« 美しい小説「インディアナ、インディアナ」 | トップページ | 志村、後ろ後ろ!「ロウフィールド館の惨劇」 »

イマドキのアフィリエイト

アフィリエイトの神様が教える儲けの鉄則50 amazonが読めというので「アフィリエイトの神様が教える儲けの鉄則50」を読んでみる。おもしろい… いや、本の中身というよりも、著者の性格が ── 「内容なんてどうでもよく、とにかく儲ける」ことに徹せられており、ある意味いさぎよい。

 本書では、「アフィリエイトで儲ける」あらゆるノウハウが惜しげもなく紹介されている。コンテンツを自力で創るor集めることができるならば、あとは丸ごとマネするだけで、儲かるサイトを作ることができるだろう。

 アフィリで成功するために求められているものは、才能や技術ではなく、「誰にでもできることを、誰にもできないくらい継続する力」だという。ビジネス全般にも同じことがいえるのではないかと。

 以降、儲けやすい広告、ネタ集めの方法、アクセス増の基本技から必殺技が「鉄則」として書かれている。

 例えば、「テレビや新聞を用いて、ネットの「外」からテーマを探せ」とか、「本屋には需要のあるテーマが集まっている」といったアドバイスはありがち。だが、キーワードアドバイスツールや、キーワード出現頻度解析を用いたアクセス増のやり方は、全く知らなかった。やる/やらないは別として、知っておいて損はないだろう。

 専門用語を極力避けてはいるが、やっていることはビジネス戦略そのもの。AIDMA、SWOT、80:20の法則を「アフィリエイト」に適用して、非常に分かりやすく解説している。解説ではなくて、自身で実践してきた成果が報告されている。「3,000万稼いだ」と豪語するとおり、10万/day の Page View を叩き出している(p.159の画像)。

 読み手はこれをそのままマネすることもできるし、それでも効果はあるだろう。しかし、既に知れ渡っているノウハウではなく、著者の「考え方」そのものを習得することで、今度は自らの手で「儲けの鉄則」を編み出すことができる。あとは、あなた次第というわけ。「儲ける」Onlyに入っている魂というか、熱気というか、毒気に当たっておいで→[ここ]

|

« 美しい小説「インディアナ、インディアナ」 | トップページ | 志村、後ろ後ろ!「ロウフィールド館の惨劇」 »

コメント

一時ブログを始めようかと思ったのですが、how to本を買おうとしたらこの手の本ばかりで、良い年のおじさんには気恥ずかしくて買えませんでした。まあ、どうせ3日坊主になるからブログなんて始めなくて良かったですけど...
ネット上でもこの手のサイトが多いですね...儲かる儲かるって言われると、確かに気にはなるけれどねぇ。

投稿: 鉛のZEP | 2007.01.15 12:36

>> 鉛のZEP さん

 月ン十万の人は、確かにいらっしゃるようです… それなりの努力と工夫が必要みたいですが、もの凄い情熱です。

 ただ、「お金を稼ぐこと」そのものを目的としてしまったら、コンテンツは似たり寄ったりになる傾向がありますね。

 言い方はアレですが、いわゆる金の亡者―― キレイな言い方なら「金持ち父さん」のようにならなかった(なれなかった)人は、幸福なのか不幸なのか、見極めるためにはもう少し時間がかかりそうです。

投稿: Dain | 2007.01.16 00:25

自己啓発や成功哲学と同じで、循環している。
こういうのを買う人は欲望につけこまれて
「著者の儲け」になっているだけ。精神的なねずみ講。

投稿: | 2007.01.16 10:54

> 精神的なねずみ講

 !!!

 なるほど、言いえて妙ですね。ビジネス書や成功本は、著者が代替わりしているだけで、言ってる本質は不変なことからも、同じことが言えますね。

投稿: Dain | 2007.01.17 23:20

Dainさん、はじめまして。
いつも貴ブログを楽しく拝読しております、shoyaと申します。

先程、本記事にトラックバックさせて頂いたのですが、誤って2つトラックバックを送ってしまいました。申し訳ございません。

大変お手数ですが、一方を消去して頂ければ幸いに存じます。
初対面でいきなり不躾なお願いをいたしまして、恐縮です。

それでは、失礼いたします。

投稿: shoya | 2007.01.26 08:46

>> shoya さん

 ご丁寧にありがとうございます、消しておきますね

投稿: Dain | 2007.01.26 22:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18285/13496981

この記事へのトラックバック一覧です: イマドキのアフィリエイト:

» 【余談】 「継続は力なり」なのか、「力があるから継続できる」のか [教えるとは希望を語ること 学ぶとは誠実を胸に刻むこと]
先日、というか、正月の間に、遅ればせながら梅田望夫=平野啓一郎『ウェブ人間論』(新潮社、新潮新書193、2006年)を読了しました。 MochioUmeda.com http://www.mochioumeda.com/ 平野啓一郎 - Wikipedia http://ja.wikipedia.o...... [続きを読む]

受信: 2007.01.26 08:38

« 美しい小説「インディアナ、インディアナ」 | トップページ | 志村、後ろ後ろ!「ロウフィールド館の惨劇」 »