« 2006年3月5日 - 2006年3月11日 | トップページ | 2006年3月19日 - 2006年3月25日 »

良い育児書、悪い育児書

 実は見わける方法がある。「子ども」の部分を「あなた」に置き換えてみるのだ。納得感が得られれば、良い育児書。「えー!?」と思ったなら、悪い育児書。「良い」「悪い」とは、「読んで使える」か否かと定義する。

 例えば、感情的になっている子どもにどう接するかについて、次のガイドで確かめてみよう。「子ども」を「あなたの妻(夫)」に置き換えてもOK。

[子どもたち]は強い感情に突き動かされているときは、誰の言葉も耳に入らない。忠告も慰めも建設的な批判も受け取ることができないのだ。[子どもたち]は自分のなかに起こっていることを、自分がその瞬間に感じていることを、わたしたちに理解してもらいたがっている。

[子ども]が自身に対し否定的なことを言った場合、それを打ち消したり異議を唱えたりしても、[子ども]にとってはほとんど役に立たない。まず[子ども]の感情を丸ごと受け入れ、認めることが先決。

 「子は親の鑑」…分かっちゃいるが、(わたし含む)実践できてない人は、育児書というツールで確認してみてはいかが?

 さらに、良い育児書と、最高の育児書の違いがある。良い育児書は、読んで実感できる。もっと良い育児書は、読み手が(=親が)感化される。最高の育児書は、読むうちに親の方を育自してしまう。

 「マニュアル世代」誹謗上等!育児書は読み漁れい!

 実践的親業をする身になって、初めて気が付いた→見習うべき「親」がいない。上の世代に、ロクなオトナがいない。過去の家族モデルにしがみつくつもりは毛頭ない。だからマニュアル(育児書)に手を出す。可視化された knowledge は参考にするが鵜呑みにしない。かつ、読んだら実践→フィードバックする。経験値は読んで身に付ける。

 わたし自身、親のありがたみは骨身にしみているが、親業として見習うものは、少ない。「背中を見て育つ」は確かに真実だが、放任の言い訳とも。ときどきわたしは気づくんだ、自分が親から言われたことと同じようなことを、子どもに向かって告げている。

 「子育てとは、リアル育成シミュレーションゲーム」っつったら殴られそうだが、現実はそんなもん。ただし、コントローラーは「自分自身」であるところがミソ。育児はまず、自らを育てる「育自」から。ファミ通の攻略本はないけれど、数だけは山ほどある。

 「デート中に、"選択肢"が見えたらなぁ」と本気で考える奴はヲタ。けれど、親業やっているときは、選択肢を念頭において行動すべき←行動の根拠を自覚しておく必要があるから。

 無数にある「選択肢」のうち、強力なやつを紹介しているのは、これ「子どもの話にどんな返事をしてますか?」。これはかなり良い本。以下ザップするので参考にして欲しい。

* * * * *
子どもの話にどんな返事をしてますか

 いいほめ方と悪いほめ方。ほめる対象は子どもの努力や成果であって、性格や人格ではない。叱り方と同じ

 庭掃除をした子どもに、子どもがいかに一生懸命働いたかとか、庭がとてもきれいになったということについてほめることは良い。しかし、その子に向かって「あなたはいい子ね」というのは、全くの的外れであるどころか、不適切でもある。「いい子」には親の評価が入っているから。

 ドラゴン桜効果(?)なのか、最近では「ほめて育てよ」が合言葉。しかし、正しいほめ方をしないと「親のメガネからの姿」を強要することになる。子どもにとって、これは苦痛だろう。やみくもでなく、習慣・行動に的を絞って正しく「誉める」こと。

 正しい怒り方。感情を噴出させる方法があり、自覚しながら正しく怒る。子どもに激情をぶつけ、自分がスッキリするために怒るのではない。親にも堪忍袋の緒というのがあることを理解させ、すべきこと/してはいけないことをハッキリと思い知らせるために、怒るのだ。正しく怒るため、次の3つの準備をしておく必要がある。


  1. 子どもの相手をしていると、どきどき怒りを感じるという事実を受け入れる(わたしたちは聖人ではない)
  2. 罪の意識や恥を感じることなく、怒る権利を持ち、感じたことを表現する権利がある(怒りは悪徳ではない)。
  3. ただし、怒りを表現するとき、子どもの人格や性格を攻撃してはならない。怒りはコントロールできる。怒ることを止めるのではなく、正しく「怒る」

 実際に怒るとき、正しく怒るためのポイントは次の通り。


  • 主語は「わたし」に限定。動揺した気持ちをハッキリ口に出して言う。「私、怒っている」「私、かんかんになっている」と怒りを強めながら表現する。
  • 怒っている理由を説明し、こちらの反応や、取りたい行動を淡々と述べる

