« 2006年10月8日 - 2006年10月14日 | トップページ | 2006年10月22日 - 2006年10月28日 »

「いい親」が子どもをダメにする

家族力 「いい親」が子どもをダメにする 何をもって「いい親」とするかによるが、センセーショナルなサブタイトルにもかかわらず、著者の言い分はかなり同意できた。

 はやりの育児法を鵜呑みにして、子どもとトモダチになろうとする親がいる。そもそも育児書なんか読み漁ってないで、周囲(特に自分の両親)に相談しなさい、と主張する。著者はかなりのご年配であることを念頭に読むといいかも。

 最初に強く頷いた箇所はここ↓

 全ての基本は夫婦の関係。(理想的には)夫婦が互いに信頼しあい、愛し合っている家庭であることが、子育ての最初の一歩。もちろん事情により片親の場合もあるが、それではダメということではない。「理想的には」を頭につけたのはそのため

 「子どもへのまなざし」[参照]で知ったが、子どもを家庭の中心に据えて、両親が子どもに寄りかかっている、いびつな関係がある。

 それは、子どものことを一生懸命に考えすぎた母親が陥る罠だそうな。わが身を犠牲にすることが、あるべき子育てだという観念に囚われて、結婚生活そのものを犠牲にした結果、子どもの巣立ち同時に人生の意味を見失う ―― 「空の巣症候群」という。子どもが巣立った直後の離婚率が高いのも頷ける。

 次に強く頷いた箇所はここ↓一歩間違えると「地雷」だけれど、このテーマはわたしも嫁さんと何度も話し合った。

 両親共に外で働くことを決意し、子どもを保育所へ入れることによって、家族の力は弱まる。親も子も無用なストレスにさらされることになる。共働きの理由にお金が挙げられるが、正当な理由でなくなりつつある。というのも、妻の収入のほとんどは、世帯にかかる課税率の上昇(妻の収入を加えることによって、世帯の課税区分が上階層へランクアップする)、保育費、医療費、被服費、交通費、そして食費の増加(共働きの家庭では、夫婦のどちらかいっぽうしか働いていない家庭に比べて、外食の機会がかなり多くなる)によって、ほとんど消えていく

 共働きによる収入増と、それにともなう精神的・肉体的な負担を天秤にかける。「共働きなら収入は倍」なんて甘いこと考えていたのは、もう何年前になるだろうか。世帯への課税率の上昇はまさに「ランクアップ」というべきで、思わず目を見張る毟りよう。国は違えども現実は一緒ってことか。

 さらに激しく頷いたのは、ここ↓「しつけ」についてお悩みの方は、ぜひ第2章を読むべし。

 しつけとは何か。流行の子育て法を推進する人が書いた本を読みすぎた親たちは、しつけの成功の鍵は、適切な手立てを選んでうまく使えるかどうか──つまり、しつけとは技術であると思い込んでおり、犬猫のブリーディングと同様の「テクニック」でもってうまくいくものだと考えている

 しつけの最初の一歩は、トイレトレーニングだったり、食卓での振る舞いだったりするため、畜生のしつけと子どものしつけを同一視する親が出てくる。本書はもう少し成長した幼児~児童に対し、「自分の感情をコントロールする」「礼儀正しく振舞う」「出されたものは文句をいわずに食べる」ことを、どうやって身に付けさせるかが書いてある。読めば、「うまくしつけができなくて困っている」「どうやってしつけてよいか分からない」といった悩みそのものが本質的に誤っていることが分かる。

 さらに続けて、しつけの上手な親の例を挙げている。今から数年間、わたしは以下をくり返し読んで忘れないようにしないと。

 子どもをコントロールしようとしたら、必ず失敗する。そもそも、子どもを思い通りにすることなんて不可能なことだから。しつけの上手な親は、子どもをコントロールすることはせず、自分にできること、すなわち子どもとの関係をコントロールしようとする

