« 2006年8月6日 - 2006年8月12日 | トップページ | 2006年8月20日 - 2006年8月26日 »

子ども兵──「見えない」兵士たち

このエントリのまとめ

 子ども兵とは、男女問わず18歳未満の子どもの兵士のこと(Child soldier)。その姿は、発展途上国の武力紛争で見られ、物資の運搬や食事等の作業のみならず、実際の戦闘、かく乱、誘拐、スパイ活動、さらには自爆テロの弾頭として「消費」される。少女の場合は、兵士に「妻」として与えられ、性的虐待にあったり、身の回りの世話などをさせられたりすることが多い。

 子ども兵は成年兵と比べ安価で使い捨てが可能であり、政府側も反対勢力側も、拉致したり誘拐したり唆したりして、動員する。ただし、各組織は、子ども兵があってはならない存在だと認識しているため、国連やNGOの調査に対して、子ども兵など存在しないと答えており、実態は隠されている。子どもは紛争の中で運良く生きながらえても、成年兵へと姿を変えて見えなくなっていく。

 生き長らえる子どもは少数で、命を落とすことによって、文字通りこの世の中から消えてなくなる。「見えない兵士」あるいは「子ども兵なんて最初からいない」という真の意味はここにある

映画の中の子ども兵

 「ランボー」のベトナムの話を覚えているだろうか? 靴をみがかせてくれと言ってきた少年の話だ。彼が持っていた箱に爆弾がしかけられていて…とランボーの告白が続く。

 あれは映画のネタではなく、現実にあった。ウラは、開高健のルポで思い知った。「キリング・フィールド」では子ども兵を見たし、「フルメタルジャケット」では少女の狙撃兵を思いだす。

 それでも、あれが現実だということに、なかなか想像が及ばない。わたしのアタマが錆びているからだ。まさに想像もつかない。試みにgoogleってみる[参照]。そこには映画(の子役)よりもずっと若い姿がある。

現実の子ども兵

子ども兵の戦争 現実の子ども兵は「見えない兵士」だと言われる。あってはならない存在であるため、関係者が口を拭って存在を否定しているのと、戦場では使い捨てされていることと、運良く生き延びた場合は成年兵となるからだ。

 政府機関が徴用することもあるが、誘拐されるケースが非常に多いとされている。中には、貧困からの脱出や、殺された家族の復讐などの目的で自発的に兵士となる場合もある。徴収される子どもに貧富の差があることはお察しのとおりだが、以下の引用で想像がつく。

 裕福な特権階級の子どもたちは政府軍に入隊する可能性はほとんどなく、仮に連れて行かれたとしても釈放されることになる。つまり、この階級から子ども兵が出ることはまずない。裕福な家庭では、教育を理由に子どもを留学させてしまう。国外にいるかぎり兵役に就く必要はなく、危険が去るまで帰国しないでいることもできる (「世界の子ども兵」p.64より)

 徴収された子どもは、充分な訓練をする場合もあれば、かく乱する「的」として使われる場合もある。「戦闘中はかがむこと」を教わっていなかったため、文字通りAKで体をまっぷたつにされた子どもの話は暗澹とさせられた。一方で、洗脳といってもいいほどの教化法が施された子ども兵も存在する。例えば、

 究極の教化法がある。誘拐してきた子どもたちをすぐに儀礼的な殺人に加担させる方法が普及している。犠牲になるのは、敵の捕虜、新兵の前で殺すためだけに誘拐してきた子ども、ひどいときには、子どもたちの隣人、もしくはだ。殺害はたいてい公開で行われる。子どもが人を殺したことを地元の人々に知らしめて、二度とかれらの元に戻れないようにするためだ (「子ども兵の戦争」p.109より)

戦場の子ども兵

 戦闘員としての子ども兵は、非常に有益らしい。体が小さい、敵が油断するといった誰でも思いつくメリットの他に、


  • あまり質問をしない
  • すなおに指示にしたがう
  • 評価することができない
  • たいてい戦争に行くことのリスクを理解していない

が挙げられる。麻薬やアルコールで興奮状態になった子どもは[何でも]やる。戦うのが楽しいと答えた子どももいる。「ゲーム感覚」という言葉が脳裏をよぎる。自分のしたことがどんな結果を招くか理解できない子どもが、銃を向ける。その目撃者の話↓

