« 2006年4月30日 - 2006年5月6日 | トップページ | 2006年5月14日 - 2006年5月20日 »

「知的複眼思考法」はスゴ本

 タイトルは大仰だけど、いわゆるロジカルシンキング指南。ただし、そこらのロジシン本と一緒にするなかれ。「知的複眼思考法」は今まで読み散らしてきたロジシンもので最高に腑に落ちてくるスゴ本なり。知的複眼思考法

 これまでのロジカルシンキング本は、定義と書き方の説明と例の紹介の集積にすぎない。曰く、「今なぜMECEか?」「MECEとは」「MECEの例、書き方」「MECEの実践」でオシマイ。

 だから読んでもソレっぽい書き方はできるけれど、あくまで見た目。ロジカルシンキングから導出される「アウトプット」と同じ書式だけれど、ロジカルシンキングをしていない。

 いっぽう、本書の第3章の「問いの立てかたと展開のしかた」では、MECEとなるための思考方法を説明してくれる。実は、優れたツリーの裏側に何十枚もの「デッサン」がある。書いちゃ捨て、拾っては直しのスクラップ&ビルドが必要なんだが、フツーの指南本はそこを省く。本書には「デッサン」の線が沢山見える。

 スゴいのは、ロジカルシンキングの用語を一切使っていないところ。10年前に書かれたので「ロジカルシンキング」が膾炙していなかったからだろうが、著者が「知的複眼」なんてカッコよく呼んでいる本質は「ロジカルシンキング」そのもの。

 ロジカルシンキングはアウトプットのためだけでない。インプットも批判的に。第1章「創造的読書で思考力を鍛える」は素晴らしい。2chやfjで揉まれると身につく批判的読書法は、ここを読むだけで身につく(あとは実践するだけ)。批判的読書のコツを引用する。これを具体的にどうすればよいかは、本書で確かめてほしい

批判的読書のコツ20
  1. 読んだことのすべてをそのまま信じたりはしない
  2. 意味不明のところには疑問を感じる。意味が通じた場合でも疑問に感じるところを見つける
  3. 何か抜けているとか、欠けているなと思ったところに出会ったら、繰り返し読み直す
  4. 文章を解釈する場合には、文脈によく照らす
  5. 本についての評価を下す前に、それがどんな種類の本なのかをよく考える
  6. 著者が誰に向かって書いているのかを考える
  7. 著者がどうしてそんなことを書こうと思ったのか、その目的が何かを考える
  8. 著者がその目的を十分果たすことができたかどうかを知ろうとする
  9. 書かれている内容自体に自分が影響されたのか、それとも著者の書くスタイル(文体)に強く影響を受けているのかを見分ける
  10. 議論、論争の部分を分析する
  11. 論争が含まれる場合、反対意見が著者によって完全に否定されているのかどうかを知る
  12. 根拠が薄く支持されない意見や主張がないかを見極める
  13. ありそうなこと(可能性)に基づいて論を進めているのか、必ず起きるという保証付きの論拠(必然)に基づいて論を進めているのかを区別する
  14. 矛盾した情報や一貫していないところがないかを見分ける
  15. 当てになりそうもない理屈に基づく議論は割り引いて受け取る
  16. 意見や主張と事実の区別、主観的な記述と客観的な記述との区別をする
  17. 使われているデータをそのまま簡単に信じないようにする
  18. メタファー(たとえ)や、熟語や術語、口語表現、流行語・俗語などの利用のしかたに目をむけ、理解につとめる
  19. 使われていることばの言外の意味について目を配り、著者が本当に言っていることと、言ってはいないが、ある印象を与えていることを区別する
  20. 書いていることがらのうちに暗黙のうちに入り込んでいる前提が何かを知ろうとする
 それでもなお、本を読む上でもっとも大事なポイントが抜けているので、ここで補足する。それはなぜその本を自分が読むのか、読むとどういいことがあるのかを、予め考えてから、読む

