« ローマ人の物語IX「賢帝の世紀」の読みどころ | トップページ | 「DS文学全集」レビュー »

千賀さんはとんでもないものを教えてくれました、「カイト・ランナー」です

カイト・ランナー 乗車率200%の痛勤電車で嗚咽が止まらない。

    For you, a thousand times over
    きみのためなら1000回でも

 瞼の裏が頬→喉に直通、胸からそのまま熱いやつがあふれる。揺れているのは電車でなく、わたしの心、酒に強く酔ったようだ。要するに、あまりに強い感情に襲われて、立っていられない。

 最初に断っておく。これは、今年No.1スゴ本、自信を持って、オススメできる(ナンバーワンがいくつあんねん!というツッコミ勘弁なー)。呵責と償いの極上のストーリーを堪能してほしい

 敬愛する千賀サマが、「全米が泣いた 私は泣いたよ」と太鼓判押したのが"The Kite Runner"、勇んで買ったはいいけれど積読山へ(英語の小説は優れた導眠剤)。で、橋の下をたくさんの水が流れ、ようやく邦訳を読めたというわけ。

 アフガニスタンの激動の歴史を縦軸、父と子、友情、秘密と裏切りのドラマを横軸として、主人公の告白を、ゆっくりゆっくり読む。描写のいちいちが美しく、いわゆる「カメラがあたっているディテールで心情を表す」ことに成功している。

 話の展開は、千賀さんの言う「John Irvingを、ウェットかつエスニックにした感じ」まんまですな。エピソードの語り口は、むしろ「アンジェラの灰」が近いような。amazonはこう紹介している。

小さい頃、わたしは召使いであるハッサンとよく遊んだ。追いかけっこ、かくれんぼ、泥棒ごっこ、そして凧あげ。わたしはちゃんとした学校へ通っていて、読み書きもできる。しかし、ハッサンは世の中の「真理」をすべてわかっているようだった。真理とは、愛や慈悲、そして罪、というものについてだ。12歳の冬の凧合戦の日。ついにそれが起こる。

記憶の底に決して沈めてしまうことのできない罪…。他人を救うことの困難さ、友情、愛、畏れについて深く考えさせる、アフガニスタン出身作家の鮮烈なデビュー作。

 イントロで展開が読める、しかも、はやりの御涙ちょーだいの「かわいそう話」ではないのも分かる、でも止まらない。涙腺の弱さは折り紙つきのわたしだが、まるで感情の蛇口が壊れてしまったようだ。

 本書は、ニューヨークタイムスのベストセラーに64週ランクインし、300万部の売上に達したという。アフガニスタンが舞台の物語としては異例だ。おそらく、「父と子」、「友情と裏切り」、「良心と贖罪」といったテーマの普遍性が、読者層を厚くしているのだろう。

 しかし、これほどの売上は移民の読者層が増えている証左なのかも。

 祖国を離れアメリカで生活をしている人にとって、二つのスタンダードに挟まれることは想像に難くない。本書の主人公は、むしろアメリカ流に飲み込まれ、過去を深く埋めるほうを望む。この「過去」は特殊かもしれないが、ダブルスタンダードを意識する人にとって、本書は別の意義をもち始める。

 本書には、二つの「ダブルスタンダード」が折りたたまれている。一つは、戒律の厳しいアラブの男の「ダブルスタンダード」。「嘘と贖罪」の過去が暴かれるとき、気づかされる仕掛けとなっている。もう一つは、イスラム法を厳格に守る(守らせる)集団、タリバンの「ダブルスタンダード」。映画や小説で見知ったベトナムやカンボジアと重なる。

 二つの祖国を持つ苦悩なんて、山崎豊子の小説でしか知らないわたしと異なり、U.S.に移住した人は、また違った思うところがあるんじゃぁないかと。千賀さんだと「ニッポンは平和ですね」と微笑み返すんだろうなぁ。ともあれ、すばらしい本を教えていただき、千賀さんに大感謝。

 最後にもう一度。これぞ今年のNo.1スゴ本、自信を持って、オススメできる

 そうそう、「人前で読むな」と忠告しておかないと。周りの迷惑になるので、独りのときに、どうぞ。

|

« ローマ人の物語IX「賢帝の世紀」の読みどころ | トップページ | 「DS文学全集」レビュー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18285/16842347

この記事へのトラックバック一覧です: 千賀さんはとんでもないものを教えてくれました、「カイト・ランナー」です:

» 【book】きみのためなら1000回でも [soraなりの日々 - fc2 -]
帯びたい: 家族、友情、裏切り、また救済の真実に迫った力作。 - ワシントン・ポスト 人として守るべき道とは何かを問う忘れられない物語。 - usa トゥデイ尊敬する千賀さんの紹介から何となく気には掛けてた。けど、忘れて... [続きを読む]

受信: 2007.10.31 23:33

» [本]カイト・ランナー [トモクローのキクバリスト日記]
Dainさんのお勧めスゴ本ということで読みました。 わたしが知らないスゴ本は、きっとあなたが読んでいる: 千賀さんはとんでもないものを教えてくれました、「カイト・ランナー」です 使用人の息子ハッサンの忠誠を裏切った罪に苦しみ続ける主人公アミールの人生を描いた物語... [続きを読む]

受信: 2007.11.22 13:04

» 【書評風】 -読み返す、何回でも-君のためなら千回でも [加速度BLOG -新書主義-]
カーレド・ホッセイニ 君のためなら千回でも(上巻) ¥ 693 カーレド・ホッセイニ 君のためなら千回でも(下巻) ¥ 693 “For you, a thousand times over... [続きを読む]

受信: 2008.01.03 23:27

» [本]カイトランナーを読んで思い出した本 [My Adventure Playgrougnd 2]
年末にスゴ本の中の人が推薦していた「カイトランナー」を図書館でを借りて読んだ。主人公の心の動きがとても痛く感じた。中ごろから一気に展開が加速していくが、それまでの主人公の苦しみや淡々と語られていくなんとなく悲しいアメリカでの生活などが印象に残った。とにか... [続きを読む]

受信: 2008.01.13 01:46

« ローマ人の物語IX「賢帝の世紀」の読みどころ | トップページ | 「DS文学全集」レビュー »