« 最近のイチオシ「付喪堂骨董店」 | トップページ | 心にささる一行「胸からジャック」 »

見どころは飼い主「作家の犬」

作家の犬 犬好きで本好き必読。

 夏目漱石・中島らもが「猫派」なら、川端康成・米原万里は「犬派」になる。よく見る写真では仏頂面なのが、愛犬と一緒だとここまでニヨニヨするのか!? 著名家たちの隠れた一面を垣間見て、こっちまでニヤニヤ。もちろん見るべきは飼い主のほう。

 たとえば世界のクロサワ。が、犬を相手にデレデレしているとこなんて、はじめて見た。いつも黙って厳めしい顔しているイメージだったのが、これじゃただの犬好きオヤジだよ。必見。

 次に、米原万里。エッセイで犬猫好きは知ってはいたが、奴らはペットとかいう存在じゃないね。ただの犬好きのオバサンとして無防備に笑っている。著書「ヒトのオスは飼わないの?」は自嘲でも何でもない。ヒトのオスには厳しいけれど、不幸な犬猫には限りなく優しい、いちオバサンと化す。

 近寄りがたい人々なのに、犬と一緒に写っているだけで、一気に親しみがもててくる。ただし文豪ならではの鋭い一面も。犬の顔なんて見慣れたものだと思っていたが、作家のフィルタを潜った文を読むとハっとさせられることがある。

 中でも、犬の表情を巧くとらえているのは川端康成だろう。「禽獣」は既読だったはずだが、この描写は忘れてた。女が身を任せるときの表情や心中を、出産時の犬になぞらえてこういう。

少しきまり悪さうにはにかみながら、しかし大変あどけなく人まかせで、自分のしてゐることに、なんの責任も感じてゐないらしい

 ああ、そのとおりだ。一線を越えるとき、女は確かにそんな顔をする。今度ぱんつを下ろすとき、女の顔をよく見てみるといい。そこには、きまり悪さとあどけなさがあるから。

 また、「犬が笑う」はありえないことの喩えだったが、驚くなかれ、笑う犬が写っている。p.21の平岩米吉のリリ(シェパード)と、見返しの中野孝次のハラス(たぶん芝)だ。それ以外は、ぜんぶ飼い主が笑っている。

 最後に。犬への愛情は、中野孝次が上手く伝えている。「老いきたる」より。

   犬というものはその言葉を持たない。
   余計なことは言わないから
   犬に対しては人は無限の愛情を注ぐことができる。
   無条件に、無警戒に、ただ愛することができる。
   犬を飼うよろこびの最大のものは、
   そういう絶対的に愛することのできる相手が
   そこにいるということなのだ。

 本好きで犬好きなら、オススメ。眺めてニヨニヨしよう。
 ちなみに、猫好きで本好きなら、「作家の猫」。わたしのレビューは[ここ]
作家の猫

|

« 最近のイチオシ「付喪堂骨董店」 | トップページ | 心にささる一行「胸からジャック」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18285/16251429

この記事へのトラックバック一覧です: 見どころは飼い主「作家の犬」:

» [はてブ][書籍]「作家の犬」&「作家の猫」 [すてきな仲間ライオネル]
わたしが知らないスゴ本は、きっとあなたが読んでいる: 見どころは飼い主「作家の犬」http://dain.cocolog-nifty.com/myblog/2007/08/post_eada.html 作家の犬 (コロナ・ブックス 133) 作者: コロナ・ブックス編集部 出版社/メーカー: 平凡社 発売日: 2007/06 メディア: 単... [続きを読む]

受信: 2008.03.19 22:33

» 作家の犬 (コロナ・ブックス 133) [忍者大好きいななさむ書房]
作家の犬 (コロナ・ブックス 133) [続きを読む]

受信: 2009.06.26 00:23

« 最近のイチオシ「付喪堂骨董店」 | トップページ | 心にささる一行「胸からジャック」 »