« 松岡正剛の読書術 | トップページ | そろそろコンサルタントについて一言いっておくか »

嘘つきとヤンデレの純愛「嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん」

嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん ヘヴィノベルだ、これっぽっちも light じゃない。が、面白さも重たい。するりと読めてガッチリと掴み取られる、まーちゃん(表紙)に。彼女のヤンデレは狂気の域に達しており、小学生兄妹を拉致って監禁している。

 いっぽう、語りべのみーくんは嘘つき。口ぐせは「嘘だけど」。地の文に紛れ込むモノローグでも嘘をつく。こっちはそこを織り込んで読むのだが、ラストの「幸せの背景は不幸」のくだりでやられた!おもわず天を仰ぐ。「幸せの背景は不幸」―― これがサブタイトルに入っているのを読了後に知って、もう一度空を見る。

 さらに、 一行目を読んだ瞬間、物語の二重底に気づく。ミエミエ、と思ってたら実は三重底。まーちゃんのヤンデレと、みーくんの口ぐせ「嘘だけど」が効いている。この仕掛け、上手に騙されましたな。ラノベだと舐めてかかって一本背負いを喰らった。でも気持ちいい。

「まーちゃん」
 マユの髪を指で梳きながら、諦め混じりに問いかけた。
「君、あの子達を拉致っちゃった?」
「うん ! 」
 当り前のように、元気一杯の返事を頂戴した。なんか、褒めて褒めてと、今にも言い出しそうだ。言われたらどうしよう、頭ぐらいは撫でてしまいそうだ。
「ねーねー、みーくんはおうち帰らなくていい? ていうか、一緒に住もうよ」
『は』ってあのね。
「質問と要求を一緒くたにしないように」
「で、で? どーなの?」
 人の話なんか聞いちゃいねぇ。しかも、目が爛々に輝いている。学校での性格はハリボテだったのかな、童女の立ち振る舞いが自然すぎる。


 するする読めて、ガッツンやられる。ラノベだからって「軽く」見てたのが恥ずかしい。そうそう、カバー裏はスゴいことになっているので、ぜひ読了後に鑑賞するように。

 嘘だけど。

|

« 松岡正剛の読書術 | トップページ | そろそろコンサルタントについて一言いっておくか »

コメント

「嘘だけど。」というと極楽りんごを思い出しますね。

投稿: すがり通り | 2007.07.26 05:54

「極楽りんご」、ぜんぜん知りませんでした
なかなかシュール(?)で面白そうですね

投稿: Dain | 2007.07.29 19:52

 
 それも嘘だけど。
 
 はじめまして、かりうむと申します。
国立国会図書館の使い方の記事からお世話になっております。
 
 私もこの小説は友人から借りて読みました。
 さもありなん、あのシーンでは、
『くそ!やられた!』
と思わず叫んでしまい、授業中のみなの視線を一身に集めることになりました。
 
 物語は概して楽しめました。
 
 しかし、そこまでヤンデレのヤンの部分を感じられなかったのが、少し残念でした。
 やはり、落差がないとどれだけひどくても響かないのかな、と感じました。
 
 

投稿: かりうむ | 2007.08.05 20:32

>>かりうむ さん

授業中に読んでたのですね…

「あのシーン」には天を仰ぎました。ヤられた!
「嘘だけど」が上手~く効いています。○○系小説のお手本みたいですな(○○は未読の方のために伏せておきます)。

病んでるところは、出だしの菜箸のあたりでしょうか。あと「心」を感じさせない会話とか。


投稿: Dain | 2007.08.05 22:25

 
 返信ありがとうございます。
 
 ヤられた、の『ヤ』がカタカナなのは仕様ですか、そうですか。

 やんの部分についてですが。
 
 菜ばしのあたりは、後先考えない子供のような印象を受けました。
 直情径行。あの外見であの行動、というところは確かに落差を感じました。
 『心』を感じさせない会話は・・・みーくんのほうに注意がいってしまってそこまで注目していなかったです。また借りて読みます。
 会話で少しゾッとしたのは、雨降りデパートの所ですね。思えば、あれは病んでました。
 
 
 私的な見方なのですが、ヤンデレというのは、
 
 平穏な生活を送りつつも、主人公への愛情が強すぎて、だんだん歯車がずれていく。
 日常の中にちらりと見える狂気が怖気を誘い、苛烈な執着心に追い詰められていく。
 一度乗ったら降りられないジェットコースターの如く、ゆっくりと確実に最高点まで登り詰め、日常からの急降下。
 
