« いつか見た「最後から二番目の真実」 | トップページ | かなり身に覚えのある「地下室の手記」 »

宇宙は作れるか?「神様のパズル」

神様のパズル ヒトコトで言うと、理系青春小説。ライトノベルにちょうどいい重さなのに、ラノベ扱いされることを拒絶しているような小説。

 ひきこもり天才美少女とダメ学生(4回生男)が挑む宇宙の作り方。青春モノで味付けしたハードSFは斬新かも。ブレるとハルヒになるが、てんこ盛りの現代物理学ネタでがんばって回避、書き手の勉強っぷりがうかがい知れる。以下amazon紹介より。

留年寸前の僕が担当教授から命じられたのは、不登校の女子学生・穂瑞沙羅華をゼミに参加させるようにとの無理難題だった。天才さゆえに大学側も持て余し気味という穂瑞。だが、究極の疑問「宇宙を作ることはできるのか?」をぶつけてみたところ、なんと彼女は、ゼミに現れたのだ。僕は穂瑞と同じチームで、宇宙が作れることを立証しなければならないことになるのだが…

 ツンデレ天才美少女が面白い。西尾維新あたりに出てきそうだ。ただしこの美少女、ラノベだと予定調和的に弄られるのが、(作者の意向なのか)かなり酷い目に遭う。しかも語り手の学生が完璧に傍観者なので、もどかしいといよりもあきらめに近い感覚で読まされる。

 ゼミのオリエンテーションや、大型放射光施設の説明なんて、懐かしさと新しさがまぜこぜになっててわくわくした。「宇宙は作れるか?」をテーマにするゼミなんて、フツーないぞ。学生のヌルさと研究の厳しさが混じり合うゼミの空気が上手く書けている。また、国家プロジェクトの放射光施設が妙にリアルだ、SPring-8だろうか。田んぼの「上」に施設があるイメージ。

 実際に「宇宙を作る」ところは、ちょっと興奮。うん、成否は別として、人が作ろうとするならば、この天才少女がやったような手順を踏もうとするだろうなぁ… イーガン御大なら○○を持ってくるだろうなぁ…とタメ息。

 残念なのは、最初にあれだけ魅力的なキャラ設置をしていたのに、ラストでは全属性(キャラクターをその人なしえていた特徴)を剥ぎ取ってしまったところ。このオチ、扉の惹句でこの本読もうとする奴が求めるかね。

 このblogの読者なら、「オレならこう書くのに…」と妄想をはじめること請合う。読後感は、爽やかなカタルシスと遠い分、つい自分でキャラをいじくりたくなる。あるいはトンデモ理論に振り回された分、自分で宇宙を作りたくなるかも。


|

« いつか見た「最後から二番目の真実」 | トップページ | かなり身に覚えのある「地下室の手記」 »

コメント

以前、タイトルに惹かれたため、購入しようかどうか迷ったのですが、結局斜め読みで済ませた作品です。その主たる理由は、人間が描き切れてないと感じた点。それを「感情移入」などというありきたりな表現にしたくはないのですが、キャラクタの言動が、ご都合主義か状況に流されるかのどちらかでしかなく、キャラクター同士のコミュニケーションがいささか表層的に思えるのです。

そこで「作家ならもっと人生経験積めよ。デビュー作(?)ならし方ないか」などと思いながら作者プロフィールを見ると、1956年生まれとあるではないですか。おそらく作者は、自分の頭の枠の中だけで物語的に満足しちゃっているのでしょうね。

SF的な部分を、徹底的に主観を交えず客観的に描いているのは優れているとは思います。しかし、人間描写まで同じ方法論で行なっているため、物語のダイナミズムを失っているのが残念でなりません。

投稿: ダカーポ | 2007.07.13 09:32

> キャラクタの言動が、ご都合主義か状況に流されるかのどちらかでしかなく、
> キャラクター同士のコミュニケーションがいささか表層的に思えるのです。

うっ 鋭い指摘…ですが、確かにその通りですね
そして、その分「わたしだったらこう書くのに…」なんて読み手にとっては邪念以外の何物でもない感覚を引きずってしまいます

投稿: Dain | 2007.07.13 23:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18285/15728841

この記事へのトラックバック一覧です: 宇宙は作れるか?「神様のパズル」:

« いつか見た「最後から二番目の真実」 | トップページ | かなり身に覚えのある「地下室の手記」 »