 子どもは物事の必要性と自分の欲求を混同しやすいため、子どもに何が必要で何が必要でないかは、親が決める。親は子どもにとって必要なものを、子どもが望んでいるかどうかに関係なく、すべて提供し、いっぽうで、子どもがどんなに必要だと主張しても、親の判断に合わなければ、わずかしか提供しない。子どもとの関係をコントロールするために親が決めることは、次のようなこと
  • 親が子どものために何をし、何をしないか。たとえば、子どもの宿題のうち、どんなことなら手伝い、どの程度まで手伝うか
  • 物質的な面で、子どもに何を与え、何を与えないか。つまり、子どもの生活水準を決定するということ。それは必ずしも親の生活水準と同じである必要はない
  • 家の中で、子どもが従うべき規則。たとえば、何時に就寝し、夕食に何を食べるか、どんなお手伝いをするかなど
  • 子どもが悪いことをしときに、どんな罰をどのように与えるか

 最後に。著者に言わせると、わたしもしばしば、子育ての目的を忘れてしまう親の一人らしい。子育ての本当の目的は、子どもを大人に育て上げることだ。わたし自身、自分育てだとか共育とかヌルいことを言っていたことがあった。しかし、ゴールを忘れてはいけない。わが子がこの社会で生きていけるよう、ちゃんとした大人として独立して生きていけるようにすることが、わたしの親としての役目なんだねッ。

 … ここで、その最終目的を忘れてしまった親に育てられて成人したブーメランキッズの話題にしてもいいけれど、今宵はここまでにしとうございます。

  • 子育ての基本原則その一 ――子ども第一ではなく家族第一(何が一番かをはっきりさせる)
  • 子育ての基本原則その二 ――しつけに必要なのは、罰ではなくコミュニケーション。信頼関係を結ぶことではなくリーダーシップ
  • 子育ての基本原則その三 ――子育てとは人を大切にする心を育てること。自尊心を育てることではない
  • 子育ての基本原則その四 ――大切なのは礼儀を教えること。技術を習得させることではない
  • 子育ての基本原則その五 ――大切なのは責任感を育てること。よい成績をとらせることではない

| | コメント (8) | トラックバック (1)

自分の小さな「箱」から脱出する方法 復刊されますた(via:揮発性メモ)。いやー、めでたい。原題が "LEADERSHIP AND SELF-DECEPTION / GETTING OUT OF THE BOX" で、訳者が同じ人なので、「箱 ―― Getting Out Of The Box」と中身は一緒のはず。

 本書は、巷に数多にあふれている自己啓発本のタネ本。成功本における「地上最強の商人」や「道は開ける」であったり、マーケティング・交渉術における「影響力の武器」と一緒。新刊出しては印税稼ぐ人は、これらの種本をネタにして、せっせと今風の味付けをするという仕掛け。味付けが違うだけの新刊をたくさん読むくらいなら、原液をそのまま読んだ方がずっと効く

 永らく絶版状態となっており、せどらーどもの暗躍を見るにつけ(中古価格 8,000円!)、苦々しく思っていたけれど、ようやく定価で買える。本屋にあほほど積んである啓発本は、本書の二番煎じ三番煎じと思ってよし。これからは大声で言える、そいつ読むならコレ読めよ!ってね。

 本書はまなめさんのおかげで出会うことができ、2005年のNo.1スゴ本、いいや、わたしの考え方をグルりと変えてしまった凄まじい一冊となった。

 わたしの感想は[ここ]、ネタバレ抜きで書いてある。「自分がいかに自分自身にウソをついて生きてきたか」が、ものすごく明解に理解できる。それだけでなく、そこ(箱)から脱出するシンプル&パワフルな方法を身につけることができる

 素直に読んで、自分につく嘘 ―― 自己欺瞞の罠(箱)に気づいた瞬間、目の前がガラッと砕け散るかも(碇シンジ君の『ボクはここに居てもいいんだ!』のようなやつ)。高額な自己啓発セミナーを受けるよりは、本書を読むほうがよっぽど投資効果が高いナリ。amazon紹介文は以下のとおり。

 身の周りの人間関係は実はすべて自分が原因で引き起こしていることに気づかせてくれる『自分の小さな「箱」から脱出する方法』。本書を読み進めるうちに家庭や職場での人間関係を深め十分な成果を出せる環境を作る方法を学べる

| | コメント (9) | トラックバック (13)