 というイメージだったので、最初からブレーキ壊れてフリーフォールというのは少し違うかな。と感じています。

 でも、デレているときは、
 か わ い か っ た 。

 それだけはジャスティスです。

投稿: かりうむ | 2007.08.07 01:18

>> かりうむ さん

ヤンデレ小説の効能として、病んだ美少女の毒気にあたることも強調しておきます。

  > 平穏な生活を送りつつも、
  > 主人公への愛情が強すぎて、
  > だんだん歯車がずれていく

のあたりで激しく西尾維新を思い出したので、↓あたりがドンピシャかと。
(既読の予感がぷんぷんしますが)

「きみとぼくの壊れた世界」
http://dain.cocolog-nifty.com/myblog/2005/08/post_142f.html

人を好きになることは、たしかに大切なことだけれど、モノには限度があるよね、と頷きあいたくなるような一冊です。

投稿: Dain | 2007.08.07 23:55

 
 オススメありがとうございます。
 
 幸運にも読んだ事ないですね。
 レビューを読んだだけで地雷臭がします・・・が、あえてそこに飛び込みましょう。

 友人に確認をとると所有しているとのこと。登校日が楽しみです。
 

投稿: かりうむ | 2007.08.08 10:02

>> かりうむ さん

素晴らしい友人ですね。借り出すついでに感想を訊いてみることをオススメします。

あ、それから…

レビューにも書いたとおり、読後感はあまりよろしくないので、つんのめって読まないようにしましょう。夏休みは永いのですから。

投稿: Dain | 2007.08.08 23:05

 
 永い、ですか。
 ・・・それは、永遠になるとか、君が望んでいるとか、それを暗示するものとみなしてよろしいのでしょうか・・・
 
 実はあの後、その友人から電話があり、
『本当に読む気か?・・・いや、読みたいんならいいんだけど、二、三日、鬱っても知らないぞ』
 という忠告を受けました。
 あの秋の日、にこやかに『電波的な彼女』を薦めてきた友人を(犯行理由:めっちゃおもしろいから!)、ここまで戦々恐々とさせる小説・・・すいません。恐すぎます。読了後の精神状態が。
大事をとって、受験が終わる来年四月まで見送ります。
 君子危うきに近づかず・・・です。言い訳です。

 薦めてもらったのに、本当に申し訳ないです。
 読んだら、かならず報告しますから。

投稿: かりうむ | 2007.08.09 01:38

>>かりうむ さん

「長い」と書いたら、どれほど長期間だろうとも、終端があることを暗示します。だから、「永い」と書きました。「きみとぼく」を読了した方で打ち所が悪かったりすると、ずっと引きずることになるかもしれませんから。

「きみとぼく」のラストは「BAD END」です。しかも、ゲームならリセットが利きますが、本なので読み終えたらオシマイです。読み手はこのエンディングを受け止めなければなりません(マナマナ以上に非道いと思います)。

…というか、受験生さんだったんですね。国会図書館の使い方で紹介したやり方で「スーパーエリートの受験術」を入手して、早々と合格圏へ到達しちゃってください。5回読んで実践すれば、どんな試験だって合格できます(ただし、日本限定)。

投稿: Dain | 2007.08.09 22:49

 
 ・・・マナマナより酷いとは。
 それほどに危ない小説だったのですね。今は近づかなくて正解でした。
 
 スーパーエリートなんですが、レビューをみてすぐ、親に会員証を作ってもらい喜び勇んで借りようとしたのですが、利用中になっており借りられませんでした。残念です。
 
 代わりに、ドラゴン桜に書かれた方法を実践してきたのですが、エリート本の水割りでは効果が薄いでしょうか?
 

投稿: かりうむ | 2007.08.10 00:51

>> かりうむ さん

「ドラゴン桜」は良いマニュアルなのですが、いかんせん長すぎるので繰り返し読みに適していません。

ただいま覗いてみたところ、「スーパーエリート」の1994版は利用可となっています。競争率が非常に高いので、静かなバトルがくりひろげられていることでしょう。

もう天王山も真っ只中です。いつ手に入るかも分からない「スーパーエリート」よりも、「ドラゴン」に絞っていいんじゃぁないかと。

合格をお祈りします。

投稿: Dain | 2007.08.13 23:32

読んでみたけど、あまりヤンデレって感じはしなかった
ただ壊れてるだけという感じ。
病んでるというより狂ってる/壊れてると表現した方が正しいと思う。
高威力のヤンデレを期待した僕としては、待っていたのがただの壊れた精神の持ち主で、やや拍子抜けでした。