 それからキシー(シエラレオネ)のモスクに連れていかれた。そこにいた人たちは皆殺しにされた。あの人たちは、お母さんの腕から赤ちゃんを取り上げ、放り投げた。赤ちゃんはまっさかさまに落ちて、死んだわ。(中略)頭の後ろを斧で叩き割って殺したりもした。ニワトリでも殺すみたいに。妊娠している女の人がふたりいた。あの人たちは、ふたりを縛ると両足を広げさせ、尖った棒で子宮をつつきまわして、赤ちゃんを引きずり出したの (「子ども兵の戦争」p.153より)

子ども兵のインセンティブ

 それは、純粋にビジネスの論理、即ちコストに尽きる。拉致ってこればほぼゼロ。大人は大義を信じていても、報酬を欲しがるもの。子どもはめったに欲しがらない(あるいは、欲しがるようになるほど大きくなる前に死ぬ)。

 国際法上、18歳未満の子どもを兵士として徴用することは禁じられているが、戸籍を準備して証明しなければならないのはその保護者の方。ここでも貧富の格差が表れてくる。つまり、裕福な家庭は兵士としての履歴を買うことができるわけだ。その欠員は、もちろん貧しい側から補充することになる。

子ども兵とカラシニコフ

カラシニコフ 子どもを優秀な戦闘員にしているのは、安価で、シンプルで、扱いやすく、メンテナンス性の高い兵器。その最たるものがカラシニコフ――AK47――重さは4.7キロ。分解してもわずか8部品と、非常にシンプルだ。子どもたちは普通、30分ほどで使い方を覚える(わたしですらみよう見真似で扱えるほど簡単)。並外れて頑丈に設計されており、メンテナンスの必要がほとんどない。カラシニコフは一般化しており、アフガニスタンの四年生の教科書に載っている文章問題にはこうある

 カラシニコフ銃の弾丸は秒速800メートルで飛びます。聖戦士が3200メートル先にいるロシア人の頭部を狙う場合、弾丸がロシア人の額に命中するまで何秒かかりますか (「子ども兵の戦争」p.99より)

 カラシニコフの性能で笑う話ではなく、教科書に載っている問題だということを、再度指摘しておく。

 カラシニコフは、「人類史上最も人を殺した兵器」とも「小さな大量破壊兵器」とも呼ばれている。同名のルポルタージュが出版されており、わたしのレビューはここ[参照]にある。

「子ども兵問題」の対策1

 じゃぁどうすりゃいいんだよ!と咆えながら読み進めると、やはり最後に「提言」の形で対策案が提示される。「子ども兵の戦争」はこうだ。

 子どもの兵士を使うこと自体を戦争犯罪とみなし、黒幕である指導者たちを、子どもたちをあからさまに徴集し使用しているかどで告発しなければならない。基本となる理由づけは、子どもの兵士を使えば罰せられるという法的な前例を設けること。子どもの兵士を使う原則が戦争犯罪であることに焦点を合わせれば、その結果起きる虐待に焦点を合わせるよりも、告発しやすくなる (「子ども兵の戦争」p.212より)

 でこのプログラムの実行には、シエラレオネの戦犯法廷などの臨時の国際法廷を利用することを提言している。また、子ども兵と相対する側(まさにこの著者の属する世界の軍)への提言も、抜かりなく行っている。

 子ども兵との交戦と、子どもたちが殺されることになった経緯を説明する際は、交戦の背景と任務全体の重要性を強調しなければならない。子どもの兵士たちが死傷することを避け、制限するため、できる限りの手(非致死性兵器の使用、心理作戦、衝撃効果を狙った発砲)が尽くされたことを、世間に知らせる必要がある。同時に、子どもの兵士が、子どもであっても、アサルト・ライフルを手にしていれば大人と同じぐらい危険であることを、世間に気づかせるべきである。何より、広報担当は非難の矛先を非難するべき相手に、すなわち、子どもたちに汚い仕事を肩代わりさせている敵に、向かわせることが重要だ (「子ども兵の戦争」p.255より)

 朝日日曜書評(2006.8.6)の酒井啓子レビュー[参照]で挙げられた「米兵の視点」での深刻さには違和感はここ↑だろう。あたりまえだ、本書はそうした子ども兵と相対する側向けに書れたレポートなのだから。自分が殺す相手が子どもだなんて、誰だって嫌だろう。それでも正当化しなければならない人がいるのだから。

