« 2006年1月8日 - 2006年1月14日 | トップページ | 2006年1月22日 - 2006年1月28日 »

P2MとPMBOK

 P2Mは Project and Program Management の略。米国PMIのPMBOKに対し、日本独自のプロジェクトマネジメント成果物で、「プロジェクト&プログラムマネジメント標準ガイドブック」を指す。

 P2Mは、個別プロジェクトや組織の枠を越えた“全体最適”の観点からプログラムマネジメントの概念を導入しているところが特徴的。また、PMBOKがプロジェクトの計画・遂行に限定している一方、P2Mはプロジェクト以前のスキームモデルやプロジェクトによって生み出されたサービスの運用モデルまでカバーしている。


  • 使命の構想(スキームモデル)
  • プロジェクトの計画・遂行(システムモデル) ←★
  • サービスの運用・維持(サービスモデル)

(★PMBOKはココ)

 P2Mの適用分野として、企業の経営革新や新規事業の創設、公共事業、PFI など、幅広い分野にまたがる(らしい)。単にコスト、タイム、スコープ、品質を考慮してプロジェクトを遂行するだけでなく、事業価値を高める仕組みづくり・人づくりまで視野に入れている(らしい)。

 P2Mの専門家として以下の資格がある。レベル(?)が上がるにつれ、筆記のみならず面接や論文試験がある。さらに、合格すれば永続するのではなく、5年ごとに更新あり、継続的な研鑚が義務付けられている。


  • Project Management Coodinator (コーディネーター)
  • Project Management Specialist (スペシャリスト)
  • Project Manager Registered (レジスタード)
  • Program Management Architect (アーキテクト)

 ひょっとしてというか当然のことながら、経済産業省の肝いり。関連ドキュメント[P2M報告書]を眺める限り、お役所の臭いがたっぷりと。PMBOKの抽象度なら実務に適用できるが、P2Mはもっとモコ模糊しており、少なくともわたしには使えない。

 しばらくの間生暖かい目で見守っておこう。「日本プロジェクトマネジメント協会」とか。

 世界のPM規格類はこんな感じ。掘ればもっと出てきそう…

  • APMBoK(英国)
  • OSCEng(英国)
  • BS 6079 (英国)
  • PRINCE2(英国)
  • IPMA Competence Baseline(ICB)
  • ANCSPM(オーストラリア)
  • PMBOK GUIDE(PMI)
  • PMI PM CDF(PMI)
  • OPM3(PMI)
  • SAQA(南アフリカ)
  • P2M(日本)

みんな苦労してるんやな

| | コメント (4) | トラックバック (1)

「ベルカ、吠えないのか?」でチョビを思い出すのは反則

 久しぶりに新しめの小説「ベルカ、吠えないのか?」を読む。未知の作家に手を付ける理由は、誰かが誉めたから。その「誰か」がスゴい人であれば、より強く動機付けられる。

 一方、「ベストセラー」は読まない理由になる。ふだん本なぞ読まないような人が手にしているから「ベストセラー」になっているのだから、つられて読むと酷い目に遭う。

 複数の読み手が「2005年のスゴ本」と誉めているので、読んでみた…

 硬質の文体と濃淡がハッキリした展開は面白い。人にとっての近代史はイヌにとっても軌を一つにする、という哲学で貫かれた叙事詩。
ベルカ、吠えないのか?
   人の近代史 ⇒ ノンフィクション
   イヌ・クロニクル ⇒ フィクション

の形式で、両者が交互に交差するような書き方。人の歴史を併記したイヌの系譜。ノンフィクション=フィクションとでも言えばいいのか。近代史の淡々とした描写がイヌのフィクションに信憑性を与え、ニンゲンの歴史とイヌ・クロニクルが交錯する瞬間、魂が震える。

 おもしろい、こんな「物語」は珍しい。

 しかし、じきに着地点が見えてくる。作者がどのように収束させようとするかが判ってしまう。すると、みるみる色あせてくる。何の話なのか判然としないうちが華。先回りを意識して読むのはわたしの悪いクセだが、今回は裏目に出た。

 そして、ノンフィクションパートの胡散臭さが噴出し、フィクションパートへしっくりつながらなくなる。イヌが人間を破壊する様は「二進法の犬」(フィクション)が上だと思ったり、ベトナム戦争は映画だけを参考にするのではなく、「ベトナム戦記」(ノンフィクション)ヲ読メバ?と邪推したり。

 イヌのモノローグを目にするたび、「動物のお医者さん」から離れられなくなったり(←こういう読みはマネしないように)…

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2006年1月8日 - 2006年1月14日 | トップページ | 2006年1月22日 - 2006年1月28日 »