投稿: ttt | 2007.08.14 14:08

 
 Dainさん、返信ありがとうございます。
 
 ドラゴン桜で使えるノウハウは、ノートに書き出して毎週確認して毎日実行しています。Dainさんが良いマニュアルというのですから、大丈夫でしょう。
 本命に合格できれば東京に住むことになるので、エリート本はそのとき国立国会図書館で閲覧します。
 
 ところで、
 「おれ、合格したら●●するんだ」
というのが最近多いのですが、死亡フラグが立ってますかね・・・
 
 冗談はここまでにして。
 
 応援ありがとうございます。がんばります。

投稿: かりうむ | 2007.08.15 19:42

>> ttt さん

そう、そこ!ケチをつける際は次の一行をどうぞ!
 →→→ 「○○○」と比べてたいしたことなかった ←←←
ぜひ「○○○」を読ませていただきます!
え? 「ヤンデレ大全」読めですかそうですか…

>> かりうむ さん

  > 「おれ、合格したら●●するんだ」

これマズいっす、どう見てもフラグです。

「合格したら」ではなく、あたかも合格しているかのうように振舞うべきです。「ドラゴン桜」になかったでしたっけ?「東大に合格したら」ではなく、「東大生ならこうする」かのように行動せよ、というやつ(自己暗示)。

この方法は、「16歳の教科書」にあります。「ドラゴン桜」を新書にしたようなもので、心得に近いテクニックが紹介されています。この時期に方法論を紹介するのは気が引けますが、ちょっと息抜きにちょうどいいかもしれません。

投稿: Dain | 2007.08.16 23:41

 
 Dainさん、返信どうもです。
 
 死亡フラグはこれから、意識して回避することにします。
 というか、二日前は模試が目前に迫って、ネガティブチキンになっていました。申し訳ない。
 モチベーションの上下が激しいというのは、受験生の特性ですね・・・改めないと。
 
 
 自己暗示についてですが。
 
 今のところ、洗脳力に頼っています。
 あとは、同好の志と行った後のことを色々語らいます。

 家庭教師をする。国立図書館に引き篭もる。柳田國男全集を読む。小説書く。同志とシナリオ練る。同志とギャルゲーを作る・・・etc.

 とにかく、使えるものは全部使って受験勉強をしています。オープンキャンパスも非常に役に立ちました。
 
 根性と基礎力と忍耐の夏は終わり、ウッハウハの伸び盛りの秋です。
 メンタルコントロールはきっちり整えるようにします。
 
 あと、ヤンデレ大全に載っている
「止まない雨に病みながら」
まだ製作途中ですが、体験版がすでにWEBで公開されています。
 オススメですよ。

投稿: かりうむ | 2007.08.17 22:02

>> かりうむ さん

「止マナイ雨ニ病ミナガラ」ですねっ
病んでるというより、壊れている娘さんですねっ

うっかりyoutubeの総集編を踏んでしまったばっかりに、
狂気のジェットストリームアタックで朝から憂鬱です──

── (゚o゚;) ハッ

そうじゃなくて、今は勉強!それどころじゃないでしょうに!

というツッコミを入れてほしいのかと思いきや、このエントリが
ヤンデレ小説の紹介であることを思い出しました。

メンタルにクリティカルなを与えるギャルゲこそ、春までとっておきましょう。


投稿: Dain | 2007.08.19 06:56

 
 返信どもです。
 
 ジェットストリームアタックとは上手い事いいますね。
 メインはちょうど三人ですし。誰がどう見ても死亡フラグたってそうですし。
 後、『止ま病み』はR18でしょうから、やりたくても春までやれません。非常に残念です。
 というか、注目している作品が全部R指定はいってますのでどうしようもないです。
 
 独り暮らしして好き勝手するためにも、日々効率よく勉学に励んでいます。
ノリノリで英文を音読している自分をみる家族の目線が、とてつもなくイタイです。
 けど、最近、それにも慣れてきました。むしろ、かいk(ry
 人間は、こうやって強くなっていくんですね・・・がんばります。

投稿: かりうむ | 2007.08.19 15:59

二巻がでてましたよ

投稿: 日野 | 2007.09.09 14:16

>> 日野 さん

情報ありがとうございます、予約済です
…でも、あれでどうやって「2」にするつもりなのかは謎ですな!