 むしろ酒井氏には、次のレポートをオススメする。

「子ども兵問題」の対策2

世界の子ども兵 もう一つ併読していたのが「世界の子ども兵」。前出の「子ども兵の戦争」は膨大なネット情報とNGO報告書から抽出されたレポートであるのと異なり、本書は写真と生のインタビュー・アンケートに満ちている。この問題を包括的にとらえている。「世界の子ども兵」では、子どもの権利条約の遵守は楽観的に見ている。

 むしろ対応が困難なのは、子ども兵をいかに社会復帰させるかという問題である。ここでいう子ども兵には、かつて子ども兵であった現在の成年の兵士たちも含めなければならない。子ども兵たちは、紛争によって家族を奪われ、子ども時代を奪われてきた。子どもが当然にもつべきであった子どもとしての時間を、いかにして取り戻せばよいのであろうか (「世界の子ども兵」p.191より)

 本書では、それを教育の機会および職業訓練の機会の付与に見出している。しかし、それが有効な手立てだとは疑わしいことを、まさに本書のインタビューで明らかにしてしまっている。

 何に対する社会復帰でしょうか? 機能していない、さまざまな問題を抱えた社会へ復帰することなのでしょうか? 普通とはどういうことでしょう? 子ども兵は、貧困や不正を社会の現実として目にし、それを理想に近づけるためにNPAに入ったのです。社会復帰ではなく、社会の再生を図らなければいけないのです。軍隊や反対武装勢力から戻った子どもたちは、社会に対して自分が抱いていた理想を、紛争を通じて叶えられなかっただけではないのです。戻ってきた社会はさらに病んでおり、紛争の根はそのままです (「世界の子ども兵」p.113より)

参考
  Wikipedia 少年兵[参照]
  Wikipedia AK-47[参照]
  P.W.シンガー「戦争請負会社
  P.W.シンガー「子ども兵の戦争
  レイチェル・ブレッド/マーガレット・マカリン「世界の子ども兵
  松本 仁一 「カラシニコフ
  松本 仁一 「カラシニコフII

| | コメント (0) | トラックバック (3)

トイレで寝る技術

 「椅子で寝る技術」[参照]は参考になった。よく椅子から転げ落ちるので床ダンボールで寝てたが、このおかげで椅寝へアップグレードできた。感謝感謝。

 それでも椅子寝になるということは、ちゃんと睡眠時間が確保できない状況だということ。最終ビルドが通るまで、あるいはテストクリアまで、はたまた納品検収が終わるまで、眠気との闘いとなる。「タスケテ…5分でいいから寝かせて」「もうゴールしてもいいよね?」などとぶつぶつ呟きながらゾンビのごとくPCに向かう。

 カフェイン剤の併飲はキケンだし、あれは眠れなくなるだけであってシャッキリするわけではない。薬物に頼るぐらいなら、少しでいいので眠っちゃおう。しかし、机に突っ伏そうものなら「テメェ何寝てんだよ!」などと他のゾンビから罵倒とともに蹴りパンチが入ること必至なので、トイレに逃げ込んで眠ろう。

 以下、トイレで寝るポイント

[その1] 目覚ましを複数仕掛けよう

 まず、起きる時刻を決めよう。そして、ぜったい起きられるように、タイマーを仕掛けよう。しかも幾重にも。目覚めたら深夜だった!なんてことにならないように(経験者ハ語ル)。キッチンタイマーがお手軽で吉。

[その2] 携帯は電源OFFにして、自動起動モードで

 トイレでピピピとしたくない人は、携帯のバイブレートアラームを使ってもいいだろう。ただし、携帯の電源を入れておくと容赦なく呼び出される。トイレの個室で着信するとマヌケなので、電源は切る。そして、一定の時刻(時間)になると自動起動するようにしておこう。

[その3] 独自のスイミンスタイルを考えよう

 いつものように座るのもいいし、あぐらをかいたり、体育座りしてもOK。ただしフタは開けておくこと。よくやるのが、大きめのタオルにアロマオイル(なければせっけん液)を一滴たらして顔をうめる。姿勢は「飛行機が墜落するときの乗客」のあれね。ズボンを下ろすか否かはお好み次第で。

[その4] 隣人に気を使おう

 歯磨きしたり顔洗ったりするだけでなく、オムツを替えたりオナニーしたり、トイレでは色々なことをしてる人がいる(はずだ)。がんばってる隣人に余計なプレッシャーを与えないよう静かに眠ろう。いびき御法度。てか、個室でいびきが聞こえてきたら、脳卒中を疑われる。あお向けよりも、うつ伏せ気味の姿勢の方がいびきをかきにくいぞ。