ローマ人の物語III 「勝者の混迷」の読みどころ

ローマ人の物語6 勢いのある「ハンニバル戦記」から一転、あれほど著者が忌避した世界史の教科書のような停滞ぶり。ポエニ戦役を勝ち抜いた後、ローマに訪れた内紛と混迷の時期がだらだらと書かれている。

 好き嫌いが激しいのか、ローマ史上では超重要な人物、マリウス、スッラ、ポンペイウスの書き込みは淡々としており、著者の思い入れはさしてないことが分かる。分かりやすい書き手なので安心して読める。この調子だと、カエサルは弾けるんじゃないだろうかと予想する(←的中!)。

 「勝者の混迷」の読みどころは、出来事の分析ではなく、塩婆史観を愉しむところにある。つまり、"自称"シロウトの「~ではないか」「もし~ならば」から、ローマだけでなく、それを語る人をどう評価しようとしているのかを推理するワケだ。このへん↓が、たいへん面白かった。

■ローマ人と義理人情(文庫版6巻p.167)

 ローマ人が創り出した法の概念と、義理人情は矛盾するではないかといわれそうだが、私の考えでは、思うほどは矛盾しない。法律とは、厳正に施行しようとすればするほど人間性の間に摩擦を起こしやすいものだが、それを防ぐ潤滑油の役割を果たすのが、いわゆる義理人情ではないかと考える。法の概念を打ち立てたローマ人だからこそ、潤滑油の重要性も理解できたのではないか。

 マリウス、スッラ、そしてポンペイウスもカエサルも、義理人情の重要性を理解した男たちであった。彼らと兵士たちとの関係を、近現代のほとんどの研究者たちが「私兵化」であると一刀両断して済ませるのは、その人々が人間関係における義理人情の重要さを解さない、いや解そうともしない欧米のインテリだからである

ローマ人の物語7■ローマ人と奴隷(文庫版7巻p.103)

 はじめに断っておかねばならないが、イエス・キリストは、人間は「神」の前に平等であると言ったが、彼とは「神」を共有しない人間でも平等であるとは言ってくれていない。それゆえ、従来の歴史観では、古代よりは進歩しているはずの中世からはじまるキリスト教文明も、奴隷制度の全廃はしていない。キリスト教を信ずる者の奴隷化を、禁止したにすぎない。だから、ユダヤ教信者を強制収容所に閉じ込めるのは人道的には非でも、キリスト教的には、完全に非である、と言い切ることはできない。アウシュヴィッツの門の上にかかげられてあったように、キリスト教を信じないために自由でない精神を、労働できたえることで自由にするという理屈も成り立たないではないからである

 「欧米のインテリ」たちによっぽど酷い目にあったのか、目の仇にしている。現代にいたるまでの史家たちの積み重ねによって、今わたしたちの手に残っているのだから、もう少し謙虚になってもいいじゃないかと。そうした歴史家たちをまとめてバッサリ斬っているところは、小気味いいと感じるより不気味思えてくる。

――――――――――――――――――――――――――――――――――
「ローマ人の物語」の読みどころ【まとめ】に戻る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「アート・オブ・プロジェクトマネジメント」読書感想文(その5)

アート・オブ・プロジェクトマネジメント■優れたPMは質問の達人

 筆者は「優れた質問は優れたアイディアを惹きつける」という。では、優れた質問とは何か? ここでは5章で紹介される、アイディアを生み出す方法から、「質問」に焦点を絞って考察する。


  1. 焦点合わせの質問
  2. 創造的な質問
  3. 修辞的な質問

 まず「焦点合わせの質問」から。プロジェクトのどんなフェーズであろうとも、質問者が誰であろうとも、最もパワフルな質問がある。わたし自身、ミーティングで必ずする質問。自問も含めると、一日に何回、この質問をすることやら。その「質問」は、反転表示で以下に記す。ドラッグの前に、ちょっと考えてみて欲しい↓

 解決しようとしているのは、どのような問題なのだろうか?