投稿: Dain | 2007.09.09 22:34

初めましてー(*^_^*)
薙砂と申します☆
一番バカな時期の中2が何紛れ込んでるのといったカンジですが、よろしくお願い致します。

「嘘つきみーくん」、私はたまたま書店で見かけ、こういうイカれた(失礼)シリアスなカンジの本が大好物なため、衝動買い(笑
テスト前だっつーのに一日で読破しましたね。
9時に読み始め、10時に読み終わってました。

途中、思わず声に出して笑ってしまったシーンが幾つか。
特に、ジェロニモ(奈月さんですねー(^^))とみーくんとの電話での会話。
本嫌いの友達に見せたら、爆笑ののち、「貸して」の一言が。
明日槍が降ると直感しました。

嘘だけど。

なんて、使いたくなっちゃいますねぇ、これ。

5巻、出ましたねー。
脱出お見事!
やー、自分は最後、脱出出来そうにないなぁとしみじみ思ってしまいました。
文化部ですし。
ネタバレになっちゃいますので控えますが。

ではでは、深夜に失礼致しました。
これからもお話して頂ければ幸いです。

投稿: 薙砂 | 2008.06.08 00:33

>> 薙砂さん

あうー

若い人には毒なネタも揃えてますので、素直に「らっしゃい」と呼べないのがツラいのですが…ともあれ、コメントありがとうございます。

「みーくんまーちゃん」は出せば出すほど物語が厳しくなるので、わたしはそうっとしておこうと思ってます(そう、原作ハルヒと同じように)。

テスト前の読書がはかどるのは普遍でしょう、わたしのときはシドニィ・シェルダンでしたな(笑)。勉強、がんばってくださいまし。

投稿: Dain | 2008.06.08 21:24

あはははは、「出せば出すほど」ですか。
言われてみればそうですねぇ。

個人的には、やはり1巻と3巻がお気に入りですね。
にもうとが可愛いのなんのって…!

あとは、まぁ、湯女とみーくんの会話ですかね。
何だあのシンクロ。
双子かお前等。
と突っ込みたくなりました。
関西人だ、仕方がない。
と無理矢理納得。

そして、そのテストだったんですが。
何の因果か、何と合計点が444点でゾロ目。
5教科500点満点だったんですけど。

444って何だおい。
てか、前にも2回出してるぞ。
取り憑かれてんのか。

みーくんまーちゃんのご加護ですかねぇ。

投稿: 薙砂 | 2008.06.13 00:42

>> 薙砂さん

444/500 ですか!ほぼ9割の得点率、すげー
次のゾロ目はφ's(555)じゃぁありませんか、
ぜひ挑戦してくださいませー

…冗談さておき、イマドキのラノベは中毒性が高いので、
ご利用はほどほどに…

投稿: Dain | 2008.06.13 01:07

いえいえ、まだまだおバカの域ですよ。
テスト中に廊下を奇声を上げて駆け回る、お猿さんがいるぐらいのアホ不良校ですから。
念のため、動物園ではありません(笑

555……。
挑戦してみようかなぁ、テスト結果こっそり捏造して。
なんて。

こちらも冗談は宇宙の彼方へ銀河鉄道に持っていってもらって(意味不明

うはははは、とっくに中毒ですよ。
そろそろ正常化させないと。
一生無理っぽいですけど(笑

投稿: 薙砂 | 2008.06.14 00:08

>> 薙砂さん

  > テスト中に廊下を奇声を上げて駆け回る、お猿さんがいる

あーそれ俺、オレオレ、俺だよwww
それなんて母校www

そうそう、とっくにガイドク(既読)かもしれませんが、「とらドラ!」なんていかがでしょう?

これは傑作です。

ラノベ読んでて血が沸騰したのは(そして顔真っ赤になったのは)、初めてです。熱血恋愛青春グラフィティで、巻を追う毎にラブコメ度と熱血度がバージョンアップし、エエトシこいたオッサンなのにシンクロ率が異常値を示しています。

