« 必ず笑えるマンガ2006 | トップページ | 美しい小説「インディアナ、インディアナ」 »

プロマネ必読!「アポロ13」

アポロ13 「アート・オブ・プロジェクトマネジメント」で強くオススメされてたので読む ―― これはスゴい。ドキュメンタリーとして夢中になって読めるだけでなく、プロジェクトが危機に陥ったときの「べき/ベからず集」しても、ものすごく有効な一冊なり。

 どうしようもない状況、限られた時間、非常に高いリスク、疑わしい解決策…プロジェクトがパニックに瀕したとき、優れたプロジェクトマネージャは何を考え、どう行動するかを知ることができる。本書を通じて学んだ危機管理マネジメントは、次のとおり。

  • プロジェクトが危機的状況のとき、あらゆる手段を使って、自分の感情をコントロールせよ。感情は事実をゆがめ、判断を誤らせ、解決への手段の一つ一つに邪魔をする
  • 「危機」は、すぐに数字にならない。必ずタイムラグが発生している。だから、危険な数値が今出ているということは、既に危機的状況に突入している、ということだ
  • 問題に対処するとき、絶対に忘れてはいけないのは、「いつメンバーを休ませるか」だ。不眠不休はミスにつながり、宇宙でのミスは、死につながる。たとえ宇宙にいかなくても、問題対処の時点で、メンバーは疲弊しているはず
  • 『訓練を通じて彼が身に付けた第一の経験則によれば、飛行機の墜落原因を推定するのに最もいい方法は、墜落機の残骸を直接に目で見ることである』

 一番刺さったのが、「なにかおかしなことが起きた」担当である、ミッション評価室。incident からcritical まで、プロジェクトの進行中には「何かおかしなこと」が発生する。それを解析し、原因を特定し、説明できるようにする専用の担当がいること。

 もちろんプロジェクトの行末を左右するような重大な「おかしなこと」なら、主要メンバーがよってたかってやっつけるだろう。わたしが「感動」したのは、

  a. 不具合の原因を解析し、特定する (ミッション評価室)
  b. 不具合によるプロジェクトへの影響を最小限にする (飛行実施責任者)
  c. 上2つをコントロールし、次の手を決める (主席飛行実施責任者)

 これらに専用のチームを割当てて、役割が集中しないよう、かつ、情報が共有されるようにしているところ。

 もちろんトラブル回避のために原因究明は必要な場合もあるが、原因究明に熱中するあまり、ミッション達成の目的を見失うほうがもっとまずい。原因探索にリソースをかけるあまり、すべきことが放っておかれるおそれがある。

 あるいは、不具合の回避に注力するあまり、トラブル再発・二次災害を招くことがある。原因を特定せずに、対症療法的な対策ばかりだと、いつまでたっても火は消えない。

 同一の不具合を起因としているが、「原因究明」と「影響回避」は、目的がそれぞれ異なっている。

 バグであれ、設計・仕様上のものであれ、重大な不具合が見つかると、「原因究明」「影響回避」、さらには顧客・上長への説明を、同一人物にまかせてはいないだろうか? 彼/彼女が「一番分かっているから」という理由で、その人に委ねては、いないだろうか? これは、わたし自身そーいう目に遭ってきたから分かる。上の3つは、互いに影響しあうため、一人にするにはムリがある。

 プロジェクトが危機的状況に陥り、大きなプレッシャーの中、限られた時間の中でバランスよく判断できるはずがない。たまたま詳しいから・デキるからという理由で、たった一人に全部を任せてしまう。「スーパーマン」ともてはやしても、いずれ限界がくる。これはまずい。

 本書にでてくる宇宙飛行士や管制官のボスは、確かにスゴい能力や権限をもっている。しかし、危機に瀕して全部自分でやろうとせず、それぞれの担当に任せ、その仕事が充分にこなせた後、最終判断を行っている(組織上そういう仕組みになっている) ―― これが、あるべき姿なんだろうなー

 おまえの開発プロジェクトとアポロ計画を一緒にすな!なんてツッコミは当然としても、これは深く心に刻んでおこう。

 アポロ13号は危機的状況を脱し、地球への帰還を果たしているため、結末がどうなるかは、知っている(著者がその宇宙飛行士だし)。それでもラストは胸が一杯になった。ええ、もちろん、涙もろいのは合点承知なんだけど、最後に必ず感動できるスゴ本としてオススメする。

 さて、映画も観てみるとしよう…


|

« 必ず笑えるマンガ2006 | トップページ | 美しい小説「インディアナ、インディアナ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18285/13413807

この記事へのトラックバック一覧です: プロマネ必読!「アポロ13」:

» 最近読んだ本 [それっぽい話とか]
年末年始に読んだ本の中で気に入ったやつの感想をひとことふたこと。(一応ネタバレはしないように書いたつもりです。) 数学的にありえない (アダム ファウアー)前から気になってました。これ。後半からケイン(主人公)がごりごり特殊な能力を使ってくれるのでスリリングで面白いです。前半は伏線たくさん。...... [続きを読む]

受信: 2007.01.11 21:17

« 必ず笑えるマンガ2006 | トップページ | 美しい小説「インディアナ、インディアナ」 »