« 2006年4月9日 - 2006年4月15日 | トップページ | 2006年4月23日 - 2006年4月29日 »

女の言う「あなたは何も分かっていない」の正体

彼女もちの諸君!春だ!別れの季節だ。

 女ってぇ奴ぁ年がら年中情緒不安定だといわれるが、長年付き合った彼女が別れ話を切り出してくるのは春と相場が決まっている。振り返ってみ給え、彼女が別れるとか言い出すのは、たいていゴールデンウィーク前だったろ。

 これには理由がある。春は学校職場が変わる、生活環境が変わる、心機一転、ついでにオトコも変えておこうという発想だ。五月病の厄落としともいう。例えば、学生時代の彼女が、新社会人になって職場の「オトナのオトコ」を発見して、学生気分の抜けない彼に愛想をつかすなんて話、聞かないか?

 で、(途中をはしょって)修羅場。ここでは、ヒートアップしたとき女が言ってくる最終通告「あなたは何も分かっていない」という問いかけについて、その戦略と対策について書く

「あなたは何も分かっていない」の本当の意味

 これを字義どおりに受け取ってはいけない。これは彼女の戦略なのだ。意識/無意識にかかわらず、女の男に対する巧妙な攻撃手段なんだ。それに気づかないまま墓穴を掘る男がなんと多いことか。

 このセリフは女→女には使わないことを指摘しておきたい。使っても無駄だからだ(そのことは女性同士なら分かりきっている)。ドラマでも小説でもいい、このセリフは必ず女→男の方向で使われる。そして、陳腐ドラマだと「そんなことない!」と返され、抱きしめられるか暗転。

 しかし現実は違う。女がこのセリフを使うとき、男は何と答えても負けなのだ。質問に是と言っても否と答えても、彼女はこう返すだろう。「何も分かっていないから、そんなことが言えるのよ」と。そして「どうしてそんなことが言えるのよ」とたたみかける。是と答えても否と答えても、理由を問われる。そしてその理由の正しさを判断するのは、彼女だ。あなたは自分の答えの正しさを証明できない。たとえ説明したとしても、その説明を吟味するのが彼女なのだから。

 つまり、彼女の問いかけにあなたが答えようとした瞬間、あなたは負けるのだ。

なぜ女は「あなたは何も分かっていない」と言うのか

 想像してほしい、このセリフにたどり着く前までのウンザリするほどの丁々発止を。彼女の立場からみると、脅しもスカシも通用せず、ロジカルな説得もできないから、そんなセリフを吐いているんだ。

 リクツが通らないとき、感情に訴える。最終兵器「涙」の一歩手前だ。つまり、「あなたは何も分かっていない」の裏側に「あなたのことがもう分からない」が潜んでいる。

 論理の応酬では勝てない。でもやり込めたい、そのとき彼女はこの戦法を取る。「あなたは何も分かっていない」から始まる、一見論理的に見える質疑応答も、裏を返せばこんなもの。論理的には男の方が上のため、せめて感情では優位に立って譲歩を引き出そう、という思いがそうさせているのだ。

 だからこのセリフは「質問」のように受け取ってはいけない。それこそ彼女の思うツボだ。この問いかけには、ちゃんと解法がある。断っておくが「正解」ではない。たとえ正解を告げたとしても、それが「正解」と判断するのが彼女なのだから、常に彼女の分のフリーハンドはあると覚悟しておいたほうがいい。

「あなたは何も分かっていない」への解法

 ふたつの解法を紹介する。ひとつめは「質問に質問」。

 質問に対し、確認以外の質問を返すのは、愚かでマヌケがすることだ。それが分かっているからマトモな頭の持ち主なら、まずしない。

 しかし、承知の上で質問を返す。曰く「なんでそんなことを言うんだ? オレが何をしたというんだ?」 ってね。すると、今度は彼女が何かを返さなきゃならなくなる。彼女は是・否のいずれかを待っているから面食らうだろう。で、譲歩する→「オレは悪くない、というつもりはない。それでもガマンできないことは言ってくれ。お互いさまだろ」。

 もうひとつは、「いきなり最終解」。

 そもそもムリヤリ通したい事情があって、男をロジカルに説得できないからそんなことを言ってくるわけ。だからこちらは、そんな問いかけなんざ無視して、いきなり「彼女が望む返答」を持ってくるわけだ。「上京して可能性を試したい? どうぞどうぞバイバイ」「別れたい? んじゃそうしようか」ってね。