こういうのを若いうちに読んでしまうと、何かの境地に『達して』しまうか、絶望してしまうかもしれません。ある意味、「耳をすませば」なんかよりも、殺傷度は高いですな。

投稿: Dain | 2008.06.15 22:31

あぁ、「とらドラ!」はまだです(遅
読みたいとか思いつつ、財布の中はただいま20円。
100円硬貨が命の水に見えます(死ね

確かアニメ化したんですよね、あれ。

顔真っ赤…
熱血度………

やべぇ、学校で読めねぇとか心中でほざきました。

何かの境地に達する……

わぁ、カッコいい☆★(逝ってこい
絶望はしませんが。
私以外はするかもしれませんね、自分図太いんだかよく分かんないですけども。

今日あたりにでも買ってきまーす。
テスト約一週間前でーす。

目指せ555ー(笑

投稿: 薙砂 | 2008.06.17 09:27

>> 薙砂さん

ひょっとすると、現役の中高生だと「?」になってしまうかも。
ラブコメをファンタジーとして読める人にはツボでしょう。

ともあれ、テスト勉強は時限勉強。キアイ入れていきましょう。

投稿: Dain | 2008.06.17 22:19

今の中高生は濃ゆいのです(笑
特に女子。
腐女子とかが急増してるのですよーあはははは。

と、いうワケで(何が)、まぁ分かるかなぁと。
財布の中にカイロが欲しいんで、今は無理ですが…。

マンガとかもバカ買いしちゃうんですよねー。


……さーて、提出物だー。
その前に頭の修理だー。

投稿: 薙砂 | 2008.06.19 23:04

>> 薙砂さん

んー、腐女子が増えているというよりも、
自覚的な女子が増えているような気がします。

それから、本は借りるもの。買ってると身が持たないですぞ。

一例:図書館を利用するようになるまでの20ステップ
http://dain.cocolog-nifty.com/myblog/2006/09/20_ed7b.html

投稿: Dain | 2008.06.20 00:48

おぉ☆
わざわざ、ありがとうございます♪
でもまぁ、借りる時は借りまくって返却期限という悪夢を見ます(藁
取りあえず、一巻を立ち読みしてみて面白そうだったら買ってみるつもりです。
ちなみに図書館は予約でいっぱいでした;;

で、何かごちゃごちゃと私はキーボードを打ってるワケですが。

実はテスト、明日と明後日です。

ふは、諦めたのさと開き直ってみるのも一興かと(日本語勉強しろ

取りあえず幻覚の555目指してきまーす。
ちなみに今回も500点満点だったり。

投稿: 薙砂 | 2008.06.25 23:21

>> 薙砂さん

本を「買って」読んでいたときに達した境地は、
「死ぬまでに読みきることはないだろう」ですね。

速読パラ見で「読んだ」ことにしてもいいのですが、
それは矜持が許さないということで。

図書館派も一緒で、

   借りる派にとって「貸出期限」 = 買う派にとっての「一生」

なんだと思っています。

つまり、

期限内に読まない本なら、一生かけても読まない本なのです。
割り切りすぎ(?)なら、延長すればよいかと。

幸い、人生は延長も延滞も利きませんが、
図書館は寛大なので (^^

では、テストをクリアしてから、「とらドラ!」楽しみましょう~

投稿: Dain | 2008.06.26 23:42

あぁ、なるほど。

「貸し出し期限」が「一生」ですか。
ウチの母は多分それですね。

ことあるごとに「買うな、借りてこい」と言いますから。
それもまぁ正論なんですが……。

以前、延長しようと思ったら予約待ちの方がいて、それ以来目にしていなかったり。
まぁ、そこまで執着した本ではなかったんですが。

やっぱり本当に気に入った本は買いたいじゃないですか。
一生持ってて、何回も何回も読み直したいんです。
で、読み直すたびに、また新しい発見が……みたいな。

実際、みーくんもそうですからね。
書店で初めて見たとき、「これは何が何でも買う」と誓いました(笑
1分後、またも母に「借りろ」と言われましたが、さすがに押し切りましたよ。結果、正解。

人によってほんの価値観は違うし、その人の好みにもよりますよね、「買う」「借りる」は。


そういえば、前にどうしても許せない本がありましたね。
外国の作家の方が書いたものを翻訳したやつだったんですが、もう訳がとんでもない。
訳者と作家の方に失礼ですが。

文章がおかしい(=訳し方がおかしい)、敬語と常語(でしたっけ)がごっちゃまぜ。
同じ文に二回も同じ表現が出てきている。
代名詞の意味が無くなってるんです。

思わず途中放棄しました。
ちょうど中学受験で作文の授業を受けていて、ことあるごとに注意されたことのほとんどが守られていなかったんです。
んで、「イライラしてきた…」と栞を別の本にチェンジ。
今でも読みたいとは思いませんね。
「何で出版できたんだ」とまで思いましたから。
あまり自分と相性の良い本ではなかったのかもしれません。

改めて読み直してみると、すごい長文。
失礼致しました。

投稿: 薙砂 | 2008.06.27 00:14

「とらドラ!」買いましたよー。
んで、まだ読み切ってません。

途中経過を報告しておくなら、丁度龍児が大河の家の豪華キッチンと対決するところです。
ただ、現時点での疑問が一つ。

23ページの、「俺は腐ったみかんじゃない」というのが今ひとつ分からず。
竹宮さんの写真がみかんですし、竹宮さんのことなんでしょうかねぇ。
それとも時代の変化か。

でもまぁ、それを抜きにしてもかなり楽しんでおります。
一人でくすくす不気味に嗤ってたら(ソファの隅っこで)、母から「あんた気持ち悪い」とのお言葉が。
はっ、褒め言葉だよ!!とまたも開き直る。