 他にもヒントを沢山もらった。パラグラフ毎に本を閉じて、著者の主張を推測する(当然、話が進めばだんだん方向性が見えてくるので、その前に当てる)ゲーム、詰め将棋ならぬ「詰め読書」は良い思考トレーニングだし、疑似相関性を見破るために特定のパラメータを固定して仮説を立てるやり方は、Excelのピボットテーブルを回しているような錯覚に陥った。

 そんなノウハウが噛み砕いて分かりやすく(←これ超重要)書いてある。学生さんを想定しているため、身近な例を多用し、これでもかというぐらい紙数を費やして説明してくれる。まさに「読めば分かる」一冊となっている。

 ただし、理解と定着を優先して書かれているがため、ツールとしてのボリュームは食い足りないかもしれない。もの足りない人は、これを足がかりに「問題解決プロフェッショナル 思考と技術」で深度をかせぐことをオススメする。

| | コメント (7) | トラックバック (4)

最近読んだツンデレ小説

 ツンデレ小説でオススメいただいた作品をいくつか読了[参照]。良い小説をご紹介いただきわたしは幸せモノだと思う。教えていただいた方に感謝感謝。

ゼロの使い魔」、これは良いツンデレじゃ。ほくほくしながら読ませていただきやした。これは剣と魔法の異世界に召喚された少年の話。彼を使い魔とするルイズが激しくツンデレ、かつ萌える。
ゼロの使い魔
 この美少女、少年を下僕扱い。そもそも「男」と見なしていないので、「脱衣→着替えを手伝わせる」「おパンツを洗わせる」「寝室が同室(ただし少年は床)」なツンが堪能できる。いっぽうで、典型的な「ケガをした少年を徹夜で看病→寝顔を見せる」「アンタは私の使い魔なんだからッ(たぶん顔真っ赤)」なデレを楽しめる。

 読み始め、思わず「さよりなパラレル?」と呟いたけど、楽しい30分だった…とはいえ、オッサンにはツルペタ美少女よりも、もうちょっと色気と汁気が欲しいと手を出したのが次の作品。

 それは「佳人」。石川淳って、なんてエロいんだろうと再確認できた。あ、いやその、エロ描写は最小限なんだけど、なんかこう、読者の想像というか妄想に訴えかける文が抜群に上手い。

 例えばノーブラ少女のブラウス越しに尖って見える乳首を「匕首のようにひらめかせ」なんて描写、本編をロクに覚えていないのにココだけ見てきたかのように覚えてる。ノーブラの乳頭って、ソコに焦点をあわせてくださいというメッセージだと受け取って、渋谷で見かけるたびに遠慮なく観賞させていただいている。最近の流行りなのか、うれしいですな。「焼跡のイエス」からなんだけど引用するね。

若さのみなぎった肉づきの、ほてるほど日に焼けた肌のうぶ毛のうへに、ゆたかにめぐる血の色がにほひ出て、精根をもてあました肢体の、ぐっと反身になったのが、白いシュミーズを透かして乳房を匕首のやうにひらめかせ、おなじ白のスカートのみじかい裾をおもひきり刎ねあげて、こしかけにかけたままあらはな片足を恥らひもなく膝の上に載せた姿勢は、いはば自分で自分の情慾を挑発している格好ではありながら、かうするよりほかに無理のないからだの置き方はないといふようすで

 これを完成された二次元エロスというならば、処女作「佳人」にその萌芽が見える。ツンデレのエロスとして、ね。しかも女がツンデレと思いきや実は男の方だったり、つげ義春「無能の人」を激しく彷彿とさせられたり、寝取られ男の不倫譚になりそうな気配を匂わせつつ突然終わったり。放り出され悶悶とするのは読者なり、というオチ。

 忘れてた、「紫苑物語」読むべ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2006年4月30日 - 2006年5月6日 | トップページ | 2006年5月14日 - 2006年5月20日 »