« 2006年12月17日 - 2006年12月23日 | トップページ | 2006年12月31日 - 2007年1月6日 »

PMP試験対策 2.3.3 「計画」でやっていること(タイム)

 ここでは、「計画」でやっていることを説明する。

――――――――――――――――――――――――――――――――

■「計画」でやっていること(タイム)Keikaku

 WBSで分けられたワークパッケージを、より小さく、マネジメントしやすいスケジュールアクティビティへ要素分解する。さらに依存関係に従って順序性を設定し、いつどのような資源がどれぐらいの量必要かを見積り、アクティビティの所用期間を見積もる。

 上記をベースに、コスト、リスク、品質、コミュニケーション、人的資源、調達の計画を立て、スケジュールを作成する。言い換えると、To Do リスト"だけ"ではスケジュールは立てられないことに注意。特に、「スケジュール作成」プロセスのインプットに「リスク登録簿」があることに注意。PMI イズムでは、『リスクは折込済みで、スケジュールを作成せよ』ということ。

6.1 アクティビティ定義

 WBS最下層のワークパッケージを元に、スケジュールアクティビティに要素分解をする。ワークパッケージが要素成果物単位なら、アクティビティは、その要素成果物を生成するために必要なリストになる。例えば、「要求仕様書の作成」がワークパッケージなら、要求仕様書を作成するために必要な作業、「ヒアリング」「要求仕様書執筆」「レビュー」「レビュー結果の反映」といった作業が各アクティビティとなる。

 あったりまえのことなのだが、一回の計画プロセスにおいて、プロジェクトの全ての作業を、完全にアクティビティまでに分解することは不可能だ。だから、PMBOKではローリングウェーブ計画法というツールを提示している。ローリングウェーブ計画法とは、直近の作業はWBSの下位レベルまで詳細に計画し、遠い作業はWBSの比較的高いレベルの構成要素で計画せよ、というやり方。で、計画プロセスをまわすことで、段階的に詳細化していけるという仕掛け。

 「ローリングウェーブ」なんてロールパンナちゃんの必殺技のような名前がついているが、スパイラル開発、RADモデルといえば理解しやすいだろうか(p.69の図なんてまさにそう)。にもかかわらず、『PMBOK = WaterFall』と誤読する輩がウソを振りまいている。

 ある程度プロジェクトを進めないと明確化できないところは、コントロールアカウントや計画パッケージの単位で管理する。それぞれの関係は、

 ←←← WBSの上位                    WBSの下位 →→→
 コントロールアカウント > 計画パッケージ > ワークパッケージ(最下層)

となっている。例えば、「サービス環境の構築」というWBS要素があったすると、これを実現させるためには、「データベース」「アプリケーション」「ネットワーク環境」「ハードウェア環境」ともろもろの決め事・検証事が出てくる。最初の計画段階で決まっているものもあれば、相性を見極めないと何とも決められないものもある。そういうものは、「データベースの選定とテーブル構成」といった大きな単位で管理して、必要なときに詳細化せよ、ということ(もちろん『いつ』までに決めなきゃいけないかは、計画段階で決める)。

6.2 アクティビティ順序設定

 スケジュールアクティビティ間の依存関係を元に論理的な順序関係を明確にし、文書化する。リードとラグを適用することで、現実的なスケジュールが作成できる。ただし、あくまでも『論理的な』ところがポイントで、メンバーの夏期休暇や、外部要因によるリスクの影響といった『ブレ』に相当する部分は考慮されていない。

 リードとラグ―― 自分で書くまで理解できなかったが、今は自信を持って書ける↓

リード:複数のタスクをオーバーラップできる期間(タスクBを前倒し)。例えば、仕様書の執筆とレビューは、書けた順にできるため、レビュー開始を前倒しできる。

  ├―――━━┫←タスクA
       ┣━━――――――┤←タスクB
         ↑ココ

ラグ:タスクAが終わった後、一定の期間を経たないとタスクBが開始できない期間のこと。例えば、コンクリートをうったら養生期間(コンクリを乾かす期間)が必要。

    タスクA             タスクB
  ├――――┤       ├―――――――┤
          ┣━━━━┫
             ↑ココ

 アクティビティ順序設定のツールと技法であるPDMとADM、3種の依存関係は重要だが、説明しない(既に理解済みだから)。このblogで学んでいる奇特な方がおられるのなら、[p.132-134:PMBOK]を読んで一覧表を作成すると理解しやすいかと。その一方で、何度も間違えている「フロート」と「フリー・フロート」の違いは書いておこう。

