« 2006年2月26日 - 2006年3月4日 | トップページ | 2006年3月12日 - 2006年3月18日 »

面白い小説を見つける3つの方法

 わたしのやり方。誰かの参考になれば。
 まず「面白い小説」の定義。以下のいずれかの条件を満たせばOKとしようか。

   ・イッキ読みされる小説 (= page turner というやつね)
   ・「わたし」の趣味に近い but 「わたし」の知らない小説

方法1:図書館で探すときは、本の「背」に注目する

 「趣味は読書」を自慢する人に限って図書館を利用しない。書店の平積みを渉猟するだけで満足する。本当に好きでたまらない人は、図書館を利用せざるを得なくなる。なぜか?

 図書館を使わないと、床が抜けるから。あるいは生活できなくなるから。読書は「量」だ。多読せずに「面白い本ない?」と言う資格なし。図書館使えば10冊/週も可能。「読む時間ない」とは言い訳。時間とは創る物。それに値しない本しか知らないからそんなこと言ってる。

 書店はどうする? ありゃ「出会い系サイト」と同じで、新たな出会いのために訪れるもの。第一印象がよければ「お持ち帰り」の次第だが、誰も読んでいないその本の実力は推して知るしかない。

 そこで図書館。冒頭の方法が効いてくる。「背」がひしゃげている、つまり上から見たとき、背表紙が斜めにゆがんでいるのが「面白い小説」といえる

 つまりこうだ。本を開いている状態だと、「背」は斜めになる。本を閉じると元に戻る(戻ろうとする)。ずーっと開きっぱなしにしていると、クセがついてしまい戻りにくくなる。だから、イッキに読まれた小説ほど、その「背」は斜めになっている。図書館にいったとき、既読の作品で確かめてみるといい。

方法2:「この○○がスゴい!」は「座談会」を狙う

 「このミス」信用しすぎ。参考にするのはかまわないし、面白い作品があることは事実だが、このミス第1位だから、面白いという理屈はヘン。一定のインターバルを措いてこそ、淘汰の波に洗われるわけで、安易に飛びつく人は「自分の時間」が賭金になっていることに気づいていない。

 毎年恒例の「この○○がスゴい!」は、ナントカ大賞を逃した「出版業界にとっての惜しい本」を救済するための残念賞という仕掛けであることは、わざわざ説明しないとダメ?

 じゃぁ役に立たないかというと、そうではない。きっとこのコーナーがあるはずだ→「その年の目玉本をマナ板に載せた座談会形式のレビュー」←こいつが狙い目。メンバーは百戦錬磨の読み手をそろえた丁丁発止、面白くないワケがない。しかし、そこには致命的な制限がある→「今年の本から選ぶ」。どんなに不毛でもそこから選ぶしかない。

 では、どこを見るかというと、「ホラーといえば2001年の○○がスゴかったけれど、今年の△△も良いね」なんて発言だ。最終的にレビューアーは今年出た本から選ばなければならないという縛りがある。その中でのささやかな抵抗が「○○といえば…」という枕詞。「○○といえば…なのに、今年はそれに敵う逸品が無かった」という含みがある。さらに「そーそー私もそう思う」なんて合いの手が入ればカンペキ。

 「今年のベスト」なんて、評価の妥当性を強調するべく、ポイント制にしたりアンケート形式にしたり、涙ぐましい努力をしているが、ランキングなんてどうでもいい。「○○といえば…」だけを探せばよい。わたしはこれでジム・トンプソン「ポップ1280」に出会えたぞ。パルプ・ノワールといえばコレを推す。

方法3:ネットの情報は「発信」するところに集まる

 この blog を訪れるぐらいだから、レビューサイトは毎日巡回されていることと思う。あるいは

  松岡正剛の千夜千冊[参照]
  エキサイト・ブックス・ニュースな本棚[参照]
  2ちゃんねる:【まとめ】屁理屈ぬきで一番おもしろかった小説は?[参照]

あたりはチェック済かもしれない。

 また、amazon を利用しているならば、「この本を買った人はこんな本も買っています」や、マイページを参考にしている(ハズだ)。エロ本を除けば、amazon のオススメはだいたい信じてよかろう(ただし、amazon が提案してくる本の評価をちゃんとアップデートしておくこと)。

 しかし、実はもっと良い方法がある。もっと良いどころか、ネットが使えるなら最高のやりかたがある。

 それは、「情報の発信」なり。レビューを「収集」するのではなく、レビューを「発信」するのだ。情報は、発信する人へ集まってくるという習性をもつ。カネと同じ。あるところに集まってくる。カネと違うところは、「情報があること」は、発信することでしか証明できない、という点。情報残高なんて誰も見てないよ。

