« 図書館で夢をかなえた人々 | トップページ | 日本のプログラマは、世界一優秀である »

病気に対する心の保険

 いま、わたしがガンで死んだら、けっこうな額の保険金が出る。交通事故に遭ってもしかり、不随状態になっても同様だ。大黒柱である以上、リスクヘッジは保険で対処している。

 しかし、精神的なものに相当する「保険」はかけていない。大きな病気やケガをしたり、後遺症に悩まされるような状況になったとき、わたしの心は耐えられるのだろうか? 受け入れるのに時間がかかるだろうし、ガンのような「期限つき」の場合、パニックになるかもしれない。

 あるいは、家族や周囲へのインパクトも大きい。保険金という「カネ」はあれども、治療費がどこまでいくのか見えない。そもそも大黒柱を失った(失いそう)な状況に、精神的にまいってしまうかもしれない。

 さらに、病気やケガそのものは医者にまかせるとしても、その医者を信用するためにわたしはどうすればいいのか? という疑問は残る。思考を停止して医者任せがいいのか、Dr.google を読み漁るのがいいのか、それこそ闘病ブログで有志を募ったり募られたりするのか。

 たとえば、闘病ブログは盛況だけど、切れ切れの情報の積み重ねでしかない。「いま」闘病のスタートを切った人との時間差・温度差は確かにある。更新者が快癒したり死亡したときが、更新が止まるタイミングなので、過去ログから苦労して読んできてもプツっと切れていることが多い。

 そういう前提で、ブックマークに入れておきたいサイトを見つけたのでご紹介。

  闘病記ライブラリー

 ここには700冊の闘病記が紹介されている。治療の体験記を病名から探せるため、文献をあさるためにやみくもにgoogleるよりも、入口をここにするほうが、全体が見通せてよいかもしれない。

 このサイトはNPO法人「連想出版」が運営しているが、実際の本は都立中央図書館(東京都港区)に集められている(もちろん、疾患ごとに配置されており、病名から本を見つけ、実際に手にとることができる)。

 いま読まなくても、将来読むことを考えておく。心の保険としておきたい。

*

 興味深いのが、これと似たようなサービスは、ニューヨーク公共図書館の報告で知ったということ。以前のエントリ「図書館で夢をかなえた人々」にある、

 医者+司書によるサイトの構築。医療情報はネットにあるが、散在している状態。書籍だと集中しているが、横断性に欠ける。例:ガンの治療+副作用+本人のケア+家族のケア+保険+闘病生活… といった同一のテーマをもとに深堀りと収集できる「場」を、ネットと書籍という形で提供

 ―― と微妙に一致している。上記は2001年の岩波新書でレポートされているし、「闘病記ライブラリー」は、2006.6から始まっているようだ。両者に何らかの伝播が働いたのであれば、なんだか嬉しい。

|

« 図書館で夢をかなえた人々 | トップページ | 日本のプログラマは、世界一優秀である »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 病気に対する心の保険:

« 図書館で夢をかなえた人々 | トップページ | 日本のプログラマは、世界一優秀である »