 是否の返答そのものを攻撃しようと待ち構えている彼女にとって、これはびっくりするだろう。いきなり結論をぶち上げられると、とまどいながら「ちょ、ちょっと待ってよ!」と返すしかなくなる。その後に、是なり否なりの返答をすればよい。

 ポイントは、さっき述べた結論と、是否の返答がロジカルにつながっていること。「どうして『好きにしな』なんて言ったのかというと… [ここ] …オマエが分かっていない、なんていうからなんだよ」の[ここ]を埋めること。そうすることで、彼女の感情→→→自分の答え(是/否)がつながる。外れた議論が戻ってくる。さらに、彼女の言葉(あなたは分かっていない)を理由に使うことで、彼女は譲歩を勝ち取った気になるだろう。

*

 会話が迷走し、お互い感情的になるとき、最初に立ち戻ろう。

    you vs me

ではなく、

    problem vs us(you and me)

の構造に持っていく。話の主導権を取ることが目的なのでなく、お互いの望むようにするにはどうしたらよいか? という話に戻すわけだ(彼女の感情も考慮してね)。話は一歩も進んでいないが、最終通牒→破局はここで回避できる。

 ロジカルに議論を持っていけば勝負は見えてる。正論でグウの音も出させないようにすることも可能だ。しかし、男はケンカに勝って勝負に負けることにならないよう、見えざる譲歩をしつつ会話を進めなければならない。特にヒートアップしそうなときは、ね。

 ばっちゃが言ってた、「正しさ」の最終判断は相手に任せるぐらいのゆとりが要るんだって。

 健闘を祈る。

| | コメント (15) | トラックバック (0)

出会いが欲しけりゃココに行け

 独身男性諸君、春だ!出会いの季節だ!狩りの季節だ!

 男ってぇ奴は年がら年中発情期であるにもかかわらず、狩場が開放されているのは春と相場が決まっている。振り返ってみ給え、出会いの全ては4月に集中していることに。つまり独身彼女無しにとってみれば、今が決戦期なのだ。

 にもかかわらず懐手のまま徒に時を過ごし、モテナイ不遇をかこつのは、箸を片手に生け簀の周りをうろうろするようなもの。マウスを捨て、街に出よ。

 学校職場の隣のコにほんのり思いを懸けられたり、通勤通学の曲がり角でぶつかったあのコに一目ぼれされちゃったり…することはぶっちゃけはっちゃけありえない。4月だけはエロゲ思考からログアウトするように。

 出会いゼロは悲しいだけでなく金銭的な危険性も孕む。テレクラで変な宗教や壷に引っかかる前に、社怪人であるオッサンがご紹介。

 あー、断っておくが、狩場の情報提供まで。そこから先、どうきっかけをつかんで発展させるかは、個々の経験と技量に依拠する。キャラとハートがおおまかカバーすることはない。

初級

 献血に行け。献血ルームにゃカワイイ子が単独でわんさといるぞ。女の子って血が足りなさそうに見えるが、ありゃ偏見。毎月流すのとは別に、ありあまっているのが真実。嘘だと思うなら、休日の繁華街の献血ルームに行ってミソ。♂:♀=1:9という現実を見るがいい。

 重要なのは、♀が単独で居ること。女の子ってーのは、たいてい外へ出かけるときグループで行動しがちだが、狩られることを想定してのこと。しかし献血のときは違う。

 攻略ポイントは平日の午後を狙うこと。ガッコ・カイシャさぼって遊びにきたはいいけれど、なんとなく後ろめたい気分を償おうとするのか、独りでやってくる場合が多い。検査の待ち時間や、終わっても(体を休めるため)しばらくボーっとさせられるから、出会いのチャンスは十分。例えばSHIBU SUN有楽町献血ルームといった繁華街の献血ルームが狙い目。ただし、一期一会の心構えで。「次もココで」会うことはないと思ってアプローチすること。

中級

 歯医者に行け。女の子がたくさんいるぞ。え? いない? それは場所を間違えている。総合病院の口腔外科ではない。街の歯科医院だ。電話帳で調べて、院長もしくは代表者が女性の名前のトコに行け。できれば予約の前に下見して、明るい感じの入りやすそうな歯医者を選ぶべし。

 するとあら不思議、若い女の子がこれでもかというぐらいいるぞ。ほとんどが歯科衛生士。ハタチ過ぎのねーちゃんに口の中に手ぇ突っ込まれてガギガギギュィーン犯られるなんて、どんなイメクラでもたちうちできない。

