« 涼宮ハルヒの絶望 | トップページ | テレビやゲームは頭を良くする »

嫁とKanon(その2)

Roufirudo まこぴー、まいちゃん、しおりん… 次々と巨星墜つなか、いよいよ佳境にさしかかっているKanon、毎週正座して観ている。ええ、見る度に涙ぼろぼろですよ。大枚はたいて衛星放送入れた甲斐もあるというもの。

 恐るべき京アニのクオリティとか、伏線回収ルートの比較検証とか、最早どうでもよく、表舞台より去ってゆく彼女たちが不憫で不憫で、さらにこれからキョン祐一が向かい合う運命を慮り、どのシーンを見ても泣けてくる。

 最初は独りで観てたが、嫁さんにエロビデオだと誤解された経緯あり[参照]。今では夫婦で仲良く見ている。「なかよく」なんて語弊がありそうなので、嫁さんの言を引く。曰く「ぼくが読書してる横で勝手にアンタが見てる」とのこと。

 そして、彼女たちの『正体』を、原作なんてこれっぽっちも知らない嫁さんが、ズバリズバリとあててゆく。なんだか怖くなってくる。例えばこんなカンジ…

  沢渡真琴 : 「この娘はニンゲンじゃない、というオチ?」
  川澄舞 : 「マモノの正体はこの女の子だ!」
  美坂栞 : 「サナトリウムブンガク?」

 いずれも、それぞれのシナリオルートに入った直後に見抜く。原作は隠してあるし、嫁さんがわざわざgoogleっているとは考えにくい。どうして分かるのか? と訊くと、「だって、そのほうが面白いから」 と言い切る。

 曰く、「物語は面白くなる方向へ収束する」だそうな。「お約束理論」、つまり、物語は「お約束」を守って展開されるべきであり、このオタクアニメも例に漏れないそうな。その観点で見るならば、真琴は人間界から消失しなければならないし、マモノは舞が生み出さなければ話が面白く終わらないし、同じ理由で栞の病気は不治でなければならない。

 瞠目したのが、

  月宮あゆ : 「天使なの? あるいは(いちど死んで)神様に猶予をもらったの?

 慧眼なり。オープニングのアレを見れば、どうしてもそう考えてしまうだろうし、ひょっとすると「天国から来たチャンピオン」を想起しているのかもしれない。ある意味、正解なんだが

 ナユキストのわたしに心強いコメントが得られた、すなわち、

  水瀬名雪 : 「幼なじみなんだから、最後には一緒になる

 と断言している…本当かッ! (゜Д゜)クワッ キョン祐一の不用意な質問「おまえ、好きなヤツとかいないのか?」に、ちょっと困ったような(泣きそうな)顔で答える名雪、このシーンだけで6杯はいけるぜええぇぇぇっ

 ―― どうか、名雪には幸せな記憶を。ラストだけ分岐して「名雪エンドDVD」も可。あるいは全員分の分岐があったりして。その場合は秋子さんエンドを強力に所望。

 明らかに挙動がおかしくなっているダンナに心底辟易顔の嫁さんが「寝ろ」。ヲタネタにつきあってくれてありがとう。アイソ尽かされない程度にヲタをやっていこうとあらためて決心する。

 ただし、子どもを巻き込もうとしたら刺されるだろうな。

-----
このページの画像の一部は、ソフトハウス『Key』の作品の提供素材を使用しています。これらの素材を他へ転載することを禁止します。
-----

|

« 涼宮ハルヒの絶望 | トップページ | テレビやゲームは頭を良くする »

コメント

奥様、スゴいですね。
「一般的に普遍的な、エンターテイメント感覚」への鋭い嗅覚。

逆説的に、Keyがこの1作(厳密には前作のONEからですが、
より一般的に、な意味)で絶大な人気を得た事を証明しているのかもしれません。
神をも恐れぬ「お約束の集大成」、ですか……………
発売当時、某漫画家が喫茶店で激怒した(by更科修一郎)のも
わかる気がしますw

投稿: ひふみー | 2007.02.17 16:14

>> ひふみー さん

 おお、ありがとうございます。

  > 一般的に普遍的な、エンターテイメント感覚

 この一言に蒙を開かされた思いです… というのも、「AIR」と比べて「Kanon」の嫁さんウケがいい理由が分ったからです。"お約束"をラストで見事に裏切ってくれる観鈴ちんは、決して、一般受けしないでしょう。いっぽう、「Kanon」の奇跡はテレビドラマになるぐらい陳腐なのかもしれませんね。

投稿: Dain | 2007.02.19 23:58

ガンダムシードのベッドシーンを子供に見せるだんなをプスッと
してみたいなあと思ったことがあったりなかったり。

(kANONにベッドシーンはないのでしょうが)

投稿: naporin | 2007.02.20 07:54

>> naporin さん

 ガンダムのベッドシーンですか… (予め分っているなら)最初から見せないでしょうね(説明求められても窮するし)…

 翻って「Kanon」、原作はエロゲなのですが、Hはオマケ感あふれております。アニメ版はそのヘンを充分理解しており、これっぽっちの素振りすら見せません。現在のところ、キスシーンが2回(フレンチなやつとオデコにちゅってやつ)。

投稿: Dain | 2007.02.20 23:10

KANONの小説はわたしが本を読むことへの窓口になったものです(^^)絵に一目ぼれした数年前が懐かしいです(><)
こんなことでコメント書いちゃってごめんなさい↓

投稿: SHIRO | 2007.02.21 00:53

>> SHIRO さん

 どんなことでもコメント書いていただいて、嬉しいです。小説Kanonは清水マリコのやつでしょうか。わたしは名雪編とあゆ編を読みました。ゲーム版の雰囲気そのままHありのとこが良かったです。あと、小説版ならではの"アレンジ"も。

投稿: Dain | 2007.02.22 01:43

誰からもツッコミがはいってないようなので書いてしまいますが…奥様は「ボクっ娘」なんですね(><)

投稿: 通りすがり | 2007.05.30 17:44

>> 通りすがり さん

そうそう!そーなんです、ようやくツッコんでくださって嬉しいッす。
最近では気をつけているようですが、何かのはずみで「ボク」が出ちゃったりすると、ダンナは萌えます、燃えルンです。

投稿: Dain | 2007.05.31 01:19

家庭内にそんな萌ポイントがあるなんて素晴らし過ぎです(><)
身近にボクっ娘が居ないので(sigh)、僕僕先生を読んで心を慰めることにします…
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4103030518
via http://sto-2.que.jp/ndiary/2007/01/200701161.html

投稿: 通りすがり | 2007.05.31 17:38

>> 通りすがり さん

おおっ 「僕僕先生」、わたしも気になってました。
でも、リアルで「ボク」なんていう女性はマレかと。

投稿: Dain | 2007.06.03 00:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 嫁とKanon(その2):

« 涼宮ハルヒの絶望 | トップページ | テレビやゲームは頭を良くする »