 仕様書の記法について議論しているときも、不具合の正体を見極めようとしているときも、「問題の本質を定義しなおす」行為は、ホウレンソウ並に基本動作となっている。ものすごく重要なので、わたしの手帳の第一ページ目に大書きしてある(ちなみに次の行には、「頭にキたときは、呼吸することを思い出せ」と書いてある)。

 なぜなら、皆の注意を議論の本質へ向ける唯一の質問だからだ。ともすると、表層に拘泥し、因果関係や責任論の不毛地帯へ迷い込むことがある(とってもしばしば!)。事実関係や各人の思いはよく分かり、議論が深まった気分になるが、穴を掘る場所が違っていたら目も当てられない。この罠から逃れるための質問が↑のやつ。

 例えば、システムの不具合の場合を考えてみる。解決しようとしているのが、以下のどれかによって、議論はずいぶん違ってくるだろう。


  • 不具合の事象そのもの
  • 不具合の原因
  • データ汚染部位の除去
  • 不具合の再発防止
  • 責任所在の追及とオトシマエ
  • 追加費用の手当て
  • 対策のスケジュール調整

 こいつをいっぺんに語ろうとするから収拾がつかなくなる。いちどに一つずつ、問題の定義を行いながら段階を踏むことで、驚くほど効率的に進めることができる。優れた質問は、議論の触媒となる。だから、「ちょっとマテ、今すぐ決めなきゃいけないのは、データ汚染範囲を拡大させないようにする方法じゃなかったっけ?」と具体的に振ってもOK。あるいは、「○○とは、結局△△のことですね?」と焦点を言い替えるのも良い。"って結局"メソッドは質問のフリをした議論の軌道修正テクでもあるし。

 次の「創造的な質問」は、ちょっと思い浮かばなかった。著者は、「創造的な質問とは正反対に、今まで考慮の対象となっていなかったものの、探求すべき方向を指摘する質問」と述べている。わたしの経験と照らし合わせても、こうした質問はしてこなかったため、自信を持って紹介できない。興味のある方は本書を読んで欲しい。

 最後の「修辞的な質問」―― これは邪悪な質問だという。どう邪悪かというと、次の例を見て欲しい。


  • おいおい、私の話はそんなに退屈か?
  • バグとか不具合とか、表現のしかたがそんなに気になるかね?
  • あっはっはっは、どこへ行こうというのかね?
  • 左舷、弾幕薄いよ、なにやってんの!?

 これらは、質問の形をした非難や嘲笑であるため、最も避けるべきだという。質問者の意図ばかりに注意がいってしまい、考えるべき焦点がおろそかになる。このテの質問が、いかに相手を傷つけるかは、子どもができて初めて分かった。今までどれほど酷いこと言ってきたか、恥ずかしいなり。家庭でも職場でも、修辞的な質問を避けるよう、ものすごく気を使っている。

■「見える」懸案一覧は強力なツール

 激しく同意。著者は、仕様書作成フェーズやや、イテレーションの端境期で使っているようだ。懸案一覧のTipsは次の通り。


  • 懸案事項とは、意思決定を行う、もしくは答えを見つける必要があるものとして洗い出されたものの、まだ手をつけられていない項目のこと
  • 懸案事項の一覧は、本質的には疑問の一覧
  • 行う必要のある全てのことが、優先順位付けされていなければならない
  • ホワイトボードが望ましい。ウェブサイトで公開すると、まず見てくれない
  • 誰かがオフィスにやってきて、進捗状況を尋ねた場合、傍らのホワイトボードの一覧を指差して「あればまさに状況をあらわしています。あの一覧から項目が全てなくなれば、仕様書作成を完了することができます」←【超重要】

 この詳しいテクニックは、6.7「懸案事項の一覧」から学び取ることが出来る。同じことをここで書いても意味がないので、ここでは、わたしが最も使う(使ってきた)懸案事項一覧について述べる。

 それは「課題管理表」と呼んでいる。一緒じゃんという莫れ、懸案を優先順位別に並べたものとは一味違うなり。必用なのは、複数のホワイトボードと書記役の若手数名。

 いわゆる懸案一覧と最も違うのは、アタマに「問題」が付くところ。「サーバ初号機のレスポンス性能問題を解決する」とか「リリース直後のトラブル対応」といった"お題"がある。

