« 2006年4月16日 - 2006年4月22日 | トップページ | 2006年4月30日 - 2006年5月6日 »

ツンデレ小説ベスト【まとめ】

 はてな「あなたのツンデレ小説ベストは何ですか?」[参照]でいただいた回答のまとめ。はてな住民の皆さま、大変参考にさせていただきました、ありがとうございます。

  1.春琴抄(谷崎潤一郎)の、春琴
  2.ベルガリアード物語(デイヴィッド・エディングス)の、セ・ネドラ
  3.涼宮ハルヒの憂鬱(谷川 流)の、ハルヒ
  4.西の善き魔女(荻原規子)のフィリエル(♀)とルーン(♂)
  5.きみとぼくの壊れた世界(西尾 維新)の、櫃内夜月
  6.白痴(ドストエフスキー)の、ナスターシャ・フィリポヴナ
  7.真紅のカーテン(ジュール・バルベー・ドールヴィイ)の、アルベルト
  8.椿姫(デュマ・フィス)の、ヴィオレッタ
  9.虞美人草(夏目漱石)の、藤尾
  10.二進法の犬(花村萬月)の、倫子

 わたしの記憶の最深部にいるツンデレは、モンスリー。未来少年コナンの全編とおしてキッツいのが、ラストの結婚式で頬染めて「バカねっ」とつぶやく。"ツンデレ"が発見されるずっと以前、"萌え"がまだ bud しか意味を持たなかった時代だ。

 …で、ここで足を踏み外すと、壮大なツンデレ史になってしまう。それは「ツンデレ大全」あたりで研究していただくとして、ここでは小説に出てくるスゴいツンデレをまとめてみよう。ただし、ラノベは不勉強のため、きちんと評価できていない。ご興味ある方は有識者のエントリ「このツンデレなライトノベルがすごい!」[参照]を参考にしていただきたい。

【第1位】日本文学史上最強のツンデレは、春琴

 さすが谷崎潤一郎はタダモンじゃない!「陰影礼賛」は高校生まで、オトナは「春琴抄」で萌えよ。こいつをエロスや嗜虐といった枠で語るのは国文科のエラい人に任せて、春琴をツンデレとしてみよう。すると、最近の使い古されたストーリー「ツンデレに振り回される主人公」から、「ツンデレにわが身を捧げる」という新展開を見出すことができる。好いたあの人のために■■を■■なんて、絶対できねぇ…が、気持ちは痛いほど伝わる。「恋は盲目」なんて軽々しく口にできなくなる。

【第2位】ファンタジー最強のツンデレは、セ・ネドラ

 王女+金持ち+ニンフェットと、ツンデレ資格を十分に備えている。それだけでない、彼に八つ当たりして後悔したり、久しぶりに会えても「べべべつにアンタのことなんか何とも思っちゃいないわ!」と真っ赤になったり、ツンデレラーの渇きをしっかりと癒してくれる(←表現は脳内補完しているので注意)。本書「ベルガリアード物語」はドラクエとFFを足して2倍にしたようなスゴいファンタジーなのだが、いかんせん長大な物語。ともすると散漫になりがちな話をピリッと締めてくれるのがこのツンデレ。

涼宮ハルヒの憂鬱
【第3位】今が旬のツンデレは、涼宮ハルヒでまちがいない

 アニメが始まってからというもの、目が離せない。彼女をDQNっ娘と断ずるのは簡単だが「やべぇこれタイプだよ」と呟いた男の数は星の数。ただし、ハルヒの「デレ」はカケラ程度だから、これをツンデレ小説とするは間違っているかもしれない…しかし、みくるちゃんを見よ、デレはそこにある。長門を見よ、巻が進むにつれ反応動作が大きくなっていくのが分かる。そして圧殺されたデレはついに暴走し時空を歪め、「別人の長門」の話へ…そう、真のツンデレは、有希でまちがいない。

西の善き魔女
【第4位】ツンデレが女の子属性だと誰が決めた? 男子でツンデレだっていいじゃない

 …で白眉は、「西の善き魔女」なり。そもそも「西の善き魔女」は乙女小説のため、ツンデレな男の子が出てくる。ツンデレ男子といえばシャオラン君を思い出すかもしれないが、相手はふんわりしちゃいない。本書では女の子もツンデレなのだ。♂「なんだよ!」、♀「ナニヨ!」、♂♀「ふーんだ!」の会話は、まさに"逆"キックオフ状態。特筆すべきは、女学園編。男子禁制乙女の園といえば、リリアン女学園、聖ミカエル学園、ガルデローベ学園が名高いが、本書のトーラス女学校も覚えておくべきだろう。ここでくりひろげられる乙女の陰謀の丁丁発止も面白いが、ツンデレ男子が女装潜入するトコは男も萌えるゾ。