[その5] トイレの目的を忘れずに

 短時間でしっかり眠ったら、個室を出る前に、出すものを忘れないように。することやってスッキリしよう。本来の目的を果たさずに、トイレを後にするようなら、それはトイレさまに失礼というもの。

 以上、あなたの快眠トイレライフを祈る…というよりも、むしろトイレで眠るハメにならないよう祈るべきかな。世間サマがお休みのお盆こそ、システム屋のリリースどき、眠くてたまらないときは、ムリせずトイレへどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

逢坂剛オススメ「遙かなる星」がスゴい

 絶版本。奥付には昭和四十九年八月三十日初版とある。図書館か古本屋をあたるしかないが、探すのにどえらい苦労した──というのも、本書が逢坂剛にとってのスゴ本だから。

 彼のプロパティはWikipedia[参照]で得られるけれど、ミステリファンなら紹介するまでもないですな(百舌シリーズはあまりにも有名)。その逢坂剛がベストの一冊として指定してきたのが、「遙かなる星」

 スティーヴン・キングを除き、ふつう作家というのは易々とナンバーワンを挙げないものだが、彼は本当に手放しで誉めている。どこぞの提灯持ちライターではなく、本職のミステリ書きが「このミステリがスゴい」と誉めてるんだから、相当だぜ。ネタ元は日経新聞「半歩遅れの読書術」(2006.1.29)。

 ナチス収容所から助け出されたユダヤ娘を故国イスラエルへ送り届ける、オランダ警察の警部の話。安易なナチス告発の書、ユダヤ受難の書よりもよほど胸をうたれる、感動小説である


 そこまで言うならと探すんだが、なかなか見つからない。半年かかってようやく手にして読めた。ああ、これは確かにスゲぇ…

 人体実験の刻印を腕に、不治の病に冒されながらも遙かなる星、ダビデに向かって進む娘の姿は、安易に同情の言葉をかけられない。また、彼女を助けるために全てを(文字通りすべてを)投げ打つ警部の意志を、手垢のついた「ヒューマニズム」で括るには、言葉の方がチープすぎる。

 事実の方が重すぎて Auschwitz を語る言葉をもたないわたしは、充分にレビューできない。それでもユダヤ娘と警部の意志と行動に強く心を動かされた。それは単純に「感動した」と書き表すよりも、登場人物の強い意志に引っ張られた、という方がしっくりくる。

 小ネタ:実物は「遙かなる星」、つまり涼宮ハルカの「遙」とあるが、ネットでは旧字ではなく「遥かなる星」で通っている。お探しの際、ご注意を。また、ヤフオクで4万円という値がついたらしいが、よい子は図書館を利用しましょう。ちなみに都内では国会図書館に1冊、高井戸図書館1冊ある。復刊ドットコムではこんなカンジ[参照]

 おまけ:逢坂剛おすすめのミステリはまだある。氏はこう紹介している。

(半歩遅れの読書術の)最終回は、わたしがそうやって見つけた、おもしろいミステリーをご紹介したい。あいにく絶版ないし品切れ状態のものが多いが、これは出版社に対する再販の催促であると同時に、古書店で見つけたら迷わずお買いなさい、という読者諸氏へのお薦めでもある

 でもって白眉の二冊はこれ↓

  • 遙かなる星(ヤン・デ・ハートック)
  • 母なる夜(カート・ヴォガネット・ジュニア)

 この二作を読んだあとでは、映画「シンドラーのリスト」が書き割りの田舎芝居に見えてくるそうな。さらに、以下の四人の作家はチャンドラーやハメットとの比較で「通俗」ハードボイルドとされ、一段低く見られていたらしい…が、それはとんでもない偏見で、今のレベルでいえばクリーンナップ級の顔ぶれ。どの作品も、今どきの派手な仕掛けはないが、面白い小説の手本を見せてくれる。買って損なし、再読、三読に堪える、氏の愛読書とのこと。

  • 明日に賭ける(ウィリアム・P.マッギヴァーン)
  • さらばその歩むところに心せよ(エド・レイシイ)
  • 針の孔(トマス・ウォルシュ)
  • ハンマーを持つ人狼(ホイット・マスタスン)

 ただし、週間ブックレビューでの「押入れのちよ」の絶賛ぶりからすると、ひょっとして氏はスティーヴン・キングばりの誉め魔かも。ハードボイルドのグルが薦める逸品として。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2006年8月6日 - 2006年8月12日 | トップページ | 2006年8月20日 - 2006年8月26日 »