 そして、その「問題」を課題へブレークダウンしていくわけ。必ずしもロジックツリーの形をとっていなくてもいいが、個々の課題の総体が問題の全体となるようことに気を配る←つまり、モレヌケがないか見張る。

 課題はたいてい、不具合の形をとる。故障票からの転記/お客さまご指摘/現場からの問い合わせを簡潔に記し、課題を担当する人・チーム、解決までの期限、クリア条件を記す。クリア条件とは、「その課題が解決したことをどうやって知るのか/測るのか/分かるのか」のこと。


  • 今発見された不具合
  • 仕様モレだとわかった事象
  • 実装されていない仕様(理由はともかく)
  • 次のリリースで回復する(はずの)バグのうち、知らされていないもの
  • この期に及んで顧客が言い出した「あるべき姿」
  • 未確定のバグ

 課題(直すべき内容や不具合)は書けるが、担当が書けない場合は、その課題をさらにブレークダウンする必要がある。あるいは、期限が書けない場合は、「いつまでにこの期限を決める」を書く。あるいは、期限を決めるために必要な作業/議論/情報を書く。

 そうしておいて、各個撃破していくわけだ。全ての課題をクリアすれば、元の問題は解決するはず。ファーストインのスタック形式だから、優先順位別にソートしない(できない)。だから重要度別に朱色を使ったりポストイットで"修飾"する。

 課題をホワイトボードにまとめる最大の理由は、「問題を問題化する」ことにある。問題を、コレ、と指差すことができる。非常によくあることだが、問題は、それを抱える人と同一視される場合が多い。あるいは、その問題について詳しく説明できる人や、その問題を伝えてきた人のものとして白眼視される。これまで、何人のプログラマが「当事者」として扱われてきたことか。事象の本質から分かっている分、自分のせいでもない不具合の原因を自分が書いたプログラムで対応させられたりする(自分の分は仕様どおりであるにもかかわらず!)。

 これを回避するために、問題をホワイトボードに「転記」する。問題があるというとき、その場所を指差すのが人からボードに移るわけだ。つまり

you vs me

の人対人の対決から、次のようにする。

problem to us ( you and me )

その「問題」は、ホワイトボードに全部書いてあるというわけ。

 火を噴くプロジェクトに落下傘部隊よろしく投下されたとき、わたしが最初にすることは、この課題一覧を作ること。問題は目に見えているが、課題は断片化されている。各人の頭の中や仕様書に書いたメモ、共有されていないメールにバラバラになっていて、おのおのそいつを抱えて走り回っている(あるいは走りつかれている)。それを、「ここさえ見ればその問題の全てが囲い込まれている」に注目させる。

 その結果、おのずと問題を抱える人や、解決のアイディアが出せる人が、そのボードの前に集まってくる。

 あとは書記役が不在にならないように交代させながら、24時間体制でこのボードをメンテナンスする。これにより、すくなくともこのプロジェクトが何を問題としており、どうやって対処しようとしているかがリアルタイムで分かるようになる。困憊したらボードの傍らにダンボール敷いて寝てればよろしい「課題が追加されたら起こして」と言い残して。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

「わたしと仕事、どっちが大事?」はなぜ間違いか

「わたしと仕事、どっちが大事」はなぜ間違いか タイトルで惹かれて一読、これはイイ! これは使わせてもらおう。

 ロジカルシンキングやMECEといった論理的思考ツールは、確かに仕事に使えるまで砥いできたが、肝心の議論に役立ってはいない。あ、いや、「自分の考えを的確に表現し、相手に理解させる」ツールとしては有効だけど、

 ・議論が紛糾したとき
 ・自分の結論へ誘導したいとき
 ・自分の主張に言いがかりとつけられたとき

 これっぽっちも役に立たない。「おまえの意見はよく分かったが ──

 ── そんな話はここでは通用しないよ」
 ── SEにはカネのことなんか分からないんだ」
 ── 他の人もみんなそうじゃないと言っているよ」

 と断言されると、一瞬、どう返していいか言葉に詰まる。議論は黙した方が負け、というルールに従って引き下がらざるをえなくなる。しばらくたって、その「反論」は何の根拠もないことに気づくが、議論はもうあさっての方向へ行っている。

 仕事の場に限らない。この、攻撃するためだけの反論をぶつけられたとき、どう対応していいか分からなくなる。もたもたしていると主張そのものにケチがつく。相手の狙いは正にそこで、主張のロジカルさや明解さなんて二の次だったりする。こんなとき、どうしたらいいか?

