありがとうございました。

        @nifty「旬の話題ブログ」スタッフ

投稿: 「旬の話題ブログ」スタッフ | 2007.11.26 13:58

「これからは、機械が人間に合わせる時代がくる」

この一文を読んで、ipodtouchのレビューblogで年配の方が触って使えることを書いていたことや、自分の母親が折りたたみ携帯は沢山キーがあって、迷ってしまうがスライド携帯なら、センターキー等や数字キーが段差があり常時見なくていいから、見やすくて分かりやすいと話していたことを思い出しました。

新書など書籍の世界でも分かりやすく書いていることを売りにした本が最近多いですよね?

テレビを見ていても、政治やスキャンダルも自分の体感ですが、以前より視聴者にあわせて分かりやすく単純化して放送するようになった気がします。

機械も物事も作品も分かりやすく単純にという方向で人間に合わせてきてるのかなとふと思いました。

投稿: 読者A | 2007.11.27 00:22

>> 読者A さん

コメントありがとうございます
後半については、構造化・抽象化による恣意的なモレヌケが心配ですが、コメント前半はユビキタスの本質そのものですね。

つまり、「いつでも/どこでも」のみならず、「誰にでも」が最終目標になるかと。キカイのあるべき姿はそこでしょうね。

投稿: Dain | 2007.11.27 00:48

20年前にPC98を印刷機に繋げて本格的に仕事を始めた印刷業界あがりからみれば、雲泥の差なのは確かなんですね。

レンダーに2昼夜かけたり120GのHDを5連装でコマンド手打ちで仕事してた身から言わせて貰うとOSってあるだけでスゴイですよ(笑)ただその信用度が脊髄反射で行う【セーブコマンド】なのが今も変わらないのは馬鹿げてますが。ネットもOSも規模が拡大しただけそんなに大きく進歩はしてませんよね。

ただノイマン型のPCから非ノイマン型のPCの仕様に人間の思考が合うかどうか?とかは解りません。現にCellはプログラマーには鬼門ですし。「超新世代PCでアプリ記述したら結局エクセルのお化けだった!」とは友人との笑い話でよく使うネタです。(結局人間の方が進化しない)

>「これからは、機械が人間に合わせる時代がくる」

とかいって入力は「タイプ」か「ペン」でしょう?AIで念じただけで入力出来ても【速記できる程の速度】と【入力ミス無し】でなければ手メモに勝てませんし。(笑)

私が80歳になっても【仕事で使うインターフェース】は代わっていないと思います。

投稿: STしん | 2007.11.28 20:25

>> STしん さん

カセットテープで6分かけてブートしてた頃、「フロッピー」は手の届かぬ存在で、まして「ハードディスク」なんてブルジョーアのものだと思ってたのは、かれこれ20年以上も前になります。

隔世の感覚はありますが、STしんさんの言うとおり、「規模が拡大した」だけでしょう…が、いま、わたしたちの「目の前のコンピュータ」は変わる(代わる?)んじゃぁないか、という予感もあります。

ウェアラブルになったりペン入力になったり、インタフェース周りの試みもありますが、もっと抽象的な「目の前のコンピュータに何を任せるか?」という次元で、大きな変化があるような、そんな予感です。

たとえば、(もう既に起きてしまった変化ですが)十年単位で見ると、パソコンの役割は確実に変わっています。かつては、Lotus123や桐を走らせるための「計算をするマシン」だったのが、今は、メールやグループウェアを使うための「コミュニケーションツール」と化しています。

もちろん、大量生産・普及によって一人一台になったからとか、インターネットのおかげといった環境要因もありますが、「パソコンに求めるもの」が変わったため、「パソコンの定義」も変わっているよ、というのが著者の主張のエッセンスでしょう。

そして、「パソコン」という言葉を使わずに、いま求められているものを再定義し、製品化することが必要だ、と説いています。わたしの拙い想像力では、とても思いつきませんが、「それ」が目の前に現れたとき、かなりの確信をもって「これだ」と言えるんじゃぁないかと。

投稿: Dain | 2007.11.30 00:34

機械が人間にあわせる?
つまり、答えはちょびっツじゃないか。

投稿: | 2007.12.01 21:27

>> 名無しさん@2007.12.01 21:27

ちぃよりもネンネンの方がッ!!
(トシがバレますな…)

投稿: Dain | 2007.12.01 23:11

http://www.1101.com/hara/index.html
ほぼ日で著者インタビューがあったようです。

内容にはいい意味で驚愕しましたよ。
是非お目通しを

投稿: NAPORIN | 2007.12.05 14:27

>> NAPORIN さん

これはスゴい!
志の高さと、その志にワガママなところが、すっかり気に入りました。
本書を読んだときも感じましたが、こういう日本人をやりたいですな。

いいものを教えていただき、ありがとうございます。


投稿: Dain | 2007.12.05 22:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18285/17191243

この記事へのトラックバック一覧です: ずっと米国のターン?「21世紀の国富論」:

» 21世紀の国富論 [新書中心主義-心理学者の読書日記]
『21世紀の国富論/原丈人/平凡社/2007』 著者:ベンチャー・キャピタリスト 評価:IT産業と株主優先の幻想を捨てて次を探る。新時代への宣言。 さまざまなブログで人気なので読んでみました。 原丈人「21世紀の国富論」(小鳥ピヨピヨ) (スゴ本) ・株主優先経営の幻想 買収と売却の繰り返しでアメリカの工作機械メーカーは衰退した。 工作機械という産業ジャンルごと失われてしまったのだ。 CEOゴロ 必要以上のリストラで株価を下げ、 自分にストックオプションを付与し、 株価が上がったら... [続きを読む]

受信: 2007.12.18 00:16

« 「罵ってけ!へんたいたーれん(M@STER VERSION)」を100回脳内再生する | トップページ | 自分の中の、知らないスイッチが入る「奇想遺産」 »