« 2006年4月23日 - 2006年4月29日 | トップページ | 2006年5月7日 - 2006年5月13日 »

安土往還記

 「大学新入生に薦める101冊」[参照]で知った一冊。辻邦生は初めてなのでとても嬉しい。なぜなら最初に読んだ本書が素晴らしかったから。

 これは尾張の大殿、織田信長を描いた作品。そのままを書くのでなく、彼に出会ったある外国の船員を語り部としている。

 わたしは小説を読む際、話のフレームを意識するようにしている。曰く「どうしてこの形で書いたのか?」と。人称、時制、構成、会話、文末、語彙のそれぞれには絶えず必ずメッセージがあり、考えなしに書いている作家は、たいてい一作で終わる。一般に、未熟、というか青い人であればあるほど一人称を使っているのを目にする。
安土往還記
 本作は、三人称でも神の視点でもなく、船員の「書簡」の形式になっているのが興味深い。冒頭で手紙の出所と訳出の理由が述べられているが、ウッカリ信じるところだった(これは"小説"なんだ)。

 それほど「信長像」は生々しい。目つきや風貌といった写実云々のことを言っているのではない。彼の言動と、それを理解できる人間との共鳴がリアルだということ。人間の価値が見事に見えるのだ。

 信長のスゴさを日本が理解するためには、現代まで待たなければならなかった。しかし、ここに日本の外側からの視座があれば話が違ってくる。彼の共鳴者として(そして語り部として)日本の外側からイタリアの船員という存在を持ち込んだ著者の勝利だねっ。

 でなければ、以下のような話は書けない。

 私は多くの日本人に会ったが、大殿ほど「事が成る」ことをもって至上の善と考えた人物を見たことがない。(中略)私は彼の中に武将を見るのでもない。優れた政治家を見るのでもない。私が彼の中にみるのは、自分の選んだ仕事において、完璧さの極限に達しようとする意志である。私はただこの素晴らしい意志をのみ──この虚空のなかに、ただ疾駆しつつ発光する流星のように、ひたすら虚無をつきぬけようとするこの素晴らしい意志をのみ──私はあえて人間の価値と呼びたい。

 ひたすら虚無をつきぬけ、完璧さの極限に達しようとする意志と、生死のぎりぎりの場にあって「事が成る」ために全力の生の燃焼の前に、妥協や慈愛は一蹴される。狂気のように、理(ことわり)を純粋に求め、自己に課した掟に一貫して忠実であろうとする生き様が書簡断片に輝いている。

 次は徹夜小説でもオススメいただいた、同氏の「春の戴冠」を読むべ。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

さよなら、「選択」

 それこそ高校ンときから読んできた。オヤジの本棚から盗み読みしたのがきっかけで、以後ン十年、愛着もひとしお。だからこそ残念でならないが、もうガマンならん。今号にて購読を打ち切ることに決定。

 理由は以下の一連のヲチの結果。かいつまんで言うと、高級誌「選択」が、子会社の犯罪にケツまくったまま2年間放置プレイ。わたしは激怒を潜り抜けてあきらめの境地に至ったというワケ。


  • [その1] 選択エージェンシーと「監修料」と「告訴」について
  • [その2] 「選択エージェンシー」で検索したら、興味深いことに気づきました
  • [その3] 雑誌「選択」の購読を止めるべきか?(自問自答無限ループ)
  • [その4] おまえなんか、ネコのうんこふめ―――――→ の3秒前
  • [その5] さよなら「選択エージェンシー」?
  • [まとめ] 一、子会社・選択エージェンシーを解散させます。一、尾尻和紀は選択出版専務取締役を引責辞任します

  ※「選択」贈賄事件の顛末はエルネオスの特別手記[参照]が詳しい。

 「三万人のための情報誌」と銘打ったクオリティペーパーの地盤沈下は目を覆うばかり。マスゴミ連中が書けないタブーへ切り込む「サンクチュアリ」シリーズは高く評価してたが、選択エージェンシーこそ「サンクチュアリ(聖域)」視せずにとりあげるべき。ずーーーーーーと信じてきたわたしが愚かだった。

 残念でならないが、仕方ない。

 で、以下の二誌になった。

  Foresight
  FACTA

 Foresightは世界情勢への知見がスゴい。まさに For(ward) Sight と言いたくなる。どれ読んでもシンクタンクのエリートが書いてるなー、としみじみ。本誌は梅田望夫氏の「シリコンバレーからの手紙」が人気だが、blogで追ってるので、それほど期待してない。

