« 2006年1月29日 - 2006年2月4日 | トップページ | 2006年2月12日 - 2006年2月18日 »

たたり

たたり
 怖い、じつに怖い。「こわい本」大好きなわたしだが、今までさんざんそのテの小説は読んできたつもりだが、こいつはスゴく怖い思いをした。恐怖が直接的に記述されているのではない。スゴい描写が飛び出てくるわけでもない。

 どうして怖いのかというと、恐怖が間接的に、読み手の想像力に働きかけているかのように描かれているから。それはまず、登場人物が丘の屋敷から感じる、はっきりしない違和感として描かれる。不安定な感覚は不安に、そして恐怖へと静かに変わってゆく。

 じわじわ、じわじわ変わってゆく。

 屋敷のもつゆがみや感覚を狂わせる仕掛けは、登場人物へ影響する。さらに、彼らの調子がズれてゆく感覚が読み手まで伝染する。読書という行為で、読み手は多かれ少なかれ登場人物とシンクロしているもの。最初、親しみを持てていた人物がだんだん離れてゆく。

 読み手は本能的に追いすがろうとする。

 結果、読み手は登場人物といっしょになって、おかしくなる感覚を味わう。単に彼らが恐ろしい目に遭うから怖いのではない。さいしょは行動を共にし、心の中まで読み取れる彼らが、いつのまにか読み手の傍らを離れて先へ、闇の向こうへ行ってしまうのが怖い。

 真っ暗な中に取り残されるのが怖い。

 「S.キング『シャイニング』、R.マシスン『地獄の家』に影響を与えたゴシックホラーの傑作」とあるが看板に偽り無し…むしろ本書が本家本元というべき。

心霊学研究者モンタギュー博士は、幽霊屋敷として知られる「丘の屋敷」を調査するため三人の男女を呼び集めた。まるで意志を持つかのように彼らの前に怪異を繰り広げる「屋敷」。そして図書館に隠された手稿が繙かれ、秘められた過去が明るみに出るとき、何が起きるのか?幻想文学の才媛が描く、美しく静かな恐怖。(amazon紹介文より)

 「シャイニング」は「シャイニング」、「地獄の家」は「ヘルハウス」という題で映画化されている。「たたり」は「ホーンティング」なり。どの映画も良かったけれど、この「作中人物とともにおかしくなる感覚」は味わえない。これは小説ならではの特権として、たっぷり味わって欲しい。

 冬こそ、ホラー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

美少女ホラー3冊

 冬だからこそホラー。ホラーには美少女がよく似合う。だから3冊まとめて美少女ホラーを読了。少女怪談【;゜Д゜】怖いでも書いたが、少女という存在は見ているこっちが不安になるほど不安定なるもの。だから少女をきっちり描いているだけで、ゾワゾワしてくる。

 一冊目は「ずっとお城で暮らしてる」(シャーリイ・ジャクソン)。これは劇薬小説企画でスズキトモユさんに教えていただいた一冊。

 由緒ある屋敷で暮らす姉妹の話。叔父さんやいとこも出てくるが、中心は美少女姉妹。姉ちゃんはハタチ超えているから少女というにはアレかもしれないが、2年前の惨劇の後、引きこもりになってしまったので、深窓の美女として脳内補完。

 話は妹ビジョンの一人称で語られるので、彼女の状況につい肩を持ってしまう。姉ちゃんとの何気ない会話が乙女ちっくで良い(一方で、どこかしら危うさが見え隠れする)。また、妹の独白がこれまた女の子女の子してて可愛い(が、なんだか不安な気持ちにさせられる)。

 読み進めても不安定な気持ちは消えず、むしろ掻き立てられる。そして… 読後感というよりも、読んでる途中、たしかにイヤ~な気分を味わえた。スズキトモユさん、ありがとうございます。

* * *

 二冊目は「聖女の島」(皆川博子)。これは嫁に「後味の悪い読後感の小説って何かある?」と訊いたら返ってきた一冊。さすが俺嫁、読後感はでんぐり返ったイヤな気分。

 設定がナイス。昔は炭田の採掘基地で、今は廃墟化した孤島が舞台。そこに修道会のつくった矯正施設がある。売春、盗み、恐喝の非行を重ね、幼くして性の悦楽を知った少女たちが集められる。

 事故で何人か死んだはずなのに全員いる、少女たちの不気味な儀式、食い違う発言、姉の記憶…イヤな仕掛けがたくさんあり、読み手の疑問と不安がどんどんふくらんでくる。悪夢に引き込まれるように先へ先へと進んでいって、ラスト。こいつはまいった。

* * *

 最後は「巫子」(皆川博子)。ぜんぶ「少女」が主人公の短編集。「聖女の島」と同様、視点の書き分けが手練れ。人称だけでなく、空間的な視座、過去と現在を渡る視線…それが巧妙な伏線になっている。唐突なラストで視線が肉体を追い越す感覚には何度も肌があわ立った。紹介では、

  ・少女霊媒となった少女たちを待つ残酷な運命(巫子)。
  ・過去の自分からかかってきた深夜の電話(夜の声)。
  ・少女と女流画家の世にも奇妙な愛欲地獄(幻獄)

…とあるが、「流刑」がイチオシ。恐いだけでなく、美しく哀しい環。

* * *

たたり
 シャーリイ・ジャクソンといい皆川博子といい、男性作家には絶対書けない少女ばかりなり。だからこわい…。どんどん引き込まれ、ふと気づけば、超えてはならない一線のあちら側にいる自分と目が合うかもしれない。

 次は「たたり」いってみよーか。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年1月29日 - 2006年2月4日 | トップページ | 2006年2月12日 - 2006年2月18日 »