 ただ覚悟しておかなければならないことがある。それは口の中を見せるってこと。口の中を見せるってのは、それまでの食生活や生活習慣を丸裸にされるのと同義。初めての女の前でパンツ下ろすことよりも恥ずかしいことかもしれない。

 一度ですまないので、何度も通いつめることになる。デンタルケアについてまじめに質問することから、きっかけを作ろう。待合室も有効。通院する曜日・時間帯を絞り込むことにより、通院仲間を増やそう→きっかけにつながる。

上級

 未成年は使えない技。場所は繁華街の風俗エリア近辺の居酒屋。チェーン店が良い。時間帯は17:30~19:30がねらい目。そこで張っていると、たいてい一人か、せいぜい二人連れの女のコがやってくる。簡単な腹ごしらえして出陣の準備をする風俗嬢たちだ。

 月水金といった飛び日でも時間帯は一定のため、張っていれば必ず会える。顔見知りになると、彼女たちから「営業」されるかもしれないが、それでよければ付いていくまでのこと。ヤなら場外戦に持ち込めばよい。

 普通、彼女たちと「おつきあい」するためには、客としてサービスを受けることを繰り返し、馴染みになった後、同伴出勤の栄誉(?)に浴し、メニューにないテイクアウトをする…といったステップを踏む。

 しかし、最初から場外の飲み屋で顔なじみとなることにより、一切の手続きを無視した交際が可能となる。4月は新入生、新入社員とともに、新人風俗嬢が入ってくる時期でもある… まぁ、深い仲になることを目指すよりも、良き飲み仲間を見つけるつもりでいる方が、存外うまくいくかもしれない。健闘を祈る。

超上級

 危険でもあるので、シロートにはオススメしない。

 繁華街に行くと、キャッチセールスに捕まる。英会話の教材だとかラッセンのリトグラフとか、あれだ。営業は若い女性が担当している場合が多く、単身男性をピンポイントで狙ってくる。上京ほやほやの男が若い女性に声をかけられ、「オレってモテる?」と分裂勘違いするのは、あながち彼のみ責めるなかれ。

 何も知らないフリをして、セールスレディ(?)についていく。「会場」に付くと、レディは別の担当(女性)に引き継いで、ふたたび営業に行くだろう。彼女もノルマがあるのだ。「会場」はコーヒーなど飲み放題で、何人か集まった時点で説明が始まる。中身は売りつけたい品物によりイロイロだが、いずれも彼女らの「熱気」がスゴい。のぼせないように気をつけて。

 説明は1時間半~2時間程度。グループ→個別説明に移行する場合もあるが、共通しているのは、「この場で決定させる」こと。延々とトークを流し込むことで、一種の集団催眠に陥らせ、「買う」に至る。いったん「会場」を出たら引き戻すのは至難の業。それが分かっているから彼女らは必死だ。

 こちらの持札は2枚。「ここでは決められない」と「トモダチに相談」だ。つまり、決めるために友人と相談したいと言い逃れ、その友人がこれに興味があると言う。彼女らには持ち時間がある。その時間以内にアタリがつかなければ、次のターゲットの応対をしなければならない。将棋の指し切りと同じ。制限時間いっぱいまで会話を楽しもう。

 実は、これはできるだけ時間を引き延ばしたもの勝ちなんだ。彼女らにしてみれば、たっぷり時間をかけたにもかかわらず空振りは避けたい。また、このカモのトモダチから芋づる式に獲得したい、という相反する要求から、「場外説明」になる場合もありうる。楽しく会話して終了~ってのもアリだし、場合によっては枕営業もありだろう(生保の枕営業なんてメじゃない)。

 しかし、一歩間違えると恐いお兄さんのご登場。そうならないようにギリギリの交渉をする。制限時間内で自分の要求をどこまで出し、相手の要求をどこまで聞き、どうやって合意を作り上げていくか…ネゴシエーションの訓練としても面白い。

 肉を切らせて骨を絶て。まぁ、シロートはテレクラにでも行ってなさいってこった。

*

 以上、いっぷう変わった狩場の紹介はこんなもの。あくまで「紹介」であって、そこでどんなきっかけをつかむかは己が技量による。ばっちゃが言ってた、モテる技術は無償(ただ)じゃないって
モテる技術
 健闘を祈る。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年4月9日 - 2006年4月15日 | トップページ | 2006年4月23日 - 2006年4月29日 »