 むしろ連載なら「ブックハンティング」「ブックハンティング・クラシックス」を推す。本のレビューだけでなくそこから敷衍される時代の趨勢や書き手の見識が顕れていて、読んでる自分が賢くなった気になる。

 FACTAは、今春始まったばかり。編集長である阿部重夫氏の、google(と愉快な仲間たち)への敵視があまりに強い。強すぎて狭窄を起こしている部分もあるが、公開情報を丹念に集めて重ねて、事実をあぶりだすやりかたは金を出して読むべきだろ。かつての「選択」を彷彿とさせるが、あにはからんや、「選択」の元編集長なので味付けも似てくるというもの。

 目玉は連載「手嶋龍一式 intelligence」だろう。「ウルトラ・ダラー」売れてるみたいだし。あるいはNHKワシントン支局の「てっしー」といえば覚えていらっしゃる方もおられようかと[これとか]。既にNHKから離れているが、記事は的確だと感じた。「選択」で連載されてた「インテリジェンスを一匙」を激しく超える予感。

 ForesightのWebヨイショ2.0マンセーばかり読んでいると辟易させられる。IT屋としてメシを喰らっていると、世間サマの幻想があまりにも楽天的なので思わずダークサイドに目をやってしまう。

 あと、The Economist に手を出しているが、昨日の今日でもう息切れ。モノになったらまた報告しよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

千葉大学教員の選んだ100冊

 ソースは「千葉大学教員の選んだ100冊」[参照]より。

 100冊といっても正確には百を超える。見れば分かるが、テキトーにアンケートしたリスト。重軽一緒くたなのも気になるし、そもそも選書の目的が不明確なのがもっと気になる。「新入生に読んで欲しい」という銘なら、テーマをもっと具体化すべきだろうに、選定基準が見当たらないのが痛い。これは編者の責。

 学生さんはこの100冊を追うのではなく、「なぜこの本を紹介しているのだろう?」という目でリンク先を読むと吉、教官の良し悪しが見えてくるかも。

 google で、書名と著者名で検索かけたヒット数の多い順に並べてある。ヒット数でソートするなんて、乱暴かもしれないが、うまい方法が見当たらない。もちろんヒット数多い=良書と限らないが、少なくともネット上のバロメーターは数値化される。未読本の影響度を「見える化」するのに、googleヒット数はなかなか良い指標となると思うのだが…

 わたしの既読率は10% 程度…orz 読んでねぇな。名著と誉れ高い「ご冗談でしょう、ファインマンさん」はぜひ読みたい。千葉大学に限らず、この本を誉める人は皆スゴい人ばかりだから。また、山形浩生氏ベタホメ[参照]の"The Economist"は、立ち読みだけで逃げちゃダメだ逃げちゃダメだ…と今号を買ったのだが、まるで歯が立ちませんな > 英語。