  • フロート(総フロート、トータルフロート):プロジェクト全体の終了日を遅らせることなく、その作業の開始日を遅らせることができる期間
  • フリー・フロート(パス・フロート):直後の最早開始日を遅らせることなく、その作業の終了を遅らせることができる期間

6.3 アクティビティ資源見積り

 プロジェクトアクティビティの実行にあたって、どのような資源(人、機器、資材)がどれだけの量必要となるか、さらにいつ使用可能となるのかを見積もる。コスト見積と密接に関連する。

 ポイントは2つ。1つめは、インプットとして、「組織のプロセス資産」が含まれること。例えば、資源をレンタルにするか購入するかといった方針は、母体組織から提示されるから。2つめは、インプットにある「資源の可用性」。これは、どの資源(人、機器、物資)がいつ利用できるかという情報。人なら、9.2.3.2「プロジェクトチーム編成」のアウトプットとして、プロジェクトメンバーが作業できる期間が出てくる。資源なら「納入者選定」のアウトプットで資源の稼働日・不稼動日が出てくる。

 分かりやすいミスを挙げるなら、「ミドルウェアが届いたけれど、動かせる人がいない」あるいは「動かせる人は休暇中」というやつ。「必要な時に大型鋼材が届いたけれど、クレーンの準備がなされていなかったので、鋼材が降ろせませんでした」というやつ。ネタとしては面白いが、自分のプロジェクトで遭ったらヒサンだぜ。

6.4 アクティビティ所用期間見積り

 アクティビティの実際の所用期間を見積もる。作業範囲、資源の可用性、必要な資源の種類と量を元にアクティビティ単位に期間を見積もる。

 PMI ええこと言うなぁ、と思ったのは、所用期間見積は段階的に詳細化・正確化するという。エンジニアリングや設計作業が進むにつれ、より詳細で正確なインプットデータを利用できるようになり、期間見積精度も向上する、というわけ←要は、段階的に見積りを行い、精度を上げろと言っている

 ツールと技法の類推見積り、係数見積り、三点見積りは重要だけど説明しない。このblogで学習する人は[p.141-142:PMBOK]でおさえておく。いわゆるバッファーは、PMBOKでは「コンティンジェンシー予備」と呼ばれ、予備設定分析で組み込まれる。コンティンジェンシー予備を、見積り期間の一定比率としたり、固定期間としたり、リスク分析結果によって決められたりする。

 このあたりで標準偏差や三点見積りの計算が求められる。加重平均するのが常だが、PMBOK本文には、単に「平均」と書いてある(どちらが"正しい"かは、分からない)。

   標準偏差=(悲観値-楽観値)/6
   三点見積=(悲観値+最頻値*4+楽観値)/6

 計画プロセス群の「タイム」は、あとひとつ、最重要の「スケジュール作成」が残っているが、いったんここで切る。というのも、スケジュール作成のためには、コスト、リスク、コミュニケーション、人的資源、調達の計画プロセスが終わっているか、ある程度進んでいる必要があるからだ。

――――――――――――――――――――――――――――――――
PMP試験対策【まとめ】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

この本がスゴい2006

 今年は沢山の収穫があった。

 自力で見つけた作品よりも、他力―― このblogが縁で知った本のほうが、はるかにスゴいものだった。コメントやトラックバックを通じてオススメしていただいた方、はてなの質問に回答していただいた方、わたしのエントリにケチつけたついでに「○○も読んでないくせに」と嘯いた方―― 皆さまに感謝、感謝。

 そんな中でも選りすぐりを10選んだぞ。どれも自信を持ってオススメするが、「劇薬小説」だけは覚悟完了の上でどうぞ。これからも、「自分にとって高品質の情報を得るためには、自分から発信すること」を実現する場として、ここを使っていきたいですな。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
徹夜小説:あなたの健康を損なうおそれがありますので読みすぎに注意しましょう
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

大聖堂(ケン・フォレット)