で、読み進める。
完璧な計画じゃないですかーあはははは(壊

投稿: 薙砂 | 2008.06.28 20:54

>> 薙砂さん@2008.06.27 00:14

本も縁ですから。

だから、
延長しようとしたら予約があってそれっきりだったとしても、
それはそれだけの縁でしかないと思います。

そして、
延長して予約があっても、ずーっとひっかかってたり、
延長して借りなおしをくり返しているようなら、
そこで購入を検討しても充分かと。

「買え」 or 「借りろ」 ではなく、
「買う」 and 「借りる」 を使い分ければいいと思います。
(財布と本棚(と床)にダメージを与えない良い方法ですぞ)

世に「読書家」といわれる方が、
「ピンとくるものは、即買え、『また今度』はもうないかも」
と脅すのは尤もです(わたしもそうでしたもん)。

でも、
彼・彼女らは、読みきれない本に囲まれて、
死んでいくのです。
(あるいは、死ぬまでに読めないことを悟るのです)

最近なら、山村修さんでしょうか(〈狐〉の書評家で有名)。
書評家としていい仕事している方ですが、
彼が本当に読みたい本を読んできたのかと考えると、
かわいそうになります。

図書館などを利用して数にあたり、
本当に読み返す本を精選させながら、
書架を充実させるのが、
夢ですな。
(ちなみに、わたしは本棚を持っていません)。


>> 薙砂さん@2008.06.28 20:54

  > 「俺は腐ったみかんじゃない」

ああ~
なるほど。

いえね、「ここで語られている話は、いつのことなのか?」
という疑問が湧き上がることがあるかもしれません。

最近わたしも分かったのですが、それは… … おっと言えませんな。

そして、そういう目で読み返すと、

  > 「俺は腐ったみかんじゃない」

の意味がよ~く分かります。
スミマセン、意味深かつ意味不明な言い方で。
コメント欄は、「font color="white」 が書けないので…

投稿: Dain | 2008.06.28 23:09

「俺は腐ったみかんじゃない」

を、そういう目で……?
過去に何かがあった、ということでしょうか。
まぁ、気長に答えが分かるのを待ちます。
そのためには、まずは読まなくては(笑


私もまともな本棚は持っていません。
二段ベッドの下のスペースに、小さな本棚があるくらいですよ。
それも既にいっぱいです(笑
小さい頃からたくさん詰め込んでますからね。

今思えば、自分って本当に「文学少女」みたいなものだったと思います。
さすがに食べはしませんでしたが(『文学少女』って本、ご存知ですか?)、誕生日やクリスマスで本以外の物を頼んだことなんて、二回ほど。
小学校の頃は、漫画より小説の方が好き、漫画なんて一冊も持ってないって状態でした。
六年生の頃に、初めて漫画を買いましたよ。

小学一年生でハリポタ読んでました(引っ

投稿: 薙砂 | 2008.07.01 21:27

>> 薙砂さん

んー
分かってなさ加減から、年齢の差を感じますね
ネタバレしてもいいのなら、以下の言葉を検索してみましょう。

  「俺たちは腐ったミカンじゃねぇ」

まぁ、ピンとクる人は、このセリフだけでも思い出すでしょうが…

それから、「文学少女」は嫁さんが浸っています。
「次でおしまい」みたいですが、なかなか楽しい妖怪の話みたいですね。

投稿: Dain | 2008.07.02 00:56

「俺達は腐ったミカンじゃねぇ」


どうもこれ、ぱっと調べてみたところ、金八先生のようですが……。

見たことないです、金八先生ァ´`´`´`((●´∀`●))ァ´`´`´`

イコール分からないのです、ごめんな━━━━━━⊂|*´Å`*|⊃━━━━い!!
まぁ、分からない台詞があってもいいかぁと脳天気な考え方をしておきます。


「文学少女」、なかなかに面白いですよー。
一度借りて読んでみては(●´艸`●)?

