« 残酷な因果のテーゼ「真景累ヶ淵」 | トップページ | 「ローマ人の物語」を歴史の専門家はどう評価しているのか? »

全上司必読「もし部下がうつになったら」

もし部下がうつになったら 全上司必読の一冊。そう「なる」前に読んでおくのと読んでいないのとでは、えらく違ってくる。予防の1オンスは治療の1ポンドに勝る。

 7人に1人は「うつ」になるという時代だそうな。うん、プロジェクトの火消しに没頭するあまり、自分に燃え移っていることに気付かず、火だるまになったことがある。罵倒と怒号が飛び交う火事場で残業100超を3ヶ月続けると、確かにおかしくなったよ。

 うつになる人が増えているということは、うつになる同僚が増えているともいえる。さらに、うつになる部下が増えていることでもある

 しかし、うつになった社員にどう対応するべきかは、企業レベルでは浸透しておらず、部下から診断書を見せられて困惑する「上司」が大多数だろう。しかも、そうした「上司」は、出世競争のいわばサバイバーなので、うつになった部下の気持ちが理解しにくい。

 本書はそうした「上司」たちに向けて書かれている。業務量は変わらないまま、ギリギリの人数で仕事をしている現状で、おいそれと人は増やせない、仕事も減らせない。しかも部下が「うつ」になった。どうする? の具体的な対処がこれ。

 例えば「うつ」になった部下との接し方について。どこかで聞いたことがあるかもしれないが、本書では具体的にどう応えればいいか説明してくれている。

  • 「がんばれ」は禁句なのは知った上で応対する具体例
  • 受容→傾聴→共感の3ステップで聞き役に徹する
  • 「さっきから相槌ばっかり打っているだけじゃありませんか? 私は辞めたほうがいいのでしょうか?」とYES/NOで迫られた場合→受容+オウム返し
  • PMや代替の利かないメンバーがうつになった場合→到達点の明確化+医師を含むサポート体制の構築
 本書は、たったいま、部下が「うつ」と診断された瞬間から使える

 上司が前半を読むと、職場の人にはどう伝えればよいか、休職させるか、させないか、その判断はどうすればよいかが分かる。さらに、休職させた部下をスムーズに復帰させるために、上司(と人事担当)はどのようにすればよいかが豊富な事例で紹介されている。もちろん、「失敗」した例もあるぞ。

 後半は、そうなる前に上司としてしておくべきことがある。いわば、予防やね。[部下を殺すような欠陥上司]の轍を踏まないために、読んでおきたい。

 「不適応」のサインを知る方法、職場のストレスを探知し緩和するためには、部下をつぶす上司の例、仕事は減らさずにストレスを減らす解決策(!)がある。最期の奴は、要するに「仕事の負荷は変えずに、裁量権と達成感を持たせよ」という方策なんだけど、直属の上司ではかなり難しい、人事担当の仕事だろうね。

 わたしは、いわゆる「管理職」ではないけれど、プレイングマネジャーとしてメンバーを任されるのが常だ。次のチームビルディングの際は、ストレスマネジメントも組み込むべ。

|

« 残酷な因果のテーゼ「真景累ヶ淵」 | トップページ | 「ローマ人の物語」を歴史の専門家はどう評価しているのか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18285/16043060

この記事へのトラックバック一覧です: 全上司必読「もし部下がうつになったら」:

» ダークサイドに堕ちた管理職の皆さんへ、おススメの必読書 [toguo.com別館]
toguo.com別館 - ダークサイドに墜ちた管理職 先日こんな日記を書きましたが、ダークサイドな管理職の方が少しでもライトサイド側に戻るためにぴったりな本を見つけたので紹介します。 もし部下がうつになったら 「携書」 作者: 松崎一葉 出版社/メーカー: ディスカヴァー・... [続きを読む]

受信: 2007.08.11 12:34

« 残酷な因果のテーゼ「真景累ヶ淵」 | トップページ | 「ローマ人の物語」を歴史の専門家はどう評価しているのか? »