 これはすごい。わたしが小説を読む最大の理由は、そこに人間の欲望が書かれているから。人間の欲望を知りたいから。amazon評の『十二世紀のイングランドを舞台に、幾多の人々の波瀾万丈の物語』―― なんてまとめで抑えきれないぐらい、人間の欲望がこれでもかというぐらい出てくる。だから、これはすごい。

 人間の欲望―― 権力欲、支配欲、愛欲、性欲、意欲、我欲、禁欲、強欲、財欲、色欲、食欲、邪欲、情欲、大欲、知識欲、貪欲、肉欲…ありとあらゆる「欲望」を具現化したものが大聖堂だ。神の場と「欲望」… 一見矛盾した取り合わせだが、読めば納得する。究極の大聖堂を描く、しかも「大聖堂をなぜ建てるのか?」という疑問に応える形で書こうとすると、とてつもない人間劇場になる。だから、これはすごい。レビューは[ここ]にある。

大聖堂(上)大聖堂(中)大聖堂(下)

ローマ人の物語 ハンニバル戦記(塩野七生)

 徹夜保証、めちゃくちゃに面白い巻と、本当に同一人物が書いたのだろうかと疑いたくなるような巻が入り混じっている。無理して全読するよりは、美味しいところだけをつまみ食いするのをオススメする。

 シリーズ中で最も面白いのは、「ハンニバル戦記」の3巻(文庫3、4、5巻)なので、まずここから召し上がれ

 本書は「ローマvsカルタゴ」という国家対国家の話よりもむしろ、ローマ相手に10年間暴れまわったハンニバルの物語というべきだろう。地形・気候・民族を考慮するだけでなく、地政学を知悉した戦争処理や、ローマの防衛システムそのものを切り崩していくやり方に唸るべし。この名将が考える奇想天外(だが後知恵では合理的)な打ち手は、読んでいるこっちが応援したくなる。

 特筆すべきは戦場の描写、見てきたように書いている。両陣がどのように激突→混戦→決戦してきたのか、将は何を見、どう判断したのか(←そして、その判断の根拠はどんなフレームワークに則っている/逸脱しているのか)が、これでもかこれでもかというぐらいある。カンネーの戦いのくだりで、あまりのスゴさにトリハダ全開になった。レビューは[ここ]にある。

ローマ人の物語3ローマ人の物語4ローマ人の物語5

告白告白(町田康)

 一言でいうなら、読むロック。テンポのいい河内弁でじゃかじゃか話が進む。この一定のリズムは音楽を聴いているようで心地よい。中毒性があり、ハマると本を閉じられなくなる。

 わたしの場合、幸いなことに(?)これが何の小説であるか予備知識ゼロで読んだ。真黒なラストへ全速力で向かっていることをビクビク感じながら、まさかこんなとんでもない「事件」とは露知らず。

 主人公に感情移入しながら読んでいくと、ラストのカタストロフでは自分の「心」をもぎ離すのに必死になる。なぜなら、主人公とシンクロしたままだとえらいことになるから。ハンドルに両手を縛られ、アクセル全開で崖ッぷちへ突っ込む感覚 ――ぜひ、堪能していただきたい。レビューは[ここ]にある。

わたしを離さないでわたしを離さないで(カズオ・イシグロ)

 これは徹夜小説ではない…というか、一気に読んだらもったいない。ある女性を語りべとした独白に潜む大いなる秘密が、抑制された筆致で描かれている。重要なのは『秘密』そのものではない(秘密でもなんでもない)。

 しかし、物語の途中で分かる(分かってしまう)、彼女の人生を知ることで、読み手は、いままで感じたことの無い感情に包まれ、突き動かされるだろう。本書だけは、一切の予備知識を排して、手にして欲しい。「ごちゃごちゃ言わずに、まぁ読め。まちがいないから」とオススメできる一冊。レビューは[ここ]にある。

――――――――――――――――――――――――――――――――
仕事に使える:底力となった。再読で血肉化したい
――――――――――――――――――――――――――――――――

知的複眼思考法知的複眼思考法(苅谷剛彦)

 これまでのロジカルシンキング本は、定義と書き方の説明と例の紹介の集積にすぎない。例えば「今なぜMECEか?」「MECEとは」「MECEの例、書き方」「MECEの実践」でオシマイ。MECEの『フォーマット』を撫でるだけで、ロジカル『シンキング』していない。