 本書では、議論を誘導するためのテクニックが紹介されている。

 【誘導尋問】

  • 誤導尋問「お支払いは現金になさいますか、それともカードにしますか」
  • 誤った二分法「人間は金持ちか貧乏かだ」
  • 二者択一誤導尋問「私と仕事、どっちが大事?」
  • 論点のすり替え「『借金を返せ』だと? 信用できないのか!侮辱するな!」

 【詭弁に見えない詭弁】

  • 循環論法「AはBである。なぜならば、BはAだからだ」
  • 事実の信憑性「○○君が××だと言ってたよ」
  • 誤ったグルーピング「商売人には政治のことは分からない」

 【よく使われる反論のための反論】

  • 常套句「そんなのナンセンスだよ」
  • 見えない多数派「みんなやっているよ。どうして私だけが…」
  • 自尊心という魔物「まさかそんなレベルの低いこと言わないよね」

 それだけではない、そうした詭弁へ対処するためのテクニックも同時に説明されている。相手の詭弁へ打撃を与える反論術だな。つまり「ああ言えばこう言う」パターンが分かる。簡単なやつなら、口ぐせとして覚えてしまいたいほどシンプルだ。例えば、「常套句」への反論──

  「そんなの世間では通用しないよ」
  「それは本質的な議論ではないよ」

 などと、感情的に一方的に議論を打ち切ろうとする相手に対しては、

  「どういう意見が通用するの? この意見が通用しない理由は?」
  「では本質的な意見とは何でしょうか? 私の意見との違いは?」

 と理性的に返せばいいし、もっとシンプルに、

  「世間というのは、あなたの意見のことではないの?」
  「本質というのは、あなたの意見のことじゃないの?」

とサクっと突いてもいい。嫁さんと口論になったときのトドメとして覚えておこう。

 また、非常に使える「立証責任」を学んだ。命題の正しさを証明するためには100%正しいことを証明する必要があるが、命題が誤っていることを証明するためには、たった一つの反証を挙げればいい。だから、議論では「正しさを証明する立場」=「立証責任」を相手に押し付けた時点で優位になる、というテクニック

  • A 「この動作はバグだ、いますぐ修正してもらおう」
  • B 「いいや、これは不具合ではありません。したがって変更するなら追加料金が必要です」
  • A 「バグに決まってるだろ。そうでないなら、説明しろ」
  • B 「それは筋が違います。不具合だというならば、まずその理由を説明してください。あなたが異を唱えなければ、何も変える必要はないのだから、変えなければならない理由を説明しなければならないのは、あなたです

 立証責任が行きつ戻りつしているのが分かる。「○○すべきである(ない)」と言った瞬間、そうである理由をキチンと説明しなければならなくなるし、反論する側は、そうでない理由を一つ挙げれば済む。

 さらに高等で、議論でアツくなっている頭には難しいかもしれない(が、使えたら鬼棒)テクニックとして、「飛び火作戦」「そもそも式論法」「門前払いの手法」「言質を取る質問術」が紹介されている。特に「飛び火作戦」と「そもそも式論法」は顧客よりよくヤられる攻撃なので、再読して備えることとする。

 本書が重要なのは、詭弁を弄させて、議論のための議論に陥ることを防ぐため。議論のゴールに全員の目を向けて、ゴールを目指した議論にするため。そうでなく、会議で一目おかれたいとか相手を屈服させたいとか、はたまた一言居士の奴等には、悪魔の手引書となるかもしれない。

| | コメント (4) | トラックバック (5)

« 2006年10月8日 - 2006年10月14日 | トップページ | 2006年10月22日 - 2006年10月28日 »