  1.The Economist
  2.老子
  3.論語
  4.史記(司馬遷)
  5.デザイン(小池新二)
  6.プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神(M.ウェーバー)
  7.若き数学者のアメリカ(藤原正彦)
  8.ジャン・クリストフ(ロマン・ローラン)
  9.赤と黒(スタンダール)
  10.ご冗談でしょう、ファインマンさん(ファインマン)
  11.福翁自伝(福沢諭吉)
  12.風土(和辻哲郎)
  13.菊と刀(ルース・ベネディクト)
  14.もの食う人びと(辺見庸)
  15.ゾウの時間ネズミの時間(本川達雄)
  16.隠された十字架(梅原猛)
  17.流れる星は生きている(藤原てい)
  18.24人のビリー・ミリガン(ダニエル・キイス)
  19.恐怖の権力(ジュリア・クリステヴァ)
  20.人間の絆(サマセット・モーム)
  21.知の技法(小林康夫)
  22.サル学の現在(立花隆)
  23.科学者とは何か(村上陽一郎)
  24.小説の経験(大江健三郎)
  25.アメリカ50州を読む地図(浅井信雄)
  26.細胞の世界を旅する(ChristiandeDuve)
  27.身体教育を哲学する(佐藤臣彦)
  28.スミルノフ高等数学教程(スミルノフ)
  29.心に残るとっておきの話(潮文社編集部)
  30.戦争の記憶(イアン・ブルマ)
  31.文明が衰亡するとき(高坂正尭)
  32.人間の由来(河合雅雄)
  33.隷属への道(F.A.ハイエク)
  34.自然界における左と右(マーティン・ガードナー)
  35.ペシャワールにて(中村哲)
  36.時間の発見(コリン・ウィルソン)
  37.白い航跡(吉村昭)
  38.ホット・ゾーン(リチャード・プレストン)
  39.遠き落日(渡辺淳一)
  40.全体主義の時代経験(藤田省三)
  41.国定忠治の時代(高橋敏)
  42.平静の心(日野原重明)
  43.人間を幸福にしない日本というシステム(カレル・ヴァン・ウォルフレン)
  44.形の発見(内田義彦)
  45.物理学はいかに創られたか(アインシュタイン)
  46.寺田寅彦随筆集(小宮豊隆)
  47.資本主義・社会主義・民主主義(J.A.シュンペーター)
  48.科学・倫理・政治(A.セント・ジェルジ)
  49.大江戸神仙伝(石川英輔)
  50.パリ随想(湯浅年子)
  51.自由論(J.S.ミル)
  52.教師修業十年(向山洋一)
  53.モノづくり解体新書
  54.プルトニウム人体実験(アルバカーキー・トリビューン)
  55.アメニティ・デザイン(進士五十八)
  56.個人空間の誕生(イーフー・トゥアン)
  57.哲学の変貌(ガーダマー)
  58.ルールと秩序(F.A.ハイエク)
  59.神秘の生命物質-ポリアミン(五十嵐一衛)
  60.ベルグソン全集4・創造的進化(アンリ・ベルグソン)
  61.生活文化論への招待(寺田浩司)
  62.晩年に想う(アインシュタイン)
  63.ふたつの鏡(吉永良正)
  64.日本人は「日本的」か(杉本良夫)
  65.葬式ごっこ(豊田充)
  66.「従軍慰安婦」問題と性暴力(鈴木裕子)
  67.ホール・ランゲージ(桑原隆)
  68.緑と環境のはなし(「緑と環境のはなし」編集委員会)
  69.常温核融合の真実(J.R.ホイジンガ)
  70.ジェンダーと科学(エヴリン・フォックス・ケラー)
  71.インダストリアルデザイン(森典彦)
  72.地球への求愛(ルネ・デュボス)
  73.わが数学者アーベル(C.A.ビエルクネス)
  74.わかり方の根源(佐伯胖)
  75.生命にとって糖とは何か(大西正健)
  76.不思議の国の相対性理論(ルイス・キャロル・イプシュタイン)
  77.数学-その形式と機能(S.マックレーン)
  78.医学史と数学史の対話(川喜田愛郎)
  79.組ひもの数理(河野俊丈)
  80.ナイロンの発見(井本稔)
  81.生物から見た世界(ヤーコプ・フォン・ユクスキュル)
  82.天皇のページェント(T.フジタニ)
  83.印旛沼・手賀沼:水環境への提言(山田安彦他)
  84.菌と人と自然と(寺川博典)
  85.苺畑よ永遠に:前“安保世代”の甘ずっぱい青春(加藤幸子)
  86.タバコやめますか 人間やめますか(広島県医師会)
  87.二十世紀モード(能澤慧子)
  88.実験以前のこと(小野小三郎)
  89.ノーマル チャイルド(R.S.イリングワース)
  90.楽園の涙(ノーマン・カタコフ)
  91.大学生が書いた現代日本社会論(河西宏祐)
  92.ボク学校きらいだもん(筒井やよひ)
  93.メタセコイア(斉藤清明)
  94.楽しむということ(M.チクセントミハイ)
  95.イギリス憲政論(W.バジョット)
  96.随想:ハイトマルスベル(本間正義)
  97.第二の産業分水嶺(M.J.ピオリ)
  98.ガウディの設計態度(松倉保夫)
  99.ヒポクラテスの午睡(児玉昌彦)
 100.南極越冬記(西掘栄三郎)
 101.セレンディピティー(R.M.Roberts)
 102.アメリカの数学者たち(D.アルバース)
 103.科学的発見の論理(K.ポッパー)
 104.ビーグル号航海記(チャールス・ダービン)
 105.常温核融合スキャンダル(ガリー・トーブク)
 106.ライナス ポーリング(アンソニー・セラフィニ)
 107.生理学の夜明け(P.Astrup)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2006年4月23日 - 2006年4月29日 | トップページ | 2006年5月7日 - 2006年5月13日 »