 10年前に書かれた本書は「ロジカルシンキング」なんて一言もないけれど、その本質が噛み砕いて書いてある。そこらのロジシン本と一緒にしちゃいけない。今まで読み散らしてきたロジシンものの中で、最高に腑に落ちた。分かりやすいだけでなく、即実践に適用できる『ツール』レベルまで具体化されている。

 東大のゼミを書籍化したそうだが、これを受けた学生は、他よりも一歩も二歩も抜きん出ていただろう。同様に、本書の思考法を身につけた学生は他よりも抜きん出るに違いない(高校生・大学生にオススメ)。ちなみに、職場の後輩には、本書プラス「問題解決プロフェッショナル 思考と技術」を読んでもらっている。レビューは[ここ]にある。

アート・オブ・プロジェクトマネジメントアート・オブ・プロジェクトマネジメント(Scott Berkun)

 今年最大の収穫。PMBOKが標準化された『知識』とするならば、本書は、開発プロジェクトに有用な知恵を集大成したもの。全読/再読し、納得したものや取り組みたい方法をこのblogにアウトプットしたが、1/10も書ききれていない。

 「ものごとを成し遂げるためには何を行う(あるいは行わない)べきか」という実用的な視点からプロジェクトを捉え、ものごとを成し遂げるための考え方やヒントを、様々な角度から考察している。どれも「根っこ」のところから筆者自身が考え抜いた『知恵』が詰まっている。読むたびに気づきとヒントがざくざく出てくる、宝の山のような本。13章「ものごとを成し遂げる方法」は必読。レビューは[ここ]にある。

PMBOKガイド3版プロジェクトマネジメント知識体系(PMI)

 いわゆるPMBOK3版。今年最もくりかえし読んだ本(通読で2回、拾い読みで2回読了)。

 これをプロジェクトマネジメントのテンプレートとして使うと失敗する。あくまでも「標準的な知識体系」なんだから、各々の事例に適用するためにカスタマイズが必要。それでもスペースシャトル打ち上げから新薬開発まで、あらゆるプロジェクトのベースラインが抑えてあるので、"応用が利く"といえよう。

 たとえば、システム開発屋の人がこれを読むと、「アタリマエだけどできていないこと」だと痛切に感じるはずだ。一方で建設屋の人が読むと、「現場では別な名前で呼んでいるだけで、同じことが書いてある」と思うだろう。それだけ標準化されているわけ。

 また、本書は上手くいくやり方を集めて標準化したものでもあるため、そこで示されるやり方をマネすることで上手くいく「考え方」を身につけることは可能だ。特効薬ではないけれど、使えるツールとしてオススメしたい一冊。PMBOK3版のまとめシリーズは[ここ]にある。

――――――――――――――――――――――――――――――――
2006年No.1スゴ本
――――――――――――――――――――――――――――――――

カラマーゾフの兄弟1 この本がすごい2006年のNo.1は、「カラマーゾフの兄弟」

 ホントは、文庫本の帯のレビューを提供したという縁もあって、新潮文庫の原卓也訳を再読しようかと思っていたら、光文社文庫から新訳がでてきたので手を出してみた。一読、とてつもなく読みやすくなっている!と仰天した。新訳者の亀山郁夫氏については、「『悪霊』神になりたかった男」で知ってはいたが、これほど「いま」を意識して翻訳してくれるとは── 嬉しい限りですな。

 「カラマーゾフ」は、わたしが読んできた中で最高最強のスゴ本… なんだけど、いかんせん、岩波・新潮文庫のは、字がびっしり&敷居が高い&読みにくいので、誰にでもオススメ、というわけにはいかなかった… んが、こいつなら自信を持って勧められる。面白く、切なく、悲しく、恐ろしく、強く、激しく、抉り出す、毟り取る、徹夜、夢中、最強のスゴ本だと。

 繰り返しになるが、わたしが小説を読む最大の理由は、そこに人間の欲望が書かれているから。人間の欲望を知りたいから。本書には、神聖から汚辱まで、ありとあらゆる人間の欲望が描かれている。人生について知るべきことは、すべて「カラマーゾフの兄弟」の中にあるという所以。もし読むなら、しっかりと目を見開いて、読んで、欲しい。


| | コメント (6) | トラックバック (6)

« 2006年12月17日 - 2006年12月23日 | トップページ | 2006年12月31日 - 2007年1月6日 »