« 「暗闇の『スキャナー」・ダークリー』 | トップページ | スローセックス宣言 »

書評の探し方

 もっとも手軽なやり方は、皆さんもご存知のとおり、google先生に訊いたり、amazonレビューから探す。それこそ真砂の数ほどの「ブックレビュー」があるが、この方法には欠点がある。それは、

 あらかじめ本の名前が分かっていなければならない

 なにをアタリマエなという莫れ、google先生最大の弱点がコレだ。キーワードがないと手も足も出ない。例えば、昨年一年間でどんな書評が書かれたか? とか、現在ブックレビューを載せている雑誌名は何か? といった、

 書評そのものや、書評者を探したい

どうすればよいか? もちろん「ブックレビュー」や「書評」をキーワードにして人力クロールもできるが、ここではもっとスマートに網羅的に探す方法をご紹介。それは、

国会図書館のOPACシステムを使う

  1. 国会図書館の蔵書検索システムへ[ここ]
  2. 「雑誌記事索引の検索/申込み」をクリックして、「雑誌記事索引検索」へ
  3. 「雑誌記事索引検索」画面の「各種コード」のプルダウンメニューより、「記事種別」を選択する
  4. 「記事種別」の右にある「リストから選択」ボタンを押す
  5. 「記事種別」画面の「7 書評」をクリック
  6. 「検索」ボタンを押す

 すると「書評が載った雑誌」一覧が得られる(2005年~このエントリを書いている時点で8988件)。莫大なので、元の画面に戻って刊行月で絞込みをすると扱いやすい。

 雑誌の「書評」に限定されるが、このやり方が有効なのは、誰が書評を書いているか?が分かること。以前のエントリ[本を探すのではなく、人を探す]と同じことを言うが、「わたしが知らないスゴ本」は、わたしはその書名を知らない。けれども、誰かが読んで評価しているから、その人を探す。

メディアの書評で大切なのは、「本ではなく人を選ぶ」こと。本を探す前に人を探す。自分のストライクゾーンに投げこんでくるレビューアーを見つける。いったん鵜呑みにして目ぇつぶって手にしてみるしかないが、うんこ書評家はちゃんと覚えておくこと。そしてその人が勧める本は蛇のように避ける。

 たとえば先の方法で見つけた「書評」を挙げてみよう。このblogの読者の方なら、かなりソソられるかも…
  • 笑わずにはおれない浅知恵 「不都合な真実」(評者:井尻千男、Voice 353号)
    45人が勧める今年読んだ「最高の一冊」(本が好き!7号)
  • 脳科学者は小林秀雄を超えられなかった――「脳と仮想」茂木健一郎(ベルダ12号)
  • 「わたしを離さないで」カズオ・イシグロ――人間という「種」のアイデンティティの揺らぎ(評者:小野正嗣、文學界60号)
  • 「働く過剰」――大人のための若者読本(評者:皆川裕作、みずほ年金レポート67号)

 表題を見ただけでソソられる。「不都合な真実」はメッタ斬りにされてそうだし、「わたしを離さないで」のレビューは、なんだか哲学的だ。いまをトキメク茂木健一郎さんは、この書評でこき下ろされている予感… 「みずほ年金レポート」なんて雑誌知らなかったよ、でもこのレビューは読みたいぞ。

 検索画面に戻って、「著者」を入れると、書評を何本書いたかたちどころに分かる。自分向けの本を紹介している「わたしが知らない」雑誌を探す。既読の本から好みの近い書評者を探す… やり方いろいろ。

 名前も知らない本から、その評者を探すこのテクニック、ぜひお試しあれ。

|

« 「暗闇の『スキャナー」・ダークリー』 | トップページ | スローセックス宣言 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18285/15261621

この記事へのトラックバック一覧です: 書評の探し方:

» [本]わたしが知らないスゴ本は、きっとあなたが読んでいる: 書評の探し方 [愚者のニュース]
そういえば、書評を探したってことはあんまりなかったな。ぶらぶらとネット見てて、たまたま書評が目に入って面白そうと思うことはあったけれども。 [続きを読む]

受信: 2007.06.04 00:09

» 探し方 [たのしい検索 ゆかいな検索]
本日は「探し方」をキーワードに、効率よい探し方を紹介しているテキストをピックアップしてみようかと思います。 [続きを読む]

受信: 2007.11.02 02:55

« 「暗闇の『スキャナー」・ダークリー』 | トップページ | スローセックス宣言 »