きみとぼくの壊れた世界
【第5位】「きみとぼくの壊れた世界」はツンデレではなく「ヤンデレ」と呼ぶらしい

 ヤンデレとは「病んだツンデレ」、即ち最初は優等生的なキャラが、惚れるあまりおかしな行動をとることを指す。うーむ…マナマナ? qあwせdrftgyふじこlp …あぶないあぶない、あの記憶が蘇りそうになった。監禁調教までいかないにせよ、本書の妹キャラはスゴい。最初は萌えキャラで登場するので気を許してるうちに一転!鬼気迫るデレを見せつけられるハメに。「ごめんなさいごめんなさいごめんなさい」の場面でトリハダが立てるべし。

【第6位~第7位】「ツンデレ=男女の駆け引きとしての冷淡な態度」説

 ロマンスが語られるのならこの公式が成り立つ。最初は素っ気ないフリをしていたのは、実は想い心を隠すためでした、というやつ。男女というよりも、人と人との駆け引き。「白痴」では、自分を買うために準備してきた札束を暖炉に投げ込むところがスゴい。自尊心と低俗な現実との板ばさみでギリギリと悶え苦しむトコは圧巻なり。短編だが「真紅のカーテン」(悪魔のような女たち所収)も負けてはいない。「これはツンデレが書きたくて書きたくて、このお話を作ったんとちゃう?」と言いたくなるぐらいの冷淡ぶり。しかもデレる一瞬がスゴい。ぎゅーっと手を握ってくるんだけど、読んでるこっちの心臓がドキドキしてきたよ。手つなぎで。さらにオワリは突然やってくる。夜中に窓から放り出されるかのような終わり方。読後は「で?」と呟くだろうが、作者は強烈なツンデレが書けたのでオチなんてどうでもいいのかもしれない。

【第8位~第10位】「ツンデレ=いじっぱり」説

 戦略としてのツンデレではなく、無意識のうちにそういった態度を取る。わがままだとか、気位が高いとか、いじっぱりとも言われたり。「虞美人草」藤尾の場合「我意と虚栄をつらぬくためには全てを犠牲にして悔ゆることを知らぬ女」と評される。要するに素直じゃないんだ。それが物語の進行に伴い、自分の態度を振り返り→気持ちに気づく←この描写を書くか読み手の想像に任せるかは別として、劇中に転換点があるのが共通点。燃料が無いところで萌えるのは上級者なので、萌えを求めて手にしないように念を押しておく…実はもうひとつ、強烈な共通点があるのだが、激しくネタバレ→命がけのツンデレ。意地を張るのも命がけ

二進法の犬椿姫ゼロの使い魔

未読リスト
 ・ゼロの使い魔(ヤマグチノボル)の、ルイズ
 ・アンの愛情(モンゴメリ)の、アン・シャーリー
 ・佳人(石川 淳)の、ユラ
 ・笑傲江湖(金庸)の、儀琳
 ・白鳥異伝(荻原規子)の、象子
 ・邪宗門(高橋和巳)の、行徳阿礼

 赤毛のアンは3巻目でようやくツンデレが完成されるとのこと。少なくとも「ゼロの使い魔」は激しく期待しながら、「赤毛のアン」は全読を覚悟して、「佳人」は別の意味で楽しみにしながら、読むべ。

参考URL
 ・ライトノベル以外でツンデレ少女が出てくる小説を教えてください[参照]
 ・あなたのツンデレ小説ベストは何ですか?[参照]
 ・ツンデレ小説ベスト[参照]

| | コメント (5) | トラックバック (2)

メガネっ娘とキスするための3ステップ

   1. メガネをはずす
   2. キスをする
   3. メガネをかける

 …が答え。この質問は、単純なことを複雑な方法でしていないかのテスト。「メガネっ娘が落ちてないか探す」から始めたアナタ、キスまでの道のりは遠いぞ。この発想は、「キリンを冷蔵庫に入れる」などが有名だね。IT屋なら「ソフトウェア開発をシンプルにする考え方のコツ」[参照]の方がピンとくるかも。

 「メガネっ娘から『メガネ』を外したら、『っ娘』しか残らないよ」というツッコミへの回答は、「少女セクト2」のおまけ4コマを読むべし。ラストで感動が待っている(本編がスゴいんだけど、レビューは別の機会に)。