投稿: 薙砂 | 2008.07.05 13:38

>> 薙砂さん

ああー 調べたのですか…
最新刊(7巻)で分かるのですが、「これがいつの時代の話なのか」を知ると、
ラストは、「いま」「ここ」で締めるはず──

という重大な予想を脳内に展開すると、《かなり》 ニヤニヤできます。
「文学少女」は嫁さんが全読して、感想を聞いたうえで決めますね。

投稿: Dain | 2008.07.05 16:51

遅くなりました、もうしわけありません【泣】´Å`)゚o。ゥェーン

いつの時代の話なのか……?
「いま」「ここ」………?
んむむむ、考えれば考えるほどにこんがらがってきます アヘ(*。Д。)

ぅわ、学校でニヤつきそう||電柱||-∀-`)イヒヒヒ・・・・
楽しみにしておきます。

全読ですか∑(゜Д゜ψψ
そういえば、この間から、パワードガンガンで「文学少女と死にたがりの道化」のコミック版も連載してますよー。
私も友達に貸してもらおうかなぁとァ´`´`´`((●´∀`●))ァ´`´`´`

投稿: 薙砂 | 2008.07.12 21:02

>>薙砂 さん

  > いつの時代の話なのか……?
  > 「いま」「ここ」………?
  > んむむむ、考えれば考えるほどにこんがらがってきます

ああー
ヘンに混乱させてしまってスミマセン、
ラストにかかわることですし、
ネタバレになってもイヤかなーと思ったので。

以下、わたしが予想する「ラスト」です。
もちろん間違えてるかもしれませんし、
合ってたらネタバレそのもですので…
















































この話は、今から十数年前の出来事です。

イマドキなら、ケータイが普通に登場するシーンもなぜかスルーされていますし、第7巻にはズバリ年代バレしていますし。
なので、ラストは、一緒になった、○○と△△をキッチリ描いてくれる(と期待しています)。
あんな時代もあったね、と。


投稿: Dain | 2008.07.12 21:57

あー、成る程。
そこまで昔だとは思いませんでした(;´ω`)タラーリ・・・
ありがとうございます。

期待したいですね……。
あぁぁ、信じてもいない神に祈ってみる昼時(笑


ラストを予想といえば、みーくんも予測不能ですね。
しかし完結しないことを願いたいです。

投稿: 薙砂 | 2008.07.16 14:11

>> 薙砂さん

みーくんは1作完結のネタだったのに、
キャラだけ使いまわしているので、
早晩失速しちゃうかと。

こうなったら完結しないほうが良作に一票。

投稿: Dain | 2008.07.17 09:25

ここここんばんわ……(´・д・;;)汗
お久しぶりでごめんなさい、薙砂です(;´ω`)
なかなか来られず、すみませんでしたあぁぁ……。
_| ̄|○ホントゴメン!_|\○_ ユルシテクダサイ!_/|○オネガイデス
宿題が溜まりに溜まって、何で今キーボードを叩いてるのかが不思議なくらいなんですが。
まだ終わってないですし。

今さっき、電撃文庫の新刊の所、覗いてきたんですが。
来月6巻発売ということでして!!
゚+.ヾ(●´ω`)ノ.+゚.。ヒャホォォォ☆
とらドラ!も8巻ですねー。
全然読めてません(;´ω`)

投稿: 薙砂 | 2008.08.15 19:28

>>薙砂さん

おっ
お久しぶりです。
まずは宿題を片しましょう。

で、とらドラ8「も」絶叫することを請合いますwww
それから、「みーくんまーちゃん」読んで暗い気分になるよりも、
「付喪堂骨董店」でモエモエモヤモヤすることをオススメします。

投稿: Dain | 2008.08.15 22:21

「も」ですか(((●-∀-●)ニャリ☆
おーぅ、早く読まないと(;´ω`)タラーリ

んでも、「みーくんまーちゃん」もあらすじを読む分には結構面白そうでしたねぇ。
むしろグロ系はハイテンションで読みますよ(●´艸`●)
そして「目が怖い」とドン引きされると。

「付喪堂骨董店」ですか。
付喪神って確か、使い古した道具の妖怪でしたよねぇ。
とは、関係無いのかな、「モエモエ」という所を見ると。
電撃文庫ですか?
明日、朝っぱらから行ってきますゥシシ(`pq´●)(●`pq´)

投稿: 薙砂 | 2008.08.17 16:57

>>薙砂さん

宿題はー?

投稿: Dain | 2008.08.18 00:02

'`,、'`,、'`,、_| ̄|○ ○| ̄|_'`,、'`…,、…'`…,、 ……

訊いちゃダメですよー。
とか言いつつ、未だに買ってない人←

多分、既読でおられるかもしれませんが(日本語変)、丸マシリーズ、なかなかいけます(●゚з゚b
「今日からマのつく自由業!」てヤツです(((●-∀-●)ニャリ☆

投稿: 薙砂 | 2008.08.26 18:20

>>薙砂さん

「マのつく自由業!」は未読です。
CATVでちらりと見た記憶が…
「黒さ」よりも「軽さ」を目指してるといった印象です。

それはそうと、宿題がんばれー

投稿: Dain | 2008.08.26 22:39

確かに、かなり軽かったですねー。
テンポ感も良かったですし、ギャグもなかなか。
そして魔王の設定というのが、ひたすらにウケまして・゚・(笑ノ∀`笑)ヤバ

そだ、宿題といえば。
夏休みの宿題といえば!