    • 「靴下やセーターが床一面に散らかっているから、カッとなったの。窓を開けて全部放り投げてやりたい」
    • 「あなたが弟を叩いたから怒っている。もうカンカンになっている。あなたが弟を傷つけるのは絶対に許せない」
    • 「夕食に呼んだのに、あなたがこないから怒っている。すごく怒っている。美味しい食事を用意したんだから、感謝してもらいたい、無視するのではなく」

 正しい怒り方があるように、まちがった怒り方もある。それは、すでに答えが分かっている質問をすること。ウソの上塗りを強要するか、子どもを追い詰めているだけ。最高にまちがった怒り方は「どうして…なの!」。それは質問ではなく、「おまえは…なんだ!」と強烈なメッセージを送っている(決め付けている)。決め付けられた子どもがそいつを改めると思うか? 自分に当てはめてみるといい。

  「どうしてオマエはいつもだらしがないんだ?」

                     →オマエはだらしがない!

  「どうしてオマエはいつも間違えてばかりいるんだ?」

                     →オマエは間違えてばかりいる!

  「どうしてオマエは自分で決めたことを守れないんだ?」

                     →オマエは決めたことが守れない!

 「別に」「何も」対策

  「学校はどうだった?」
                     『別に』

  「今日は何をしたの?」
                     『何も』

 …んで、これ以上ツッコもうとすると、『うるさいなぁ、放っておいてよ!』と嫌がられる。上手くいっているか心配な親と、根掘り葉掘り聞かれるのがイヤな子どもとの典型的な会話。

 子どもは疲れていたり、学校で起きたイヤなことを忘れようとしたりしている。そこへ畳み掛けるように質問されたら、自分だってイヤでしょ? 職場から帰ってきて、妻(夫)に、「お帰り、仕事はどうだった?」て訊かれたらどう感じるか想像してみて。

 この場合、「質問」ではなく「コメント」を伝える。自分が相手(子ども/夫/妻)を理解している「メッセージ」を伝える。例えば、


  • 家に帰ってきて嬉しそうだね
  • 大変な一日だったみたいだね
  • やっぱり家に帰ってくるとホッとするよね
  • 学校が終わるのが待ちきれなかったんじゃないの

 このとき、子どもがどう反応するかは、自分自身に当てはめて想像してみよう。妻(夫)からそうした「お疲れサマ」というメッセージを受け取ったら、自分ならどう返すだろうか。「別に…」でないことは確かでしょ。

* * * * *

 「子どもの話にどんな返事をしてますか?」の対象は、3歳~15歳の子ども。しかし、「子ども」を「わたし」や「妻(夫)」に置き換えると、実は末永く使える共育マニュアルでもある。

 以前のエントリ「親になったら読んでおきたい三冊」に加え、本書は四冊目として強力にオススメ。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

JAPAN UNDERGROUND を絵本がわりにする

 まずはこの画像[参照]を見て欲しい。岐阜県神岡町のスーパーカミオカンデだ。

 東大宇宙線研究所の光電子増倍管が1万1,200個張り巡らされた地下1キロにある観測タンクの修理風景。説明なしだと何のことやら分からない実存まるだしの施設風景。

 裸むきだしの構造物を眺めているだけで飽きない。その設備に求められている要求を厳密に愚直に具現化しただけのオブジェクト。それが、ごろんと転がっていたり、撮影者の空間全体を囲んでいる。

 眺めていくうちにだんだん恐くなってくる。あの「巨大な物が怖いという」まとめ[参照]と同じ。あるいは、PS2ゲームの「ICO」で恐怖に近い畏怖を感じるのは、あの城そのものだといえば分かってもらえるだろうか。アニメなら、「AKIRA」でアキラが格納された地下施設を思い出してもいい(古い?)。はじめて見たときの感覚が冷たく思い出されてくる。
JAPAN UNDERGROUND
 そういう、かつてトーチャンを魅了して止まなかった"JAPAN UNDERGROUND"を、子どもに絵本代わりに与える。いつまでも「11ぴきのねこ」や「どうぶつずかん」もなかろう。

 結果は大正解。

 「うわすげー」しか言わない。巻末の解説を噛み砕いてやると目をギラギラと輝かせて聞き入る。でっかいビルや飛行機を見るのが大好きなので、ツボにハマったらしい。

 いっぽう、その裏側(というか大深度地下世界の果て)に、実存まるだしの世界が広がっていることは、カルチャーショックになったかもしれん。情緒教育に多大なる(悪?)影響をあたえそうな予感を孕みつつも、喜んでいるので良しとするか。

 非常に興味深いのは、砂町水処理センターの航空機用ガスタービンの画像を見たときの反応。「なにが産まれて来るの? オルフェノク?」 とぬかしやがった。たしかに、異形の存在の、子宮卵巣に、見えなくもない。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2006年3月5日 - 2006年3月11日 | トップページ | 2006年3月19日 - 2006年3月25日 »