 酒席でよく使うテは、「わたしは、なぜメガネからコンタクトにしたのか?」の話。

 なぜメガネからコンタクトにしたのか、理由は二つ。

     「ひとつめの理由は、ラーメン食べるとき曇って不便だから」

     「ふたつめの理由は、キスのときに邪魔だから」

んで、皆がアホーとかツッコむのを待って、

     「…と彼女に言ったら、ビンタ喰らったはずみでメガネが壊れたから」

でサゲる。現在メガネ派なら「以前コンタクトにしたことがあるんだけど…」で始めればいいし、彼女不在をアピールするなら「元カノ」に替えておくと吉。

 メガネ男子の場合、キスをするのに人知れず苦労する。もったいぶって外すとタイミングがズレるし、急いで外すとがっついているようで興ざめ。どことなくコンドーム装着に似ているのが一興。SmaStation企画のキス講座[ここ]を参考にシミュレーションを繰り返し、実践に臨んで欲しい。

 起きてもいない問題に頭を悩ませて行動しないよりも、シンプルに考えてアクションを起こそう。春は恋の季節。嫁彼女もちは、嫁彼女に恋をしよう。春に恋をしなくなったら、いつ恋をするつもりなんだ?

ばっちゃが言ってた、考えるな、感じろって。

っつーわけで、裸眼視力両目とも 1.5の嫁のために伊達メガネを買いに行くのでした。これで「べべべつにアンタのために掛けるわけじゃないんだからねッ」と言ってもらおう、ひっぱたかれること覚悟で、てへ。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

大学新入生に薦める101冊

 良いブックガイド。このテの奴はかなり警戒して読んでるが、嫌味たらしい選本・紹介は少なかった。

 …というのも、新入生に「教養本として」薦める場合、教官は小難しい古典を挙げるのがふつう。難しい本を絶賛することで読書人としての鼻を高くしたいのだろうか?

 しかしこれは違う。テーマを掲げ、古典を排し、大学(ここでは広島大学総合科学部)における教養的教育の知的水準とアウトラインを示すためのブックリスト。難しい本は「難しいよ」と明示するだけでなく、それを読みこなすための準備本まで紹介してくれる。

 テーマは4つ。どれも重厚だけど、新書から大著まで取り揃えている。

  1. 時代を超える基本教養
  2. 人間の記録
  3. 越境する知
  4. 現代の重要問題

 どこから始めてもいいし、どれを掘り下げても、根はつながっている。ただ、大人数の共著なので、レベルが低い「どくしょかんそうぶん」が混じっているのが難。紹介されてる本がかわいそう。

 オモロイのは、難波紘二教授のレビュー!青臭く、ツッコミやすく、隙だらけの論旨がいい味出してる。いい本を沢山読んでて、コレを読むならコレも読め、と本の横のつながりを惜しげも無く教えてくれる。少しgoogleったら、この教授、こうばしいネット歴を持つようで、二度楽しませてもらった。

 その一方、リストに無い本が非常に気になる。ゲーテを外してもドストエフスキーを入れてないのはイヤ~ん、ドーキンスあるのにベイトソンが無いのはナゼじゃぁぁぁ!そもそもピンチョン入れろよ!なんて吼えながら読んだ。

 本書を読んでて読みたくなったリストを掲げる。軽いのも重いのも、楽しみ~

  安土往還記(辻邦生)大学新入生に薦める101冊
  知的複眼思考法(苅谷剛彦)
  新幹線をつくった男(高橋団吉)
  君たちはどう生きるか(吉野源三郎)
  ラッセル幸福論(ラッセル)
  オリエンタリズム(サイード)
  部分と全体(ハイゼンベルグ)
  ライシャワーの日本史(ライシャワー)
  ゲーデル・エッシャー・バッハ(ダグラス・R・ホフスタッター)

 あ、あと最後の第5章「本の買い方選び方」が素晴らしい。このblogを読んでるアナタなら、自分のスタイルを確立しているだろうが、大学新入生の時点でこの方法を知っていると知らないとでは、大きく差がつくだろう。例えば、

  ・本の情報の入手方法
  ・ベストセラー情報のウソ
  ・本の探し方・選び方・買い方
  ・図書館・古本屋・ネットアーカイブの利用方法

などがコンパクトにまとまっている。大学入りたてのちほさんにオススメしたい章なり。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

« 2006年4月16日 - 2006年4月22日 | トップページ | 2006年4月30日 - 2006年5月6日 »