………読書感想文です【泣】´Å`)゚o。ゥェーン

どーしよーかと悩んだ末、結局みーくんまーちゃんの1巻に決めました。
人としてそれはどーかなーとも思いましたが、まぁいいやと自前の無理矢理ポジティブシンキングで乗り切るつもり、でしたが。
なかなかにキツいです、予想通り。
あらすじの時点で、設定が多いわ主人公をどう説明すればいいのやら「みーくん」で通すべきなのかそれとも「僕」で通すべきなのか。
問題がありすぎて押しつぶされかけのこの状態。
本を変えるべきかなぁとは思いつつも、何かこれだけは譲りたくない的な(*ノⅤ'◎*)ノ
よく分からんポリシーの元に、まぁ頑張ってみようかなぁと。

何とか休み中には終わりそうな予感の宿題。
この予感が現実になればいいのになぁと切実に思う今日この頃です。


…………㊥2の文章じゃない気が。

投稿: 薙砂 | 2008.08.27 17:10

>>薙砂さん

中2で読書感想文ですか…ご愁傷様です。
どうせなら読んだセンセが「みーくんまーちゃん」を
手にしてみたくなるようなキャッチーを狙ってみてはいかが?

投稿: Dain | 2008.08.27 22:02

お久しぶりっス(;´ω`)タラーリ・・・
また来れなかった……(´・д・;;)汗

結局書きました、みーくんまーちゃんで。
というか、実はその国語の先生に、みーくんまーちゃん貸してたのですよ。
今は3巻を貸し出し中。
なのでかなりヒかれますた。
ていうか廊下で出会ったときに、「あれで書いたことに私はびっくりしたわ」と苦笑いされますた。
モヒョヒョヒョ+゚*。(◇゚∀゚)从(゚∀゚◆)+゚*。ウヒョヒョヒョ

6巻発売、そして買いますたよ。
まずは家の近くの、今少ないと言われる小さな町本屋へ。
無いと言われ半泣き。
次にデパートの中にあるちょっと大きめの本屋へ。
無いと言われまたも半泣き。
そして市内で一番大きい本屋へ、どでかい坂を越えてれっつらごー。
げっとおおぉぉぉ!!!!!!!!!!

という経路を通過(日本語おかしい)


にしても、165㌻に誤字があると思うのは俺だけでしょうかね。

投稿: 薙砂 | 2008.09.14 10:49

んー、どっかで1、2ページ見たことはあります。言い回しとかがなんか西尾さんの「戯言シリーズ」っぽかったのは否めないっすねー。いや、嫌いではないっすけど。
「戯言シリーズ」もクビシメまでは流れとして良かったっすけどねー。クビツリからはどんだけ路線変更すんだよってねー。

投稿: | 2008.09.16 22:01

>>薙砂さん

  > 結局書きました、みーくんまーちゃんで。
  > というか、実はその国語の先生に、みーくんまーちゃん貸してたのですよ。

この2行でヒきました…
ああいうのは、こっそり隠れて楽しむもので、
「アレ、読んだ?」なんて目配せしたりキャッキャウフフするものでしょう。
これで国語のセンセが女教師だったりしたらネ申言忍定いたします。

投稿: Dain | 2008.09.17 00:30

ぬあっはΣo(´A`o●)ハゥッ
ごめんなさい、女の先生です。
つーことで認定よろしくなのです。
「ネ申言忍定」の意味が……。
って、ああ、「神言」ですか。
モヒョヒョヒョ+゚*。(◇゚∀゚)从(゚∀゚◆)+゚*。ウヒョヒョヒョ

投稿: 薙砂 | 2008.09.17 22:12

>>薙砂さん

女教師キタ━━━━(゜∀゜)━━━━ッ!!」
よッしゃー!「神認定」です、薙砂さまはカミサマです。
カミサマだから無敵なので、次は「ROOM NO.1301」をオススメしちゃってください。

投稿: Dain | 2008.09.19 00:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18285/15901783

この記事へのトラックバック一覧です: 嘘つきとヤンデレの純愛「嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん」:

« 松岡正剛の読書術 | トップページ | そろそろコンサルタントについて一言いっておくか »