 そして、発信によって集まってきた情報を元に取捨選択→読んだ結果を「再発信」する。この発信→収集→再発信のサイクルをくり返すことで、洗練されてくる。欲しい情報は能動的でないと取れないしくみになっている。Web2.0になろーが、Google先生がいかに賢かろーが、これは間違いない。

 例えば、以下のわたしの「質問」で得られたものはデカい。

  はてな:最悪の読後感を味わわせてくれる小説を教えてください[参照]
  はてな:徹夜するほど面白かった小説を教えてください[参照]

 どちらも膨大な回答を得られてウレシイ。それだけでなく、この話題を取り上げてくれたサイトが沢山ある。そこで得られる「私なら○○を推すんだが…」を捕捉→参考にする。トラックバック先も同様に捕捉。はてなブックマークも忘れずに。ここで得られたリストには、「わたしの趣味を考慮ているが、微妙に違う守備範囲の作品が並んでいる。言い換えると、「それを推すならこれ読んでる?」リストができあがる。

 「自分が素晴らしいと評価する作品を面白いと言っている人を探す」…そのためには、先ず自分から「面白い」と言わなきゃ。欲するなら、まず与えよ。これぞ、たったひとつの冴えたやりかた

| | コメント (7) | トラックバック (6)

これから読む徹夜小説

 はてな「徹夜するほど面白かった小説を教えてください」[参照]のエントリからピックアップして、一作家一作品でリスティング。続けて読むと睡眠時間がゼロになってしまい、生活に支障をきたす(かもしれない)ので注意しながら読むつもり。

 た・の・し・み ~ (^^
 アドバイスいただいた皆さまに大感謝。はてなポイントじゃ足りないぐらい

■これから読む徹夜小説

  永遠の仔(天童荒太)
  第六大陸(小川 一水)
  ガダラの豚(中島らも)
  傭兵ピエール(佐藤賢一)
  ゼウスガーデン衰亡史(小林恭二)

  魔術師(J.ファウルズ)
  北壁の死闘(ボブ・ラングレー)
  イヤー・オブ・ミート(ルース.L.オゼキ)
  スワン・ソング(ロバート.R.マキャモン)
  シャドウ・ダイバー(ロバート・カーソン)
  カラマーゾフの兄弟(ドストエフスキー)米川正夫訳 /岩波文庫版

■徹夜を覚悟・徹夜した小説

  火車(宮部みゆき)某弁護士事務所では、新人研修に使う
  半落ち(横山秀夫)ラストで号泣、涙で読めねぇ
  ダ・ヴィンチ・コード(ダン・ブラウン)読むジェットコースター
  摩天楼の身代金(リチャード・ジェサップ)「最高」の冠を付けたい
  悪童日記(アゴタ・クリストフ)「ふたりの証拠」「第三の嘘」と一緒に!
  ベルガリアード物語(D・エディングス)ドラクエとFFを足して2倍した面白さ
  大聖堂(ケン・フォレット)2006年のNo.1スゴ本
  告白(町田康)読むロック(ただし8beat)
  復讐する海(ナサニエル・フィルブリック)これが冒険小説ではなく、実話であることに衝撃を覚えずにはいられない
  女王陛下のユリシーズ号(アリステア・マクリーン)男泣きに泣いた。声をあげて哭いた

半落ち火車悪童日記
ダ・ヴィンチ・コードベルガリアード物語1大聖堂
告白復讐する海女王陛下のユリシーズ号

■既読のからのよりぬき(徹夜保証)

 塩狩峠(三浦綾子)
 屍鬼(小野不由美)
 黒い家(貴志祐介)
 白夜行(東野圭吾)
 日本沈没(小松左京)
 燃えよ剣(司馬遼太郎)
 ドグラ・マグラ(夢野久作)
 ホワイトアウト(真保裕一)
 虚無への供物(中井英夫)
 嘘つきアーニャの真っ赤な真実(米原万里)

 星を継ぐもの(J.P.ホーガン)
 グリーン・マイル(S.キング)
 ダレン・シャン(ダレン・シャン)
 キリンヤガ(マイク・レズニック)
 シャドー81(ルシアン・ネイハム)
 百年の孤独(ガルシア・マルケス)
 夏への扉(ロバート.A.ハインライン)
 ゲームの達人(シドニイ・シェルダン)
 ケインとアベル(ジェフリー・アーチャー)
 アルジャーノンに花束を(ダニエル・キイス)
 存在の耐えられない軽さ(ミラン・クンデラ)
 クリスマスのフロスト(R.D.ウィングフィールド)
 レッドオクトーバーを追え!(トム・クランシー)
 寒い国から帰ってきたスパイ(ジョン・ル・カレ)

| | コメント (56) | トラックバック (0)

« 2006年2月26日 - 2006年3月4日 | トップページ | 2006年3月12日 - 2006年3月18日 »