« 嫁とKanon(最終回 : あゆと名雪とオレの嫁) | トップページ | 「ブラッド・ミュージック」はスゴ本 »

人生を完全にダメにするために、あなたがすべき11のこと

人生を完全にダメにするための11のレッスン 気分は負け犬、常に被害者を名のるのがトレンドらしい。あるいは、人生のだいなし感覚を味わいながら恨み辛みをつらねることにヨロコビを見出す。そういう半端な失敗者は、本書の徹底したダメイズムにガツンと犯られる。

 お題の通り、著者は「人生を完全にダメにする」方法を追求する。中途半端ではダメなんだ、徹底して台無しにするやり方を会得し、最後までやり遂げる←驚いたことに、これもダメなんだという。つまり、負の完全性を成し遂げている点において、「成功者」となっているから。

 この恐るべき自家撞着を回避するために、完全にダメになった人生を定義する。本当の意味でダメな人生とは、陳腐なものであるべきで、その「失敗ぶり」を人に吹聴したりはできないものだという。

 つまり、惨めな人生を美徳だの英知だの足るを知るだのといった言葉で飾ることもダメ、そして、自分の人生を破壊した何かへの復讐や、ダメ自慢ができるような代物なら、そもそも「失敗した人生」なんて言わないんだって。

 奴隷の鎖自慢すら許されない人生、これぞホンモノ。始まり方がお気に召さないからといって、早々と人生を投了する連中に読ませてやりたいね、負け犬を名のるには精進が足りない

 失敗メソッドの各論は、誰しも思い当たるものばかり。曰く、「しじゅうグチを垂れること」、「他人との関わりを絶つこと」、「常に自分が正しく、誤っているのは他人だと責めるべし」… なーんだと思うなかれ、どれも徹底しているところがスゴい。例えば、「常に自分が正しいと思うこと」では、

 他人の批判を決して受け入れず、改心などどこ吹く風という態度をとること。今日日の中学生がそうであるように、批判されたら侮辱と考え、拒否されたら権利を侵害されたと受け取り、何かを薦められたら選択の自由を奪われたと解釈するのである。つまりはどうにも矯正できない人間と思われることである

 うん、最近の厨房でもここまで徹底していないぞ。いっぽう、ハラを抱えて笑わせてもらったのは「熊の舗石」の話。

 熊のように孤独でいること。ただし、舗石を離さずに。「熊の舗石」とは、ラフォンテーヌ「寓話」にある、老人の顔にとまった蝿を追ってやろうとして舗石を投げた熊の話から、「いらぬお節介をすること。ありがた迷惑」の意味

 「小さな親切、大きなお世話」で、惨めな人生の第一歩を。また、非常にフランス人だなぁと思い知らされたのは、恋愛について。著者によると、恋愛で不幸になることは非常に難しいらしい。お国柄といえばそうなのかもしれないけれど、恋愛で惨めな気分に陥るためには、かなりの努力を要するらしい。だから、容易に失敗している人が「ひょっとして」いるならば、失恋巧者といえるね。

 このほか、

  • レッスン9 : 職業別失敗アドバイス数例
  • レッスン10 : 失敗のトレーニング
  • レッスン11 : 死ぬまでに済ませておきたい失敗

 … といったように、人生の失敗学が集大成されている。マヨネーズ作りで失敗する方法から、フェラチオで失敗するためにすべきこと/すべきでないこと、テロで失敗するとどういう目に遭うかは、ここで修得しておきたい。

 本書を読み終えると―― 読んでいる途中にも気づくかもしれない ―― 人生における成功と失敗なんて相対的なものだという非常に平凡な事実にたどり着く(コップ半分のたとえ)。えらく遠回りしているが、著者の博覧強記+人類の悪行列伝に楽しく付き合っている間に読み終えてしまった。

 究極のダメ人生とは何か? あるいは、人生における徹底した敗北を追及しているうちに、いつしか「わたしの」視線は真逆を向いている。書き手のレトリックにまんまとハマっているわたしガイル。人生を投げたくなったら読んでみるといい、あなたの人生をダメにしたもの[こと]が皮肉と諧謔に満ちた筆致で徹底的に書いてある。そこに何を読み取るかは、まさにあなた次第だといえる、めずらしい一冊。

|

« 嫁とKanon(最終回 : あゆと名雪とオレの嫁) | トップページ | 「ブラッド・ミュージック」はスゴ本 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18285/14356005

この記事へのトラックバック一覧です: 人生を完全にダメにするために、あなたがすべき11のこと:

» 第96回目はネットのお役立ち情報~世にも危険なショウバイショウバイ [INTER-WEB]
INTER-GATE編集部です。 □イミフwwwうはwwwwおkwwww マーク... [続きを読む]

受信: 2007.03.23 14:27

» ホラー好きに送る傑作漫画・・・ [漫画館 メインの生活 ~漫画を極めろ~]
こんばんわ。管理人の漫☆健太郎です。 今回紹介するのは、望月峯太郎氏の傑作ホラー 漫画「座敷女」 誰よりも早くストーカーという概念を紹介した望月氏。 しかし、そこはただのホラー漫画では終わらない・・・。 気になる方は覗いてみてください・・・。... [続きを読む]

受信: 2007.04.02 01:53

« 嫁とKanon(最終回 : あゆと名雪とオレの嫁) | トップページ | 「ブラッド・ミュージック」はスゴ本 »